アクションの一元管理

可能な限り、ActionScript® は 1 か所に置いてください。コードを 1 か所に整理しておくと、ActionScript のデバッグや修正時にあちこちを検索せずに済むため、プロジェクトの編集がより効率的になります。コードを FLA ファイルに入れる場合、タイムラインの最上位レイヤーで actions というレイヤーのフレーム 1 またはフレーム 2 に ActionScript を置きます。この他に、コードをすべて ActionScript ファイルに置くという方法もあります。なお、一部の Animate アプリケーションでは、すべてのコードを 1 か所に配置できない場合もあります(特にスクリーンやビヘイビアーを使用した ActionScript 2.0 対応のアプリケーション)。

通常は、すべてのコードをフレーム上や ActionScript ファイルの中など同じ場所におくことができます。これには、次のような利点があります。

  • 複雑なソースファイルであっても、コードを簡単に見つけることができます。

  • コードを簡単にデバッグできます。

オブジェクトへのコードのアタッチ

簡単な SWF ファイルであっても、FLA ファイル内のオブジェクトに ActionScript をアタッチしないようにします。ActionScript 1.0 および 2.0 のみオブジェクトにアタッチできます。ActionScript 3.0 はアタッチできません。オブジェクトにコードをアタッチするとは、ムービークリップ、コンポーネント、またはボタンインスタンスを選択し、アクションパネルを開き、on() または onClipEvent() ハンドラー関数を使用して ActionScript を追加することです。

ActionScript コードのオブジェクトへのアタッチは、次の理由から、使用しないことを強くお勧めします。

  • アタッチされた ActionScript コードは見つけるのが困難で、FLA ファイルの編集も困難です。

  • デバッグが困難です。

  • タイムラインまたはクラス内に記述された ActionScript のほうが簡潔で、作成が簡単です。

  • アタッチされた ActionScript コードの場合、コーディングスタイルの品質が低下します。

  • 2 つのコーディングスタイルが混在していると、その差異が ActionScript を学ぶ人々を混乱させる可能性もあり、学習者は異なるコーディングスタイル、追加のシンタックス、および質が悪く限定的なコーディングスタイルを学習しなければならないことになります。

    ActionScript 2.0 を myButton_btn というボタンにアタッチするのは避けてください。これを行うと、次のようなコードになります。

    on (release) { //do something }

    ただし、ActionScript 2.0 を同じ目的でタイムライン上に置くことはお勧めできます。次のコードのようになります。

    myButton_btn.onRelease = function() { //do something };

    注意:ビヘイビアーを使用する場合は、オブジェクトにコードをアタッチする必要が生じることがあるので、適用される原則も異なります。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー