アニメーションガイド

  1. Adobe Animate ユーザーガイド
  2. Animate の概要
    1. Animate の新機能
    2. ビジュアル用語集
    3. Animate の必要システム構成
    4. Animate キーボードショートカット
    5. Animate での複数のファイルタイプの取り扱い
  3. アニメーション
    1. Animate のアニメーションの基本
    2. Animate でフレームとキーフレームを使用する方法
    3. Animate でのフレームアニメーション
    4. Animate でのクラシックトゥイーンアニメーションの操作
    5. ブラシツール
    6. モーションガイド
    7. モーショントゥイーンと ActionScript 3.0
    8. モーショントゥイーンアニメーションについて
    9. モーショントゥイーンアニメーション
    10. モーショントゥイーンアニメーションの作成
    11. プロパティキーフレームの使用
    12. トゥイーンを使用した位置のアニメーション化
    13. モーションエディターを使用したモーショントゥイーンの編集
    14. トゥイーンアニメーションのモーションパスの編集
    15. モーショントゥイーンの操作
    16. カスタムイージングの追加
    17. モーションプリセットの作成と適用
    18. アニメーションのトゥイーンスパンの設定
    19. XML ファイルとして保存したモーショントゥイーンの操作
    20. モーショントゥイーンとクラシックトゥイーン
    21. シェイプトゥイーン
    22. Animate のボーンツールアニメーションの使用
    23. Animate でのキャラクターリグの操作
    24. Adobe Animate でのマスクレイヤーの使用
    25. Animate でのシーンの操作
  4. インタラクティブ機能
    1. Animate でのボタンの作成
    2. 他のドキュメントタイプ形式への Animate プロジェクトの変換
    3. Animate での HTML5 Canvas ドキュメントの作成およびパブリッシュ
    4. Animate のコードスニペットを使用したインタラクティブ機能の追加
    5. カスタム HTML5 コンポーネントの作成
    6. HTML5 Canvas でのコンポーネントの使用
    7. カスタムコンポーネントの作成例
    8. カスタムコンポーネントのコードスニペット
    9. ベストプラクティス - Animate を使用した広告
    10. バーチャルリアリティの作成と公開
  5. ワークスペースとワークフロー
    1. ペイントブラシの作成と管理
    2. HTML5 Canvas ドキュメントでの Google フォントの使用
    3. Creative Cloud ライブラリと Adobe Animate の使用
    4. Animate のステージとツールパネルの使用
    5. Animate ワークフローとワークスペース
    6. HTML5 Canvas ドキュメントでの Web フォントの使用
    7. タイムラインと ActionScript
    8. 複数のタイムラインの操作
    9. 環境設定
    10. Animate オーサリングパネルの使用
    11. Animate でのタイムラインレイヤーの作成
    12. モバイルアプリおよびゲームエンジン用アニメーションの書き出し
    13. オブジェクトの移動とコピー
    14. テンプレート
    15. Animate での検索と置換
    16. 取り消し、やり直し、ヒストリーパネル
    17. キーボードショートカット
    18. Animate でのタイムラインの使用
    19. HTML 拡張機能の作成
    20. 画像とアニメーション GIF の最適化オプション
    21. 画像および GIF の書き出し設定
    22. Animate のアセットパネル
  6. マルチメディアとビデオ
    1. Animate のグラフィックオブイジェクトの変形と組み合わせ
    2. Animate でのシンボルインスタンスの作成と操作
    3. 画像トレース
    4. Adobe Animate でのサウンドの使用方法
    5. SVG ファイルの書き出し
    6. Animate で使用するビデオファイルの作成
    7. Animate にビデオを追加する方法
    8. ビデオのキューポイントの操作
    9. Animate でのオブジェクトの描画および作成
    10. 線とシェイプの変更
    11. Animate CC での線、塗り、グラデーション
    12. Adobe Premiere Pro と After Effects の使用
    13. Animate CC のカラーパネル
    14. Animate で Flash CS6 ファイルを開く
    15. Animate でのクラシックテキストの操作
    16. Animate へのアートワークの挿入
    17. Animate に読み込まれたビットマップ
    18. 3D グラフィック
    19. Animate でのシンボルの操作
    20. Adobe Animate での線とシェイプの描画
    21. Animate でのライブラリの使用
    22. サウンドの書き出し
    23. Animate CC でのオブジェクトの選択
    24. Animate での Illustrator AI ファイルの操作
    25. スプレーブラシツールでのパターンの適用
    26. ブレンドモードの適用
    27. オブジェクトの配置
    28. コマンドメニューを使用したタスクの自動化
    29. 多言語テキスト
    30. Animate でのカメラの使用
    31. Adobe Scout での Animate の使用
    32. Fireworks ファイルの作業
    33. グラフィックフィルター
    34. サウンドと ActionScript
    35. 描画の環境設定
    36. ペンツールを使用した描画
  7. プラットフォーム
    1. 他のドキュメントタイプ形式への Animate プロジェクトの変換
    2. カスタムプラットフォームサポート
    3. Animate での HTML5 Canvas ドキュメントの作成およびパブリッシュ
    4. WebGL ドキュメントの作成とパブリッシュ
    5. AIR for iOS 用アプリケーションのパッケージ化
    6. AIR for Android アプリケーションのパブリッシュ
    7. デスクトップ用 Adobe AIR のパブリッシュ
    8. ActionScript パブリッシュ設定
    9. ベストプラクティス - アプリケーションでの ActionScript の整理
    10. Animate での ActionScript の使用
    11. ベストプラクティス - アクセシビリティガイドライン
    12. Animate ワークスペースのアクセシビリティ
    13. スクリプトの記述と管理
    14. カスタムプラットフォームサポートの有効化
    15. カスタムプラットフォームサポートの概要
    16. アクセシビリティコンテンツの作成
    17. カスタムプラットフォームサポートプラグインの操作
    18. ActionScript 3.0 のデバッグ
    19. カスタムプラットフォームサポートの有効化
  8. 書き出しとパブリッシュ
    1. Animate CC からファイルを書き出す方法
    2. OAM パブリッシング
    3. SVG ファイルの書き出し
    4. Animate によるグラフィックとビデオの書き出し
    5. AS3 ドキュメントのパブリッシュ
    6. モバイルアプリおよびゲームエンジン用アニメーションの書き出し
    7. サウンドの書き出し
    8. QuickTime ビデオファイルの書き出し
    9. ActionScript を使用した外部ビデオ再生の制御
    10. ベストプラクティス - モバイルデバイス向けのコンテンツ作成のヒント
    11. ベストプラクティス - ビデオ規則
    12. ベストプラクティス - SWF アプリケーションのオーサリングガイドライン
    13. ベストプラクティス - FLA ファイルの構造化
    14. FLA ファイルを Animate 向けに最適化するベストプラクティス
    15. ActionScript パブリッシュ設定
    16. Animate のパブリッシュ設定の指定
    17. プロジェクターファイルの書き出し
    18. 画像とアニメーション GIF の書き出し
    19. HTML パブリッシュ用テンプレート
    20. Adobe Premiere Pro と After Effects の使用
    21. アニメーションのクイック共有とパブリッシュ

概要

Adobe Animate(旧 Flash Professional CC)のアニメーションガイドでは、アニメーション化するオブジェクトのパスを定義することで、作成するアニメーションを拡充できます。この機能は、直線以外のパスに従うアニメーションを操作する場合に便利です。このプロセスでアニメーションを実行するには、次の 2 つのレイヤーが必要になります。

  • アニメーション化しようとしているオブジェクトを含むレイヤー
  • アニメーションの実行中にオブジェクトが従うパスを定義したレイヤー

アニメーションガイドは、クラシックトゥイーンでのみ動作します。

アニメーションガイドについて詳しくは、クラシックトゥイーンアニメーションの操作を参照してください。

可変線幅に基づくアニメーションガイド

ガイドパスの可変の線の太さに基づいて、オブジェクトをアニメーション化できます。

オブジェクトの最初および最後の位置にあるキーフレーム以外のキーフレームで、線の太さの変化を指定する必要はありません。

  1. 可変線幅に基づいてオブジェクトをアニメーション化するには、このドキュメントの以前の節で説明したように、パスを作成して、そのパスに従ってオブジェクトをアニメーション化します。 
  2. タイムラインで選択したトゥイーンの最初のキーフレームについて、プロパティインスペクターでオプションの「伸縮」チェックボックスおよび「パスに沿って拡大・縮小」チェックボックスを選択します。これで、オブジェクトが線の太さに基づいて拡大または縮小するようになります。

  1. 次のいずれかの方法を使用して、線の太さを定義します。
  • ツールボックスから線幅ツール(U)を選択し、パス上をクリックし、ドラッグしてパスの太さを変更します。

  • ツールボックスから選択ツール(V)を使用してパスを選択し、プロパティインスペクターで、「幅」ドロップダウンオプションからその線の線幅プロファイルを選択します。

可変線幅の線について詳しくは、可変線幅の線を参照してください。

可変線幅の線をパスとして定義した後、そのモーショントゥイーンを実行すると、オブジェクトがパスに従って動くのに加え、線の太さの変化に対応してサイズも変化することを確認できます。

可変線幅の線によるアニメーションガイドの使用例を次に示します。

モーションガイドパスには、次のように複数のセグメントを設定して、連結されたセグメントのそれぞれに異なる可変線幅プロファイルを指定することができます。オブジェクトにその他のキーフレームがない場合、アニメーションの実行中は各セグメントの線幅プロファイルが考慮されます。

線の色に基づくアニメーションガイド

アニメーションガイドでは、ガイドパス自体の色に基づいてオブジェクトの色を変更して、パスに沿ってオブジェクトをトゥイーンすることもできます。この変化を適用するには、パス内に少なくとも 2 つのセグメント(つまり、パス内に少なくとも 3 つのノードまたはポイント)が必要になります。そのためには、クラシックモーショントゥイーンを作成して、このドキュメントの前の節で説明したようにガイドパスを描画する際に、ペンツールを使用して、次のようにガイドパスを描画します。このパスには、3 つのセグメントに 4 つのノード(ポイント)があります。

オブジェクトの最初および最後の位置にあるキーフレーム以外に、線の色の変化を示すキーフレームを作成する必要はありません。

  1. クラシックモーショントゥイーンを作成した後、タイムラインでそのトゥイーンの最初のキーフレームを選択します。プロパティインスペクターで、「カラー」と「パス」チェックボックスをチェックします。これで、オブジェクトがガイドパスのとおり、色の変化に従うようになります。

  1. 次に、ツールボックスの選択ツール(V)を使用して、ガイドパスの 2 つ目のセグメントをクリックして選択し、別の色を選択します。同じ操作を、このパスの 3 つ目のセグメントにも実行します。

このアニメーションを実行すると、ガイドパスの色がトゥイーンのコースを進むオブジェクト自体にも影響することを確認できます。また、色だけではなく、ガイドパスの線セグメントのアルファ値や不透明度の値にも影響があります。

色の変化によるアニメーションガイドの使用例を次に示します。

アドビのロゴ

アカウントにログイン