注意:

Premiere Pro CC 2015.3(2016 年 6 月リリース)では、Premiere Pro と SpeedGrade の間の Direct Link ワークフローをサポートしていません。 

Adobe® SpeedGrade® は、フッテージ用の高度なカラーグレーディング機能を提供するカラーグレーディングアプリケーションです。

Direct Link ワークフローを使用すると、SpeedGrade で Premiere Pro プロジェクトを直接開いてカラーグレーディングを適用できます。

Premiere Pro で新しい Lumetri Looks ブラウザーを使用して、Premiere Pro にあるシーケンスに直接 Lumetri Looks を適用することもできます。または、Premiere Pro シーケンスを EDL として SpeedGrade に読み込むことができます。

Premiere Pro と SpeedGrade の間の Direct Link のラウンドトリップワークフロー

Direct Link ワークフローでは、Premiere Pro と SpeedGrade の間でより緊密で効率的なカラーグレーディングワークフローが実現します。

Direct Link を使用すると、Premiere Pro プロジェクトを SpeedGrade に送信するか SpeedGrade で直接開き、カラーグレーディングの変更を適用し、Premiere Pro に戻すことができます。Direct Link のワークフローでは、プロジェクトを書き出したり読み込んだりする必要がなく、相互交換形式、またはあらゆる種類のファイル変換で処理します。

詳しくは、Premiere Pro と SpeedGrade の間の Direct Link ワークフローを参照してください。

Premiere Pro 内で SpeedGrade のカラー補正 Look を適用

Adobe Premiere Pro CC には Lumetri™ Deep Color Engine が組み込まれており、SpeedGrade の .look ファイルをクリップに適用できます。

エフェクトパネルの Lumetri Looks ブラウザーには、Lumetri Looks のプリセットのライブラリが用意されています。アプリケーションから離れることなく、シーケンスに SpeedGrade のカラー補正レイヤーや事前に作成された参照テーブル(LUT)が適用されます。また、Looks ブラウザーでは、他のシステムの SpeedGrade または LUT から書き出された .look ファイルを検索したり、使用したりできます。

注意:

Premiere Pro 内の Lumetri エフェクトは読み取り専用であるため、SpeedGrade でカラー補正レイヤーおよび LUT を編集します。また、SpeedGrade で Premiere シーケンスを保存したり、開いたりできます。

ビデオチュートリアル:Premiere Pro 内でシーケンスに Lumetri カラー補正エフェクトを適用する

ビデオチュートリアル:Premiere Pro 内でシーケンスに Lumetri カラー補正エフェクトを適用する
Premiere Pro 内からシーケンスに SpeedGrade のカラー補正レイヤーや事前に作成された Look を瞬時に適用します。
Jeff Sengstack

Premiere Pro シーケンスを EDL として SpeedGrade に書き出す

Premiere Pro シーケンスを EDL(Edit Decision List)として SpeedGrade に書き出すことができます。Premiere Pro から EDL を書き出して 、元のシーケンスにリンクすることができます。それから、SpeedGrade に読み込みます。これには、次の手順を行います:

  1. Premiere Pro のプロジェクトパネルまたはタイムラインでシーケンスを選択します。
  2. ファイル/書き出し/EDL を選択します。
  3. EDL の調整を行い、名前と出力先を選択して「OK」をクリックします。CMX 3600 スタイルの EDL が作成されます。
  4. SpeedGrade で、デスクトップの表示を更新してから EDL に移動します。
  5. EDL をクリックします。編集内容が SpeedGrade に読み込まれます。
  6. 「Reels」セクションにオフラインクリップが表示されます。
  7. サイドバーでオリジナルファイルを見つけます。
  8. Sequence Folder View メニューで「Sequences from folder + sub-tree」を選択します。メディアフォルダーからの素材が表示されます。
  9. 「Reels」セクションの Load from Desktop ボタンをクリックします。EDL からの情報に基づいて素材が自動的に最適化されます。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー