概要

Animate CC(旧 Flash Professional CC)のアニメーションガイドでは、アニメーション化するオブジェクトのパスを定義することで、作成するアニメーションを拡充できます。この機能は、直線以外のパスに従うアニメーションを操作する場合に便利です。このプロセスでアニメーションを実行するには、次の 2 つのレイヤーが必要になります。

  • アニメーション化しようとしているオブジェクトを含むレイヤー
  • アニメーションの実行中にオブジェクトが従うパスを定義したレイヤー

アニメーションガイドは、クラシックトゥイーンでのみ動作します。

アニメーションガイドについて詳しくは、クラシックトゥイーンアニメーションの操作を参照してください。

可変線幅に基づくアニメーションガイド

ガイドパスの可変の線の太さに基づいて、オブジェクトをアニメーション化できます。

オブジェクトの最初および最後の位置にあるキーフレーム以外のキーフレームで、線の太さの変化を指定する必要はありません。

  1. 可変線幅に基づいてオブジェクトをアニメーション化するには、このドキュメントの以前の節で説明したように、パスを作成して、そのパスに従ってオブジェクトをアニメーション化します。 
  2. タイムラインで選択したトゥイーンの最初のキーフレームについて、プロパティインスペクターでオプションの「伸縮」チェックボックスおよび「パスに沿って拡大・縮小」チェックボックスを選択します。これで、オブジェクトが線の太さに基づいて拡大または縮小するようになります。
  1. 次のいずれかの方法を使用して、線の太さを定義します。
  • ツールボックスから線幅ツール(U)を選択し、パス上をクリックし、ドラッグしてパスの太さを変更します。
  • ツールボックスから選択ツール(V)を使用してパスを選択し、プロパティインスペクターで、「幅」ドロップダウンオプションからその線の線幅プロファイルを選択します。

可変線幅の線について詳しくは、可変線幅の線を参照してください。

可変線幅の線をパスとして定義した後、そのモーショントゥイーンを実行すると、オブジェクトがパスに従って動くのに加え、線の太さの変化に対応してサイズも変化することを確認できます。

可変線幅の線によるアニメーションガイドの使用例を次に示します。

 

モーションガイドパスには、次のように複数のセグメントを設定して、連結されたセグメントのそれぞれに異なる可変線幅プロファイルを指定することができます。オブジェクトにその他のキーフレームがない場合、アニメーションの実行中は各セグメントの線幅プロファイルが考慮されます。

線の色に基づくアニメーションガイド

アニメーションガイドでは、ガイドパス自体の色に基づいてオブジェクトの色を変更して、パスに沿ってオブジェクトをトゥイーンすることもできます。この変化を適用するには、パス内に少なくとも 2 つのセグメント(つまり、パス内に少なくとも 3 つのノードまたはポイント)が必要になります。そのためには、クラシックモーショントゥイーンを作成して、このドキュメントの前の節で説明したようにガイドパスを描画する際に、ペンツールを使用して、次のようにガイドパスを描画します。このパスには、3 つのセグメントに 4 つのノード(ポイント)があります。

オブジェクトの最初および最後の位置にあるキーフレーム以外に、線の色の変化を示すキーフレームを作成する必要はありません。

  1. クラシックモーショントゥイーンを作成した後、タイムラインでそのトゥイーンの最初のキーフレームを選択します。プロパティインスペクターで、「カラー」と「パス」チェックボックスをチェックします。これで、オブジェクトがガイドパスのとおり、色の変化に従うようになります。
  1. 次に、ツールボックスの選択ツール(V)を使用して、ガイドパスの 2 つ目のセグメントをクリックして選択し、別の色を選択します。同じ操作を、このパスの 3 つ目のセグメントにも実行します。

このアニメーションを実行すると、ガイドパスの色がトゥイーンのコースを進むオブジェクト自体にも影響することを確認できます。また、色だけではなく、ガイドパスの線セグメントのアルファ値や不透明度の値にも影響があります。

色の変化によるアニメーションガイドの使用例を次に示します。

 

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー