フレームアニメーションの作成

フレームアニメーションは、すべてのフレームでステージのコンテンツが変化するので、単にステージ上を移動するようなアニメーションではなく、イメージが各フレームで変化するような複雑なアニメーションに適しています。フレームアニメーションでは、トゥイーンアニメーションよりもファイルサイズが極端に大きくなります。フレームアニメーションでは、Animate CC(旧 Flash Professional CC)によって各フレーム全体の値が保存されます。

フレームアニメーションを作成するには、各フレームをキーフレームとして定義し、フレームごとに異なるイメージを作成します。新しい各キーフレームには、直前のキーフレームと同じコンテンツが最初に入っているため、アニメーションのフレームを徐々に修正できます。

  1. レイヤー名をクリックしてレイヤーをアクティブにし、そのレイヤー上でアニメーションを開始するフレームを選択します。
  2. そのフレームがキーフレームになっていない場合、挿入/タイムライン/キーフレームを選択してキーフレームにします。
  3. シーケンスの最初のフレームにアートワークを作成します。アートワークを作成するには、描画ツールを使用するか、クリップボードからグラフィックをペーストするか、またはファイルを読み込みます。
  4. 最初のキーフレームとコンテンツが同じキーフレームを追加するには、同じ行の右側にある次のフレームをクリックして、挿入/タイムライン/キーフレームを選択します。または、フレームを右クリック(Windows)するか Control キーを押しながらクリック(Mac OS)して、コンテキストメニューの「キーフレームの挿入」を選択します。

  5. アニメーションの次の動きを作成するには、ステージ上でフレームのコンテンツを変更します。
  6. 手順 4 と 5 を繰り返して、目的の動きを作成してフレームアニメーションのシーケンスを完成させます。
  7. アニメーションシーケンスをテストするには、制御/再生を選択するか、または制御パネル(ウィンドウ/ツールバー/制御パネル)の「再生」ボタンをクリックします。

クラシックトゥイーンまたはモーショントゥイーンの変換によるフレームアニメーションの作成

クラシックトゥイーンまたはモーショントゥイーンのスパンをフレームアニメーションに変換できます。フレームアニメーションでは、各フレームに個別のキーフレーム(プロパティキーフレームではない)が含まれま。また、それらの各キーフレームにはアニメーションシンボルの個別のインスタンスが含まれています。フレームアニメーションには、補間のプロパティ値は含まれません。

  1. 変換するトゥイーンスパンを右クリック(Windows)または Control キーを押しながらクリック(Mac OS)し、コンテキストメニューから「フレームアニメーションに変換」を選択します。

オニオンスキン機能の使用

通常、アニメーションシーケンスのフレームは、一度に 1 つだけステージ上に表示されます。ただし、フレームアニメーションの配置や編集がしやすいように、一度に複数のフレームをステージ上に表示することもできます。再生ヘッドの下のフレームはフルカラーで表示されるので、カラーとアルファを適用して、前のフレームと後のフレームを区別しています。 

色分けされたオニオンスキンがデフォルトで適用されます。以前の動作を維持するには、前のフレームと後のフレームを黒に変更します。

アニメーションの複数のフレームのステージ上での同時表示

  1. オニオンスキンボタン をクリックします。オニオンスキンの開始マーカーと終了マーカー(タイムラインヘッダーに表示)の間にあるすべてのフレームは、ドキュメントウィンドウでは 1 つのフレームとして重ねて表示されます。

    オニオンスキンマーカー

色分けされたオニオンスキン

オニオンスキンの色分けにより、前のフレーム、現在のフレーム、後のフレームを区別しやすくなっています。アクティブフレームから離れるほど、オニオンスキンフレームの透明度が低くなります。

タイムライン上のオニオンスキン
タイムライン上のオニオンスキン

色分けされたオニオンスキン
前、現在、後の各フレームを示す色分けされたオニオンスキン

オニオンスキンアウトラインモード

オニオンスキンの表示色のカスタマイズ

  1. オニオンスキンフレームの色をカスタマイズするには、タイムラインバーのオニオンスキンフレームを選択します。
  2. 編集/環境設定を選択します。
  3. オニオンスキンの色」オプションで、色見本ボタンを選択して、「前」、「現在」、「後」フレームの色をカスタマイズおよび設定します。

注意:

色分けは、出力モードにも適用されます。

オニオンスキンタイムラインモード

カスタマイズされたオニオンスキン

  • オニオンスキン範囲の開始マーカーまたは終了マーカーの位置を変更するには、そのポインターを新しい場所にドラッグします。通常、オニオンスキンマーカーは、現在のフレームポインターと連動して移動します。Ctrl/Command キーを押しながらドラッグして、両側の位置を増減します。
  • オニオンスキンマーカー間のすべてのフレームの編集を有効にするには、「複数フレーム編集」ボタン をクリックします。通常オニオンスキンで編集できるのは現在のフレームだけですが、オニオンスキンマーカー間の各フレームのコンテンツを表示させ編集することができます。
  • ループ範囲を再生ヘッドを含めた任意の位置に移動させるには、タイムラインのマーカーを使用し、Shift キーを押しながらドラッグします。 
  • 範囲マーカーを設定するには、Shift キーを使用して範囲マーカーをドラッグするか、タイムライン上のマーカーを使用してループ範囲をドラッグします。

注意:

ロックされたレイヤー(カギのアイコンが表示されているレイヤー)は、オニオンスキンが有効なときは表示されません。イメージを操作するときにわかりやすいように、オニオンスキン操作の対象ではないレイヤーはロックするか、非表示にします。

オニオンスキンマーカーの表示の変更

  1. オニオンスキンマーカー設定ボタン をクリックし、アイテムを選択します。

    オニオンスキンマーカーの表示

    「オニオンスキンマーカーの表示」を選択すると、オニオンスキンが有効かどうかに関係なく、タイムラインヘッダーにオニオンスキンマーカーが表示されます。

    オニオンスキンマーカーの固定

    「オニオンスキンマーカーの固定」を選択すると、オニオンスキンマーカーがタイムラインヘッダーの現在の位置にロックされます。通常、オニオンスキンの範囲は、現在のフレームポインターとオニオンスキンマーカーが連動して決まります。オニオンスキンマーカーを固定すると、現在のフレームポインターが移動しても、オニオンスキンマーカーは移動しません。

    オニオンスキン 2

    「オニオンスキン 2」を選択すると、現在のフレームの両側の 2 フレームが表示されます。

    オニオンスキン 5

    「オニオンスキン 5」を選択すると、現在のフレームの両側の 5 フレームが表示されます。

    オニオンスキン(すべて)

    「オニオンスキン(すべて)」を選択すると、現在のフレームの両側のすべてのフレームが表示されます。

作業結果のプレビュー

オニオンスキンがどのようになるかを確認するには、タイムラインのスパン全体の上にマウスポインターを移動します。アニメーションが色付きのアウトラインで再生され、変更を正確にプレビューできます。 

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー