取り消し、やり直し、ヒストリーパネル

  1. Adobe Animate ユーザーガイド
  2. Animate の概要
    1. Animate の新機能
    2. ビジュアル用語集
    3. Animate の必要システム構成
    4. Animate キーボードショートカット
    5. Animate での複数のファイルタイプの取り扱い
  3. アニメーション
    1. Animate のアニメーションの基本
    2. Animate でフレームとキーフレームを使用する方法
    3. Animate でのフレームアニメーション
    4. Animate でのクラシックトゥイーンアニメーションの操作
    5. ブラシツール
    6. モーションガイド
    7. モーショントゥイーンと ActionScript 3.0
    8. モーショントゥイーンアニメーションについて
    9. モーショントゥイーンアニメーション
    10. モーショントゥイーンアニメーションの作成
    11. プロパティキーフレームの使用
    12. トゥイーンを使用した位置のアニメーション化
    13. モーションエディターを使用したモーショントゥイーンの編集
    14. トゥイーンアニメーションのモーションパスの編集
    15. モーショントゥイーンの操作
    16. カスタムイージングの追加
    17. モーションプリセットの作成と適用
    18. アニメーションのトゥイーンスパンの設定
    19. XML ファイルとして保存したモーショントゥイーンの操作
    20. モーショントゥイーンとクラシックトゥイーン
    21. シェイプトゥイーン
    22. Animate のボーンツールアニメーションの使用
    23. Animate でのキャラクターリグの操作
    24. Adobe Animate でのマスクレイヤーの使用
    25. Animate でのシーンの操作
  4. インタラクティブ機能
    1. Animate でのボタンの作成
    2. 他のドキュメントタイプ形式への Animate プロジェクトの変換
    3. Animate での HTML5 Canvas ドキュメントの作成およびパブリッシュ
    4. Animate のコードスニペットを使用したインタラクティブ機能の追加
    5. カスタム HTML5 コンポーネントの作成
    6. HTML5 Canvas でのコンポーネントの使用
    7. カスタムコンポーネントの作成例
    8. カスタムコンポーネントのコードスニペット
    9. ベストプラクティス - Animate を使用した広告
    10. バーチャルリアリティの作成と公開
  5. ワークスペースとワークフロー
    1. ペイントブラシの作成と管理
    2. HTML5 Canvas ドキュメントでの Google フォントの使用
    3. Creative Cloud ライブラリと Adobe Animate の使用
    4. Animate のステージとツールパネルの使用
    5. Animate ワークフローとワークスペース
    6. HTML5 Canvas ドキュメントでの Web フォントの使用
    7. タイムラインと ActionScript
    8. 複数のタイムラインの操作
    9. 環境設定
    10. Animate オーサリングパネルの使用
    11. Animate でのタイムラインレイヤーの作成
    12. モバイルアプリおよびゲームエンジン用アニメーションの書き出し
    13. オブジェクトの移動とコピー
    14. テンプレート
    15. Animate での検索と置換
    16. 取り消し、やり直し、ヒストリーパネル
    17. キーボードショートカット
    18. Animate でのタイムラインの使用
    19. HTML 拡張機能の作成
    20. 画像とアニメーション GIF の最適化オプション
    21. 画像および GIF の書き出し設定
    22. Animate のアセットパネル
  6. マルチメディアとビデオ
    1. Animate のグラフィックオブイジェクトの変形と組み合わせ
    2. Animate でのシンボルインスタンスの作成と操作
    3. 画像トレース
    4. Adobe Animate でのサウンドの使用方法
    5. SVG ファイルの書き出し
    6. Animate で使用するビデオファイルの作成
    7. Animate にビデオを追加する方法
    8. ビデオのキューポイントの操作
    9. Animate でのオブジェクトの描画および作成
    10. 線とシェイプの変更
    11. Animate CC での線、塗り、グラデーション
    12. Adobe Premiere Pro と After Effects の使用
    13. Animate CC のカラーパネル
    14. Animate で Flash CS6 ファイルを開く
    15. Animate でのクラシックテキストの操作
    16. Animate へのアートワークの挿入
    17. Animate に読み込まれたビットマップ
    18. 3D グラフィック
    19. Animate でのシンボルの操作
    20. Adobe Animate での線とシェイプの描画
    21. Animate でのライブラリの使用
    22. サウンドの書き出し
    23. Animate CC でのオブジェクトの選択
    24. Animate での Illustrator AI ファイルの操作
    25. スプレーブラシツールでのパターンの適用
    26. ブレンドモードの適用
    27. オブジェクトの配置
    28. コマンドメニューを使用したタスクの自動化
    29. 多言語テキスト
    30. Animate でのカメラの使用
    31. Adobe Scout での Animate の使用
    32. Fireworks ファイルの作業
    33. グラフィックフィルター
    34. サウンドと ActionScript
    35. 描画の環境設定
    36. ペンツールを使用した描画
  7. プラットフォーム
    1. 他のドキュメントタイプ形式への Animate プロジェクトの変換
    2. カスタムプラットフォームサポート
    3. Animate での HTML5 Canvas ドキュメントの作成およびパブリッシュ
    4. WebGL ドキュメントの作成とパブリッシュ
    5. AIR for iOS 用アプリケーションのパッケージ化
    6. AIR for Android アプリケーションのパブリッシュ
    7. デスクトップ用 Adobe AIR のパブリッシュ
    8. ActionScript パブリッシュ設定
    9. ベストプラクティス - アプリケーションでの ActionScript の整理
    10. Animate での ActionScript の使用
    11. ベストプラクティス - アクセシビリティガイドライン
    12. Animate ワークスペースのアクセシビリティ
    13. スクリプトの記述と管理
    14. カスタムプラットフォームサポートの有効化
    15. カスタムプラットフォームサポートの概要
    16. アクセシビリティコンテンツの作成
    17. カスタムプラットフォームサポートプラグインの操作
    18. ActionScript 3.0 のデバッグ
    19. カスタムプラットフォームサポートの有効化
  8. 書き出しとパブリッシュ
    1. Animate CC からファイルを書き出す方法
    2. OAM パブリッシング
    3. SVG ファイルの書き出し
    4. Animate によるグラフィックとビデオの書き出し
    5. AS3 ドキュメントのパブリッシュ
    6. モバイルアプリおよびゲームエンジン用アニメーションの書き出し
    7. サウンドの書き出し
    8. QuickTime ビデオファイルの書き出し
    9. ActionScript を使用した外部ビデオ再生の制御
    10. ベストプラクティス - モバイルデバイス向けのコンテンツ作成のヒント
    11. ベストプラクティス - ビデオ規則
    12. ベストプラクティス - SWF アプリケーションのオーサリングガイドライン
    13. ベストプラクティス - FLA ファイルの構造化
    14. FLA ファイルを Animate 向けに最適化するベストプラクティス
    15. ActionScript パブリッシュ設定
    16. Animate のパブリッシュ設定の指定
    17. プロジェクターファイルの書き出し
    18. 画像とアニメーション GIF の書き出し
    19. HTML パブリッシュ用テンプレート
    20. Adobe Premiere Pro と After Effects の使用
    21. アニメーションのクイック共有とパブリッシュ

取り消し、やり直し、繰り返しコマンド

個別のオブジェクトに対して、または現在のドキュメント内のすべてのオブジェクトに対して、アクションの取り消しまたはやり直しを行うには、オブジェクトレベルまたはドキュメントレベルの「取り消し」および「やり直し」コマンドを指定します(編集/取り消し、または編集/やり直し)。デフォルトの動作は、ドキュメントレベルの取り消しとやり直しです。

オブジェクトレベルまたはドキュメントレベルの取り消しオプションを選択するには、次の手順を実行します。

  1. Animate CC で、編集/環境設定を選択します。
  2. 「一般」タブで、「取り消し」ドロップダウンから「オブジェクトレベルで取り消し」を選択します。

オブジェクトレベルで取り消しでは、一部取り消せないアクションがあります。編集モードの開始/終了、ライブラリアイテムの選択/編集/移動、シーンの作成/削除/移動などがこれに該当します。

同じオブジェクトまたは別のオブジェクトにステップを再適用するには、「繰り返し」コマンドを使用します。例えば、shape_A というシェイプを移動する場合は、編集/繰り返しを選択してシェイプをもう一度移動します。または、shape_B という別のシェイプを選択し、編集/繰り返しを選択して 2 番目のシェイプを同じだけ移動します。

Animate のデフォルトでは、取り消しメニューコマンドで 100 回まで取り消すことができます。Animate の「環境設定」を使用して、取り消しとやり直しの回数を 2 ~ 300 の範囲で選択できます。

デフォルトでは、編集/取り消しを選択するか、またはヒストリーパネルを使用してステップを取り消した場合、ドキュメントのアイテムを削除してもそのドキュメントのファイルサイズは変わりません。例えば、ビデオファイルをドキュメントに読み込み、その読み込みを取り消すと、ドキュメントのファイルサイズはビデオファイルのサイズを含んだままとなります。「取り消し」コマンドを実行してドキュメントから削除したアイテムは、「やり直し」コマンドで元に戻せるよう保管されます。

ヒストリーパネルの使用

ヒストリーパネル(ウィンドウヒストリー)には、アクティブドキュメントを作成または開いた後にこのドキュメントで実行したステップの一覧が、指定されている最大ステップ数まで表示されます(ヒストリーパネルには他のドキュメントで実行したステップは表示されません)。ヒストリーパネルのスライダーは、最初は直前に実行されたステップをポイントしています。

  • ステップを 1 つずつ、または複数のステップを一度に取り消したりやり直したりするには、ヒストリーパネルを使用します。ヒストリーパネル上のステップは、そのドキュメント内で、同じオブジェクトまたは別のオブジェクトに適用できます。ただし、ヒストリーパネルでステップの順序を変更することはできません。ヒストリーパネルには、ステップが実行された順序で記録されます。

    注意:1 つのステップまたは一連のステップを取り消して、ドキュメントで何か違うことを実行した場合、ステップはヒストリーパネルから消え、やり直すことができなくなります。

  • Animate のデフォルトでは、ヒストリーパネルで 100 回まで取り消すことができます。Animate の「環境設定」を使用して、取り消しとやり直しの回数を 2 ~ 300 の範囲で選択できます。

  • 現在のドキュメントのヒストリーリストを消去するには、ヒストリーパネルをクリアします。ヒストリーリストをクリアした後で、クリアしたステップを取り消すことはできません。ヒストリーリストをクリアしても、ステップは取り消されません。これらのステップの記録が現在のドキュメントのメモリから削除されるだけです。

ドキュメントを閉じると、そのヒストリーはクリアされます。ドキュメントで使用したステップを後で使用する場合は、「ステップのコピー」を使用してステップをコピーするか、コマンドとしてステップを保存します。

ヒストリーパネルでのステップの取り消し

ステップを取り消すと、そのステップはヒストリーパネルでグレー表示されます。

  • 最後に実行したステップを取り消すには、ヒストリーパネルのスライダーをリストの 1 つ上のステップまでドラッグします。

  • 複数のステップを一度に取り消すには、スライダーを任意のステップまでドラッグするか、スライダーのレールに沿ってステップの左側をクリックします。スライダーが自動的にそのステップにスクロールされ、以後のステップがすべて取り消されます。

注意:1 つのステップへのスクロール(後続のステップも選択)は、個々のステップを選択することとは異なります。ステップまでスクロールするには、ステップの左側をクリックします。

ヒストリーパネルでのステップの再生

ヒストリーパネルでステップを再生するとき、再生されるのはヒストリーパネルで選択されている(強調表示されている)ステップです。現在スライダーによって示されているステップは再生されるとは限りません。

ヒストリーパネルのステップはドキュメントの選択したオブジェクトに適用できます。

ステップを 1 つ再生する

  1. ヒストリーパネルで、ステップを選択して「再生」ボタンをクリックします。

一連の隣接するステップを再生する

  1. 次のいずれかの操作を行って、ヒストリーパネルのステップを選択します。
    • ステップ間をドラッグします (スライダーはドラッグしないでください。1 つのステップから別のステップのテキストラベルにドラッグします)。

    • 最初のステップを選択して、次に Shift キーを押しながら最後のステップをクリックします。または、最後のステップを選択して、Shift キーを押しながら最初のステップをクリックします。

  2. 「再生」をクリックします。ステップが順番に再生され、「ステップの再生」というラベルの新しいステップがヒストリーパネルに表示されます。

隣接していないステップを再生する

  1. ヒストリーパネルのステップを選択し、Ctrl キー(Windows)または Command キー(Mac OS)を押しながら、他のステップをクリックします。ステップの選択を解除するには、Ctrl キーまたは Command キーを押しながらステップをクリックします。
  2. 「再生」をクリックします。

ドキュメント間でのステップのコピー & ペースト

開いている各ドキュメントには、独自のヒストリーステップがあります。ステップを 1 つのドキュメントからコピーして別のドキュメントにペーストするには、ヒストリーパネルのオプションメニューの「ステップのコピー」コマンドを使用します。テキストエディターにステップをコピーすると、ステップは JavaScript™ コードとしてペーストされます。

  1. 再利用するステップを含むドキュメントで、ヒストリーパネルのステップを選択します。
  2. ヒストリーパネルのオプションメニューから、「ステップのコピー」を選択します。
  3. ステップをペーストするドキュメントを開きます。
  4. ステップを適用するオブジェクトを選択します。
  5. 編集/ペーストを選択してステップをペーストします。ドキュメントのヒストリーパネルにペーストすると、ステップが再生されます。ヒストリーパネルでは、ステップは「ステップをペースト」という単一ステップとしてのみ表示されます。
アドビのロゴ

アカウントにログイン