ベストプラクティス - ビデオ規則

  1. Adobe Animate ユーザーガイド
  2. Animate の概要
    1. Animate の新機能
    2. ビジュアル用語集
    3. Animate の必要システム構成
    4. Animate キーボードショートカット
    5. Animate での複数のファイルタイプの取り扱い
  3. アニメーション
    1. Animate のアニメーションの基本
    2. Animate でフレームとキーフレームを使用する方法
    3. Animate でのフレームアニメーション
    4. Animate でのクラシックトゥイーンアニメーションの操作
    5. ブラシツール
    6. モーションガイド
    7. モーショントゥイーンと ActionScript 3.0
    8. モーショントゥイーンアニメーションについて
    9. モーショントゥイーンアニメーション
    10. モーショントゥイーンアニメーションの作成
    11. プロパティキーフレームの使用
    12. トゥイーンを使用した位置のアニメーション化
    13. モーションエディターを使用したモーショントゥイーンの編集
    14. トゥイーンアニメーションのモーションパスの編集
    15. モーショントゥイーンの操作
    16. カスタムイージングの追加
    17. モーションプリセットの作成と適用
    18. アニメーションのトゥイーンスパンの設定
    19. XML ファイルとして保存したモーショントゥイーンの操作
    20. モーショントゥイーンとクラシックトゥイーン
    21. シェイプトゥイーン
    22. Animate のボーンツールアニメーションの使用
    23. Animate でのキャラクターリグの操作
    24. Adobe Animate でのマスクレイヤーの使用
    25. Animate でのシーンの操作
  4. インタラクティブ機能
    1. Animate でのボタンの作成
    2. 他のドキュメントタイプ形式への Animate プロジェクトの変換
    3. Animate での HTML5 Canvas ドキュメントの作成およびパブリッシュ
    4. Animate のコードスニペットを使用したインタラクティブ機能の追加
    5. カスタム HTML5 コンポーネントの作成
    6. HTML5 Canvas でのコンポーネントの使用
    7. カスタムコンポーネントの作成例
    8. カスタムコンポーネントのコードスニペット
    9. ベストプラクティス - Animate を使用した広告
    10. バーチャルリアリティの作成と公開
  5. ワークスペースとワークフロー
    1. ペイントブラシの作成と管理
    2. HTML5 Canvas ドキュメントでの Google フォントの使用
    3. Creative Cloud ライブラリと Adobe Animate の使用
    4. Animate のステージとツールパネルの使用
    5. Animate ワークフローとワークスペース
    6. HTML5 Canvas ドキュメントでの Web フォントの使用
    7. タイムラインと ActionScript
    8. 複数のタイムラインの操作
    9. 環境設定
    10. Animate オーサリングパネルの使用
    11. Animate でのタイムラインレイヤーの作成
    12. モバイルアプリおよびゲームエンジン用アニメーションの書き出し
    13. オブジェクトの移動とコピー
    14. テンプレート
    15. Animate での検索と置換
    16. 取り消し、やり直し、ヒストリーパネル
    17. キーボードショートカット
    18. Animate でのタイムラインの使用
    19. HTML 拡張機能の作成
    20. 画像とアニメーション GIF の最適化オプション
    21. 画像および GIF の書き出し設定
    22. Animate のアセットパネル
  6. マルチメディアとビデオ
    1. Animate のグラフィックオブイジェクトの変形と組み合わせ
    2. Animate でのシンボルインスタンスの作成と操作
    3. 画像トレース
    4. Adobe Animate でのサウンドの使用方法
    5. SVG ファイルの書き出し
    6. Animate で使用するビデオファイルの作成
    7. Animate にビデオを追加する方法
    8. ビデオのキューポイントの操作
    9. Animate でのオブジェクトの描画および作成
    10. 線とシェイプの変更
    11. Animate CC での線、塗り、グラデーション
    12. Adobe Premiere Pro と After Effects の使用
    13. Animate CC のカラーパネル
    14. Animate で Flash CS6 ファイルを開く
    15. Animate でのクラシックテキストの操作
    16. Animate へのアートワークの挿入
    17. Animate に読み込まれたビットマップ
    18. 3D グラフィック
    19. Animate でのシンボルの操作
    20. Adobe Animate での線とシェイプの描画
    21. Animate でのライブラリの使用
    22. サウンドの書き出し
    23. Animate CC でのオブジェクトの選択
    24. Animate での Illustrator AI ファイルの操作
    25. スプレーブラシツールでのパターンの適用
    26. ブレンドモードの適用
    27. オブジェクトの配置
    28. コマンドメニューを使用したタスクの自動化
    29. 多言語テキスト
    30. Animate でのカメラの使用
    31. Adobe Scout での Animate の使用
    32. Fireworks ファイルの作業
    33. グラフィックフィルター
    34. サウンドと ActionScript
    35. 描画の環境設定
    36. ペンツールを使用した描画
  7. プラットフォーム
    1. 他のドキュメントタイプ形式への Animate プロジェクトの変換
    2. カスタムプラットフォームサポート
    3. Animate での HTML5 Canvas ドキュメントの作成およびパブリッシュ
    4. WebGL ドキュメントの作成とパブリッシュ
    5. AIR for iOS 用アプリケーションのパッケージ化
    6. AIR for Android アプリケーションのパブリッシュ
    7. デスクトップ用 Adobe AIR のパブリッシュ
    8. ActionScript パブリッシュ設定
    9. ベストプラクティス - アプリケーションでの ActionScript の整理
    10. Animate での ActionScript の使用
    11. ベストプラクティス - アクセシビリティガイドライン
    12. Animate ワークスペースのアクセシビリティ
    13. スクリプトの記述と管理
    14. カスタムプラットフォームサポートの有効化
    15. カスタムプラットフォームサポートの概要
    16. アクセシビリティコンテンツの作成
    17. カスタムプラットフォームサポートプラグインの操作
    18. ActionScript 3.0 のデバッグ
    19. カスタムプラットフォームサポートの有効化
  8. 書き出しとパブリッシュ
    1. Animate CC からファイルを書き出す方法
    2. OAM パブリッシング
    3. SVG ファイルの書き出し
    4. Animate によるグラフィックとビデオの書き出し
    5. AS3 ドキュメントのパブリッシュ
    6. モバイルアプリおよびゲームエンジン用アニメーションの書き出し
    7. サウンドの書き出し
    8. QuickTime ビデオファイルの書き出し
    9. ActionScript を使用した外部ビデオ再生の制御
    10. ベストプラクティス - モバイルデバイス向けのコンテンツ作成のヒント
    11. ベストプラクティス - ビデオ規則
    12. ベストプラクティス - SWF アプリケーションのオーサリングガイドライン
    13. ベストプラクティス - FLA ファイルの構造化
    14. FLA ファイルを Animate 向けに最適化するベストプラクティス
    15. ActionScript パブリッシュ設定
    16. Animate のパブリッシュ設定の指定
    17. プロジェクターファイルの書き出し
    18. 画像とアニメーション GIF の書き出し
    19. HTML パブリッシュ用テンプレート
    20. Adobe Premiere Pro と After Effects の使用
    21. アニメーションのクイック共有とパブリッシュ

ビデオ規則について

FLA ドキュメントに読み込む前にビデオを編集する、または FLV ファイルを SWF ファイルにロードするためのオプションが多数用意されています。Animate および Adobe Media Encoder には、ビデオの圧縮の優れた制御機能が搭載されています。ビデオの圧縮はビデオシーンの品質とファイルのサイズに影響するため、注意深く制御する必要があります。ビデオファイルのサイズは、圧縮されても、SWF ファイルの他のたいていのアセットと比較して大きくなります。

注意:

SWF ファイルのメディアの制御をユーザーに許可してください。例えば、ビデオが入っているドキュメントにオーディオ(バックグラウンドサウンドのループであっても)を追加する場合、サウンドの制御をユーザーに任せます。

アプリケーションでのビデオの使用

ビデオを Animate に読み込む前に、必要なビデオの品質、FLA ファイルで使用するビデオ形式およびそのダウンロード方法を検討します。FLA ファイルにビデオを読み込む(埋め込みビデオといいます)と、パブリッシュする SWF ファイルのサイズが大きくなります。このビデオは、ユーザーが表示しているかどうかに関係なく、ユーザーのコンピューターへのプログレッシブダウンロードを開始します。

また、サーバー上で外部 FLV ファイルから実行時にビデオをプログレッシブダウンロードまたはストリームすることもできます。ダウンロードがいつ開始するかは、アプリケーションの構成方法によって変わります。

注意:

ビデオは、SWF ファイルのようにサーバーからプログレッシブダウンロードされます。これは実際にはストリーミングではありません。コンテンツを動的にロードすることは、1 つの SWF ファイルにすべてのコンテンツを保持するよりも明確な利点があります。例えば、ファイルが小さくなり、ロードが迅速になるとともに、ユーザーはアプリケーションで表示または使用したいコンテンツだけをダウンロードできます。

外部 FLV ビデオは、コンポーネントまたはビデオオブジェクトを使用して表示することができます。コンポーネントを使用すると、FLV ビデオを使用したアプリケーションの開発が容易になります。ビデオ制御があらかじめ用意されており、コンテンツを再生するには FLV ファイルパスを指定するだけで済むからです。SWF ファイルを可能な限り小さくするには、ビデオオブジェクトにビデオを表示して、ビデオを制御するための独自のアセットとコードを作成します。また、Adobe Animate の FLVPlayback コンポーネントの使用も検討してください。これはメディアコンポーネントよりもファイルサイズが小さくて済みます(Flash MX Professional 2004 以降)。

ユーザーが SWF ファイルのビデオを制御(ビデオの停止、一時停止、再生、再開、ボリュームコントロールなど)できるようにすることをお勧めします。

アニメーションを使用したビデオの操作、またはタイムラインを使用してビデオのあちこちを同調させるなど、一定の柔軟性をビデオに持たせるには、ActionScript またはいずれかのメディアコンポーネントを使用してビデオをロードするのではなく、SWF ファイルにビデオを埋め込みます。

Video クラスの許容度よりもビデオインスタンスの制御機能を高めるには、ムービークリップインスタンス内にビデオを配置します。ビデオのタイムラインは Animate のタイムラインから独立して再生され、コンテンツをムービークリップ内に配置してタイムラインを制御することができます。これで、ビデオに合わせてメインタイムラインのフレーム数を拡張しなくて済みます。フレーム数が増えると、FLA ファイルの操作が面倒になることがあります。

ビデオのトラブルシューティング

アプリケーションを作成し、サーバーにアップロードした後で問題が発生する場合があります。

  • ご使用の Flash Player のバージョンが正しいかどうか調べてください。

    例えば、ファイルのエンコードに On2 コーデックを使用した場合は、Animate コンテンツの表示に使用するブラウザーに Flash Player 8 以降がインストールされている必要があります。

    注意:Flash Player と FLV の互換性については、『ActionScript 2.0 の学習』の「FLV ビデオの使用について」を参照してください。

  • 使用するビデオファイル(FLV または F4V)の MIME タイプがサーバーでサポートされていることを確認します。サーバー上のビデオファイルについて詳しくは、『ActionScript 2.0 の学習』の「FLV ファイルに合わせたサーバーの設定」を参照してください。

  • セキュリティガイドラインを確認します。

    FLV ファイルを別のサーバーからロードする場合は、その外部サーバーからロードするための正しいファイルまたはコードが用意されていることを確認します。ポリシーファイルについて詳しくは、『ActionScript 2.0 の学習』の「サーバーサイドポリシーファイルによるデータへのアクセス許可」を参照してください。読み込みおよびセキュリティについて詳しくは、『ActionScript 2.0 の学習』の「セキュリティについて」を参照してください。

  • ビデオへのターゲットパスが正しいかどうかを調べます。相対パス(/video/water.flv など)を使用している場合は、絶対パス(http://www.helpexamples.com/flash/video/water.flv など)を使用してみてください。アプリケーションが相対パスでは動作せず、絶対パスで動作する場合は、相対パスを訂正します。

  • パブリッシュ設定で指定した Flash Player のバージョンにおいて、使用するビデオファイルの種類(FLV または F4V(H.264))がサポートされていることを確認します。

その他の関連ヘルプ

アドビのロゴ

アカウントにログイン