ブラシツール

  1. Adobe Animate ユーザーガイド
  2. Animate の概要
    1. Animate の新機能
    2. ビジュアル用語集
    3. Animate の必要システム構成
    4. Animate キーボードショートカット
    5. Animate での複数のファイルタイプの取り扱い
  3. アニメーション
    1. Animate のアニメーションの基本
    2. Animate でフレームとキーフレームを使用する方法
    3. Animate でのフレームアニメーション
    4. Animate でのクラシックトゥイーンアニメーションの操作
    5. ブラシツール
    6. モーションガイド
    7. モーショントゥイーンと ActionScript 3.0
    8. モーショントゥイーンアニメーションについて
    9. モーショントゥイーンアニメーション
    10. モーショントゥイーンアニメーションの作成
    11. プロパティキーフレームの使用
    12. トゥイーンを使用した位置のアニメーション化
    13. モーションエディターを使用したモーショントゥイーンの編集
    14. トゥイーンアニメーションのモーションパスの編集
    15. モーショントゥイーンの操作
    16. カスタムイージングの追加
    17. モーションプリセットの作成と適用
    18. アニメーションのトゥイーンスパンの設定
    19. XML ファイルとして保存したモーショントゥイーンの操作
    20. モーショントゥイーンとクラシックトゥイーン
    21. シェイプトゥイーン
    22. Animate のボーンツールアニメーションの使用
    23. Animate でのキャラクターリグの操作
    24. Adobe Animate でのマスクレイヤーの使用
    25. Animate でのシーンの操作
  4. インタラクティブ機能
    1. Animate でのボタンの作成
    2. 他のドキュメントタイプ形式への Animate プロジェクトの変換
    3. Animate での HTML5 Canvas ドキュメントの作成およびパブリッシュ
    4. Animate のコードスニペットを使用したインタラクティブ機能の追加
    5. カスタム HTML5 コンポーネントの作成
    6. HTML5 Canvas でのコンポーネントの使用
    7. カスタムコンポーネントの作成例
    8. カスタムコンポーネントのコードスニペット
    9. ベストプラクティス - Animate を使用した広告
    10. バーチャルリアリティの作成と公開
  5. ワークスペースとワークフロー
    1. ペイントブラシの作成と管理
    2. HTML5 Canvas ドキュメントでの Google フォントの使用
    3. Creative Cloud ライブラリと Adobe Animate の使用
    4. Animate のステージとツールパネルの使用
    5. Animate ワークフローとワークスペース
    6. HTML5 Canvas ドキュメントでの Web フォントの使用
    7. タイムラインと ActionScript
    8. 複数のタイムラインの操作
    9. 環境設定
    10. Animate オーサリングパネルの使用
    11. Animate でのタイムラインレイヤーの作成
    12. モバイルアプリおよびゲームエンジン用アニメーションの書き出し
    13. オブジェクトの移動とコピー
    14. テンプレート
    15. Animate での検索と置換
    16. 取り消し、やり直し、ヒストリーパネル
    17. キーボードショートカット
    18. Animate でのタイムラインの使用
    19. HTML 拡張機能の作成
    20. 画像とアニメーション GIF の最適化オプション
    21. 画像および GIF の書き出し設定
    22. Animate のアセットパネル
  6. マルチメディアとビデオ
    1. Animate のグラフィックオブイジェクトの変形と組み合わせ
    2. Animate でのシンボルインスタンスの作成と操作
    3. 画像トレース
    4. Adobe Animate でのサウンドの使用方法
    5. SVG ファイルの書き出し
    6. Animate で使用するビデオファイルの作成
    7. Animate にビデオを追加する方法
    8. ビデオのキューポイントの操作
    9. Animate でのオブジェクトの描画および作成
    10. 線とシェイプの変更
    11. Animate CC での線、塗り、グラデーション
    12. Adobe Premiere Pro と After Effects の使用
    13. Animate CC のカラーパネル
    14. Animate で Flash CS6 ファイルを開く
    15. Animate でのクラシックテキストの操作
    16. Animate へのアートワークの挿入
    17. Animate に読み込まれたビットマップ
    18. 3D グラフィック
    19. Animate でのシンボルの操作
    20. Adobe Animate での線とシェイプの描画
    21. Animate でのライブラリの使用
    22. サウンドの書き出し
    23. Animate CC でのオブジェクトの選択
    24. Animate での Illustrator AI ファイルの操作
    25. スプレーブラシツールでのパターンの適用
    26. ブレンドモードの適用
    27. オブジェクトの配置
    28. コマンドメニューを使用したタスクの自動化
    29. 多言語テキスト
    30. Animate でのカメラの使用
    31. Adobe Scout での Animate の使用
    32. Fireworks ファイルの作業
    33. グラフィックフィルター
    34. サウンドと ActionScript
    35. 描画の環境設定
    36. ペンツールを使用した描画
  7. プラットフォーム
    1. 他のドキュメントタイプ形式への Animate プロジェクトの変換
    2. カスタムプラットフォームサポート
    3. Animate での HTML5 Canvas ドキュメントの作成およびパブリッシュ
    4. WebGL ドキュメントの作成とパブリッシュ
    5. AIR for iOS 用アプリケーションのパッケージ化
    6. AIR for Android アプリケーションのパブリッシュ
    7. デスクトップ用 Adobe AIR のパブリッシュ
    8. ActionScript パブリッシュ設定
    9. ベストプラクティス - アプリケーションでの ActionScript の整理
    10. Animate での ActionScript の使用
    11. ベストプラクティス - アクセシビリティガイドライン
    12. Animate ワークスペースのアクセシビリティ
    13. スクリプトの記述と管理
    14. カスタムプラットフォームサポートの有効化
    15. カスタムプラットフォームサポートの概要
    16. アクセシビリティコンテンツの作成
    17. カスタムプラットフォームサポートプラグインの操作
    18. ActionScript 3.0 のデバッグ
    19. カスタムプラットフォームサポートの有効化
  8. 書き出しとパブリッシュ
    1. Animate CC からファイルを書き出す方法
    2. OAM パブリッシング
    3. SVG ファイルの書き出し
    4. Animate によるグラフィックとビデオの書き出し
    5. AS3 ドキュメントのパブリッシュ
    6. モバイルアプリおよびゲームエンジン用アニメーションの書き出し
    7. サウンドの書き出し
    8. QuickTime ビデオファイルの書き出し
    9. ActionScript を使用した外部ビデオ再生の制御
    10. ベストプラクティス - モバイルデバイス向けのコンテンツ作成のヒント
    11. ベストプラクティス - ビデオ規則
    12. ベストプラクティス - SWF アプリケーションのオーサリングガイドライン
    13. ベストプラクティス - FLA ファイルの構造化
    14. FLA ファイルを Animate 向けに最適化するベストプラクティス
    15. ActionScript パブリッシュ設定
    16. Animate のパブリッシュ設定の指定
    17. プロジェクターファイルの書き出し
    18. 画像とアニメーション GIF の書き出し
    19. HTML パブリッシュ用テンプレート
    20. Adobe Premiere Pro と After Effects の使用
    21. アニメーションのクイック共有とパブリッシュ

概要

Adobe Animate のブラシツール(B)では、シェイプや角度などのブラシのパラメーターを設定して、ブラシをカスタムに定義できます。この機能により、それぞれの描画ニーズに合わせてブラシツールをカスタマイズすることで、プロジェクトで自然なアートワークを作成できます。ツールボックスのブラシツールを選択している場合に、Animate のプロパティインスペクターでカスタムブラシを選択、編集および作成できます。

カスタムブラシの選択

ブラシツールにはデフォルトで、ユーザーの様々な描画ニーズに合わせてシェイプがカスタマイズされた、多数のブラシが用意されています。ツールボックスでブラシツールを選択すると、プロパティインスペクターの「ブラシ」設定の下に多数のブラシシェイプが表示されます。

「ブラシ」ドロップダウンメニューから 1 つのブラシを選択して、ステージ上でアートワークの描画を始めることができます。

新しいブラシのサイズ

Animate では、幅広いブラシのサイズが提供され、細かなサイズのコントロールが可能です。次の機能強化がおこなわれました。

  • 1 から 200 ピクセル範囲の新しいブラシのサイズ
  • ブラシのサイズ変更のライブプレビュー
  • ブラシと消しゴムツールのカーソルはアウトラインモードで表示され、他のアートワークで使用する時に邪魔しない
  • Animate セッション内で最後に使用したブラシのサイズ、形、モードなどの設定の保存
  • 特に短いブラシストロークなどの描画の向上
消しゴムツール:カーソルのアウトライン

ブラシサイズスライダー
ブラシサイズスライダー

ブラシサイズスライダー - ライブプレビュー
ブラシサイズスライダー - ライブプレビュー

新しいブラシカーソル

ブラシツールのスムージングオプション

Animate では、スムージング率がスライダー(低~高)から、スライダー(0 ~ 100 の範囲)に変更されました。

スムージング
スムージング

カスタムブラシの作成

次のようにサイズ、角度および平坦度をカスタムに定義したカスタムブラシを作成できます。

  1. ツールボックスでブラシツール(B)をクリックし、プロパティインスペクターのブラシ設定の横にある「新しいファイル」ボタンをクリックします。

  1. ブラシの先ダイアログボックスで、シェイプを選択し、角度と平坦度のパーセンテージを指定します。パラメーターを設定すると、ブラシのプレビューが表示されます。 
ブラシの先オプション
ブラシの先オプション

  1. 「OK」をクリックします。プロパティインスペクターで、新しいカスタムブラシが現在のドキュメントのデフォルトブラシとして選択されます。 

ブラシサイズのズームとサイズ変更

「ステージに合わせてサイズをズーム」チェックボックスを使用すれば、ステージのズームレベルの変更に比例したブラシサイズの拡大/縮小が可能になります。この機能によって、あらゆるズームレベルに合わせながらシームレスに描画できます。 

以前のデフォルトのブラシ動作に戻す場合は、ブラシのプロパティインスペクターで「ステージに合わせてサイズをズーム」チェックボックスをオフにする必要があります。

「サイズ」オプションを調整して、ブラシを任意のサイズに変更できます。 

「サイズ」スライダーを使用して、ブラシを任意のサイズに変更します。スライダーバーの横に表示される値で、ブラシのサイズをプレビューおよび変更できます。

ブラシのサイズ
ブラシのサイズ

カスタムブラシの編集

次の手順により、作成したカスタムブラシのプロパティを変更できます。
  1. プロパティインスペクターで、変更するカスタムブラシを選択し、ブラシオプションの横にある鉛筆アイコンのボタンをクリックします。
カスタムブラシの編集
カスタムブラシの編集

  1. ブラシの先ダイアログボックスで、シェイプ、角度、平坦度などのプロパティを変更し、「OK」をクリックします。 
ペン先のオプションの編集
ペン先のオプションの編集

注意:

編集可能なブラシはカスタムで作成したブラシだけです。デフォルトブラシのプロパティを変更することはできません。

カスタムブラシの削除

  1. 作成したカスタムブラシを削除するには、ツールボックスでブラシツール(B)を選択し、プロパティインスペクターの「塗りと線」で、削除するカスタムブラシを選択します。
  2. 有効化された削除ボタンをクリックします。選択したカスタムブラシがリストから削除されます。
    カスタムブラシを削除
    カスタムブラシを削除

    注意:

    削除可能なブラシは作成したブラシだけです。デフォルトブラシを削除することはできません。

    ブラシツールと消しゴムツールの同期設定

    ブラシツール(B)および消しゴムツール(E)で、筆圧や傾き設定、ペン先のサイズおよびペン先のシェイプなどのサブ設定を同期できます。これらの設定は、Animate でセッションを終了して再起動した後でも記憶されます。

    1. ブラシツール(B)で、「消しゴムとの同期設定」チェックボックスをオンにします。
    2. ブラシツール(B)の現在の設定が消しゴムツール(E)にミラーリングされます(逆も同様)。
    ブラシツールと消しゴムツールの同期設定

    カスタムブラシのクラウドへの同期

    作成したカスタムブラシは、Animate 環境設定を使用して、クラウドに同期できます。そのためには、編集/環境設定(Windows の場合)または Animate/環境設定(Mac の場合)に移動します。次のように、「設定を同期」セクションにカスタムブラシを同期するためのオプションがあります。

    注意:

    この関数は、Animate 18.0 以前のバージョンでのみ使用できます。 

    ブラシツールを使用したキャラクターの作成

    ブラシツールを使用してキャラクターをスケッチします。ブラシツールは簡単にアクセスして使用できます。ブラシツールを使用してキャラクターを作成する方法を学習するには、この例の最後にあるチュートリアルをご覧になり、次の手順に従ってください。

    1. プロパティインスペクターパネルで、ブラシツールを選択します。

    2. ブラシのサイズを変更するには、サイズスライダーをドラッグします。

    3. オブジェクトの描画アイコンをクリックして、「カラー」オプションからカラーを選択します。

    4. カラーの透明度を増減するには、「カラー」オプションを選択して、アルファのパーセントを変更します。

    ブラシツールを使用したキャラクターの描画方法

    Animate でキャラクターをスケッチしてカラーを追加する方法については、ビデオをご覧ください。
    アドビのロゴ

    アカウントにログイン