カスタムプラットフォームサポートの有効化

  1. Adobe Animate ユーザーガイド
  2. Animate の概要
    1. Animate の新機能
    2. ビジュアル用語集
    3. Animate の必要システム構成
    4. Animate キーボードショートカット
    5. Animate での複数のファイルタイプの取り扱い
  3. アニメーション
    1. Animate のアニメーションの基本
    2. Animate でフレームとキーフレームを使用する方法
    3. Animate でのフレームアニメーション
    4. Animate でのクラシックトゥイーンアニメーションの操作
    5. ブラシツール
    6. モーションガイド
    7. モーショントゥイーンと ActionScript 3.0
    8. モーショントゥイーンアニメーションについて
    9. モーショントゥイーンアニメーション
    10. モーショントゥイーンアニメーションの作成
    11. プロパティキーフレームの使用
    12. トゥイーンを使用した位置のアニメーション化
    13. モーションエディターを使用したモーショントゥイーンの編集
    14. トゥイーンアニメーションのモーションパスの編集
    15. モーショントゥイーンの操作
    16. カスタムイージングの追加
    17. モーションプリセットの作成と適用
    18. アニメーションのトゥイーンスパンの設定
    19. XML ファイルとして保存したモーショントゥイーンの操作
    20. モーショントゥイーンとクラシックトゥイーン
    21. シェイプトゥイーン
    22. Animate のボーンツールアニメーションの使用
    23. Animate でのキャラクターリグの操作
    24. Adobe Animate でのマスクレイヤーの使用
    25. Animate でのシーンの操作
  4. インタラクティブ機能
    1. Animate でのボタンの作成
    2. 他のドキュメントタイプ形式への Animate プロジェクトの変換
    3. Animate での HTML5 Canvas ドキュメントの作成およびパブリッシュ
    4. Animate のコードスニペットを使用したインタラクティブ機能の追加
    5. カスタム HTML5 コンポーネントの作成
    6. HTML5 Canvas でのコンポーネントの使用
    7. カスタムコンポーネントの作成例
    8. カスタムコンポーネントのコードスニペット
    9. ベストプラクティス - Animate を使用した広告
    10. バーチャルリアリティの作成と公開
  5. ワークスペースとワークフロー
    1. ペイントブラシの作成と管理
    2. HTML5 Canvas ドキュメントでの Google フォントの使用
    3. Creative Cloud ライブラリと Adobe Animate の使用
    4. Animate のステージとツールパネルの使用
    5. Animate ワークフローとワークスペース
    6. HTML5 Canvas ドキュメントでの Web フォントの使用
    7. タイムラインと ActionScript
    8. 複数のタイムラインの操作
    9. 環境設定
    10. Animate オーサリングパネルの使用
    11. Animate でのタイムラインレイヤーの作成
    12. モバイルアプリおよびゲームエンジン用アニメーションの書き出し
    13. オブジェクトの移動とコピー
    14. テンプレート
    15. Animate での検索と置換
    16. 取り消し、やり直し、ヒストリーパネル
    17. キーボードショートカット
    18. Animate でのタイムラインの使用
    19. HTML 拡張機能の作成
    20. 画像とアニメーション GIF の最適化オプション
    21. 画像および GIF の書き出し設定
    22. Animate のアセットパネル
  6. マルチメディアとビデオ
    1. Animate のグラフィックオブイジェクトの変形と組み合わせ
    2. Animate でのシンボルインスタンスの作成と操作
    3. 画像トレース
    4. Adobe Animate でのサウンドの使用方法
    5. SVG ファイルの書き出し
    6. Animate で使用するビデオファイルの作成
    7. Animate にビデオを追加する方法
    8. ビデオのキューポイントの操作
    9. Animate でのオブジェクトの描画および作成
    10. 線とシェイプの変更
    11. Animate CC での線、塗り、グラデーション
    12. Adobe Premiere Pro と After Effects の使用
    13. Animate CC のカラーパネル
    14. Animate で Flash CS6 ファイルを開く
    15. Animate でのクラシックテキストの操作
    16. Animate へのアートワークの挿入
    17. Animate に読み込まれたビットマップ
    18. 3D グラフィック
    19. Animate でのシンボルの操作
    20. Adobe Animate での線とシェイプの描画
    21. Animate でのライブラリの使用
    22. サウンドの書き出し
    23. Animate CC でのオブジェクトの選択
    24. Animate での Illustrator AI ファイルの操作
    25. スプレーブラシツールでのパターンの適用
    26. ブレンドモードの適用
    27. オブジェクトの配置
    28. コマンドメニューを使用したタスクの自動化
    29. 多言語テキスト
    30. Animate でのカメラの使用
    31. Adobe Scout での Animate の使用
    32. Fireworks ファイルの作業
    33. グラフィックフィルター
    34. サウンドと ActionScript
    35. 描画の環境設定
    36. ペンツールを使用した描画
  7. プラットフォーム
    1. 他のドキュメントタイプ形式への Animate プロジェクトの変換
    2. カスタムプラットフォームサポート
    3. Animate での HTML5 Canvas ドキュメントの作成およびパブリッシュ
    4. WebGL ドキュメントの作成とパブリッシュ
    5. AIR for iOS 用アプリケーションのパッケージ化
    6. AIR for Android アプリケーションのパブリッシュ
    7. デスクトップ用 Adobe AIR のパブリッシュ
    8. ActionScript パブリッシュ設定
    9. ベストプラクティス - アプリケーションでの ActionScript の整理
    10. Animate での ActionScript の使用
    11. ベストプラクティス - アクセシビリティガイドライン
    12. Animate ワークスペースのアクセシビリティ
    13. スクリプトの記述と管理
    14. カスタムプラットフォームサポートの有効化
    15. カスタムプラットフォームサポートの概要
    16. アクセシビリティコンテンツの作成
    17. カスタムプラットフォームサポートプラグインの操作
    18. ActionScript 3.0 のデバッグ
    19. カスタムプラットフォームサポートの有効化
  8. 書き出しとパブリッシュ
    1. Animate CC からファイルを書き出す方法
    2. OAM パブリッシング
    3. SVG ファイルの書き出し
    4. Animate によるグラフィックとビデオの書き出し
    5. AS3 ドキュメントのパブリッシュ
    6. モバイルアプリおよびゲームエンジン用アニメーションの書き出し
    7. サウンドの書き出し
    8. QuickTime ビデオファイルの書き出し
    9. ActionScript を使用した外部ビデオ再生の制御
    10. ベストプラクティス - モバイルデバイス向けのコンテンツ作成のヒント
    11. ベストプラクティス - ビデオ規則
    12. ベストプラクティス - SWF アプリケーションのオーサリングガイドライン
    13. ベストプラクティス - FLA ファイルの構造化
    14. FLA ファイルを Animate 向けに最適化するベストプラクティス
    15. ActionScript パブリッシュ設定
    16. Animate のパブリッシュ設定の指定
    17. プロジェクターファイルの書き出し
    18. 画像とアニメーション GIF の書き出し
    19. HTML パブリッシュ用テンプレート
    20. Adobe Premiere Pro と After Effects の使用
    21. アニメーションのクイック共有とパブリッシュ

この記事では、Animate を使用して、Animate プラグインを作成し、カスタムプラットフォームをサポートする方法について、プラグインデベロッパーにガイドを提供します。

デベロッパーがカスタムプラットフォームでサポートされるプラグインを作成するには、カスタムプラットフォームのサポートの開発キットが必要です。 ここをクリックしてダウンロードしてください。

  1. ダウンロード」タブで Animate カスタムプラットフォーム SDK を選択します。
  2. 2019 SDK バージョンを選択します。
  3. クロスプラットフォームを選択します。
  4. Animate 19.2(最新)オプションを選択してダウンロードします。

ここをクリックしてサンプルプラグインをダウンロードし、カスタムサポートプラットフォームでサポートされるプラグインを作成するためのリファレンスとして使用します。

  1. ダウンロード」タブで Animate カスタムプラットフォーム SDK を選択します。
  2. 2019 SDK バージョンを選択します。
  3. サンプルプラグインを選択します。

プラグインは次の要素で構成されます。

  • DocType:Animate にカスタムプラットフォーム向けの新しいドキュメントタイプを追加し、オーサリング機能を制御します。
  • Publisher:パブリッシュ設定を構成し、カスタムプラットフォームにドキュメントをパブリッシュできるようにします。

カスタムプラットフォームサポート機能の概要については、カスタムプラットフォームサポートを参照してください。

Animate カスタムプラットフォームサポートプラグインの構築

次のいずれかの方法を使用して、カスタムサポートプラットフォームプラグインを開発できます。

  • カスタムプラットフォームサポート開発キット内の API を使用してプラグインを作成します。
  • 開発キットに含まれているサンプルプラグインの設定を、独自のニーズに合わせてカスタマイズします。

カスタムプラットフォームサポートプラグインは、Animate によりインストール可能な .zxp ファイルとしてパッケージ化されます。Adobe Add-ons ページでプラグインをホストすれば、ユーザーがそのプラグインをダウンロードし、Creative Cloud アプリケーションを使用してインストールできます。また、エクステンションの管理ユーティリティを使用してインストールできるように、プラグインを .zxp パッケージとして配布することも可能です。

 

ソフトウェア構成

開発者がカスタムプラットフォームサポート開発キットを使用してプラグインを構築するには、次のソフトウェアが必要です。

  • Microsoft Windows 7 または Apple Mac OS 10.8 以降 
  • Microsoft Visual Studio 2012(Windows の場合)または XCode 4.5.2 以降のバージョン(Mac の場合)
  • Animate
  • Eclipse IDE for C/C++ Developers
  • Adobe Extension Builder 3.0
  • エクステンションの管理ユーティリティ

プラグイン開発者向け API リファレンスドキュメント

カスタムプラットフォームサポート開発キットには次の要素が含まれます。

  • FCM(Flash Component Model):開発キットに含まれるヘッダーファイルには、プラグイン管理のための FCM と呼ばれるフレームワークが定義されています。
  • DocType:Animate スタートページに新しいドキュメントタイプを追加して、カスタムドキュメントタイプの機能を有効または無効にするための一連のインターフェイスが含まれます。
  • DOM(Document Object Model):Animate ドキュメントの内容に DOM 形式でアクセスするための一連のインターフェイスが含まれます。 
  • Publisher:発行ワークフローへのフックとなる一連のインターフェイスが含まれます。

カスタムプラットフォームサポート内の API の詳細情報および API を使用したプラグイン構築例については、カスタムプラットフォームサポート API リファレンスを参照してください。

カスタムプラットフォームサポートプラグインの作成

カスタムプラットフォームサポートプラグインは次の方法で作成できます。

  1. カスタムプラットフォームサポート開発キットをダウンロードします。
  2. 開発キットの内容を解凍し、コンピューターに保存します。
  3. VisualStudio または Xcode で新規プロジェクトを開き、ソフトウェア開発プロジェクトに開発キット内のヘッダーファイルをインクルードします。カスタムプラットフォームサポートプラグインの作成をすぐに始めるために、SampleCreateJSPlatform ディレクトリにある次のサンプルプラグインを、プラグインプロジェクトのベースコードとして使用できます。
  4.             例えば、SampleCreateJS プラグインファイルは次の場所にあります。                         SampleCreateJSPlatform\Plugin\SampleCreateJS\project\

  5. ターゲットプラットフォーム向けの必要な変更を加えます。
  6. コードをコンパイルしてプラグイン(.dll または .plug-in)を生成します。 

カスタムプラットフォームサポートプラグインのパッケージ化

カスタムプラットフォームサポートプラグインの配布可能パッケージを次の方法で生成できます。

  1. サンプルの Eclipse ファイルを開くか、Eclipse の New Project(新規プロジェクト)ウィザードで、新規 Application Extension Project(アプリケーション拡張機能プロジェクト)を作成します。プロジェクトの名前を入力して、「Next(次へ)」をクリックします。
  2. New Adobe Application Extension Project(新規 Adobe アプリケーション拡張機能プロジェクト)パネルで、ターゲットアプリケーションとして「Adobe Animate」を選択し、「Next(次へ)」をクリックします。
  3. 作成したプラグインファイルの拡張子を、Windows の場合は .dll から .fcm に変更し、Mac の場合は .plug-in から .fcm.plug-in に変更します。次に、そのプラグインファイルをプロジェクト(Windows の場合は ExtensionContent/plugins/lib/win、Mac の場合は ExtensionContent/plugins/lib/mac)に追加します。
  4. manifest.xml を変更して拡張機能を設定します。マニフェストファイルを開くには、プロジェクトエクスプローラーで拡張機能を右クリックして、Adobe Extension Builder 3/Bundle Manifest Editor を選択し、EclipseProject\.staged-extension\CSXS に表示される Bundle Manifest Editor のマニフェストタブを選択します。
  5. manifest.xml を編集できるようにするには、ウィンドウ内で右クリックして、ツールを指定して開く/XML エディターを選択します。注目する必要のある 2 つのタグは、ExtensionList DispatchInfoList です。

    一般的な ExtensionList タグは以下のようになっています。

<ExtensionList>

        <Extension Id="PluginID" Version="1.0" />

        <Extension Id="PublishSettingsID" Version-"1.0" />

</ExtensionList>

 

このタグには、最終の ZXP パッケージの拡張機能のリストが含まれます。各拡張機能は、ID として固有のストリングを持ちます。この場合、前のセクションで作成された .dll または .plugin ファイルには拡張機能が含まれます。そして、発行者のパブリッシュ設定 UI を設定するには、他の拡張機能が使用されます。このサンプルでは、ExtensionList タグは拡張 ID PluginID を持つ拡張機能で、.dll/.plugin ファイルを含みます。ID PublishSettingsID を持つ拡張機能は、発行者のパブリッシュ設定 UI を設定します。

 

  1. DispatchInfoList タグは、ExtensionList に含まれる各拡張機能についての詳細情報を含みます。以下は DispatchInfoList の例です。
<DispatchInfoList>
            <Extension Id="PluginID">
                    <DispatchInfo >
                            <Resources>
                            <MainPath>./plugin/fcm.xml</MainPath>
                            </Resources>
                            <Lifecycle>
                            <AutoVisible>true</AutoVisible>
                            </Lifecycle>
                            <UI>
                                <Type>ModalDialog</Type>
                                <Menu>CreateJS</Menu>
                                <Geometry>
                                     <Size>
                                           <Height>200</Height>
                                           <Width>200</Width>
                                     </Size>
                                 </Geometry>
                             </UI>
                    </DispatchInfo>
        </Extension>
        <Extension Id="PublishSettingsID">
                    <DispatchInfo >
                            <Resources>
                            <MainPath>./index.html</MainPath>
                            </Resources>
                            <Lifecycle>
                                    <AutoVisible>true</AutoVisible>
                            </Lifecycle>
                            <UI>
                                    <Type>ModalDialog</Type>
                                    <Menu>Publish Settings</Menu>
                                    <Geometry>
                                         <Size>
                                                <Height>170</Height>
                                                 <Width>486</Width>
                                          </Size>
                                    </Geometry>
                            </UI>
                    </DispatchInfo>
           </Extension>
</DispatchInfoList>
     
  1. 拡張機能に .dll または .plugin ファイルが含まれている場合、MainPath タグを除くすべてのタグを無視できます。MainPath タグは、ExtensionContent フォルダーを基準として相対的な fcm.xml ファイルへのパスを含みます。.dll ファイルの名前を .fcm に変更し、fcm.xml のそばの win フォルダーの中に置きます。同様に、Mac 環境を使用している場合も、.plugin ファイルの名前を .fcm.plugin に変更し、fcm.xml のそばの mac フォルダーの中に置きます。
  2. パブリッシュ設定のユーザーインターフェイスを設定するための HTML 拡張機能が、Animate の HTML 拡張機能です。Animate の HTML 拡張機能について詳しくは、HTML 拡張機能の作成を参照してください。
  3. Host タグのバージョン属性の低い値が 15.1 であることを確認してください。これは、カスタムプラットフォームサポートに対応する Animate の最低(内部)バージョンです。

<ExecutionEnvironment>
<HostList>
<Host Name="FLPR" Version="15.1" />
</HostList>.
.
.
</ExecutionEnvironment>
     
  1. Script Explorer(スクリプトエクスプローラー)ビューに切り替えてプロジェクトを右クリックし、Export(書き出し)/Adobe Extension Builder 3/Application Extension(アプリケーション拡張機能)を選択します。Export Wizard(書き出しウィザード)が表示されます。
  2. 拡張機能パッケージを署名するための証明書が必要になります。既存の証明書を参照するか、「Create(作成)」をクリックして新しい証明書を作成します。
  3. 「Finish(終了)」をクリックしてプロジェクトをコンパイルします。拡張子が .zxp のプラグインファイルが生成され、Adobe Add-ons サイトでホストできるようになります。

カスタムプラットフォームサポートプラグインの配布

カスタムプラットフォームサポートプラグインは、Adobe Add-ons ページでホストして配布し、収益化することができます。プラグインパッケージはアドビのレビューおよび承認プロセスを経て、ページに表示されるようになります。プラグインは次の方法でホストできます。

  1. 自分の Adobe ユーザー ID とパスワードを使用して、Adobe Add-ons ページにログインします。 
  2. 左側のパネルの「プロデューサーになる」で、プロデューサーポータルにアクセスのリンクをクリックします。
  3. プロデューサーとしてサインアップしていない場合は、「Sign-up」ボタンをクリックします。
  4. プロデューサーとして新規登録してプラグインをホストする方法について詳しくは、プロデューサーポータル入門を参照してください。
  5. この入門ページに記載されたとおりに、プロデューサーポータルワークフローの次の手順を実行します。
    1. 製品を 1 つのファイルにパッケージ化します。
    2. 製品に関する情報を入力して、ファイルをアップロードします。
    3. マーケティングアセットを追加します。
    4. 製品のプレビューを確認します。
    5. 承認を得るために製品を送信します。
  6. 承認後、プラグインが Add-ons ページの Animate 製品カテゴリに表示されるようになります。 
注意:

 

機能要求とバグレポート

ご質問、懸念事項、製品のバグまたは機能に関するご要望がありましたら、以下のフォームにご記入いただき Animate 製品チームまでお送りください。

Adobe 機能要求とバグレポートフォーム

アドビのロゴ

アカウントにログイン