ロービングプロパティキーフレームは、タイムライン内の特定のフレームにリンクされていないキーフレームです。Animate では、モーションの速度がトゥイーン全体で一貫するようにロービングキーフレームの位置が調整されます。

ロービングキーフレームは、空間的なプロパティ X、Y および Z でのみ利用できます。この方法でモーションパスを編集すると、モーションが他のセグメントよりも速いまたは遅いパスセグメントが作成されることがよくあります。 

ロービングキーフレームを使用して、トゥイーン全体で一貫したアニメーションスピードを維持します。プロパティキーフレームがロービングに設定されると、トゥイーンスパンのプロパティキーフレームの位置が調整されます。トゥイーンオブジェクトが、トゥイーンの各フレームで同じ距離移動されます。イージングを使用すると、トゥイーンの開始および終了時点での加速がリアルに表示されるように動きを調整できます。

カスタムパスをトゥイーンにペーストする場合、Animate はプロパティキーフレームをデフォルトでロービングに設定します。

関連項目

トゥイーン全体のロービングキーフレームを有効にするには:

  • タイムライン内のトゥイーンスパンを右クリック(Windows)または Command キーを押しながらクリック(Mac OS)して、コンテキストメニューのモーションパスキーフレームをロービングに切り替えを選択します。

トゥイーン全体のロービングキーフレームを有効にするには:

  • モーションエディターパネルで、プロパティキーフレームを右クリック(Windows)または Command キーを押しながらクリック(Mac OS)し、コンテキストメニューのロービングを選択します。モーションエディターについて詳しくは、モーションエディターによるプロパティ曲線の編集を参照してください。

プロパティキーフレームがロービングに設定されている場合、モーションエディターには正方形ではなく丸い点として表示されます。

注意:

トゥイーンスパンのロービングキーフレームを有効にし、その後無効にした場合、キーフレームはロービングを有効にした結果のスパン内の位置を保持します。

ロービングキーフレームのあるモーションパスはオフになります。
ロービングキーフレームのあるモーションパスはオフになります。フレームの分散が不均一な場合、モーションの速度が不均一になる点に注意してください。
ロービングキーフレームのあるモーションパスはオンになります
ロービングキーフレームのある同じモーションパスがオンになると、パス上のフレームの分散とモーションの速度が均一になります。

トゥイーンスパンのプロパティキーフレームの表示と編集

  • あるスパン内で、様々なプロパティのプロパティキーフレームを含んでいるフレームを表示するには、目的のスパンを選択し、スパンのコンテキストメニューから「キーフレームを表示」を選択して、サブメニューからプロパティタイプを選択します。

  • スパンからプロパティキーフレームを削除するには、Ctrl キー(Windows)または Command キー(Mac OS)を押しながらプロパティキーフレームをクリックして選択します。その後、プロパティキーフレームを右クリック(Windows)または Command キーを押しながらクリック(Mac OS)します。「キーフレームを削除」を選択し、キーフレームを削除したいプロパティタイプを選択します。

  • 特定のプロパティタイプのプロパティキーフレームをスパンに追加するには、スパン内の 1 つまたは複数のフレームを Ctrl キーを押しながらクリック(Windows)または Command キーを押しながらクリック(Mac OS)して選択します。右クリック(Windows)または Command キーを押しながらクリック(Mac OS)して、スパンのコンテキストメニューでキーフレームの挿入を選択し、目的のプロパティタイプを選択します。Animate により、選択したフレームにプロパティキーフレームが追加されます。選択したフレームのターゲットインスタンスのプロパティを設定して、プロパティキーフレームを追加することもできます。

  • すべてのプロパティタイプのプロパティキーフレームをスパンに追加するには、キーフレームを追加したいフレームに再生ヘッドを配置して、挿入タイムラインキーフレームを選択するか、F6 キーを押します。

  • トゥイーンのモーションの方向を逆にするには、スパンのコンテキストメニューからモーションパスパスの入れ替えを選択します。

  • トゥイーンスパンを静止フレームに変更するには、対象のスパンを選択し、スパンのコンテキストメニューから「トゥイーンの削除」を選択します。

  • トゥイーンスパンをフレームアニメーションに変更するには、対象のスパンを選択し、スパンのコンテキストメニューから「フレームアニメーションに変換」を選択します。

  • プロパティキーフレームを別のフレームに移動するには、Ctrl キー(Windows)または Command キー(Mac OS)を押しながらプロパティキーフレームをクリックします。プロパティキーフレームを新しい場所にドラッグします。

  • プロパティキーフレームをトゥイーンスパンの別の場所にコピーするには、Ctrl キー(Windows)または Command キー(Mac OS)を押しながらプロパティキーフレームをクリックします。Alt キー(Windows)または Option キー(Mac OS)を押しながら、プロパティキーフレームを新しい場所にドラッグします。

トゥイーン内の 3D プロパティキーフレームの追加または削除

  • 次のいずれかの操作をします。
    • ツールパネルの 3D ツールを使用して 3D プロパティを追加します。
    • タイムラインのトゥイーンスパンを右クリック(Windows)または Command キーを押しながらクリック(Mac OS)して、コンテキストメニューから「3D トゥイーン」を選択します。
    • トゥイーンスパンに 3D プロパティキーフレームが含まれていない場合、Animate では、既存の各 X 位置と Y 位置および回転プロパティキーフレームにそれらが追加されます。トゥイーンスパンに 3D プロパティキーフレームが既に含まれている場合は、Animate によってそれらのキーフレームが削除されます。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー