Animate の既知の問題

Animate の最新リリースの既知の問題と制限事項について説明します。

オペレーティングシステム

  • Animate が Windows 上でモニターごとの DPI を認識しません。
  • Mac に問題のフォントがインストールされていない場合は、「Adobe Animate ではフォント Osaka をダウンロードする必要があります」というメッセージが Animate の起動時に表示されます。
  • 液体ブラシは、DirectX 12 機能レベル 12_0 以降(Windows 版)または Open GL バージョン 4.0 以降(Mac 版)をサポートするハードウェアでのみ使用できます。

レイヤーのペアレンティング

  • 選択範囲に RAW シェイプがある場合、親レイヤーオブジェクトと子レイヤーオブジェクトの両方を選択して移動すると、予期どおりに機能しません。

アセットワープ

  • アセットワープツールを使用して多色の複雑なビットマップまたは形状をワープする際に、不適切な輪郭または形状変化に色がオーバーフローします。

音声

  • タイムラインで 48 khz オーディオを使用すると、出力ビデオで同期の問題が発生することがあります。

書き出し

  • HiDPi ディスプレイで、イメージの書き出しダイアログとアニメーション GIF を書き出しダイアログの UI 要素が重なって表示されたり、文字が途切れて表示されることがあります。

その他の関連ヘルプ

アドビのロゴ

アカウントにログイン