エフェクトプリセット

エフェクトパネルのプリセットビンに、一般的なエフェクトのプリセットがあります。エフェクトの設定を各自で行うのではなく、特定目的のために作成されたプリセットを使用することで時間を節約できます。例えば、クリップを短時間でぼかすには、ブラー(滑らか)エフェクトを適用し、手動でキーフレームを設定できます。このときブラーイン(滑らか)プリセットを使用すると時間を節約できます。

カスタマイズしたエフェクトの設定を、プリセットとして保存できます。保存したプリセットは、プロジェクトの別のクリップに適用できます。エフェクトをプリセットとして保存すると、エフェクト用に作成したキーフレームも保存されます。エフェクトコントロールパネルでエフェクトプリセットを作成すると、これらのエフェクトはエフェクトパレットの最上位のプリセットビンに保存されます。エフェクトプリセットは、ネストしたプリセットビンを使用して、プリセットビン内で整理できます。また、Premiere Pro にはあらかじめエフェクトプリセットが用意されており、これらは Adobe Premiere Pro アプリケーションの Presets フォルダーに保存されています。

エフェクトプリセットのプロパティを表示するには、エフェクトパネルでプリセットを選択し、エフェクトパネルメニューから「プリセットのプロパティ」を選択します.

プリセットをクリップに適用したときに、既に適用されているエフェクトの設定がプリセットに含まれている場合、クリップは次のように変更されます。

  • エフェクトプリセットにモーション、不透明度、タイムリマップ、ボリュームなどの基本エフェクトが含まれている場合は、既存のエフェクト設定は上書きされます。

  • エフェクトプリセットに標準エフェクトが含まれている場合は、現在のエフェクトリストの一番下にエフェクトが追加されます。ただし、エフェクトコントロールパネルにエフェクトをドラッグする場合は、階層中の任意の位置に配置できます。

チュートリアルで学習する

エフェクトプリセットの作成と保存

  1. タイムラインで、プリセットとして保存したい設定が含まれるエフェクトが使用されているクリップを選択します。
  2. エフェクトコントロールパネルで保存するエフェクトを選択します。複数のエフェクトを選択するには、Ctrl キー(Windows)または Command キー(Mac OS)を押しながらエフェクトをクリックします。
  3. エフェクトコントロールパネルの右上のパネルメニューアイコンをクリックしてパネルメニューを開きます。
  4. 「プリセットの保存」を選択します。
  5. プリセットの保存ダイアログボックスで、プリセットの名前を入力します。必要に応じて、説明を入力します。
  6. 次の種類のプリセットからいずれかを選択します。これがターゲットクリップにプリセットを適用したときのキーフレームの処理方法になります。

    スケール

    ターゲットクリップの長さに合わせて、ソースキーフレームの位置を調整します。ターゲットクリップの既存のキーフレームがすべて削除されます。

    インポイント基準

    クリップのインポイントから最初のエフェクトキーフレームまでの元の距離を維持します。最初のキーフレームがソースクリップのインポイントから 1 秒の位置にある場合、ターゲットクリップのインポイントから 1 秒の位置にキーフレームが追加されます。その位置を基準にして、ほかのすべてのキーフレームが追加されます。

    アウトポイント基準

    クリップのアウトポイントから最後のエフェクトキーフレームまでの元の距離を維持します。最後のキーフレームがソースクリップのアウトポイントから1 秒の位置にある場合、ターゲットクリップのアウトポイントから1 秒の位置にキーフレームが追加されます。その位置を基準にして、ほかのすべてのキーフレームが追加されます。

  7. 「OK」をクリックします。

選択したエフェクトとそのキーフレームがプリセットフォルダーに新しいプリセットとして保存されます。

エフェクトプリセットの適用

1 つまたは複数のエフェクトの設定を含むエフェクトプリセットを、シーケンスの任意のクリップに適用できます。

  1. エフェクトパネルで、プリセットビンを展開し、次のいずれかの操作を行います。
    • タイムラインパネル内のクリップにエフェクトプリセットをドラッグします。

    • タイムラインパネル内でクリップを選択し、エフェクトコントロールパネルにエフェクトプリセットをドラッグします。

タイムラインパネルのクリップにプリセットをドラッグすると、プリセットのドロップ先は次のように決められます。

  • タイムラインでクリップが選択されていない場合、プリセットはドロップ先のクリップに適用されます。

  • タイムラインで選択されているクリップの中にドロップ先のクリップが含まれていない場合は、これらのクリップの選択が解除されます。代わりにドロップ先のクリップとリンクされたトラックアイテムが選択され、プリセットはドロップ先のクリップとリンクされたトラックアイテムに適用されます。

  • タイムラインで選択されているクリップの中にドロップ先のクリップが含まれている場合、プリセットは選択されているクリップすべてに適用されます。プリセットは、選択されていないリンククリップには適用されません。

エフェクトコントロールパネルにプリセットをドラッグすると、プリセットのドロップ先は次のように決められます。

ドロップ先の種類

結果

ビデオトラックアイテムのみ

オーディオプリセットのエフェクトは無視されます。

オーディオトラックアイテムのみ

ビデオプリセットのエフェクトは無視されます。

ビデオトラックアイテムとオーディオトラックアイテム

プリセットをオーディオトラックに挿入する場合は、オーディオエフェクトがドロップ先に挿入されます。ビデオエフェクトは、ビデオトラックアイテム用のエフェクトリストの最後に追加されます。

ビデオトラックアイテムとオーディオトラックアイテム

プリセットをビデオトラックに挿入する場合は、ビデオエフェクトがドロップ先に挿入されます。オーディオエフェクトは、リンクされた各オーディオトラックアイテム用のエフェクトの最後に追加されます。

カスタムビンおよびプリセットビンの操作

カスタムビンを使用すると、よく使うエフェクト、トランジション、プリセットを 1 つの場所に保存できます。カスタムビンやプリセットビンはいくつでも作成できるので、自分自身が直感的に使用できるビンやプロジェクトのワークフローに適したビンを作成し、エフェクト、トランジションおよびプリセットをカテゴリ別に整理できます。

カスタムビンとプリセットビンは、エフェクトパネルで作成および保存します。新規のプリセットビンは、最上位のプリセットビンの中に配置されます。これらのビンはプリセットビンからはドラッグできませんが、ビン内では自由に作成して、任意の階層で整理できます。カスタムビンは、エフェクトパネルの最上位に配置したり、ほかのカスタムビンの中にネストさせることができます。

注意:

複数のカスタムビンに同じ項目を配置しているときに、任意のビンからその項目を削除すると、一致する項目がカスタムビンとプリセットビンから削除され、さらに関連するすべてのクリップからも削除されます。

  1. エフェクトパネルで、次のいずれかの操作を行います。
    • カスタムビンを作成するには、新規カスタムビンボタン をクリックするか、エフェクトパネルメニューから「新規カスタムビン」を選択します。

    • プリセットビンを作成するには、エフェクトパネルメニューから「新規プリセットビン」を選択します。新規の各プリセットビンは、最上位のプリセットビンの中に作成されます。

    • 新規のカスタムビンまたはプリセットビンをネストするには、新規のビンを配置するビンを選択して、カスタムビンまたはプリセットビンを作成します。

    • ビンの名前を変更するには、ビンを選択してビン名をクリックし、新しい名前を入力して Enter キー(Windows)または Return キー(Mac OS)を押します。手順 2 と 3 は省略します。

    • ビンまたはビン内の項目を削除するには、これらを選択した上で、エフェクトパネルの下部にあるカスタム項目を削除ボタン をクリックします。手順 2 と 3 は省略します。

  2. 目的のエフェクト、トランジションまたはプリセットをビンに配置します。場合によっては、項目とビンの両方を表示できるように、パネルのサイズを調整する必要があります。
  3. 項目をビンにドラッグします。項目のショートカットが作成されます。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー