機能の概要 | Premiere Pro(2021 年 5 月リリース)

最新のビデオ製作者のニーズに継続して注目することで、Premiere Pro 15.2 リリースでは、ビデオ製作を迅速かつ効率的におこなうための新機能、機能の改善、パフォーマンスの改善が実現されています。

このリリースでは、テキストへのグラデーションの追加、新しいキャプションのワークフロー用の絞り込みの編集、新規ラウドネスメーター、Canon XF-HEVC のパフォーマンスの向上および Windows 上の DirectX 表示技術の新サポート (HDR10 再生のネイティブサポートなど) を行うための新しいツールが導入されています。

テキストグラデーション

エッセンシャルグラフィックスパネルでのテキストグラデーション
エッセンシャルグラフィックスパネルでのテキストグラデーション

以前はレガシータイトルツールセットでのみ使用可能でしたが、テキストグラデーションは、エッセンシャルグラフィックスパネルの最新タイトルのツールの一部になっています。グラデーションを使用して、テキストとタイトルの文字またはカラフルなエフェクトに光沢を追加することができます。

個々の文字にカラーまたは不透明度が設定された線形または円形のグラデーションを適用します。非常にワイルドなエフェクトを使用する場合は、グラデーションの組み合わせをお試しください。

プログラムモニターでデザインを作成することができます。エッセンシャルグラフィックスパネルのすべてのテキストと同様に、デザインを保存してスタイルとして再利用したり、アニメーションを使用してモーショングラフィックステンプレートとして再利用したりできます。

詳細情報は、「Premiere Pro でのテキストグラデーションの適用」を参照してください。

キャプションのラベルカラー

キャプションアイテムにラベルカラーを設定する
キャプションアイテムにラベルカラーを設定する

キャプショントラック内のキャプションアイテムのラベルカラーオプションは、タイムライン上の他のアイテムと同じになりました。「ラベルカラーグループ」を選択して、キャプションにラベルとカラーを割り当て、同じキーボードショートカットを使用します。

詳しくは、タイムラインでのキャプションの操作を参照してください。

キャプションのトリミング機能の強化

キャプションが埋め込まれたビデオファイルの編集を直観的におこなうことができます。キャプションアイテムは、関連付けられたビデオクリップとオーディオクリップにリンクされているので、編集内容を微調整して、タイムライン上ですべての同期を維持することが容易になります。  

キャプショントラックのキャプションアイテムを含む単純な編集は、従来のリンクされたビデオおよびオーディオペアと同様に動作します。選択、移動、トリミング、およびブレードの編集は、同時にビデオオーディオおよびキャプションアイテムに適用されます。 

タイムラインでリンクされた選択ツールを使用して、リンクをオフにすることができます。また、個別または複数のキャプションアイテムを、タイムライン内のビデオクリップと手動でリンクすることもできます。これにより、キャプションが埋め込まれたビデオファイルを編集する場合と同じような利点が得られます。 

注意:

ビデオクリップやオーディオクリップとは異なり、編集中にキャプション項目を削除した場合は、キャプショントラックから削除されます。クリップまたはクリップセクションを復元する場合は、手動で再作成する必要があります。 

詳しくは、タイムラインでのキャプションの操作を参照してください。

新規ラウドネスメーター

Premiere Pro の新規ラウドネスメーター
Premiere Pro の新規ラウドネスメーター

Premiere Pro のブロードキャストおよびストリーミングメディアコンテンツについては、業界標準の ITU ベースのラウドネス監視を使用します。

以前のラウドネスレーダーに替わる新規ラウドネスメーターは、完全なミックス、単一のトラック、バスおよびサブミックスのプログラムラウドネスを透過的に測定します。

プリセットは、ヨーロッパの EBU や南北アメリカの ATSC など、一般的な地域のラウドネス要件に対応しています。新しいプリセットは、Netflix、YouTube などのオンラインサイトや Spotify、Apple Podcasts などのポッドキャスティングプラットフォームとの互換性を備えています。

詳しくは、ラウドネスメーターを使用したオーディオの測定と管理を参照してください。

Canon XF HEVC パフォーマンスの改善

Premiere Pro でのパフォーマンスの最適化により、タイムライン上の再生とスクラブがスムーズになり、検出時間も短縮されます。 

Windows での DirectX 表示技術のサポート

OpenGL に替わり DirectX12 が、Premiere Pro および After Effects 用のデフォルトの表示レンダリングテクノロジーとして使用されるようになりました。これにより、安定性とパフォーマンスが向上した最新のコードベースが提供されます。DirectX は、HDR10 対応モニターや DirectX 互換の GPU を備えた Premiere Pro のネイティブハイダイナミックレンジ(HDR)再生にも対応しています。

注意:

システム構成が DirectX 仕様を満たしていない場合は、Premiere Pro は OpenGL ディスプレイグラフィックに戻ります。

詳しくは、DirectX HDR サポートを有効にするを参照してください。

アドビのロゴ

アカウントにログイン