この文書を使用して、Premiere Pro CC 2017.1 (2017 年 4 月)リリースでのバグ修正の一覧をご覧ください。

安定性の改善

問題点: ステータス
マルチカムクリップの再生時に、Premiere Pro がクラッシュすることがあります。 修正済み
マッチフレームの実行時に、Premiere Pro がクラッシュすることがあります。 修正済み
AAF 形式を使用してファイルを書き出すと、Premiere Pro がクラッシュすることがあります。 修正済み
プロジェクトのパネルデバイダーを調整すると、プロジェクトが自動的に保存されるときに Premiere Pro がクラッシュすることがあります。 修正済み
Photoshop のレイヤード画像(.PSD ファイル)をメディアブラウザーから空のタイムラインにドラッグして、個別のレイヤーとして、またはシーケンスとして読み込むと、Premiere Pro がクラッシュすることがあります。 修正済み
MacBook Pro で Premiere Pro を使用しているとき、カーネルパニックが発生することがあります。 修正済み
時々、プロジェクトを切り替えたり閉じたりすると、Premiere Pro がハングアップすることがあります。 修正済み
空のキャプションから作成したシーケンスが含まれるプロジェクトを再度開くと、Premiere Pro がクラッシュすることがあります。 修正済み
時々、特定のチャンネルで音量を標準にしているプロジェクトを書き出すと、Premiere Pro がクラッシュすることがあります。 修正済み
カメラ数が異なる 2 つのマルチカムクリップで作業中に、「Next camera」コマンドを使用すると、例外が発生して、プロジェクトがハングアップすることがあります。 修正済み
オープンキャプションを変更する際に、Premiere Pro がクラッシュすることがあります。 修正済み
「Morph Cut」エフェクトを適用してプロジェクトを書き出したら、Premiere Pro に「低レベルの例外」エラーメッセージが表示されることがあります。 修正済み
2 つの CEP パネルが同じワークスペースフレームセットにドッキングしているプロジェクトを開くと、アプリケーションの起動中に Premiere Pro がクラッシュすることがあります。 修正済み

メディアブラウザー

問題 ステータス
イン/アウトマーカーの使用に関する問題。 修正済み
メディアブラウザーに Canon RAW (.rmf)ファイルのアイコンが表示されないことがあります。 修正済み
メディアをメディアブラウザーからビンにドラッグアンドドロップすると、クリップが見つからないことがあります。 修正済み

編集

問題点: ステータス
リップルトリムオプションを大きなプロジェクトで使用すると、プロジェクトでアップデートが反映されるまでに 3 〜 4 秒かかることがあります。 修正済み
クリップの位置を変更している際に、シーケンスサイズを変更すると、同じ位置に維持されないことがあります。 修正済み
パネルが非表示のときにスコープがレンダリングを続行してしまうことがあります。 修正済み
「編集中のタイムコードオーバーレイ」オプションをオン/オフにすると、再生ヘッドがシーケンスの先頭に移動してしまうことがあります。 修正済み

オーディオ

問題 ステータス
QuickTime リファレンスファイルを使用しているとき、オーディオが最後の秒から再生されないことがあります。 修正済み
プロジェクト設定で「送信を有効にする」オプションが有効になっているプロジェクトで、クリップの 2 番目のオーディオトラックをトリムすると、Premiere Pro がストールすることがあります。 修正済み
レンダリング中の .wav ファイルに関連する問題 修正済み
.VOB ファイルを Premiere Pro に読み込むと、オーディオが使用できなくなることがあります。 修正済み
DeHummer、Mulitband Compressor、Single band、Tube Compressor のオーディオエフェクトで、チャネライゼーションが機能しないことがあります。 修正済み
属性を削除しても、古いオーディオエフェクトが削除されなません。 修正済み

エフェクト

問題 ステータス
特定のエフェクトを適用すると、ハイライトに黒い斑点が現れることがあります。 修正済み
カラーワークスペースに移動し、HSL 選択を作成してコントラスト/彩度スライダーを右側に移動すると、画像が不鮮明になることがあります。 修正済み
Premiere Pro CC 2015 から Premiere Pro CC 2017 にアップグレードすると、プログラムモニターの輝度が変わることがあります。 修正済み
一番上のクリップにエフェクトを適用すると、その下のクリップにレンダリングが発生することがあります。 修正済み
Lumetri スコープパネルで作業しているとき、Lumetri カラーエフェクトを適用したタイムラインクリップの再生時にコマ落ちが増えることがあります。 修正済み
Lumetri スコープパネルの使用時に、マウスを使用して LUT ドロップダウンメニューをスクロールすると、Premiere Pro がクラッシュすることがあります。 修正済み

フォーマット

問題 ステータス
XAVC ソースの増大に関連するパフォーマンス問題がある可能性があります。 修正済み
Sony カメラを使用して XDCAMEX 形式のソースクリップを使用しているとき、スマートレンダリングが行われません。 修正済み

環境設定と設定

問題 ステータス
ビジュアルキーボードショートカットオプションで、日本語キーボードレイアウトが表示されません。キーボードグラフィックスに一部のキーが見つかりません。 修正済み  
数字パッドキーボードショートカットが機能しないことがあります。 修正済み
Premiere Pro 環境設定でメモリ使用量の設定を下げると、Premiere Pro で大規模なプロジェクトを扱う際にこの設定が考慮されません。 修正済み

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー