Animate へのアートワークの挿入

  1. Adobe Animate ユーザーガイド
  2. Animate の概要
    1. Animate の新機能
    2. ビジュアル用語集
    3. Animate の必要システム構成
    4. Animate キーボードショートカット
    5. Animate での複数のファイルタイプの取り扱い
  3. アニメーション
    1. Animate のアニメーションの基本
    2. Animate でフレームとキーフレームを使用する方法
    3. Animate でのフレームアニメーション
    4. Animate でのクラシックトゥイーンアニメーションの操作
    5. ブラシツール
    6. モーションガイド
    7. モーショントゥイーンと ActionScript 3.0
    8. モーショントゥイーンアニメーションについて
    9. モーショントゥイーンアニメーション
    10. モーショントゥイーンアニメーションの作成
    11. プロパティキーフレームの使用
    12. トゥイーンを使用した位置のアニメーション化
    13. モーションエディターを使用したモーショントゥイーンの編集
    14. トゥイーンアニメーションのモーションパスの編集
    15. モーショントゥイーンの操作
    16. カスタムイージングの追加
    17. モーションプリセットの作成と適用
    18. アニメーションのトゥイーンスパンの設定
    19. XML ファイルとして保存したモーショントゥイーンの操作
    20. モーショントゥイーンとクラシックトゥイーン
    21. シェイプトゥイーン
    22. Animate のボーンツールアニメーションの使用
    23. Animate でのキャラクターリグの操作
    24. Adobe Animate でのマスクレイヤーの使用
    25. Animate でのシーンの操作
  4. インタラクティブ機能
    1. Animate でのボタンの作成
    2. 他のドキュメントタイプ形式への Animate プロジェクトの変換
    3. Animate での HTML5 Canvas ドキュメントの作成およびパブリッシュ
    4. Animate のコードスニペットを使用したインタラクティブ機能の追加
    5. カスタム HTML5 コンポーネントの作成
    6. HTML5 Canvas でのコンポーネントの使用
    7. カスタムコンポーネントの作成例
    8. カスタムコンポーネントのコードスニペット
    9. ベストプラクティス - Animate を使用した広告
    10. バーチャルリアリティの作成と公開
  5. ワークスペースとワークフロー
    1. ペイントブラシの作成と管理
    2. HTML5 Canvas ドキュメントでの Google フォントの使用
    3. Creative Cloud ライブラリと Adobe Animate の使用
    4. Animate のステージとツールパネルの使用
    5. Animate ワークフローとワークスペース
    6. HTML5 Canvas ドキュメントでの Web フォントの使用
    7. タイムラインと ActionScript
    8. 複数のタイムラインの操作
    9. 環境設定
    10. Animate オーサリングパネルの使用
    11. Animate でのタイムラインレイヤーの作成
    12. モバイルアプリおよびゲームエンジン用アニメーションの書き出し
    13. オブジェクトの移動とコピー
    14. テンプレート
    15. Animate での検索と置換
    16. 取り消し、やり直し、ヒストリーパネル
    17. キーボードショートカット
    18. Animate でのタイムラインの使用
    19. HTML 拡張機能の作成
    20. 画像とアニメーション GIF の最適化オプション
    21. 画像および GIF の書き出し設定
    22. Animate のアセットパネル
  6. マルチメディアとビデオ
    1. Animate のグラフィックオブイジェクトの変形と組み合わせ
    2. Animate でのシンボルインスタンスの作成と操作
    3. 画像トレース
    4. Adobe Animate でのサウンドの使用方法
    5. SVG ファイルの書き出し
    6. Animate で使用するビデオファイルの作成
    7. Animate にビデオを追加する方法
    8. ビデオのキューポイントの操作
    9. Animate でのオブジェクトの描画および作成
    10. 線とシェイプの変更
    11. Animate CC での線、塗り、グラデーション
    12. Adobe Premiere Pro と After Effects の使用
    13. Animate CC のカラーパネル
    14. Animate で Flash CS6 ファイルを開く
    15. Animate でのクラシックテキストの操作
    16. Animate へのアートワークの挿入
    17. Animate に読み込まれたビットマップ
    18. 3D グラフィック
    19. Animate でのシンボルの操作
    20. Adobe Animate での線とシェイプの描画
    21. Animate でのライブラリの使用
    22. サウンドの書き出し
    23. Animate CC でのオブジェクトの選択
    24. Animate での Illustrator AI ファイルの操作
    25. スプレーブラシツールでのパターンの適用
    26. ブレンドモードの適用
    27. オブジェクトの配置
    28. コマンドメニューを使用したタスクの自動化
    29. 多言語テキスト
    30. Animate でのカメラの使用
    31. Adobe Scout での Animate の使用
    32. Fireworks ファイルの作業
    33. グラフィックフィルター
    34. サウンドと ActionScript
    35. 描画の環境設定
    36. ペンツールを使用した描画
  7. プラットフォーム
    1. 他のドキュメントタイプ形式への Animate プロジェクトの変換
    2. カスタムプラットフォームサポート
    3. Animate での HTML5 Canvas ドキュメントの作成およびパブリッシュ
    4. WebGL ドキュメントの作成とパブリッシュ
    5. AIR for iOS 用アプリケーションのパッケージ化
    6. AIR for Android アプリケーションのパブリッシュ
    7. デスクトップ用 Adobe AIR のパブリッシュ
    8. ActionScript パブリッシュ設定
    9. ベストプラクティス - アプリケーションでの ActionScript の整理
    10. Animate での ActionScript の使用
    11. ベストプラクティス - アクセシビリティガイドライン
    12. Animate ワークスペースのアクセシビリティ
    13. スクリプトの記述と管理
    14. カスタムプラットフォームサポートの有効化
    15. カスタムプラットフォームサポートの概要
    16. アクセシビリティコンテンツの作成
    17. カスタムプラットフォームサポートプラグインの操作
    18. ActionScript 3.0 のデバッグ
    19. カスタムプラットフォームサポートの有効化
  8. 書き出しとパブリッシュ
    1. Animate CC からファイルを書き出す方法
    2. OAM パブリッシング
    3. SVG ファイルの書き出し
    4. Animate によるグラフィックとビデオの書き出し
    5. AS3 ドキュメントのパブリッシュ
    6. モバイルアプリおよびゲームエンジン用アニメーションの書き出し
    7. サウンドの書き出し
    8. QuickTime ビデオファイルの書き出し
    9. ActionScript を使用した外部ビデオ再生の制御
    10. ベストプラクティス - モバイルデバイス向けのコンテンツ作成のヒント
    11. ベストプラクティス - ビデオ規則
    12. ベストプラクティス - SWF アプリケーションのオーサリングガイドライン
    13. ベストプラクティス - FLA ファイルの構造化
    14. FLA ファイルを Animate 向けに最適化するベストプラクティス
    15. ActionScript パブリッシュ設定
    16. Animate のパブリッシュ設定の指定
    17. プロジェクターファイルの書き出し
    18. 画像とアニメーション GIF の書き出し
    19. HTML パブリッシュ用テンプレート
    20. Adobe Premiere Pro と After Effects の使用
    21. アニメーションのクイック共有とパブリッシュ

Animate へのアートワークの読み込みについて

Adobe Animateでは、他のアプリケーションで作成したアートワークを使用できます。ベクターグラフィックやビットマップを、様々なファイル形式で読み込むことができます。システムに QuickTime® 4 以降がインストールされている場合は、さらに多くの形式のベクターグラフィックファイルやビットマップファイルを読み込むこともできます。Adobe® FreeHand® ファイル(バージョン MX 以前)や Adobe® Fireworks® PNG ファイルを、属性を維持しながら Animate に直接読み込むこともできます。

Animate に読み込むグラフィックファイルは、2 × 2 ピクセル以上のサイズでなければなりません。

実行時に JPEG ファイルを Animate SWF ファイルに読み込むには、loadMovie アクションまたはメソッドを使用します。詳しくは、「loadMovie(MovieClip.loadMovie メソッド)」(『ActionScript 2.0 リファレンスガイド』)または「ムービークリップの操作」(『ActionScript 3.0 開発ガイド』)を参照してください。

Animate では、ベクターグラフィック、ビットマップ、およびイメージシーケンスを次のように読み込むことができます。

  • Adobe® Illustrator® と Adobe® Photoshop® のファイルを Animate に読み込むときは、読み込みオプションを指定することで、アートワークの視覚データの大半を保持することができます。また、Animate オーサリング環境の中で特定の視覚属性を編集するための機能を維持できます。

  • ベクターイメージを FreeHand から Animate に読み込むときに、FreeHand のレイヤー、ページ、およびテキストブロックを保持するかどうかを選択します。

  • PNG イメージを Fireworks から読み込むときは、ファイルを Animate で編集可能なオブジェクトとして、または Fireworks で編集および更新可能な統合されたファイルとして読み込みます。

  • オプションを選択して、イメージ、テキスト、およびガイドを保持することができます。

    注意:Fireworks から PNG ファイルをカット&ペーストした場合、ファイルはビットマップに変換されます。

  • SWF ファイル、および WMF(Windows® Metafile Format)ファイルのベクターイメージを、ライブラリではなく Animate ドキュメントに直接読み込む場合は、現在のレイヤー上にグループとして読み込まれます。

  • Animate ドキュメントに直接読み込むビットマップ(スキャンされた写真、BMP ファイル)は、単一のオブジェクトとして現在のレイヤーに読み込まれます。Animate では、読み込まれたビットマップの透明度の設定は、そのまま適用されます。ビットマップを読み込むと SWF ファイルのファイルサイズが大きくなる可能性があるので、読み込まれたビットマップを圧縮するよう検討してください。

    注意:ビットマップを他のアプリケーションやデスクトップから Animate にドラッグ&ドロップして読み込むと、ビットマップの透明度が反映されないことがあります。透明度を反映して読み込むには、ファイル/ステージに読み込み、またはファイル/ライブラリに読み込みを選択してください。

  • Animate ドキュメントに直接読み込むイメージシーケンス(例えば PICT または BMP シーケンス)は、連続キーフレームとして現在のレイヤーに読み込まれます。

読み込みでサポートされているファイルの形式

注意:

読み込み、書き出しまたは編集に対して Animate でサポートされているすべてのファイル形式の一覧については、TechNote「サポートされているファイルの形式」を参照してください。

グラフィックの形式

Animate では、QuickTime 4 以降がシステムにインストールされているかどうかによって、読み込むことのできるベクターファイルまたはビットマップファイルの形式が異なります。Windows と Mac OS の両方のプラットフォームで共同作業をするようなプロジェクトの場合、QuickTime 4 をインストールして Animate を使用すると便利です。QuickTime 4 がインストールされていると、両方のプラットフォームで、PICT、QuickTime Movie などの形式のファイルを読み込むことができます。

次の形式のベクターファイルまたはビットマップファイルは、QuickTime 4 がインストールされているかどうかに関係なく、Animate 8 あるいはそれ以降に読み込むことができます。

ファイル形式

拡張子

Windows

Mac OS

Adobe Illustrator(バージョン 10 以前)

.ai

Adobe Photoshop

.psd

AutoCAD® DXF

.dxf

ビットマップ

.bmp

Windows 拡張メタファイル

.emf

FutureSplash Player

.spl

GIF およびアニメーション GIF

.gif

JPEG

.jpg

PNG

.png

Flash Player 6 および 7

.swf

Windows メタファイル

.wmf

Adobe XML グラフィックファイル

.fxg

次の形式のビットマップファイルは、QuickTime 4 以降がインストールされている場合にのみ、Animate に読み込むことができます。

ファイル形式

拡張子

Windows

Mac OS

QuickTime イメージ

.qtif

TIFF

.tif

サウンドの形式

Animate では、以下のオーディオの形式を読み込むことができます。

ファイル形式

拡張子

Windows

Mac OS

Adobe Soundbooth

.asnd

Wave

.wav

Audio Interchange File Format(AIFF)

.aiff

MP3

.mp3

Animate では、QuickTime 4 以降がインストールされている場合にのみ、以下のオーディオの形式を読み込むことができます。

ファイル形式

拡張子

Windows

Mac OS

Audio Interchange File Format(AIFF)

.aiff

Sound Designer II

.sd2

サウンドのみの QuickTime ムービー

.mov、.qt

Sun AU

.au

System 7 サウンド

.snd

Wave

.wav

ビデオの形式

Animate では、以下のビデオの形式を読み込むことができます。

ファイル形式

拡張子

Windows

Mac OS

Adobe Animate 用ビデオ

.flv、.f4v

QuickTime ムービー

.mov、.qt

Video for Windows

.avi

MPEG

.mpg、.m1v、.m2p、.m2t、.m2ts、.mts、.tod、.mpe、.mpeg

MPEG-4

.mp4、.m4v、.avc

デジタルビデオ

.dv、.dvi

モバイルデバイス用 3GPP / 3GPP2

.3gp、.3gpp、.3gp2、.3gpp2、.3p2

Animate へのアートワークの読み込み

Animate では、様々なファイル形式のアートワークを、ステージに直接読み込むか、ライブラリに読み込むことができます。

Animate へのファイルの読み込み

  1. 次のいずれかの操作を行います。
    • ファイルを現在の Animate ドキュメントに直接読み込むには、ファイル/読み込み/ステージに読み込みを選択します。

    • ファイルを現在の Animate ドキュメントのライブラリに読み込むには、ファイル/読み込み/ライブラリに読み込みを選択します(ドキュメントのライブラリアイテムを使用するには、そのアイテムをステージ上にドラッグします)。

  2. ファイルの種類ポップアップメニュー(Windows)または表示ポップアップメニュー(Mac OS)からファイル形式を選択します。
  3. 読み込むファイルを選択します。読み込むファイルに複数のレイヤーが存在する場合、ファイルの種類によっては、Animate で新しいレイヤーが作成されることがあります。すべての新しいレイヤーがタイムラインに表示されます。

  4. 「開く」をクリックします。
  5. 読み込むファイルの名前が番号で終わり、同じフォルダーの中に連番を持つ他のファイルがある場合は、次のいずれかの操作を行います。

    注意:(Windows 8 のみ)「ベクターアウトライン」オプションを選択した状態でテキストを含む PSD ファイルが読み込まれる場合は、ベクターオブジェクトのアンカーポイントを編集できません。この現象は、Windows 8 で提供されているフォントを使用して作成された PSD ファイルで発生しています。

    • すべての連続ファイルを読み込むには、「はい」をクリックします。

    • 指定したファイルだけを読み込むには、「いいえ」をクリックします。

      以下に、シーケンスファイルに使用できるファイル名の例を示します。

      Frame001.gif、Frame002.gif、Frame003.gif

      Bird 1、Bird 2、Bird 3

      Walk-001.ai、Walk-002.ai、Walk-003.ai

他のアプリケーションから現在の Animate ドキュメントへのビットマップの直接ペースト

  1. 他のアプリケーションでイメージをコピーします。
  2. Animate で、編集/中央にペーストを選択します。

FXG ファイルの読み込み

FXG 形式を使用すると、複雑なグラフィック情報をすべて保持したまま、Adobe Illustrator、Fireworks、Photoshop などの他のアドビアプリケーションとグラフィックを交換できます。Animate では、FXG ファイル(2.0 バージョンのみ)を読み込んで、ステージ上で選択したオブジェクトまたはステージ全体を FXG 形式で保存できます。FXG ファイルについて詳しくは、FXG ファイルについてを参照してください。

  • FXG ファイルを読み込むには、ファイル/読み込みを選択し、「ステージに読み込み」または「ライブラリに読み込み」を選択して、開きたい FXG ファイルを選択します。

AutoCAD DXF ファイルについて

Animate は、AutoCAD 10 の AutoCAD® DXF 形式をサポートしています。

DXF ファイルでは、標準のシステムフォントを使用できません。Animate では適切なフォントのマッピングが試みられますが、テキストの行揃えなどが正しく保持されないことがあります。

また、DXF ファイル形式では塗りつぶしがサポートされていないため、塗り領域はアウトラインとして書き出されます。このため、DXF 形式は見取り図や地図などの線画に適しています。

2 次元の DXF ファイルは Animate に読み込むことができますが、3 次元の DXF ファイルは Animate に読み込むことができません。

Animate は DXF ファイル形式での伸縮をサポートしていません。ただし、読み込まれた DXF ファイルはすべて 12 × 12 インチのムービーに変換され、それらのムービーは、修正/変形/伸縮を選択して伸縮できます。また、Animate では ASCII DXF ファイルのみがサポートされています。DXF ファイルがバイナリの場合は、Animate に読み込む前に ASCII に変換します。

ActionScript を使用したアートワークのロード

ActionScript では、外部の画像ファイルやライブラリ内のアセットを実行時に読み込むことができます。

アドビのロゴ

アカウントにログイン