機能の概要 | Premiere Pro(2023年4月アップデート)

Premiere Pro の 23.3 アップデートには、重要な修正、最適化およびユーザーからのリクエストによる改善(バックグラウンドでの自動保存など)が含まれています。このアップデートは、すべてのユーザーにお勧めです。Premiere Pro を更新するためのベストプラクティスについて説明します。

Adobe Media Encoder への直接書き出し

新規メニューコマンド(ファイル書き出しAdobe Media Encoder に送信)またはキーボードショートカット(Opt + Shift + M キー(macOS)または Alt + Shift + M キー(Windows)を使用すると、シーケンスを Adobe Media Encoder に書き出すことができます。Media Encoder を使用して書き出した場合、書き出しがバックグラウンドで実行されるので、Premiere Pro での作業を続けることができます。

UI に新しいメニューコマンド(ファイル/書き出し/Adobe Media Encoder に送信)が表示されます
また、キーボードショートカットを使用して、シーケンスを Media Encoder に書き出すこともできます。

書き出しモードで最近使用したプリセットに簡単にアクセス

書き出しモードのプリセットメニューに、書き出しに最近使用した 3 つのプリセットが表示されるようになりました。

これにより、他のシーケンス、クリップ、プロジェクトで最近使用したプリセットをすばやく簡単に適用できます。

UI には、簡単にアクセスできるように、最近使用したプリセットと共に書き出しウィンドウが表示されます。
最近使用したプリセットは、簡単にアクセスできるように上位に表示されます。

プロダクション内のプロジェクトアイテムのドラッグ&ドロップ

同じプロダクション内のプロジェクト間でのアセットの移動が容易になりました。ドラッグ&ドロップによって、任意のプロジェクトアイテムを別のプロジェクトに移動すると、アセットがルートフォルダーに保存されます。 コピーするには、Cmd(macOS)キーまたは Ctrl(Windows)キーを押しながらドラッグ&ドロップします。

プロダクションは、アシスタント編集者が編集者と共同で作業するといった、Premiere Pro での大規模なマルチプロジェクトワークフローのフレームワークを提供します。

アイテムをコピーすると、カーソルの横にプラス記号が表示されます。
アイテムをコピーすると、カーソルの横にプラス記号が表示されます。

プロダクションを利用すれば、編集チームが共有ストレージを使用して、共通のメディアプールを操作したり整理したりすることが容易になります。プロダクション内のプロジェクトをまたぐクリップの動作について詳しくは、こちらを参照してください。

R3D パフォーマンスの向上

Premiere Pro では、Apple M1 および M2 チップ搭載 Mac コンピューターでの RED R3D フッテージのパフォーマンスが大幅に向上しました。

センタースプリットトランジションの GPU アクセラレーション

センタースプリットは、スタイライズされた伝統的なトランジションを提供します。画像が 4 つの領域に分割され、画面の隅に表示されなくなります。トランジションを逆にすると表示されます。他の Premiere Pro トランジションと同様に、センタースプリットも高度なカスタマイズが可能です。

GPU アクセラレーションにより、再生が改善され、このトランジションを使用したときの書き出しが高速になります。

型抜きトランジションの GPU アクセラレーション

型抜きでは、最初のクリップの輝度を 2 番目のクリップにマッピングして、トランジションを作成します。標準のクロスディゾルブとは異なり、トランジション中はどちらのクリップもより明確に表示されますが、ディゾルブの場合のようにパッと明るくなることはありません。

GPU アクセラレーションにより、再生のパフォーマンスが向上し、型抜きの場合の書き出しが高速化されました。

スプリットトランジションの GPU アクセラレーション

スプリットトランジションは、シーンのオープニングなどにスタイライズされたエフェクトを提供します。前のクリップが 2 つに分かれて画面外に移動し、新しいクリップが表示されます。他のトランジションと同様に、エフェクトもカスタマイズ可能です。

GPU アクセラレーションを使用すると、エフェクトスタックのパフォーマンスが向上し、書き出しが高速化されるなど、エフェクトのパフォーマンスが向上します。

新しい学習パネル

ウィンドウワークスペース学習から新しい学習パネルにアクセスすることで、一連のカスタマイズされたチュートリアルに簡単に移動できるようになりました。

コンテンツの高度なパーソナライゼーションにより、新しい再生リストをすばやく検索し、学習曲線に基づいて Recommendations を取得できます。

マイラーニング」を選択すると、ウォッチリストを作成、ダウンロード、アクセスし、いつでもチュートリアルを確認できます。

検索パネルにエフェクトのフィルターが追加された「検索」タブを表示する学習パネルの UI。
必要に応じて、トピックを検索し、フィルターで除外します。

MOGRT のより簡単な読み込み

モーショングラフィックステンプレートを読み込む場合、テンプレートが(プロジェクトパネルではなく)エッセンシャルグラフィックスパネルの「参照」タブに保存されることを説明するダイアログが表示されます。

Premiere Pro でのモーショングラフィックステンプレートのインストールと使用について詳しくは、こちらを参照してください。

エッセンシャルグラフィックスパネルの「参照」タブからモーショングラフィックステンプレートにアクセスできることを知らせる通知
エッセンシャルグラフィックスパネルの「参照」タブからモーショングラフィックステンプレートにアクセスできることを知らせる通知

現在は Premiere Pro(ベータ版)で提供

テキストベースの編集

テキストベースの編集により、必要なサウンドバイトの検索に何時間ものソースフッテージを確認することなく、ビデオを簡単に編集できます。文字起こしを確認するか、キーワードを検索するだけで、適切なコンテンツをより迅速に検索することができます。

ラフカットを組み合わせるには、ソースの文字起こしからテキストをコピーし、クリップを挿入してタイムラインに追加します。シーケンスの文字起こしに切り替えて、ラフカットの作業を引き続き行います。テキストをコピー&ペーストしてクリップを移動し、テキストを削除してクリップを削除します。

Premiere Pro でのテキストベースの編集に関するよくある質問への回答を参照してください。

UI にはテキストベースの編集ワークスペースが表示され、文字起こしの一部がハイライト表示されて途切れています。
エディトリアル全体を通じて、シーケンスの文字起こしを使用するとタイムラインを移動できます。

カラーマネージャー

Premiere Pro の新しいカラーマネージャーにより、Premiere Pro のすべてのカラー設定が Lumetri カラーパネルの新しいタブに統合されます。

入力カラースペース

以前はクリップを変更設定でしか利用できなかったカラーワークスペース設定で、適切なカラースペースを使用してログメディアを自動認識できるようになりました。

Lumetri カラー UI には、Premiere Pro 全体で入力カラースペース、作業用カラースペース、ディスプレイカラースペースを統合する設定が表示されます。
Lumetri カラーの設定では、すべてのカラーオプションが統合されます。

作業用カラースペース

ワークフローをより簡単にするために、プロジェクトシーケンスおよびクリップの設定が作業用カラースペースに含まれています。

カラースペースを表示

以前は一般環境設定で使用できた表示カラースペースに、カラーワークスペースまたは環境設定カラーの下に新しく追加されたタブから簡単にアクセスできるようになりました。

リカバリモードを使用したプロジェクトの復元

クラッシュ後に容易に復元して、Premiere Pro プロジェクトの作業を続行できるようになりました。

クラッシュ後に Premiere Pro を開くと、「プロジェクトが開いているときに、Premiere Pro が予期せず終了しました」という復元ポップアップが表示されます。「再開」を選択すると、Premiere Pro ではアプリケーションが予期せずに閉じられる前の状態ですべてのプロジェクトを開くことができます。

詳しくは、Premiere Pro でのプロジェクトの復元方法を参照してください

この画像は、「3 つのプロジェクトが開いているときに、Premiere Pro が予期せず終了しました」というポップアップを表示しています。
以前のバージョンのプロジェクトを復元する場合は、ファイル/復帰を使用して、ユーザーが最後に保存した状態に戻すことができます。

 Adobe

ヘルプをすばやく簡単に入手

新規ユーザーの場合

Adobe MAX 2024

Adobe MAX
クリエイティブカンファレンス

10 月 14 日~ 16 日 マイアミビーチおよびオンライン

Adobe MAX

クリエイティブカンファレンス

10 月 14 日~ 16 日 マイアミビーチおよびオンライン

Adobe MAX 2024

Adobe MAX
クリエイティブカンファレンス

10 月 14 日~ 16 日 マイアミビーチおよびオンライン

Adobe MAX

クリエイティブカンファレンス

10 月 14 日~ 16 日 マイアミビーチおよびオンライン