よく使用する特殊効果の適用

この簡単なリファレンスに従うことで、イメージのフェードインとフェードアウト、ヤコブのはしご効果の作成など、Premiere Pro と共通の効果を作成することができます。

ビデオをフェードイン

  1. ビデオクリップをフェードインするか、黒からフェードアップするには、タイムラインパネルでクリップを選択します。
  2. 次のいずれかの操作をおこないます。
    • クリップの先頭にディゾルブトランジションを適用する

    • クリップの不透明度にキーフレームを設定して不透明度を 0 から 100%まで増加する

クリップの一部への稲妻の配置

オリジナルクリップの一部だけに稲妻を表示できます。

  1. ビデオトラックで、オリジナルクリップの上にクリアビデオクリップを配置します。
  2. クリアビデオクリップに稲妻エフェクトを適用します。
  3. クリアビデオクリップを、稲妻を表示するデュレーションにトリミングします。

ヤコブのはしご効果の作成

ヤコブのはしごの効果を作成できます。稲妻は、特定の方向に引っ張られた後、スタートライン上の位置まで跳ね返ります。

  1. 稲妻エフェクトをクリップに適用します。
  2. エフェクトコントロールパネルで、「稲妻」の隣の三角形をクリックして、稲妻エフェクトのコントロールを表示します。
  3. 次の 3 つのコントロールを様々な設定で組み合わせて試してみます。
    • 安定度

    • 引く力

    • 引く方向

「安定度」の値が小さすぎると、稲妻が弧状にならずに元に戻り、値が大きすぎると、稲妻が跳ねるように動きます。

残響効果付きの音を鳴らす

Reverb エフェクトを使用すると、クリップのオーディオに残響の効果を付けることができ、サウンド自体が終わった後もクリップの最後のサウンドの残響が鳴り続けます。

  1. 音を鳴らし終わるデュレーションまで、クリップのアウトポイントを移動します。
  2. 聞きたい最後のサウンドの終わりで、ボリュームをゼロにまで下げます。
  3. Reverb エフェクトを適用します。
アドビのロゴ

アカウントにログイン