Animate CC の選択ツールの使用方法

Animate CC では、ポインターツール、ダイレクト選択ツール、なげなわツールを使用してオブジェクトを選択できます。オブジェクトまたは線を選択すると、選択されたものがマーキーでハイライトされます。オブジェクトの線のみ、または塗りのみを選択することもできます。オブジェクトの編集中にハイライトがない状態を確認したいときは、選択のハイライトを非表示にできます。

ポインターツール、ダイレクト選択ツール、なげなわツール

なげなわツールのモード

ツール アイコン 説明
選択ツール(V) オブジェクト全体を選択するのに使用します。オブジェクトをクリックするか、オブジェクトの周囲に長方形の選択範囲を描くようにドラッグします。 
ダイレクト選択ツール(A) アニメーションのモーションパスを変形させるのに使用します。それぞれの位置プロパティキーフレームに対応するパスのコントロールポイントやベジェハンドルが表示されます。 
なげなわツール(L) オブジェクト上に不規則な選択範囲のアウトラインを作成するのに使用します。 
多角形ツール(L) 複数の連結した直線で選択範囲を定義するのに使用します。このツールを選択するには、なげなわツールのアイコンを長押しして、「多角形ツール」をクリックします。 
自動選択ツール(L) 同一または類似の色を含むビットマップグラフィックの領域を選択するのに使用します。このツールを選択するには、なげなわツールのアイコンを長押しして、「自動選択ツール」をクリックします。

オブジェクトの修正

オブジェクトを修正するには、まずそのオブジェクトを選択します。いくつかのオブジェクトをグループ化し、単一のオブジェクトとして扱うこともできます。線やシェイプを修正する際に、同じレイヤー上の他の線やシェイプを変更してしまう場合があります。関係のないグループやシンボルが選択されたり誤って変更されることを防ぐには、そのグループやシンボルをロックします。

オブジェクトのプロパティの修正

プロパティインスペクターを使用して、オブジェクトの線と塗りのプロパティを修正できます。オブジェクトを選択すると、プロパティインスペクターに次の要素が表示されます。

  • オブジェクトの線と塗り、オブジェクトのピクセル範囲、オブジェクトの変形点の x 座標と y 座標。
  • 混合選択内容(複数のアイテムを選択した場合)。選択されたアイテムのセットのピクセル範囲と x および y 座標。

選択ツールを使用したオブジェクトの選択

選択ツール では、オブジェクトをクリックするか、オブジェクトを囲むように長方形の選択マーキーをドラッグすることで、そのオブジェクト全体を選択できます。複数のインスタンス、グループおよびテキストブロックを選択するには、これらを囲む必要があります。

注意:

選択ツールを有効にするには、V キーを押すという方法もあります。別のツールを使用しているときに一時的に選択ツールに切り替えるには、Ctrl キー(Windows)、または Command キー(Mac OS)を押しながら操作します。詳しくは、キーボードショートカットを参照してください。

Shift キーによる追加選択を無効にするには、Animate の「環境設定」の「一般」タブでこのオプションをオフにします。Animate の環境設定を参照してください。

オブジェクトの選択

  • 線、塗り、グループ、インスタンスまたはテキストブロックを選択するには、オブジェクトをクリックします。
  • 結合した線を選択するには、いずれかの線をダブルクリックします。
  • 塗りつぶされたシェイプとそのアウトライン線を選択するには、塗りをダブルクリックします。
  • 長方形領域内のオブジェクトを選択するには、選択するオブジェクトの周りにマーキーをドラッグします。複数のオブジェクトを選択することもできます。
追加選択とすべて選択
  • 追加選択をおこなうには、Shift キーを押しながら、選択に追加するものを指定します。
  • シーンのすべてのレイヤー上にあるすべてのエレメントを選択するには、編集/すべて選択を選択するか、Ctrl+A キー(Windows)または Command+A キー(Mac OS)を押します。「すべて選択」では、ロックされたレイヤーや非表示のレイヤー、または現在のタイムライン上にないレイヤー上のオブジェクトは選択されません。
  • キーフレーム間の特定のレイヤー上にあるすべてのエレメントを選択するには、タイムライン内のフレームをクリックします。

すべて選択解除

すべてのレイヤー上のすべての選択を解除するには、編集/すべての選択を解除を選択するか、Ctrl + Shift + A キー(Windows)または Command + Shift + A キー(Mac OS)を押します。詳しくは、キーボードショートカットを参照してください。

個別アイテムの選択解除

選択したオブジェクトのグループから個別アイテムを選択解除するには、次の手順を実行します。

  1. 選択ツールを選択します。
  2. Shift キーを押し下げた状態で、
  3. 個別アイテムをクリックします。

任意の線、塗りまたは描画オブジェクトを選択解除できます。 

ロック/ロック解除

グループまたはシンボルをロックまたはロック解除するには、グループまたはシンボルを選択し、修正/重ね順/ロックを選択します。ロックされたすべてのグループとシンボルのロックを解除するには、修正/重ね順/すべてのロックを解除を選択します。

フリーハンドによる選択範囲の描画(なげなわツール)

なげなわツールを使用して、不規則な選択範囲のアウトラインを作成できます。ツールパネルのアイコンをクリックするか L キーを押してなげなわツールを選択し、選択しようとする描画オブジェクトの全体または一部を囲むようにドラッグします(どちらの方法でドラッグするかは環境設定に基づきます)。詳しくは、このページの選択の環境設定の編集の節を参照してください。

  1. なげなわツール を使用して、オブジェクトの領域を囲むようにドラッグします。オブジェクトの内側の円を選択するには、その円を囲むようにフリーハンドのなげなわツールをドラッグします。

  2. ドラッグを開始した位置の近くで描画を終了します。なげなわが完全に閉じていなくても、開いている部分が自動的につながります。選択範囲のアウトラインが閉じられ、選択したオブジェクトがハイライト表示されます。 

直線による選択範囲の描画(多角形のなげなわツール)

多角形モードのなげなわツールを使用すると、複数の連結した直線で選択範囲を定義できます。多角形モードを使用するには、なげなわツールのアイコンを長押しして、「多角形ツール」をクリックします。 

  1. ツールパネルのオプション領域で、なげなわツールの多角形モード を選択します。
  2. 始点を設定するために、オブジェクトをクリックします。 

  3. 最初の線を終了する位置にポインターを合わせてクリックします。同様にして、続きの直線セグメントの終点を設定していきます。

  4. 選択範囲を閉じるには、最後の位置でダブルクリックします。選択範囲のアウトラインが閉じられ、選択したオブジェクトがハイライト表示されます。 

フリーハンドと直線の両方による選択範囲の描画

なげなわツールとその多角形モードを使用すると、フリーハンドによる選択モードと直線による選択モードを切り替えることができます。

  1. なげなわツールの多角形モードの選択を解除します。
  2. フリーハンドのセグメントを描画するには、ステージ上でなげなわツールをドラッグします。
  3. 新しい直線セグメントの始点と終点を設定するには、Alt キー(Windows)または Option キー(Macintosh)を押し下げた状態で、目的の点をクリックします。 

    この手順を使用して、直線のセグメントを描画していきます。 

  4. 選択範囲を閉じるには、次のいずれかの操作をおこないます。
    • マウスボタンを放します。選択範囲が閉じられます。 

    • 選択範囲の線の始点をダブルクリックします。

選択状態のハイライトの非表示

アートワークの最終的な状態を確認するために、オブジェクトの選択および編集操作中にハイライトを非表示にできます。 

  1. 表示/選択状態を非表示を選択します。

選択状態のハイライトを表示するには、「選択状態を非表示」オプションを再度選択します。

選択オブジェクトの境界ボックスの色の変更

ステージ上で選択したオブジェクトの周囲に表示される境界ボックスの色をカスタマイズできます。

  1. 編集/環境設定(Windows)または Animate/環境設定(Mac OS)を選択します。

  2. 「一般」カテゴリをクリックします。
  3. 「ハイライトカラー」セクションで、オブジェクトの種類ごとに色を選択して「OK」をクリックします。

選択の環境設定の編集

ポインターツール、ダイレクト選択ツールおよびなげなわツールでは、オブジェクトをクリックして選択します。ポインターツールおよびダイレクト選択ツールでは、オブジェクトの周囲にある長方形の選択マーキーをドラッグしてオブジェクトを選択します。なげなわツールでは、オブジェクトの周囲にあるフリー選択マーキーをドラッグしてオブジェクトを選択します。オブジェクトを選択すると、オブジェクト周囲に長方形のボックスが表示されます。

  1. 編集/環境設定(Windows)または Animate/環境設定(Mac OS)を選択します。

  2. 環境設定ダイアログボックスの「一般」カテゴリで、次のいずれかの操作をします。
    • 囲まれたオブジェクトとポイントのみが選択されるようにするには、「選択ツールとなげなわツール - 一部を囲むと全体を選択」を選択解除します。こうすると、選択範囲内にあるポイントが選択されます。

    • 部分的に囲まれたオブジェクトまたはグループが選択されるようにするには、「選択ツールとなげなわツール - 一部を囲むと全体を選択」を選択します。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー