タイムラインについて

Adobe Animate CC のタイムラインでは、ドキュメントのコンテンツをレイヤーとフレームで整理および制御します。映画と同じように、Animate ドキュメントでは時間の長さをフレームに分割しています。レイヤーは、何層にも積み重ねられた複数のフィルムストリップに類似しており、それぞれのレイヤーに含まれている異なるイメージがステージに表示されます。タイムラインの主なコンポーネントは、レイヤー、フレームおよび再生ヘッドです。

Timeline

タイムラインを見れば、フレーム単位のアニメーション、トゥイーンアニメーション、モーションパスなどのアニメーションがドキュメント内のどこで発生するかがわかります。タイムラインのレイヤーセクションのコントロールを使用すると、レイヤーの表示と非表示およびロックとロック解除を切り替えることができます。また、レイヤーのコンテンツをアウトラインで表示することもできます。タイムラインフレームは、同じレイヤーまたは別のレイヤー上の新しい場所にドラッグすることができます。

ws_timeline

注意:

アニメーションの再生時には、実際のフレームレートが表示されます。コンピューターでアニメーションを適切な速さで計算して再生できない場合、ドキュメントのフレームレートの設定と実際のフレームレートに違いが生じることがあります。

オニオンスキン

次のいずれかの操作をします。

  • タイムライン内のオニオンスキンアイコン (ループアイコンの右にあるアイコン)を選択します。オニオンスキンの開始マーカーと終了マーカー(タイムラインヘッダーに表示)の間にあるすべてのフレームは、ドキュメントウィンドウでは 1 つのフレームとして重ねて表示されます。
  • オニオンスキンが適用されているフレームをアウトラインとして表示するには、 を選択します。

詳しくは、オニオンスキン機能の使用を参照してください。

タイムラインの表示の変更

デフォルトでは、メインドキュメントウィンドウの下にタイムラインが表示されます。表示位置を変更するには、タイムラインをドキュメントウィンドウから切り離し、別個のウィンドウに表示します。任意のパネルにドッキングすることもできます。タイムラインは非表示にすることもできます。

表示されるレイヤーとフレームの数を変更するには、タイムラインのサイズを変更します。タイムラインに含まれるレイヤー数が多くてすべてを一度に表示できない場合、残りのレイヤーを表示するには、タイムラインの右側のスクロールバーを使用します。

ws_timeline_gripper
タイムラインのドラッグ

  • ドキュメントウィンドウにドッキングされているタイムラインを移動するには、タイムラインの左上隅にあるタイトルバーのタブをドラッグします。

  • アプリケーションウィンドウにタイムラインをドッキングするには、ドキュメントウィンドウの上部または下部にタイトルバーのタブをドラッグします。

  • タイムラインを別のパネルにドッキングするには、タイムラインのタイトルバータブを目的の場所にドラッグします。タイムラインが別のパネルにドッキングしてしまうのを防ぐには、Control キーを押しながらドラッグします。青いバーが表示されたパネルがタイムラインのドッキング先となります。

  • タイムラインパネルにあるレイヤー名のフィールドの長さを変更するには、レイヤー名とタイムラインのフレーム部との間にあるバーを左右にドラッグします。

タイムラインビューのカスタマイズ

  1. フレーム表示ポップアップメニューを表示するには、タイムラインの右上隅にある「フレーム表示設定」をクリックします。

    ws_new_frame_view01
    フレーム表示ポップアップメニュー

  2. 必要に応じて次のオプションを選択します。

    • フレームセルの幅を変更するには、「最小」、「小」、「標準」、「中」、または「最大」を選択します。フレームの幅を「最大」に設定すると、サウンドの波形を詳細に表示するときに便利です。

    • フレームセル行の高さを減らすには、「狭く」を選択します。


      「狭く」と「標準」のフレーム表示オプション

    • フレームシーケンスの淡色表示のオンとオフを切り替えるには、「フレームの淡色表示」を選択します。

    • 各フレームのコンテンツのサムネールを、タイムラインフレームに収まるように表示するには、「プレビュー」を選択します。各コンテンツの見かけ上のサイズは実際と異なる場合があり、より大きな画面スペースが必要になります。

    • 空白スペースも含めて、各フルフレームのサムネールを表示するには、「全体のプレビュー」を選択します。このプレビューは、エレメントがアニメーション全体を通してどのように動くかを確認するのに便利です。
    • タイムラインビューのフレームの数をカスタマイズするには、タイムラインビューのサイズを変更スライダーを使用します。タイムラインビューのサイズを変更スライダーの横にある「ビューで少数のフレームに合わせる」または「ビューで多数のフレームに合わせる」ボタンも使用できます。
    • タイムラインのズーム率をデフォルトに戻すには、タイムラインのズームをデフォルトのレベルにリセットボタンを使用します。

     

    TimelineZoom-After
    タイムラインのズーム

タイムラインでのレイヤーの高さの変更

  1. 次のいずれかの操作をします。

    • タイムラインで、レイヤー名の左にあるアイコンをダブルクリックします。

    • レイヤー名を右クリック(Windows)または Control キーを押しながらクリック(Mac OS)し、コンテキストメニューから「プロパティ」を選択します。

    • タイムラインでレイヤーを選択し、修正/タイムライン/レイヤープロパティを選択します。

  2. レイヤープロパティダイアログボックスで、「レイヤーの高さ」の値を選択し、「OK」をクリックします。

レイヤーの透明度の設定

次のいずれかの操作をします。

  • タイムラインの目のアイコンの列で Shift キーを押しながらクリックして、可視性を透明に設定します。
  • タイムラインで、レイヤー名の左にあるアイコンをダブルクリックします。
  • レイヤー名を右クリック(Windows)または Control キーを押しながらクリック(Mac OS)し、コンテキストメニューから「プロパティ」を選択します。 レイヤープロパティダイアログボックスで、可視性/透明を選択します。
  • レイヤー名を右クリック(Windows)または Control キーを押しながらクリック(Mac OS)し、「その他の透明を表示」を選択します。

タイムラインパネルのサイズの変更

  • タイムラインがメインアプリケーションウィンドウにドッキングされている場合は、タイムラインとステージ領域を区切るバーをドラッグします。

  • タイムラインがメインアプリケーションウィンドウにドッキングされていない場合は、右下隅をドラッグするか(Windows)、右下隅のサイズボックスをドラッグします(Mac OS)。

再生ヘッドの移動

タイムラインの上部の赤い再生ヘッドは、ステージで表示中の現在のフレームを表し、ドキュメントの再生に合わせて移動します。タイムラインヘッダーには、アニメーションのフレーム番号が表示されます。特定のフレームの状態をステージに表示するには、タイムライン内のそのフレームまで、再生ヘッドを移動します。

大量のフレームを処理する場合、特定のフレームを表示するには、再生ヘッドをタイムラインに沿って移動します。

  • フレームに移動するには、タイムラインヘッダーで目的のフレームの位置をクリックするか、その位置まで再生ヘッドをドラッグします。

  • 現在のフレームをタイムラインの中央に配置するには、タイムラインの下部にある中央のフレームボタンをクリックします。
  • タイムラインで「ループ」オプションをオンにすると、他のアニメーションに沿ったフレームの範囲内でストリームオーディオをループできるようになりました。
ws_move_playhead
再生ヘッドの移動

時間とフレームの表示

タイムラインには、フレーム番号と秒数が並んで表示されます。そのため、フレームから時間への換算が容易で、アニメーションの制作中にフレーム/秒(fps)値の設定を常に意識することができます。 

次のスクリーンショットは、20 フレーム/秒(fps)のタイムラインを示しています。

display-of-time
時間とフレームの表示

タイムライン上のタイムマーカーを非表示にすることもできます。編集/環境設定/一般に移動し、「タイムライン上のタイムマーカーを非表示」を選択します。

hide-timemarkers-timeline
タイムライン上のタイムマーカーを非表示にするオプション

アニメーションの速度の管理

フレームスパンの伸縮や時間間隔に基づくアニメーションによって、アニメーションの速度を管理できます。また、時間コントロールを使用してアニメーションを伸縮できます。 

フレームスパンの伸縮

アニメーションの速度を変更しなくても、アニメーションのフレーム数/秒(fps)を変更できます。時間はそのままにして fps を変更するには、「フレームスパンを伸縮」オプションを使用します。 

scale-frame-spans
フレームスパンを伸縮するオプション

時間間隔に基づくアニメーション

フレームスパンを 1 秒2 秒3 秒または任意の間隔に変更できます。この機能は、クラシックトゥイーンスパン、シェイプトゥイーンスパン、モーショントゥイーンスパン、キーフレームスパンまたは空白のキーフレームスパンに有効です。

custom-frame-by-frame
特定の時間間隔に基づくカスタムのフレームアニメーション

修正メニューの「フレーム単位のアニメーションに変換」オプションを使用できます。キーボードショートカットダイアログボックスで、これらのタスクを実行するためのキーボードショートカットを割り当てることもできます。

タイムラインのコントロールを使用したアニメーションの伸縮

タイムラインで選択したスパンの時間を伸縮することができます。タイムラインでフレームスパンを選択し、選択したスパンの右端を前後にドラッグします。タイムライン内のフレームが自動的に調整されます。

タイムラインでスパンをドラッグして、アニメーションを複数回(x2、x3 など)複製できます。また、フレームを伸ばした後で通常の位置まで縮めることもできます。 

タイムラインでフレームを選択し、クリックして、選択したフレームの強調表示された右端をドラッグします。

frameselection_rightborder
フレームの選択と境界線

ドラッグしている間は、次のスクリーンショットに示すように、x2x3 など、アニメーションを複数回表示できます。

stretchselectedframes
ドラッグ中の延長フレームの表示

次のスクリーンショットでは、x2 の倍数で延長されたスパンが表示されています。x2 は、選択したスパンの倍のサイズです。x3 は、スパンの元のサイズの 3 倍です。

stretchedspans
ドラッグ後の延長スパン

キーフレームのナビゲーション

制御メニューを使用して、アクティブなレイヤー上のキーフレーム間を移動できます。Alt + . キーまたは Alt + , キーを使用して、それぞれタイムライン上の次のキーフレームまたは前のキーフレームに移動することもできます。

キーボードショートカットが割り当てられたキーフレームナビゲーションオプション
キーボードショートカットが割り当てられたキーフレームナビゲーションオプション

レイヤー上の左右のナビゲーションコントロールを使用して、アクティブなレイヤー上のキーフレーム間を移動できます。また、メニューやキーボードショートカットも使用できます。 

navigation-controls
レイヤー上に左右のナビゲーションコントロールが表示されているタイムライン

注意:

ページナビゲーション用のショートカットを使用できます(例えば、戻る場合は Alt + Shift + , キー、進む場合は Alt + Shift + . キー)。

ステージからのタイムライン全体のパン

新しいタイムスクラブツールを使用して、ステージからタイムラインをスクラブできるようになりました。このツールは、ツールパネルでは手のひらツールと同じグループに属しています。スペースバー + T のキーボードショートカットを使用して、このツールを一時的に有効にすることもできます。左または右にドラッグすると、パンした方向のタイムラインが表示されます。 

scrub-tool
タイムスクラブツールの表示

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー