例えば、フレーム 1 と 20 がプロパティキーフレームの場合に、フレーム 1 でステージの左側にシンボルを配置し、そのシンボルをフレーム 20 ではステージの右側に移動させたとします。トゥイーンを作成すると、Animate は間にあるムービークリップのすべての位置を計算します。これにより、フレーム 1 からフレーム 20 を通してシンボルが左側から右側に移動するアニメーションが作成されます。Animate は、間にある各フレームについて、ムービークリップをステージ距離の 1/20 ずつ移動させます。 

トゥイーンスパン

  • オブジェクトの 1 つ以上のプロパティが時間と共に変化していく期間を示す、タイムライン内のフレームのグループです。
  • 背景色が青色の単一レイヤーに含まれるフレームのグループとしてタイムラインに表示されます。
  • トゥイーンスパンを単一のオブジェクトとして選択し、タイムライン上のある位置から別の位置(別のレイヤーを含む)にドラッグできます。
  • 各トゥイーンスパンでアニメーション化できるのは、ステージ上の 1 つのオブジェクトのみです。このオブジェクトはトゥイーンスパンの「ターゲットオブジェクト」と呼ばれます。

プロパティキーフレーム

  • トゥイーンスパン内のフレームで、ここではトゥイーンのターゲットオブジェクトの 1 つ以上のプロパティ値を明示的に定義します。
  • これらのプロパティには、位置、アルファ(透明度)、カラーの濃淡などがあります。
  • 定義されたプロパティごとに固有のキーフレームがあります。
  • 1 つのフレームに複数のプロパティを設定すると、各プロパティのプロパティキーフレームはそのフレームに置かれます。
  • トゥイーンスパンの各プロパティおよびそのプロパティキーフレームを参照するには、モーションエディターを使用します。
  • タイムラインでどのタイプのプロパティキーフレームを表示するかも、トゥイーンスパンのコンテキストメニューから選択できます。

トゥイーン可能なオブジェクトおよびプロパティ

トゥイーンできるオブジェクトタイプには、ムービークリップ、グラフィック、ボタンシンボルおよびテキストフィールドなどがあります。トゥイーン可能なこれらのオブジェクトのプロパティは以下のとおりです。

  • 2D X、Y の位置

  • 3D Z の位置(ムービークリップのみ)

  • 2D 回転(Z 軸周り)

  • 3D X、Y、Z 回転(ムービークリップのみ):3D モーションでは、パブリッシュ設定で FLA ファイルのターゲットが ActionScript 3.0 および Flash Player 10 以上のバージョンになっている必要があります。Adobe AIR も 3D モーションをサポートしています。

  • 傾斜 X、Y

  • 伸縮 X、Y

  • カラー効果:アルファ(透明度)、明度、濃淡および高度なカラー設定などがあります。シンボルと TLF テキストに適用されているカラー効果のみ、トゥイーンできます。これらのプロパティをトゥイーンすることで、オブジェクトがある色から別の色にフェードインまたはフェードアウトするように表示できます。クラシックテキストのカラー効果をトゥイーンするには、テキストをシンボルに変換する必要があります。

  • フィルタープロパティ(グラフィックシンボルに対しては、フィルターは適用できません)

モーショントゥイーンとクラシックトゥイーンの違い

Animate では、モーションを作成するためのトゥイーンとして、モーショントゥイーンとクラシックトゥイーンの 2 種類がサポートされています。

モーショントゥイーン クラシックトゥイーン
強力でありながら作成が容易で、トゥイーンアニメーションをきめ細かく制御できます。 作成方法が複雑で、以前のバージョンの Animate で作成されたすべてのトゥイーンを含みます。 
トゥイーンをきめ細かく制御できます。 ユーザー固有の機能を提供します。
キーフレームを使用します。 プロパティを使用します。
トゥイーン全体が 1 つのターゲットオブジェクトで構成されます。 同じまたは異なるシンボルを含む 2 つのキーフレーム間でトゥイーンできます。
テキストもトゥイーン可能なタイプと見なされます。そのため、テキストオブジェクトをムービークリップに変換しません。 テキストオブジェクトをグラフィックシンボルに変換します。
モーショントゥイーンスパンでは、フレームスクリプトは使用できません。  クラシックトゥイーンではフレームスクリプトを使用できます。
モーショントゥイーンスパンはタイムラインで伸縮とサイズ変更が可能であり、単一オブジェクトとして扱われます。  クラシックトゥイーンは、タイムラインで個別に選択可能なフレームのグループで構成されます。
モーショントゥイーンスパン内のフレームを個別に選択するには、Ctrl キー(Windows)または Command キー(Mac OS)を押しながらフレームをクリックします。  
モーショントゥイーンスパン全体の長さにわたってイージングを適用します。モーショントゥイーンの特定のフレームのみイージングするには、カスタムイージング曲線の作成が必要です。
イージングをトゥイーン内のキーフレーム間のフレームのグループに適用できます。 
各トゥイーンにつき 1 つのカラー効果を適用できます。 濃淡とアルファ透明度など、2 つの異なるカラー効果をアニメーション化できます。
3D オブジェクトをアニメーション化できます。  クラシックトゥイーンを使用して 3D オブジェクトをアニメーション化することはできません。
モーションプリセットとして保存できるのはモーショントゥイーンのみです。 シンボルを入れ替えたり、プロパティキーフレームに表示するグラフィックシンボルのフレーム数を設定したりできます。このような手法を使用するアニメーションには、クラシックトゥイーンが必要です。
   

モーショントゥイーンとクラシックトゥイーンの類似点

  • 同じレイヤーにクラシックトゥイーンとモーショントゥイーンの一方を複数配置することはできますが、この 2 種類のトゥイーンを同じレイヤーに混在させることはできません。
  • モーショントゥイーンとクラシックトゥイーンは、どちらも特定のタイプのオブジェクトだけをトゥイーンの対象とすることができます。

その他のリソース

  • Jen DeHaan は、Animate のモーションモデルに関する情報、およびモーショントゥイーンと従来のトゥイーンの違いについての有用なブログ記事を自分のサイト(Flashthusiast.com)に掲載しています。

関連項目

ダウンロード

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー