シーケンスまたはシーケンスの一部は、オーサリング用のファイル形式、または DVD および Blu-ray ディスク への書き込みに対応したファイル形式で書き出すことができます。

あるいは、Encore に書き出してメニュー付きの DVD または Blu-ray ディスクとしてオーサリングしたり、メニューなしでディスクに直接書き込むこともできます。

後で使用するために、または他のコンピューター上の Encore で操作するためにシーケンスを書き出すには、ファイル/書き出し/メディアを選択し、適切な書き出し設定を選択します。ビデオおよびオーディオファイルの書き出しワークフローを参照してください。

注意:

Premiere Pro CC での Encore の使用について詳しくは、この記事を参照してください。

各種ディスクのファイル形式の選択

DVD または Blu-ray ディスクの作成に使用するファイルを書き出す場合は、書き出し設定ダイアログボックスでディスクに適した形式を選択します。単層または二層の DVD の場合は、「MPEG2-DVD」を選択します。単層または二層の Blu-ray ディスクの場合は、「MPEG2 Blu-ray」または「H.264 Blu-ray」を選択します。

指定した形式と、対象ディスクの空き容量および視聴するユーザーのニーズに応じて、適切なプリセットを選択します。

DVD、Blu-ray ディスクまたは SWF を作成するための Encore へのシーケンスの送信

注意:

作業を始める前に、Encore が Premiere Pro と同じコンピューターにインストールされていることを確認してください。

  1. Premiere Pro のタイムラインパネルでシーケンスを選択します。
  2. (オプション)必要に応じて Encore チャプターマーカーを追加します。Encore チャプターマーカーの追加を参照してください。
  3. (オプション)高精細クリップが含まれている標準画質出力用のシーケンスを作成している場合は、DVD オーサリング用に Dynamic Link を使用してシーケンスを Encore に送信する前に「最高レンダリング品質」を選択します。この手順は、Blu-Ray ディスクオーサリングに Dynamic Link を使用する HD シーケンスには該当しません。
  4. ファイル/Adobe Dynamic Link/Encore に送信を選択します。
  5. 新規プロジェクトダイアログボックスの「基本」タブで、「名前」フィールドにディスクの名前を入力します。
  6. (オプション)Encore プロジェクトの初期設定の場所を変更するには、「参照」をクリックして場所を指定します。
  7. プロジェクト設定ペインで、オーサリングモードの名前を選択します。

    「設定」領域と「詳細設定」タブで使用可能なオプションは、オーサリングモードが Blu-ray であるか、DVD であるかによって異なります。

    注意:

    オーサリングモードは、Encore のプロジェクト設定ダイアログボックスでいつでも変更できます。

  8. (オプション)「詳細設定」をクリックし、トランスコードの設定を選択します。
  9. 「OK」をクリックします。

    Encore のプロジェクトパネルに、ダイナミックリンクされた Premiere Pro プロジェクトとシーケンスが表示されます。

  10. Encore でオーサリングと書き出しを完了します。Encore を使用した DVD、Blu-ray ディスクおよび SWF ファイルのオーサリングと構築について詳しくは、Encore のヘルプを参照してください。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー