保存したプロジェクトを開くと keyframe.h-146 エラーでクラッシュする

プロジェクトを開くと keyframe.h-146 エラーでクラッシュする

以前に保存したファイルを Adobe Premiere Pro で開くと、次のエラーメッセージが表示されます。

Premiere Pro has encountered an error.

f:\mightysilt_win64\shared\adobe\mediacore\mediafoundation\api\inc/Keyframe/keyframe.h-146

解決策:iCloud をアンインストールしてプロジェクトの破損を防ぐ

この問題は、Apple iCloud アップデート 4.0.3.56 が原因で発生します。このアップデートをインストールし、Adobe Premiere Pro のファイル保存ダイアログにアクセスすると、プロジェクトが破損する場合があります。次の回避策を行い、追加のプロジェクトで同じ問題が発生しないようにします。次のセクションでは、iCloud のアップデートで破損したファイルの復元方法について説明します。

解決策 1:iCloud をアンインストールする。

解決策 2:ShellStream64.dll ファイルの名前を変更するか、削除する。

注意:このファイルの名前を変更すると、iCloud の機能に悪影響を与える可能性があります。

破損したプロジェクトを復元する

iCloud のアップデートで破損したファイルを復元するには、ユーザー作成の修復スクリプトを実行します。このスクリプトは、次の URL からダウンロードできます。

https://community.adobe.com/t5/premiere-pro/debug-event-f-mightysilt-win64-shared-adobe-mediacore-mediafoundation-api-inc-keyframe/td-p/6493777?page=1#6852078

アドビのロゴ

アカウントにログイン