Premiere Pro のプロジェクトマネージャーは、2 つの機能を実行して、効率的なアーカイブやトランスコーディングのワークフローを実現するために役立ちます。

  • 現在のプロジェクトおよび関連付けられたすべてのメディアファイルを共有のために単一の場所に収集するかコピーする
  • 単一のコーデックスにトランスコードしてアーカイブを容易にするために、プロジェクトに関連付けられたファイルを統合する

 

プロジェクトを新しい場所にコピー

プロジェクトマネージャーを利用すると、プロジェクトを新しい場所に収集することができます。ファイルの収集機能を実行すると、現在のプロジェクトと関連するすべてのメディアファイルがコピーされ、単一の保存場所にまとめられます。ファイルがコピーされるとき、ファイルの変換は行われません。

プロジェクトを収集する際には、オリジナルのプロジェクトに含まれている未使用のクリップを新しいプロジェクトで保持するかどうかを指定できます。また、プロジェクト内のシーケンスの作成および書き出しに必要なメディアのみを使用することによって、ストレージ要件を軽減します。

このワークフローを使用して、さまざまな場所に保存されているプロジェクトのソースメディアファイルを単一の場所にまとめてコピーし、簡単に共有できるようにします。

プロジェクトを統合してアーカイブ

プロジェクトマネージャーでは、特に多数のクリップやさざまなメディア形式の大規模なプロジェクトで、メディアやプロジェクトを効率的に管理できます。

プロジェクトやシーケンスのすべての関連ファイルを中間コーデックまたは mezzanine コーデックにトランスコーディングすることによって、大規模なプロジェクトを簡単にアーカイブできます。

プロジェクトマネージャーには、ユーザーが定義した環境設定に基づいて、関連ファイルを mezzanine コーデックに統合するためのいくつかのオプションが用意されています。ファイルを統合しながら、プロジェクトマネージャーはシーケンスで使用されるソースフッテージの部分のみをコピーし、トリミングされたプロジェクトを自動的に作成します。

この単一コーデックを簡単にアーカイブしたり、他のチームやシステムと共有したりできます。任意の時点で、Premiere Pro でアーカイブされたプロジェクトを再編集できます。

注意:

以前のバージョンの Premiere Pro で使用可能だった「トリミングしたプロジェクトの新規作成」オプションの機能が、「統合とトランスコード」オプションに含まれるようになりました。つまり、プロジェクトをアーカイブしながら、メディアをトリミングすることを選択できます。

プロジェクトのコピー、トランスコード、またはアーカイブを行う方法

  1. ファイル/プロジェクトマネージャーを選択します。

  2. プロジェクトマネージャーウィンドウの「シーケンス」の下で、選択する各シーケンスの横にあるチェックボックスをオンにします。すべてのチェックボックスをオンにするには、Shift キーを押しながら任意のチェックボックスをクリックします。

    注意:

    ネストされたシーケンスは自動的には選択されません。選択しようとしているシーケンスにネストされたシーケンスが含まれている場合、それらのネストされたシーケンスを選択に含めるかどうかを確認してください。

  3. プロジェクトをコピーまたはトランスコードするには、次のいずれかのオプションを選択します。

    ファイルをコピーして収集

    選択したシーケンスで使用したフッテージを単一の保存場所に収集してコピーします。

    注意:

    プロジェクトマネージャーは、Adobe Premiere Pro プロジェクトに動的にリンクする After Effects コンポジションの収集やコピーは行いませんが、トリミングしたプロジェクトの Dynamic Link クリップをオフラインクリップとして保存します。

    統合とトランスコード

    選択したシーケンスで使用したフッテージを統合し、アーカイブするために単一のコーデックにトランスコードします。

    • 一致:新しく作成したメディアの設定を、シーケンス設定、個々のクリップの設定、またはプリセットと一致させます。

    シーケンス

    選択したシーケンスのフレームサイズ、フレームレート、フィールドタイプ、およびピクセル縦横比を使用して、一致するクリップをこれらの設定にトランスコードします。

    これらの設定に一致していないクリップはコピーはされますが、トランスコードされません。

    個別のクリップ

    シーケンス内の個々のクリップのフレームサイズ、フレームレート、フィールドタイプ、およびピクセル縦横比を使用し、個別の設定を使用してこれらをトランスコードします。

    ソースを一致させることができない場合、クリップはコピーされますが、トランスコードされません。例えば、クリップに選択した形式またはプリセットでサポートされていない属性が含まれている場合です。

    プリセット

    選択したプリセットのフレームサイズ、フレームレート、フィールドタイプ、およびピクセル縦横比を使用して、すべてのクリップをこれらの設定にトランスコードします。

    ソースを一致させることができない場合、クリップはコピーされますが、トランスコードされません。

    • 形式:DNXHD 形式の MXF OP1a ファイル、MXF OP1a ファイル、または QuickTime 形式を選択できます。
    • プリセット:選択した形式に基づいて、適用可能なプリセットオプションが表示されます。

    注意:

    アルファをサポートする唯一のプリセットは「GoPro CineForm With Alpha」プリセットです。他のすべてのプリセットでは、アルファチャンネルを統合します。

  4. Premiere Pro では、次のオプションに基づいて、選択したメディアにリンクする新しいプロジェクトファイルが作成されます。

    注意:

    使用可能なオプションは、前の手順で選択したオプションによって異なります。

    未使用のクリップを除外

    元のプロジェクトで使用しなかったメディアを含めない、またはコピーしないように指定します。

    予備フレームを含める

    トランスコードした各クリップのインポイントの前とアウトポイントの後に保持する追加のビデオフレームの数を指定します。0~999 フレームの値を設定できます。

    例えば、30 という値を指定すると、インポイントの前に 30 フレーム、アウトポイントの後ろに 30 フレームが保持されます。予備フレームを含めることで、新しいプロジェクトの編集にちょっとした調整を加えることができます。

    最適化したオーディオファイルを含める

    元のプロジェクトで最適化したオーディオが、新しいプロジェクトでも最適化された状態を保つようにします。このオプションを選択しなければ、新しいプロジェクトに必要なディスク容量は少なくなりますが、プロジェクトを開いたときに Premiere Pro によって再びオーディオが最適化されます。このオプションは、「ファイルをコピーして収集」を選択した場合にだけ指定できます。

    イメージシーケンスをクリップに変換

    プロジェクトマネージャーで静止画像ファイルのシーケンスを単一のビデオクリップに変換するように指定します。ここで、各静止画像がビデオの 1 フレームになります。このオプションを選択すると、再生パフォーマンスが向上することがあります。

    プレビューファイルを含める

    このオプションを選択すると、元のプロジェクトでレンダリングしたエフェクトが新しいプロジェクトでもレンダリングされた状態で保持されます。選択しなかった場合、新しいプロジェクトに必要なディスク容量は少なくなりますが、エフェクトはレンダリングされません。このオプションは、「ファイルをコピーして収集」を選択した場合にだけ指定できます。

    クリップ名に合わせて実際のファイル名を変更

    コピーしたフッテージファイルの名前をキャプチャ時に作成したクリップの名前に変更します。プロジェクトウィンドウからキャプチャしたクリップの名前を変更して、コピーしたフッテージにも同じ名前を付ける場合、このオプションを選択します(読み込んだキャプチャファイル、特にシーン検出を使用したキャプチャファイルの名前が分かりやすくなければ、プロジェクトウィンドウで変更できます)。このオプションでは、実際にキャプチャしたフッテージのファイル名が、プロジェクトウィンドウの新しい名前を反映して更新されるため、フッテージファイルの整理が非常に簡単になります。MXF ファイルについてこのオプションを選択しても、そのファイルの XML 内の User Clip Name は変わりませんが、トリミングされたプロジェクト用にコピーされたクリップのファイル名は、プロジェクトパネルに表示されるクリップ名と合わせるために変更されます。

    After Effects コンポジションをクリップに変換

    プロジェクト内の After Effects コンポジションを統合されたビデオクリップに変換します。

    動的にリンクされた After Effects コンポジションがプロジェクトに含まれている場合、このオプションを選択すると、コンポジションがビデオクリップに統合されます。このオプションを選択するメリットは、After Effects がインストールされていないシステム上でも、変換されたビデオクリップを再生できることです。

    注意:

    コンポジションをビデオクリップに統合した後で、新しく作成したプロジェクト内の元のコンポジションを編集することはできません。ただし、Dynamic Link を使用してソースプロジェクト内の元のコンポジションを編集することはできます。

  5. 保存先パス

    指定したファイルの保存先を指定します。初期設定で指定されている以外の場所を保存先にする場合は「参照」をクリックします。

    プロジェクトをコピーする場合は、「コピー_[プロジェクト名]」という名前のフォルダーが作成され、プロジェクト、フッテージファイル、および指定したその他のファイルがそのフォルダーにコピーされます。

    トランスコーディングのためにプロジェクトを統合する場合は、「Transcoded_[プロジェクト名]」という名前のフォルダーが作成され、プロジェクト、フッテージファイル、および指定したその他のファイルがそのフォルダーに保存されます。

    注意:

    トリミングしているプロジェクトと同じ名前のフォルダーが同じ場所に既に存在する場合、プロジェクトマネージャーは、名前に番号を追加します。例えば、同名の連続プロジェクトには、「_001、_002、_003、_004、....」などの番号が追加されます。

  6. ディスク容量

    現在のプロジェクトファイルのサイズとコピーしたファイルまたは統合したファイルの予測サイズを比較して表示します。「計算」をクリックすると、予測サイズが更新されます。

  7. 「OK」をクリックします。

注意:

ファイルをコピーするとき、またはトランスコーディングのためにファイルを統合するとき、プロジェクトマネージャーは、P2 ソースから取得されたメディアファイルについては、P2 準拠の MXF ファイル構造を作成しません。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー