Animate での検索と置換

  1. Adobe Animate ユーザーガイド
  2. Animate の概要
    1. Animate の新機能
    2. ビジュアル用語集
    3. Animate の必要システム構成
    4. Animate キーボードショートカット
    5. Animate での複数のファイルタイプの取り扱い
  3. アニメーション
    1. Animate のアニメーションの基本
    2. Animate でフレームとキーフレームを使用する方法
    3. Animate でのフレームアニメーション
    4. Animate でのクラシックトゥイーンアニメーションの操作
    5. ブラシツール
    6. モーションガイド
    7. モーショントゥイーンと ActionScript 3.0
    8. モーショントゥイーンアニメーションについて
    9. モーショントゥイーンアニメーション
    10. モーショントゥイーンアニメーションの作成
    11. プロパティキーフレームの使用
    12. トゥイーンを使用した位置のアニメーション化
    13. モーションエディターを使用したモーショントゥイーンの編集
    14. トゥイーンアニメーションのモーションパスの編集
    15. モーショントゥイーンの操作
    16. カスタムイージングの追加
    17. モーションプリセットの作成と適用
    18. アニメーションのトゥイーンスパンの設定
    19. XML ファイルとして保存したモーショントゥイーンの操作
    20. モーショントゥイーンとクラシックトゥイーン
    21. シェイプトゥイーン
    22. Animate のボーンツールアニメーションの使用
    23. Animate でのキャラクターリグの操作
    24. Adobe Animate でのマスクレイヤーの使用
    25. Animate でのシーンの操作
  4. インタラクティブ機能
    1. Animate でのボタンの作成
    2. 他のドキュメントタイプ形式への Animate プロジェクトの変換
    3. Animate での HTML5 Canvas ドキュメントの作成およびパブリッシュ
    4. Animate のコードスニペットを使用したインタラクティブ機能の追加
    5. カスタム HTML5 コンポーネントの作成
    6. HTML5 Canvas でのコンポーネントの使用
    7. カスタムコンポーネントの作成例
    8. カスタムコンポーネントのコードスニペット
    9. ベストプラクティス - Animate を使用した広告
    10. バーチャルリアリティの作成と公開
  5. ワークスペースとワークフロー
    1. ペイントブラシの作成と管理
    2. HTML5 Canvas ドキュメントでの Google フォントの使用
    3. Creative Cloud ライブラリと Adobe Animate の使用
    4. Animate のステージとツールパネルの使用
    5. Animate ワークフローとワークスペース
    6. HTML5 Canvas ドキュメントでの Web フォントの使用
    7. タイムラインと ActionScript
    8. 複数のタイムラインの操作
    9. 環境設定
    10. Animate オーサリングパネルの使用
    11. Animate でのタイムラインレイヤーの作成
    12. モバイルアプリおよびゲームエンジン用アニメーションの書き出し
    13. オブジェクトの移動とコピー
    14. テンプレート
    15. Animate での検索と置換
    16. 取り消し、やり直し、ヒストリーパネル
    17. キーボードショートカット
    18. Animate でのタイムラインの使用
    19. HTML 拡張機能の作成
    20. 画像とアニメーション GIF の最適化オプション
    21. 画像および GIF の書き出し設定
    22. Animate のアセットパネル
  6. マルチメディアとビデオ
    1. Animate のグラフィックオブイジェクトの変形と組み合わせ
    2. Animate でのシンボルインスタンスの作成と操作
    3. 画像トレース
    4. Adobe Animate でのサウンドの使用方法
    5. SVG ファイルの書き出し
    6. Animate で使用するビデオファイルの作成
    7. Animate にビデオを追加する方法
    8. ビデオのキューポイントの操作
    9. Animate でのオブジェクトの描画および作成
    10. 線とシェイプの変更
    11. Animate CC での線、塗り、グラデーション
    12. Adobe Premiere Pro と After Effects の使用
    13. Animate CC のカラーパネル
    14. Animate で Flash CS6 ファイルを開く
    15. Animate でのクラシックテキストの操作
    16. Animate へのアートワークの挿入
    17. Animate に読み込まれたビットマップ
    18. 3D グラフィック
    19. Animate でのシンボルの操作
    20. Adobe Animate での線とシェイプの描画
    21. Animate でのライブラリの使用
    22. サウンドの書き出し
    23. Animate CC でのオブジェクトの選択
    24. Animate での Illustrator AI ファイルの操作
    25. スプレーブラシツールでのパターンの適用
    26. ブレンドモードの適用
    27. オブジェクトの配置
    28. コマンドメニューを使用したタスクの自動化
    29. 多言語テキスト
    30. Animate でのカメラの使用
    31. Adobe Scout での Animate の使用
    32. Fireworks ファイルの作業
    33. グラフィックフィルター
    34. サウンドと ActionScript
    35. 描画の環境設定
    36. ペンツールを使用した描画
  7. プラットフォーム
    1. 他のドキュメントタイプ形式への Animate プロジェクトの変換
    2. カスタムプラットフォームサポート
    3. Animate での HTML5 Canvas ドキュメントの作成およびパブリッシュ
    4. WebGL ドキュメントの作成とパブリッシュ
    5. AIR for iOS 用アプリケーションのパッケージ化
    6. AIR for Android アプリケーションのパブリッシュ
    7. デスクトップ用 Adobe AIR のパブリッシュ
    8. ActionScript パブリッシュ設定
    9. ベストプラクティス - アプリケーションでの ActionScript の整理
    10. Animate での ActionScript の使用
    11. ベストプラクティス - アクセシビリティガイドライン
    12. Animate ワークスペースのアクセシビリティ
    13. スクリプトの記述と管理
    14. カスタムプラットフォームサポートの有効化
    15. カスタムプラットフォームサポートの概要
    16. アクセシビリティコンテンツの作成
    17. カスタムプラットフォームサポートプラグインの操作
    18. ActionScript 3.0 のデバッグ
    19. カスタムプラットフォームサポートの有効化
  8. 書き出しとパブリッシュ
    1. Animate CC からファイルを書き出す方法
    2. OAM パブリッシング
    3. SVG ファイルの書き出し
    4. Animate によるグラフィックとビデオの書き出し
    5. AS3 ドキュメントのパブリッシュ
    6. モバイルアプリおよびゲームエンジン用アニメーションの書き出し
    7. サウンドの書き出し
    8. QuickTime ビデオファイルの書き出し
    9. ActionScript を使用した外部ビデオ再生の制御
    10. ベストプラクティス - モバイルデバイス向けのコンテンツ作成のヒント
    11. ベストプラクティス - ビデオ規則
    12. ベストプラクティス - SWF アプリケーションのオーサリングガイドライン
    13. ベストプラクティス - FLA ファイルの構造化
    14. FLA ファイルを Animate 向けに最適化するベストプラクティス
    15. ActionScript パブリッシュ設定
    16. Animate のパブリッシュ設定の指定
    17. プロジェクターファイルの書き出し
    18. 画像とアニメーション GIF の書き出し
    19. HTML パブリッシュ用テンプレート
    20. Adobe Premiere Pro と After Effects の使用
    21. アニメーションのクイック共有とパブリッシュ

検索と置換について

検索と置換機能では、次の処理を行うことができます。

  • テキストストリング、フォント、カラー、シンボル、サウンドファイル、ビデオファイル、または読み込まれたビットマップファイルを検索します。

  • 特定のエレメントを同じ種類の別のエレメントと置き換えます。指定するエレメントの種類によって、検索して置換ダイアログボックスに表示されるオプションは異なります。

  • 現在のドキュメントまたは現在のシーンのエレメントを検索して置き換えます。

  • 次に一致するエレメントまたは一致するエレメントすべてを検索し、現在一致しているエレメントまたは一致するエレメントすべてを置き換えます。

注意:

スクリーンベースのドキュメントでは、現在のドキュメントまたは現在のスクリーンのエレメントを検索して置き換えることはできますが、シーンを使用することはできません。

「ライブ編集」オプションでは、指定したエレメントをステージ上で直接編集できます。シンボルの検索中に「ライブ編集」を使用すると、Animate は編集モードの同じ位置でシンボルを開きます。

検索して置換ダイアログボックスの下部にある「検索して置換のログ」には、検索中のエレメントの場所、名前、および種類が表示されます。

テキストの検索と置換

  1. 編集/検索して置換を選択します。
  2. 対象ポップアップメニューから「テキスト」を選択します。
  3. 「テキスト」ボックスに検索するテキストを入力します。
  4. 「置換テキスト」ボックスに既存のテキストと置き換えるテキストを入力します。
  5. テキストの検索に対して次のオプションを選択します。

    単語単位で検索

    指定したストリングが両側のスペースや引用符などのマーカーで区別された単語単位でのみ検索されます。「単語単位で検索」をオフにすると、指定したテキストをより大きな単語の一部として検索できます。例えば、「単語単位で検索」がオフの場合に place という語を検索すると、replaceplacement などの語も返されます。

    大文字と小文字を区別

    検索と置換で指定したテキストと一致するテキストが、大文字と小文字の区別まで正確に検索されます。

    正規表現を使用

    ActionScript の正規表現を使ってテキストが検索されます。式には、Flash Professional で評価でき、値を返すような任意のステートメントを使用できます。

    テキストフィールドのコンテンツ

    テキストフィールドのコンテンツを検索します。

    フレーム/レイヤー/パラメーター

    フレームラベル、レイヤー名、シーン名およびコンポーネントのパラメーターが検索されます。

    ActionScript 内のストリング

    ドキュメントまたはシーンの ActionScript 内にあるストリング(引用符 "" で囲まれたテキスト)が検索されます。外部の ActionScript ファイルは検索されません。

    ActionScript

    コードや文字列を含め、すべての ActionScript を検索します。

  6. ステージ上の指定したテキストと次に一致するテキストを選択し、これを同じ位置で編集するには、「ライブ編集」を選択します。
    注意:

    ライブ編集では、手順 7 で「すべて検索」を選択していても、次に一致するサウンド、ビデオ、またはビットマップのみが選択されます。

  7. テキストを検索するには、次のいずれかの操作を行います。
    • 指定したテキストと次に一致するテキストを検索するには、「次を検索」をクリックします。

    • 指定したテキストと一致するテキストをすべて検索するには、「すべて検索」をクリックします。

  8. テキストを置き換えるには、次のいずれかの操作を行います。
    • 指定したテキストと一致する、現在選択されているテキストを置き換えるには、「置換」をクリックします。

    • 指定したテキストと一致するテキストをすべて置き換えるには、「すべて置換」をクリックします。

フォントの検索と置換

  1. 編集/検索して置換を選択します。
  2. 対象ポップアップメニューから「フォント」を選択してから、次のいずれかのオプションを選択します。
    • フォント名で検索するには、「フォント名」を選択し、ポップアップメニューからフォントを選択するか、ボックスにフォント名を入力します。「フォント名」の選択を解除すると、シーンまたはドキュメントのすべてのフォントが検索されます。

    • フォントスタイルで検索するには、「フォントスタイル」を選択してポップアップメニューからフォントスタイルを選択します。「フォントスタイル」の検索を解除すると、シーンまたはドキュメントのすべてのフォントスタイルが検索されます。

    • フォントサイズで検索するには、「フォントサイズ」を選択し、最大および最小フォントサイズの値を入力して検索するフォントサイズの範囲を指定します。「フォントサイズ」の選択を解除すると、シーンまたはドキュメントのすべてのフォントサイズが検索されます。

    • 指定したフォントを別のフォント名と置き換えるには、「置換」の「フォント名」を選択し、ポップアップメニューからフォント名を選択するか、ボックスに名前を入力します。「置換」の「フォント名」の選択を解除すると、現在のフォント名は変更されません。

    • 指定したフォントを別のフォントスタイルと置き換えるには、「置換」の「フォントスタイル」を選択してポップアップメニューからフォントスタイルを選択します。「置換」の「フォントスタイル」の選択を解除すると、指定したフォントの現在のスタイルは変更されません。

    • 指定したフォントを別のフォントサイズと置き換えるには、「置換」の「サイズ」を選択して最小と最大のフォントサイズの値を入力します。「置換」の「サイズ」の選択を解除すると、指定したフォントの現在のサイズは変更されません。

  3. ステージ上の指定したフォントと次に一致するフォントを選択し、これを同じ位置で編集するには、「ライブ編集」を選択します。
    注意:

    ライブ編集では、手順 4 で「すべて検索」を選択していても、次に一致するサウンド、ビデオ、またはビットマップのみが選択されます。

  4. フォントを検索するには、次のいずれかの操作を行います。
    • フォントの次の出現箇所を検索するには、「次を検索」をクリックします。

    • 指定したフォントと一致するフォントをすべて検索するには、「すべて検索」をクリックします。

  5. フォントを置き換えるには、次のいずれかの操作を行います。
    • 指定したフォントと一致する、現在選択されているフォントを置き換えるには、「置換」をクリックします。

    • 指定したフォントと一致するフォントをすべて置き換えるには、「すべて置換」をクリックします。

カラーの検索と置換

グループ化されたオブジェクトのカラーを検索して置き換えることはできません。

注意:

Flash Professional ドキュメント内にある GIF または JPEG ファイルのカラーを検索して置換するには、そのファイルをイメージ編集アプリケーションで編集する必要があります。

  1. 編集/検索して置換を選択します。
  2. 対象ポップアップメニューから「カラー」を選択します。
  3. カラーを検索するには、「カラー」コントロールをクリックして、次のいずれかの操作を行います。
    • ポップアップウィンドウから色見本を選択します。

    • カラーポップアップウィンドウの「16 進数の編集」ボックスに、カラーの 16 進数値を入力します。

    • 「システムカラーピッカー」ボタンをクリックし、システムのカラーピッカーからカラーを選択します。

    • スポイトツールを表示させるには、「カラー」コントロールからドラッグします。画面上でカラーを選択します。

  4. 指定したカラーと置き換えるカラーを選択するには、「置換」の「カラー」コントロールをクリックし、次のいずれかの操作を行います。
    • ポップアップウィンドウから色見本を選択します。

    • カラーポップアップウィンドウの「16 進数の編集」ボックスに、カラーの 16 進数値を入力します。

    • 「システムカラーピッカー」ボタンをクリックし、システムのカラーピッカーからカラーを選択します。

    • スポイトツールを表示させるには、「カラー」コントロールからドラッグします。画面上でカラーを選択します。

  5. カラーのどの部分を検索して置き換えるかを指定するには、「塗り」、「線」、「テキスト」オプション、またはこれらのオプションの組み合わせを選択します。
  6. ステージ上の指定したカラーと次に一致するカラーを選択し、これを同じ位置で編集するには、「ライブ編集」を選択します。
    注意:

    ライブ編集では、次の手順で「すべて検索」を選択していても、次に一致するサウンド、ビデオ、またはビットマップのみが選択されます。

  7. カラーの検索
    • 指定したカラーの次の出現箇所を検索するには、「次を検索」をクリックします。

    • 指定したカラーと一致するカラーをすべて検索するには、「すべて検索」をクリックします。

  8. 色の置き換え
    • 指定したカラーと一致する現在選択されているカラーを置き換えるには、「置換」をクリックします。

    • 指定したカラーと一致するカラーをすべて置き換えるには、「すべて置換」をクリックします。

シンボルの検索と置換

シンボルを検索して置き換えるには、シンボルを名前で検索します。シンボルを、ムービークリップ、ボタン、グラフィックの任意のタイプの別のシンボルに置き換えます。

  1. 編集/検索して置換を選択します。
  2. 対象ポップアップメニューから「シンボル」を選択します。
  3. 「名前」では、ポップアップメニューから名前を選択します。
  4. 「置換」の下の「名前」で、ポップアップメニューから名前を選択します。
  5. ステージ上の指定したシンボルと次に一致するシンボルを選択し、これを同じ位置で編集するには、「ライブ編集」を選択します。
    注意:

    次の手順で「すべて検索」を選択していても、次に一致するサウンド、ビデオ、またはビットマップのみが編集用に選択されます。

  6. シンボルを検索するには、次のいずれかの操作を行います。
    • 指定したシンボルの次の出現箇所を検索するには、「次を検索」をクリックします。

    • 指定したシンボルと一致するシンボルをすべて検索するには、「すべて検索」をクリックします。

  7. シンボルを置き換えるには、次のいずれかの操作を行います。
    • 指定したシンボルと一致する現在選択されているシンボルを置き換えるには、「置換」をクリックします。

    • 指定したシンボルと一致するシンボルをすべて置き換えるには、「すべて置換」をクリックします。

サウンドファイル、ビデオファイル、またはビットマップファイルの検索と置換

  1. 編集/検索して置換を選択します。
  2. 対象ポップアップメニューから「サウンド」、「ビデオ」、または「ビットマップ」を選択します。
  3. 「名前」にサウンド、ビデオ、またはビットマップのファイル名を入力するか、ポップアップメニューから名前を選択します。
  4. 「置換」の「名前」にサウンド、ビデオ、またはビットマップのファイル名を入力するか、ポップアップメニューから名前を選択します。
  5. ステージ上の指定したサウンド、ビデオ、またはビットマップに次に一致するサウンド、ビデオ、またはビットマップを選択し、これを同じ位置で編集するには、「ライブ編集」を選択します。
    注意:

    次の手順で「すべて検索」を選択していても、次に一致するサウンド、ビデオ、またはビットマップのみが編集用に選択されます。

  6. サウンド、ビデオ、またはビットマップを検索します。
    • 指定したサウンド、ビデオ、またはビットマップに次に一致するサウンド、ビデオ、またはビットマップを検索するには、「次を検索」をクリックします。

    • 指定したサウンド、ビデオ、またはビットマップに一致するサウンド、ビデオ、またはビットマップをすべて検索するには、「すべて検索」をクリックします。

  7. サウンド、ビデオ、またはビットマップを置換します。
    • 指定したサウンド、ビデオ、またはビットマップに一致する現在選択されているサウンド、ビデオ、またはビットマップを置き換えるには、「置換」をクリックします。

    • 指定したサウンド、ビデオ、またはビットマップに一致するサウンド、ビデオ、またはビットマップをすべて置き換えるには、「すべて置換」をクリックします。

アドビのロゴ

アカウントにログイン