マニュアル キャンセル

サウンドと ActionScript

  1. Adobe Animate ユーザーガイド
  2. Animate の概要
    1. Animate の新機能
    2. ビジュアル用語集
    3. Animate の必要システム構成
    4. Animate キーボードショートカット
    5. Animate での複数のファイルタイプの取り扱い
  3. アニメーション
    1. Animate のアニメーションの基本
    2. Animate でフレームとキーフレームを使用する方法
    3. Animate でのフレームアニメーション
    4. Animate でのクラシックトゥイーンアニメーションの操作
    5. ブラシツール
    6. モーションガイド
    7. モーショントゥイーンと ActionScript 3.0
    8. モーショントゥイーンアニメーションについて
    9. モーショントゥイーンアニメーション
    10. モーショントゥイーンアニメーションの作成
    11. プロパティキーフレームの使用
    12. トゥイーンを使用した位置のアニメーション化
    13. モーションエディターを使用したモーショントゥイーンの編集
    14. トゥイーンアニメーションのモーションパスの編集
    15. モーショントゥイーンの操作
    16. カスタムイージングの追加
    17. モーションプリセットの作成と適用
    18. アニメーションのトゥイーンスパンの設定
    19. XML ファイルとして保存したモーショントゥイーンの操作
    20. モーショントゥイーンとクラシックトゥイーン
    21. シェイプトゥイーン
    22. Animate のボーンツールアニメーションの使用
    23. Animate でのキャラクターリグの操作
    24. Adobe Animate でのマスクレイヤーの使用
    25. Animate でのシーンの操作
  4. インタラクティブ機能
    1. Animate でのボタンの作成
    2. 他のドキュメントタイプ形式への Animate プロジェクトの変換
    3. Animate での HTML5 Canvas ドキュメントの作成およびパブリッシュ
    4. Animate のコードスニペットを使用したインタラクティブ機能の追加
    5. カスタム HTML5 コンポーネントの作成
    6. HTML5 Canvas でのコンポーネントの使用
    7. カスタムコンポーネントの作成例
    8. カスタムコンポーネントのコードスニペット
    9. ベストプラクティス - Animate を使用した広告
    10. バーチャルリアリティの作成と公開
  5. ワークスペースとワークフロー
    1. ペイントブラシの作成と管理
    2. HTML5 Canvas ドキュメントでの Google フォントの使用
    3. Creative Cloud ライブラリと Adobe Animate の使用
    4. Animate のステージとツールパネルの使用
    5. Animate ワークフローとワークスペース
    6. HTML5 Canvas ドキュメントでの Web フォントの使用
    7. タイムラインと ActionScript
    8. 複数のタイムラインの操作
    9. 環境設定
    10. Animate オーサリングパネルの使用
    11. Animate でのタイムラインレイヤーの作成
    12. モバイルアプリおよびゲームエンジン用アニメーションの書き出し
    13. オブジェクトの移動とコピー
    14. テンプレート
    15. Animate での検索と置換
    16. 取り消し、やり直し、ヒストリーパネル
    17. キーボードショートカット
    18. Animate でのタイムラインの使用
    19. HTML 拡張機能の作成
    20. 画像とアニメーション GIF の最適化オプション
    21. 画像および GIF の書き出し設定
    22. Animate のアセットパネル
  6. マルチメディアとビデオ
    1. Animate のグラフィックオブイジェクトの変形と組み合わせ
    2. Animate でのシンボルインスタンスの作成と操作
    3. 画像トレース
    4. Adobe Animate でのサウンドの使用方法
    5. SVG ファイルの書き出し
    6. Animate で使用するビデオファイルの作成
    7. Animate にビデオを追加する方法
    8. ビデオのキューポイントの操作
    9. Animate でのオブジェクトの描画および作成
    10. 線とシェイプの変更
    11. Animate CC での線、塗り、グラデーション
    12. Adobe Premiere Pro と After Effects の使用
    13. Animate CC のカラーパネル
    14. Animate で Flash CS6 ファイルを開く
    15. Animate でのクラシックテキストの操作
    16. Animate へのアートワークの挿入
    17. Animate に読み込まれたビットマップ
    18. 3D グラフィック
    19. Animate でのシンボルの操作
    20. Adobe Animate での線とシェイプの描画
    21. Animate でのライブラリの使用
    22. サウンドの書き出し
    23. Animate CC でのオブジェクトの選択
    24. Animate での Illustrator AI ファイルの操作
    25. スプレーブラシツールでのパターンの適用
    26. ブレンドモードの適用
    27. オブジェクトの配置
    28. コマンドメニューを使用したタスクの自動化
    29. 多言語テキスト
    30. Animate でのカメラの使用
    31. Adobe Scout での Animate の使用
    32. Fireworks ファイルの作業
    33. グラフィックフィルター
    34. サウンドと ActionScript
    35. 描画の環境設定
    36. ペンツールを使用した描画
  7. プラットフォーム
    1. 他のドキュメントタイプ形式への Animate プロジェクトの変換
    2. カスタムプラットフォームサポート
    3. Animate での HTML5 Canvas ドキュメントの作成およびパブリッシュ
    4. WebGL ドキュメントの作成とパブリッシュ
    5. AIR for iOS 用アプリケーションのパッケージ化
    6. AIR for Android アプリケーションのパブリッシュ
    7. デスクトップ用 Adobe AIR のパブリッシュ
    8. ActionScript パブリッシュ設定
    9. ベストプラクティス - アプリケーションでの ActionScript の整理
    10. Animate での ActionScript の使用
    11. ベストプラクティス - アクセシビリティガイドライン
    12. Animate ワークスペースのアクセシビリティ
    13. スクリプトの記述と管理
    14. カスタムプラットフォームサポートの有効化
    15. カスタムプラットフォームサポートの概要
    16. アクセシビリティコンテンツの作成
    17. カスタムプラットフォームサポートプラグインの操作
    18. ActionScript 3.0 のデバッグ
    19. カスタムプラットフォームサポートの有効化
  8. 書き出しとパブリッシュ
    1. Animate CC からファイルを書き出す方法
    2. OAM パブリッシング
    3. SVG ファイルの書き出し
    4. Animate によるグラフィックとビデオの書き出し
    5. AS3 ドキュメントのパブリッシュ
    6. モバイルアプリおよびゲームエンジン用アニメーションの書き出し
    7. サウンドの書き出し
    8. QuickTime ビデオファイルの書き出し
    9. ActionScript を使用した外部ビデオ再生の制御
    10. ベストプラクティス - モバイルデバイス向けのコンテンツ作成のヒント
    11. ベストプラクティス - ビデオ規則
    12. ベストプラクティス - SWF アプリケーションのオーサリングガイドライン
    13. ベストプラクティス - FLA ファイルの構造化
    14. FLA ファイルを Animate 向けに最適化するベストプラクティス
    15. ActionScript パブリッシュ設定
    16. Animate のパブリッシュ設定の指定
    17. プロジェクターファイルの書き出し
    18. 画像とアニメーション GIF の書き出し
    19. HTML パブリッシュ用テンプレート
    20. Adobe Premiere Pro と After Effects の使用
    21. アニメーションのクイック共有とパブリッシュ

ActionScript® を使用すると、実行時にサウンドを制御できます。ActionScript を使用することによって、タイムラインだけでは実現できないインタラクションや FLA ファイル内の他の機能を作成できます。

AS3 開発ガイド:「サウンドの操作」ActionScript 3.0 でサウンドを操作する方法を説明します。

 (Animate のみ)Animate では、ActionScript 2.0 および ActionScript 1.0 はサポートされていません。

ビヘイビアーを使用したサウンドの制御

ActionScript 2.0 としてあらかじめ記述されているサウンドビヘイビアーを使用して、ドキュメントにサウンドを追加し、サウンドの再生を制御できます。このビヘイビアーを使用してサウンドを追加すると、サウンドのインスタンスが作成されます。このインスタンスを使用してサウンドを制御できます。

 ActionScript 3.0、Flash Lite 1.x、Flash Lite 2.x はビヘイビアーをサポートしていません。

ビヘイビアーを使用したサウンドのロード

  1. ビヘイビアーをトリガーするためのボタンなどのオブジェクトを選択します。
  2. ビヘイビアーパネル(ウィンドウ/ビヘイビアー)で、「追加」ボタン(+)をクリックし、サウンド/ライブラリからサウンドをロード、またはサウンド/ストリーミング MP3 ファイルをロードを選択します。
  3. サウンドをロードダイアログボックスで、ライブラリのサウンドに対してはリンケージ識別子を、ストリーミング MP3 ファイルに対してはサウンドの場所を入力します。次にサウンドのインスタンス名を入力し、「OK」をクリックします。
  4. ビヘイビアーパネルで、イベントの下の「On Release」(デフォルトイベント)をクリックし、メニューからマウスイベントを選択します。OnRelease イベントを使用する場合は、このオプションは変更せずそのままにしておきます。

ビヘイビアーを使用したサウンドの再生または停止

  1. ビヘイビアーをトリガーするためのボタンなどのオブジェクトを選択します。
  2. ビヘイビアーパネル(ウィンドウ/ビヘイビアー)で、「追加」(+)ボタンをクリックします。
  3. サウンド/サウンドの再生、サウンド/サウンドの停止、サウンド/すべてのサウンドを停止のいずれかを選択します。
  4. ダイアログボックスが表示されたら、次のいずれかの操作を行います。
    • リンケージ識別子と再生または停止するサウンドのインスタンス名を入力し、「OK」をクリックします。

    • 「OK」をクリックし、すべてのサウンドを停止させることを確認します。

  5. ビヘイビアーパネルで、「イベント」の下の「On Release」(デフォルトイベント)をクリックし、メニューからマウスイベントを選択します。OnRelease イベントを使用する場合は、このオプションは変更せずそのままにしておきます。

ActionScript 2.0 Sound オブジェクトでのサウンドの制御

ActionScript 2.0 の Sound オブジェクトを使用して、ドキュメントにサウンドを追加できます。また、サウンド再生時のボリュームや左右のバランス調整など、ドキュメント内のサウンドオブジェクトを制御することもできます。詳しくは、『ActionScript 2.0 の学習(Flash)』の「サウンドの制御」を参照してください。

  1. ライブラリパネルでサウンドを選択します。
  2. パネルの右上隅にあるパネルメニューから「リンケージ」を選択します。または、ライブラリパネルでサウンド名を右クリックするか(Windows)、Control キーを押しながらクリックして(Mac OS)、コンテキストメニューから「リンケージ」を選択します。
  3. リンケージプロパティダイアログボックスの「リンケージ」で、「ActionScript に書き出し」を選択します。
  4. ボックスに識別子ストリングを入力し、「OK」をクリックします。

ActionScript 2.0 onSoundComplete イベントについて

ActionScript 2.0 Sound オブジェクトの onSoundComplete イベントを使用すると、割り当てられたサウンドファイルの再生終了時に Animate アプリケーション内のイベントをトリガーできます。Sound オブジェクトは、Animate アプリケーションのサウンドを制御できるビルトインオブジェクトです。詳しくは、『ActionScript 2.0 リファレンスガイド』の「Sound」を参照してください。Sound オブジェクトの onSoundComplete イベントは、割り当てられたサウンドファイルの再生が終了すると自動的に起動されます。サウンドがループする場合は、サウンドが指定回数のループが終了したときにこのイベントが起動します。

Sound オブジェクトには、onSoundComplete イベントと共に使用できる 2 つのプロパティがあります。duration は読み取り専用プロパティで、サウンドオブジェクトに割り当てられたサウンドサンプルの継続時間(ミリ秒単位)を表します。position は読み取り専用プロパティで、各サウンドループにおけるサウンドの再生時間(ミリ秒単位)を表します。

onSoundComplete イベントにより、以下にあげるような、様々な操作が可能になります。

  • 動的な再生リストまたはシーケンサの作成

  • 次のフレームまたはシーンに進む前にナレーションが終了したことをチェックするマルチメディアプレゼンテーションの作成

  • サウンドが特定のイベントやシーンに同期して別のサウンドにスムーズに移行するゲームの作成

  • サウンドとイメージ変化のタイミング設定 - 例えば、サウンド再生時間の半分に達した時点でのイメージの変更

Flash Player による MP3 ファイルの ID3 プロパティへのアクセス

アドビ システムズ社の Macromedia Flash Player 7 以降は ID3 v2.4 および v2.4 タグをサポートしています。このバージョンでは、ActionScript 2.0 の attachSound() または loadSound() メソッドを使用して MP3 サウンドをロードする場合、サウンドデータストリームの先頭で ID3 タグプロパティを使用できます。ID3 データが初期化される際に、onID3 イベントが実行されます。

Flash Player 6(6.0.40.0)以降では、ID3 v1.0 および v1.1 タグを持つ MP3 ファイルをサポートしています。ID3 v1.0 および v1.1 タグの場合は、データストリームの末尾でこのプロパティを利用できます。サウンドに ID3v1 タグが含まれていない場合、ID3 プロパティは未定義になります。ID3 プロパティが機能するには、Flash Player 6(6.0.40.0)以降が必要です。

ID3 プロパティの使用について詳しくは、『ActionScript 2.0 リファレンスガイド』の「id3Sound.id3 プロパティ)」を参照してください。

アドビのロゴ

アカウントにログイン