あるケースでは、mac OS で Premiere Pro または Adobe Media Encoder を起動する際にアプリケーションがクラッシュします。

問題点

起動時にアプリケーションがクラッシュするが、スプラッシュ画面にエラーメッセージが表示されません。

説明

あるケースでは、Premiere Pro または Adobe Media Encoder を最新のバージョン 12.1 にアップデートして起動しようとすると、アプリケーションがクラッシュすることがあります。スプラッシュ画面が表示されてから消えますが、エラーメッセージは何も表示されません。

解決策

オプション 1 を使用してクラッシュの問題を解決することをお勧めします。問題が解決しない場合は、このページに記載されている他のオプションを使用してみてください。

注意:

フォルダーは削除しないでください。フォルダーを削除する前に、まずバックアップを取ったことを確認してください。

オプション 1

Adobe Premiere Pro 12.1.1 または Adobe Media Encoder 12.1.1 の最新のアップデートバージョンをインストールします。このアップデートは、サポートされていないタイプ 1 フォントによって発生する起動問題を修正します。

Creative Cloud デスクトップアプリケーションは、インストール済みのアプリケーションの横に「すべてアップデート」ボタンまたは「アップデート」ボタンを表示します。「アップデート」または「すべてすべてアップデート」をクリックすると、コンピューターに最新バージョンのアプリケーションがインストールされます。環境設定と設定の内容は新しいバージョンに移行されます。また、以前のバージョンのアプリケーションはアンインストールされます。

オプション 2

  1. Premiere Pro または Adobe Media Encoder の最新バージョンをインストールします。

  2. Finder を起動し、移動メニューをクリックします。

    フォルダへ移動オプション
    フォルダへ移動オプション
  3. 移動メニュー項目(CMD + SHIFT + G キー)で「フォルダへ移動をクリックします。

  4. ポップアップダイアログで「~/ライブラリ」と入力し、「移動」をクリックします。 この手順で「[ユーザー] ライブラリ」に移動します。

  5. Premiere Pro の場合は、Caches/Adobe/Premiere Pro/12.0 に移動します。

    Adobe Media Encoder の場合は、Caches/Adobe/Adobe Media Encoder/12.0 に移動します。

  6. Premiere Pro および Adobe Media Encoder の場合は、Typesupport フォルダーを削除します。

  7. Premiere Pro または Adobe Media Encoder を起動します。

オプション 3

  1. ご使用のコンピューターにある既存の 12.x バージョン(12.0、12.0.1、または 12.1)のいずれかをアンインストールします。

  2. Adobe Media Encoder の場合:

    Finder アプリケーションを使用して、移動/フォルダへ移動に移動し、「~/書類」に移動します。

    バックアップフォルダーを作成し、このフォルダーを /Adobe/Adobe Media Encoder/12.0 に移動します。

    Finder アプリケーションを使用して、移動/フォルダへ移動で、「~/ライブラリ」に移動します。

    バックアップフォルダーを作成し、次のフォルダーの一覧をそのフォルダーに移動します。

    Caches/Adobe/Adobe Media Encoder/12.0
    Preference/com.Adobe.Adobe Media Encoder.12.0.plist
    Saved Application State/com.adobe.ame.application.cc12.savedstate

    Premiere Pro の場合:

    Finder アプリケーションを使用して、移動/フォルダへ移動に移動し、「~/書類」に移動します。

    バックアップフォルダーを作成し、このフォルダーを Adobe/Premiere Pro/12.0 に移動します。

    Finder アプリケーションを使用して、移動/フォルダへ移動で、「~/ライブラリ」に移動します。

    バックアップフォルダーを作成し、次のフォルダーの一覧をそのフォルダーに移動します。

    Caches/Adobe/Premiere Pro/12.0
    Preference/com.Adobe.PremierePro.CC12.plist
    Saved Application State/com.Adobe.PremierePro.CC12.savedState

  3. コンピューターを再起動します。

オプション 4

Adobe Creative Cloud アプリケーションと Adobe CC アプリケーションをクリーンインストールします。クリーンインストールに使用する Adobe Cleaner Tool については、以下のリンクを使用します。

Adobe CC Cleaner Tool のインストール。

オプション 5

mac OS でユーザーアカウントを作成し、Adobe Premiere Pro CC 2018 (12.1)または Adobe Media Encoder CC 2018 (12.1)アプリケーションの新しいユーザーアカウントプロファイルを使用します。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー