取り消し、やり直し、繰り返しコマンド

個別のオブジェクトに対して、または現在のドキュメント内のすべてのオブジェクトに対して、アクションの取り消しまたはやり直しを行うには、オブジェクトレベルまたはドキュメントレベルの「取り消し」および「やり直し」コマンドを指定します(編集/取り消し、または編集/やり直し)。デフォルトの動作は、ドキュメントレベルの取り消しとやり直しです。

オブジェクトレベルまたはドキュメントレベルの取り消しオプションを選択するには、次の手順を実行します。

  1. Animate CC で、編集/環境設定を選択します。
  2. 「一般」タブで、「取り消し」ドロップダウンから「オブジェクトレベルで取り消し」を選択します。

オブジェクトレベルで取り消しでは、一部取り消せないアクションがあります。編集モードの開始/終了、ライブラリアイテムの選択/編集/移動、シーンの作成/削除/移動などがこれに該当します。

同じオブジェクトまたは別のオブジェクトにステップを再適用するには、「繰り返し」コマンドを使用します。例えば、shape_A というシェイプを移動する場合は、編集/繰り返しを選択してシェイプをもう一度移動します。または、shape_B という別のシェイプを選択し、編集/繰り返しを選択して 2 番目のシェイプを同じだけ移動します。

Animate のデフォルトでは、取り消しメニューコマンドで 100 回まで取り消すことができます。Animate の「環境設定」を使用して、取り消しとやり直しの回数を 2 ~ 300 の範囲で選択できます。

デフォルトでは、編集/取り消しを選択するか、またはヒストリーパネルを使用してステップを取り消した場合、ドキュメントのアイテムを削除してもそのドキュメントのファイルサイズは変わりません。例えば、ビデオファイルをドキュメントに読み込み、その読み込みを取り消すと、ドキュメントのファイルサイズはビデオファイルのサイズを含んだままとなります。「取り消し」コマンドを実行してドキュメントから削除したアイテムは、「やり直し」コマンドで元に戻せるよう保管されます。

ヒストリーパネルの使用

ヒストリーパネル(ウィンドウヒストリー)には、アクティブドキュメントを作成または開いた後にこのドキュメントで実行したステップの一覧が、指定されている最大ステップ数まで表示されます(ヒストリーパネルには他のドキュメントで実行したステップは表示されません)。ヒストリーパネルのスライダーは、最初は直前に実行されたステップをポイントしています。

  • ステップを 1 つずつ、または複数のステップを一度に取り消したりやり直したりするには、ヒストリーパネルを使用します。ヒストリーパネル上のステップは、そのドキュメント内で、同じオブジェクトまたは別のオブジェクトに適用できます。ただし、ヒストリーパネルでステップの順序を変更することはできません。ヒストリーパネルには、ステップが実行された順序で記録されます。

    注意:1 つのステップまたは一連のステップを取り消して、ドキュメントで何か違うことを実行した場合、ステップはヒストリーパネルから消え、やり直すことができなくなります。

  • Animate のデフォルトでは、ヒストリーパネルで 100 回まで取り消すことができます。Animate の「環境設定」を使用して、取り消しとやり直しの回数を 2 ~ 300 の範囲で選択できます。

  • 現在のドキュメントのヒストリーリストを消去するには、ヒストリーパネルをクリアします。ヒストリーリストをクリアした後で、クリアしたステップを取り消すことはできません。ヒストリーリストをクリアしても、ステップは取り消されません。これらのステップの記録が現在のドキュメントのメモリから削除されるだけです。

ドキュメントを閉じると、そのヒストリーはクリアされます。ドキュメントで使用したステップを後で使用する場合は、「ステップのコピー」を使用してステップをコピーするか、コマンドとしてステップを保存します。

ヒストリーパネルでのステップの取り消し

ステップを取り消すと、そのステップはヒストリーパネルでグレー表示されます。

  • 最後に実行したステップを取り消すには、ヒストリーパネルのスライダーをリストの 1 つ上のステップまでドラッグします。

  • 複数のステップを一度に取り消すには、スライダーを任意のステップまでドラッグするか、スライダーのレールに沿ってステップの左側をクリックします。スライダーが自動的にそのステップにスクロールされ、以後のステップがすべて取り消されます。

注意:1 つのステップへのスクロール(後続のステップも選択)は、個々のステップを選択することとは異なります。ステップまでスクロールするには、ステップの左側をクリックします。

ヒストリーパネルでのステップの再生

ヒストリーパネルでステップを再生するとき、再生されるのはヒストリーパネルで選択されている(強調表示されている)ステップです。現在スライダーによって示されているステップは再生されるとは限りません。

ヒストリーパネルのステップはドキュメントの選択したオブジェクトに適用できます。

ステップを 1 つ再生する

  1. ヒストリーパネルで、ステップを選択して「再生」ボタンをクリックします。

一連の隣接するステップを再生する

  1. 次のいずれかの操作を行って、ヒストリーパネルのステップを選択します。
    • ステップ間をドラッグします (スライダーはドラッグしないでください。1 つのステップから別のステップのテキストラベルにドラッグします)。

    • 最初のステップを選択して、次に Shift キーを押しながら最後のステップをクリックします。または、最後のステップを選択して、Shift キーを押しながら最初のステップをクリックします。

  2. 「再生」をクリックします。ステップが順番に再生され、「ステップの再生」というラベルの新しいステップがヒストリーパネルに表示されます。

隣接していないステップを再生する

  1. ヒストリーパネルのステップを選択し、Ctrl キー(Windows)または Command キー(Mac OS)を押しながら、他のステップをクリックします。ステップの選択を解除するには、Ctrl キーまたは Command キーを押しながらステップをクリックします。
  2. 「再生」をクリックします。

ドキュメント間でのステップのコピー & ペースト

開いている各ドキュメントには、独自のヒストリーステップがあります。ステップを 1 つのドキュメントからコピーして別のドキュメントにペーストするには、ヒストリーパネルのオプションメニューの「ステップのコピー」コマンドを使用します。テキストエディターにステップをコピーすると、ステップは JavaScript™ コードとしてペーストされます。

  1. 再利用するステップを含むドキュメントで、ヒストリーパネルのステップを選択します。
  2. ヒストリーパネルのオプションメニューから、「ステップのコピー」を選択します。
  3. ステップをペーストするドキュメントを開きます。
  4. ステップを適用するオブジェクトを選択します。
  5. 編集/ペーストを選択してステップをペーストします。ドキュメントのヒストリーパネルにペーストすると、ステップが再生されます。ヒストリーパネルでは、ステップは「ステップをペースト」という単一ステップとしてのみ表示されます。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー