Premiere Pro のオートメーションキーフレームの最適化機能で、オーディオトラックに不要なキーフレームが作成されるのを防ぐ方法について学習します。

オーディオミキサーでのオーディオ変更のオートメーションでは、オーディオトラックで必要とするよりも多くのキーフレームが作成されるので、パフォーマンス低下の原因となる場合があります。不要なキーフレームが作成されないようにして、変換の品質を確保しつつパフォーマンス低下を最小限に抑えるには、「オートメーションキーフレームの最適化」環境設定を設定します。また、もう 1 つのメリットとして、トラック内のキーフレームの数が少なければ、個々のキーフレームをより簡単に編集できます。

  1. 編集/環境設定/オーディオ(Windows)または Premiere Pro/環境設定/オーディオ(Mac OS)を選択します。

  2. 「オートメーションキーフレームの最適化」セクションで、次のいずれかまたは両方のオプションを選択して、「OK」をクリックします。

    リニアキーフレームの簡略化

    開始キーフレームと終了キーフレームとを結ぶ直線に当てはまらないポイントに対してだけキーフレームが作成されます。例えば、0 dB から -12 dB のフェードにオートメーションを使用していると仮定します。このオプションを選択すると、開始(0 dB)および終了(-12 dB)キーフレームよりも値が増加しているポイントに対してだけキーフレームが作成されます。このオプションを選択しない場合には、値の変化する速度に応じて、これらの 2 つのポイント間に同じ値のインクリメンタルキーフレームが複数作成されます。このオプションは、初期設定で選択されています。

    簡略化する最小時間間隔

    指定した値より大きな時間間隔に対してだけキーフレームが作成されます。1 ~ 2000 ミリ秒の値を入力します。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー