AIR for Android アプリケーションのパブリッシュ

  1. Adobe Animate ユーザーガイド
  2. Animate の概要
    1. Animate の新機能
    2. ビジュアル用語集
    3. Animate の必要システム構成
    4. Animate キーボードショートカット
    5. Animate での複数のファイルタイプの取り扱い
  3. アニメーション
    1. Animate のアニメーションの基本
    2. Animate でフレームとキーフレームを使用する方法
    3. Animate でのフレームアニメーション
    4. Animate でのクラシックトゥイーンアニメーションの操作
    5. ブラシツール
    6. モーションガイド
    7. モーショントゥイーンと ActionScript 3.0
    8. モーショントゥイーンアニメーションについて
    9. モーショントゥイーンアニメーション
    10. モーショントゥイーンアニメーションの作成
    11. プロパティキーフレームの使用
    12. トゥイーンを使用した位置のアニメーション化
    13. モーションエディターを使用したモーショントゥイーンの編集
    14. トゥイーンアニメーションのモーションパスの編集
    15. モーショントゥイーンの操作
    16. カスタムイージングの追加
    17. モーションプリセットの作成と適用
    18. アニメーションのトゥイーンスパンの設定
    19. XML ファイルとして保存したモーショントゥイーンの操作
    20. モーショントゥイーンとクラシックトゥイーン
    21. シェイプトゥイーン
    22. Animate のボーンツールアニメーションの使用
    23. Animate でのキャラクターリグの操作
    24. Adobe Animate でのマスクレイヤーの使用
    25. Animate でのシーンの操作
  4. インタラクティブ機能
    1. Animate でのボタンの作成
    2. 他のドキュメントタイプ形式への Animate プロジェクトの変換
    3. Animate での HTML5 Canvas ドキュメントの作成およびパブリッシュ
    4. Animate のコードスニペットを使用したインタラクティブ機能の追加
    5. カスタム HTML5 コンポーネントの作成
    6. HTML5 Canvas でのコンポーネントの使用
    7. カスタムコンポーネントの作成例
    8. カスタムコンポーネントのコードスニペット
    9. ベストプラクティス - Animate を使用した広告
    10. バーチャルリアリティの作成と公開
  5. ワークスペースとワークフロー
    1. ペイントブラシの作成と管理
    2. HTML5 Canvas ドキュメントでの Google フォントの使用
    3. Creative Cloud ライブラリと Adobe Animate の使用
    4. Animate のステージとツールパネルの使用
    5. Animate ワークフローとワークスペース
    6. HTML5 Canvas ドキュメントでの Web フォントの使用
    7. タイムラインと ActionScript
    8. 複数のタイムラインの操作
    9. 環境設定
    10. Animate オーサリングパネルの使用
    11. Animate でのタイムラインレイヤーの作成
    12. モバイルアプリおよびゲームエンジン用アニメーションの書き出し
    13. オブジェクトの移動とコピー
    14. テンプレート
    15. Animate での検索と置換
    16. 取り消し、やり直し、ヒストリーパネル
    17. キーボードショートカット
    18. Animate でのタイムラインの使用
    19. HTML 拡張機能の作成
    20. 画像とアニメーション GIF の最適化オプション
    21. 画像および GIF の書き出し設定
    22. Animate のアセットパネル
  6. マルチメディアとビデオ
    1. Animate のグラフィックオブイジェクトの変形と組み合わせ
    2. Animate でのシンボルインスタンスの作成と操作
    3. 画像トレース
    4. Adobe Animate でのサウンドの使用方法
    5. SVG ファイルの書き出し
    6. Animate で使用するビデオファイルの作成
    7. Animate にビデオを追加する方法
    8. ビデオのキューポイントの操作
    9. Animate でのオブジェクトの描画および作成
    10. 線とシェイプの変更
    11. Animate CC での線、塗り、グラデーション
    12. Adobe Premiere Pro と After Effects の使用
    13. Animate CC のカラーパネル
    14. Animate で Flash CS6 ファイルを開く
    15. Animate でのクラシックテキストの操作
    16. Animate へのアートワークの挿入
    17. Animate に読み込まれたビットマップ
    18. 3D グラフィック
    19. Animate でのシンボルの操作
    20. Adobe Animate での線とシェイプの描画
    21. Animate でのライブラリの使用
    22. サウンドの書き出し
    23. Animate CC でのオブジェクトの選択
    24. Animate での Illustrator AI ファイルの操作
    25. スプレーブラシツールでのパターンの適用
    26. ブレンドモードの適用
    27. オブジェクトの配置
    28. コマンドメニューを使用したタスクの自動化
    29. 多言語テキスト
    30. Animate でのカメラの使用
    31. Adobe Scout での Animate の使用
    32. Fireworks ファイルの作業
    33. グラフィックフィルター
    34. サウンドと ActionScript
    35. 描画の環境設定
    36. ペンツールを使用した描画
  7. プラットフォーム
    1. 他のドキュメントタイプ形式への Animate プロジェクトの変換
    2. カスタムプラットフォームサポート
    3. Animate での HTML5 Canvas ドキュメントの作成およびパブリッシュ
    4. WebGL ドキュメントの作成とパブリッシュ
    5. AIR for iOS 用アプリケーションのパッケージ化
    6. AIR for Android アプリケーションのパブリッシュ
    7. デスクトップ用 Adobe AIR のパブリッシュ
    8. ActionScript パブリッシュ設定
    9. ベストプラクティス - アプリケーションでの ActionScript の整理
    10. Animate での ActionScript の使用
    11. ベストプラクティス - アクセシビリティガイドライン
    12. Animate ワークスペースのアクセシビリティ
    13. スクリプトの記述と管理
    14. カスタムプラットフォームサポートの有効化
    15. カスタムプラットフォームサポートの概要
    16. アクセシビリティコンテンツの作成
    17. カスタムプラットフォームサポートプラグインの操作
    18. ActionScript 3.0 のデバッグ
    19. カスタムプラットフォームサポートの有効化
  8. 書き出しとパブリッシュ
    1. Animate CC からファイルを書き出す方法
    2. OAM パブリッシング
    3. SVG ファイルの書き出し
    4. Animate によるグラフィックとビデオの書き出し
    5. AS3 ドキュメントのパブリッシュ
    6. モバイルアプリおよびゲームエンジン用アニメーションの書き出し
    7. サウンドの書き出し
    8. QuickTime ビデオファイルの書き出し
    9. ActionScript を使用した外部ビデオ再生の制御
    10. ベストプラクティス - モバイルデバイス向けのコンテンツ作成のヒント
    11. ベストプラクティス - ビデオ規則
    12. ベストプラクティス - SWF アプリケーションのオーサリングガイドライン
    13. ベストプラクティス - FLA ファイルの構造化
    14. FLA ファイルを Animate 向けに最適化するベストプラクティス
    15. ActionScript パブリッシュ設定
    16. Animate のパブリッシュ設定の指定
    17. プロジェクターファイルの書き出し
    18. 画像とアニメーション GIF の書き出し
    19. HTML パブリッシュ用テンプレート
    20. Adobe Premiere Pro と After Effects の使用
    21. アニメーションのクイック共有とパブリッシュ

Animate では、Adobe® AIR™ for Android 用のコンテンツをパブリッシュできます。

ここでは、Animate での AIR for Android パブリッシュ設定について説明します。Adobe AIR™ アプリケーションのデプロイについて詳しくは、「Adobe AIR アプリケーションの構築」を参照してください。

デスクトップおよびモバイル向け AIR アプリケーションの必要システム構成(ハードウェアおよびソフトウェア)については、「Adobe AIR 3/必要システム構成」を参照してください。

AIR 開発者向けの包括的なドキュメントについては、Adobe AIR のリファレンスを参照してください。

ビデオおよびチュートリアル

Animate での AIR™ for Android アプリケーションの作成については、以下のビデオチュートリアルがあります。

注意:

(AIR 3.7 のみ)キャプティブランタイムのみを使用するアプリケーションのパッケージ化(Android)

AIR 3.7 では、任意のターゲットの Android 用 AIR アプリケーションのパッケージ化は AIR ランタイムを埋め込みます。これにより、個別にAIR ランタイムをダウンロードする必要がなくなるので、ユーザーエクスペリエンスの向上につながります。ただし、アプリケーションのサイズが約 9 MB 増えます。

AIR for Android アプリケーションが共有ランタイムオプションでパッケージ化されると、Animate に警告が表示されます。

Adobe AIR for Android ファイルの作成

ファイル/新規コマンドを使用して、Animate で Adobe AIR for Android ドキュメントを作成できます。ActionScript® 3.0 FLA ファイルを作成し、パブリッシュ設定ダイアログボックスで AIR for Android ファイルに変換することもできます。

AIR for Android ファイルを作成するには、次のいずれかの操作を行います。

  • スタートアップスクリーンまたは新規ドキュメントダイアログボックス(ファイル/新規)で、「AIR for Android」を選択します。

  • 既存の FLA ファイルを開き、AIR for Android ファイルに変換します。パブリッシュ設定ダイアログボックス(ファイル/パブリッシュ設定)にあるターゲットメニューから「AIR for Android」を選択します。

AIR for Android アプリケーションのプレビューまたはパブリッシュ

Animate AIR for Android SWF ファイルを、AIR アプリケーションウィンドウに表示されるとおりにプレビューできます。プレビューは、アプリケーションをパッケージ化およびインストールせずに、アプリケーションの視覚要素がどのように表示されるかを確認する場合に便利です。

  1. パブリッシュ設定ダイアログボックスで、ターゲットが「AIR for Android」に設定されていることを確認します。

  2. 制御/ムービープレビュー/テストを選択するか、Ctrl + Enter キーを押します。

アプリケーションとインストーラーの設定ダイアログボックスでアプリケーションの設定を行っていない場合、デフォルトのアプリケーション記述ファイル(swfname-app.xml)が生成されます。このファイルは、SWF ファイルの書き込み先フォルダーと同じフォルダーに作成されます。アプリケーションとインストーラーの設定ダイアログボックスでアプリケーションの設定が済んでいる場合は、それらの設定がアプリケーション記述ファイルに反映されます。

AIR for Android ファイルをパブリッシュするには、次のいずれかの操作を行います。

  • パブリッシュ設定ダイアログボックスで「パブリッシュ」ボタンをクリックします。

  • AIR for Android 設定ダイアログボックスで「パブリッシュ」ボタンをクリックします。

  • ファイル/パブリッシュを選択します。

  • ファイル/パブリッシュプレビューを選択します。

AIR ファイルをパブリッシュすると、Animate によって SWF ファイルと XML アプリケーション記述ファイルが作成されます。次に、この両方のコピーが、アプリケーションに追加した他のファイルと共に AIR インストーラーファイル(swfname.apk)にパッケージ化されます。

AIR for Android アプリケーションの作成

アプリケーションの開発が完了したら、アプリケーションのデプロイに必要な AIR for Android アプリケーション記述ファイルとインストーラーファイルの設定を指定します。AIR for Android ファイルをパブリッシュすると、Animate によって、SWF ファイルと共に記述ファイルとインストーラーファイルが作成されます。

AIR for Android - アプリケーションとインストーラーの設定ダイアログボックスで、これらのファイルの設定を指定します。AIR for Android ファイルを作成した後は、このダイアログボックスはドキュメントのプロパティインスペクターから開けるようになります。パブリッシュ設定ダイアログボックスの「Animate」タブの Player メニューにある「設定」ボタンからアクセスすることもできます。

Adobe AIR アプリケーションファイルの作成

  1. Animate で、FLA ファイルまたは Adobe AIR アプリケーションを構成する一連のファイルを開きます。

  2. AIR - アプリケーションとインストーラーの設定ダイアログボックスを開く前に、AIR for Android FLA ファイルを保存します。

  3. ファイル/AIR for Android 設定を選択します。

  4. AIR for Android - アプリケーションとインストーラーの設定ダイアログボックスの設定を完了して、「パブリッシュ」をクリックします。

    「パブリッシュ」ボタンをクリックすると、次のファイルがパッケージ化されます。

    • SWF ファイル

    • アプリケーション記述ファイル

    • アプリケーションアイコンファイル

    • 「含めるファイル」テキストボックスに指定されたファイル

    注意:

    FLA または SWF に指定したファイル名に 2 バイト文字が含まれていると、AIR for Android アプリケーションのパブリッシュは失敗します。


AIR for Android - アプリケーションとインストーラーの設定ダイアログボックスは、「一般」、「デプロイ」、「アイコン」、「権限」という 4 つのタブに分かれています。

一般設定

AIR for Android - アプリケーションとインストーラーの設定ダイアログボックスの「一般」タブには、次のオプションがあります。

出力ファイル

「パブリッシュ」コマンドを使用したときに作成される AIR ファイルの名前と場所を指定します。出力ファイル名の拡張子は APK です。

アプリケーション名

AIR アプリケーションインストーラーでアプリケーションファイル名とアプリケーションフォルダーの生成に使用する名前です。名前には、ファイル名またはフォルダー名に有効な文字だけを使用する必要があります。デフォルト値は SWF ファイルの名前です。

アプリケーション ID

一意の ID でアプリケーションを識別します。必要に応じて、デフォルトの ID を変更できます。ID には、スペースや特殊文字は使用できません。有効な文字は 0 ~ 9、a ~ z、A ~ Z、.(ドット)で、長さは 1 ~ 212 文字です。デフォルト値は com.adobe.example.applicationName です。

バージョン

オプションです。アプリケーションのバージョン番号を指定します。デフォルト値は 1.0 です。

バージョンラベル

オプションです。 バージョンを記述する文字列です。

起動時の縦横比

アプリケーションの「縦長モード」、「横長モード」または「自動回転を有効にする」を選択できます。「自動回転を有効にする」と共に「自動」を選択すると、アプリケーションは現在のデバイスの方向に応じてデバイス上で起動します。

フルスクリーンモードにする

アプリケーションをフルスクリーンモードで実行するように設定します。この設定はデフォルトではオフになっています。

自動回転を有効にする

現在のデバイスの方向に応じて、アプリケーションを縦長モードから横長モードに自動的に切り替えることができます。この設定はデフォルトではオフになっています。

レンダリングモード

グラフィックコンテンツを AIR ランタイムでレンダリングする方法を指定できます。次のオプションがあります。

  • 自動 - ホストデバイス上で使用できるレンダリングモードを自動検出し、最速のモードを選択します。

  • CPU - CPU を使用します。

  • GPU - GPU を使用します。GPU を利用できない場合、CPU が使用されます。

  • ダイレクト - Stage3D を使用してレンダリングします。最速のレンダリング方法です。

ダイレクトモードに対応していないプロセッサーの一覧については、「Stage3D unsupported chipsets, drivers | Flash Player 11, AIR 3」を参照してください。


プロセッサー:アプリケーションをパブリッシュするデバイスのプロセッサーの種類を選択できます。サポートされているプロセッサーの種類は ARM と Intel x86 です。x86 プロセッサーのサポートは Animate 2014.1 リリース以降が対象です。

含めるファイル

アプリケーションパッケージに含めるその他のファイルとフォルダーを指定します。プラス(+)ボタンをクリックしてファイルを追加し、フォルダーボタンをクリックしてフォルダーを追加します。リストからファイルまたはフォルダーを削除するには、ファイルまたはフォルダーを選択してマイナス(-)ボタンをクリックします。

デフォルトでは、アプリケーション記述ファイルとメインの SWF ファイルはパッケージリストに自動的に追加されます。まだ Adobe AIR FLA ファイルをパブリッシュしていない場合でも、パッケージリストにこれらのファイルが表示されます。パッケージリストのファイルとフォルダーはフラットな構造で表示されます。フォルダー内のファイルはリストに表示されず、ファイルの完全なパスが表示されますが、パスは必要に応じて切り詰められます。

ActionScript のライブラリパスに AIR ネイティブ拡張のファイルを追加した場合は、それらのファイルもこのリストに表示されます。

アイコンファイルはリストに含まれません。ファイルがパッケージ化されるとき、SWF ファイルの場所を基準として相対的な位置にある一時フォルダーにアイコンファイルがコピーされます。パッケージ化が完了すると、このフォルダーは削除されます。

デプロイ設定

AIR for Android - アプリケーションとインストーラーの設定ダイアログボックスの「デプロイ」タブで、次の設定を指定できます。

証明書

アプリケーションのデジタル証明書です。既存の証明書を参照するか、新しい証明書を作成することができます。デジタル証明の作成について詳しくは、アプリケーションへの署名を参照してください。Android アプリケーションの証明書の有効期間は 25 年以上に設定する必要があることに注意してください。

パスワード

選択したデジタル証明書のパスワードです。

デプロイタイプ

作成するパッケージのタイプを指定します。

  • 「デバイスリリース」に設定すると、マーケットプレイスや、Web サイトなどの他の配信メディア向けのパッケージを作成できます。
  • 「エミュレーターリリース」に設定すると、モバイルデバイスシミュレーターでのデバッグ用のパッケージを作成できます。
  • 「デバッグ」に設定すると、デバイスでデバッグできるようになります。例えば、Animate でブレークポイントを設定し、Android デバイスでアプリケーションの実行をリモートデバッグすることができます。さらに、デバッグセッションで使用するネットワークインターフェイスと IP アドレスを選択できます。

AIR ランタイム

AIR ランタイムがデバイスにインストールされていない場合のアプリケーションの動作を指定します。

  • AIR ランタイムをアプリケーションと共に埋め込む」に設定すると、アプリケーションインストーラーパッケージに AIR ランタイムが組み込まれるので、AIR ランタイムを追加でダウンロードせずに済みます。この設定にすると、アプリケーションパッケージのサイズが大幅に増大します。
  • AIR ランタイムを次の場所から取得」に設定すると、インストーラーによって Google Playstore または Amazon Appstore からランタイムがダウンロードされます。

パブリッシュ後

Android デバイスに現在接続されているアプリケーションをインストールするかどうか、およびインストール後に直ちにアプリケーションを実行するかどうかを指定できます。

アイコン設定

AIR for Android - アプリケーションとインストーラーの設定ダイアログボックスの「アイコン」タブでは、Android アプリケーションのアイコンを指定できます。アイコンは、アプリケーションをインストールし、AIR for Android ランタイムで実行すると表示されます。アイコンの現れる異なるビューに対して、アイコンに異なるサイズを指定できます。Android 用に選択するアイコンは、これらのサイズに厳密に従う必要はありません。

アイコンを指定するには、「アイコン」タブでアイコンのサイズをクリックしてから、そのサイズ用の画像ファイルを選択します。ファイルは PNG(Portable Network Graphics)形式である必要があります。

特定のアイコンサイズでない画像を指定した場合は、指定した画像のいずれかが Adobe AIR によって拡大/縮小され、システムにないアイコン画像が作成されます。

権限設定

「権限」タブでは、アプリケーションがデバイス上でアクセスできるサービスとデータを指定できます。

  • 権限を適用するには、そのチェックボックスを選択します。

  • 権限の詳細を参照するには、権限の名前をクリックします。詳細は権限リストの下に表示されます。

  • ダイアログボックスを使用しないで手動で権限を管理するには、「アプリケーション記述ファイルへの権限およびマニフェストの追加を手動で管理します」を選択します。

言語設定

言語ウィンドウでは、開発したアプリケーションを、アプリケーションストアやマーケットプレイスに公開するときに関連付ける言語を選択できます。言語を選択しておくと、その言語の Android オペレーティングシステムを使用しているユーザーが、アプリケーションをダウンロードできるようになります。ここで言語を設定しても、開発するアプリケーションのユーザーインターフェイスがその言語でローカライズされるだけで、それ以外の影響はありません。

ここで言語を選択しなかった場合には、全言語対応のアプリケーションがパブリッシュされます。このように設定すると、言語をいちいち選択する必要がなくなります。リストに表示される言語は、Adobe AIR でサポートされている言語です。Android では、さらに多くの言語がサポートされる可能性があります。

注意:

Air for Android では、次の 3 つの言語がサポートされます。

  • デンマーク語
  • ヘブライ語
  • ノルウェー語
アドビのロゴ

アカウントにログイン