ラウドネスレーダーエフェクトを使用したオーディオの測定

ラウドネスレーダーエフェクトを使用して、シーケンスのオーディオを測定する方法について説明します。

テレビ放送向けのコンテンツを制作している場合、厳しい配信要件に従ってメディアファイルを提供することが必要な場合があります。一般的な配信要件は、シーケンスに設定できる最大ボリュームに関連しています。

ラウドネスレーダーエフェクトを使用して、クリップ、トラック、またはシーケンスのオーディオレベルを測定できます。 

トラックへのラウドネスレーダーエフェクトの適用

  1. オーディオトラックミキサー(ウィンドウ/オーディオトラックミキサー)を開きます。

    オーディオトラックミキサーは、デフォルトのオーディオワークスペースを使用している場合、自動的に開きます。

  2. マスターコントロールの上部にある小さい三角形をクリックしてエフェクトの選択メニューを開き、スペシャル ラウドネスレーダーを選択します。

    オーディオトラックミキサーのラウドネスレーダーエフェクト
    オーディオトラックミキサーのラウドネスレーダーエフェクト

トラックには、ラウドネスレーダーエフェクトが適用されます。

ラウドネスレーダーの設定の編集

  1. ラウドネスレーダーで測定レベルを手動で変更するには、「設定」をクリックします。

    レベルを手動で編集することが不安な場合は、広く使用されている標準に基づいたプリセットを使用できます。

  2. 「設定」タブで、次の「ラウドネス」オプションを設定します。

    オプション

    機能

    ターゲットラウドネス

    ターゲットラウドネス値を定義する

    レーダー速度

    各レーダースイープの時間を制御します

    レーダー解像度

    レーダービューの各同心円間のラウドネスの差異を設定します

    瞬間的な範囲

    瞬間の範囲を設定します。EBU +9、通常のブロードキャストに使用する狭いラウドネスの範囲を示します。EBU +18 はドラマや音楽に使用される幅広いラウドネスです。

    ローレベル基準

    瞬間のラウドネスリングの緑色と青色の間のシフトを設定します。これは、レベルがノイズフロアレベルを下回っている可能性があることを示しています。

    ラウドネス単位

    レーダーに表示するラウドネスの単位を設定します。

    • LKFS:国際電気通信連合(ITU)によって指定されたラウドネスの単位。
    • LUFS:ヨーロッパ放送連合(EBU)によって指定されたラウドネスの単位。
    • LU:EBU および ITU に準拠したターゲットに関連するラウドネスの単位。 

    ラウドネス標準

    ラウドネス標準を指定します。

    • BS.1770-3:この ITU 標準はブロードキャストラウドネスおよびトゥルーピークレベルの測定に関するものです。この標準ではラウドネスの測定に Leq(K) を使用します。
    • Leq(K):ラウドネスは K-weighting を採用している Leq 測定に基づきます。K-weighting は Communications Research Center(カナダのオタワ州にある連邦研究施設)で開発された特定の周波数に対する重み付けです。

    ピークインジケーター

    トゥルーピークレベルの最大値を設定します。この値を超えると、ピークインジケーターがアクティベートされます。

    ラウドネスレーダーの下部にあるチャンネルマップには、入力チャネルと出力チャネルが表示されます。また、エフェクトのインスタンス化方法も表示されます。

トラックのラウドネスの測定

  1. ラウドネスレーダーエフェクトを右クリック(Windows)、または Ctrl キーを押しながらクリック(macOS)し、「編集」を選択して、ラウドネスレーダーダイアログボックスを開きます。

    ラウドネスレーダーの編集
    ラウドネスレーダーの編集

  2. スペースバーを押して再生するか、プログラムモニターの「再生」をクリックします。再生中に、ラウドネスレーダーは、再生中のすべてのチャンネルのラウドネスを監視し、青、緑、黄色で示された値の範囲として表示します。

    ラウドネスレーダーの表示
    ラウドネスレーダーの表示

    • カラーシェイプは、再生中のプロジェクトの瞬間ごとの平均レベルを示します。
    • 2 番目のリングは、ターゲットラウドネスの設定を示します(ラウドネスレーダーの設定に基づく)。
    • その他のリングは、プロジェクトの進行中のラウドネスを測定するのに役立ちます。
    • 右下隅は、プロジェクト全体の平均レベルを示し、LKFS または LUFS で測定されます(ラウドネスレーダーの設定に基づく)。

    ラウドネスレーダーエフェクトを使用しても、オーディオレベルは変更されません。これを使用すると、オーディオのラウドネスレベル変更に使用できるラウドネスを正確に測定できます。

その他のリソース

アドビのロゴ

アカウントにログイン