Premiere Pro の収録中ファイルのサポートについて説明します。

Premiere Pro は、このワークフローを必要とするユーザー向けに収録中ファイルをサポートしています。収録中ファイルとは、ディスクへの書き込みを継続的に実行し、インジェスト後も増大を続けるファイルです。このファイルは、Premiere Pro で設定される環境設定に基づいて、自身のデュレーションを自動的に更新します。

MXF ラッパー内の収録中ファイルに対応するコーデック

  • AVC-Intra Class 50/100
  • IMX 30/40/50 
  • XDCAM HD 50/35/25/18 RDD9(XDCAM HD の低レイテンシーのバージョンはサポートされていません)
  • OP1B ファイル

収録中ファイルを自動更新するかどうかと更新の頻度は「メディア環境設定」で指定できます。更新されたデュレーションはプロジェクトパネルとソースモニターで確認できます。更新されたデュレーションはタイムラインで編集することもできます。詳しくは、メディア環境設定を参照してください。

収録中ファイルを読み込めるのは、Premiere Pro がそのファイルの格納先ボリュームを読み取れる場合に限られます。Premiere Pro は UNC パス("//somewhere/something")からフッテージを読み取ることができますが、そのドライブがマッピングされている("H:\somewhere\something")必要があります。その状態であれば、ファイル/読み込みコマンドを使用してファイルを読み込むことができます。その後は、他のクリップを編集する場合と同様の方法で、読み込んだクリップを編集できます。  

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー