Animate で Flash CS6 ファイルを開く

  1. Adobe Animate ユーザーガイド
  2. Animate の概要
    1. Animate の新機能
    2. ビジュアル用語集
    3. Animate の必要システム構成
    4. Animate キーボードショートカット
    5. Animate での複数のファイルタイプの取り扱い
  3. アニメーション
    1. Animate のアニメーションの基本
    2. Animate でフレームとキーフレームを使用する方法
    3. Animate でのフレームアニメーション
    4. Animate でのクラシックトゥイーンアニメーションの操作
    5. ブラシツール
    6. モーションガイド
    7. モーショントゥイーンと ActionScript 3.0
    8. モーショントゥイーンアニメーションについて
    9. モーショントゥイーンアニメーション
    10. モーショントゥイーンアニメーションの作成
    11. プロパティキーフレームの使用
    12. トゥイーンを使用した位置のアニメーション化
    13. モーションエディターを使用したモーショントゥイーンの編集
    14. トゥイーンアニメーションのモーションパスの編集
    15. モーショントゥイーンの操作
    16. カスタムイージングの追加
    17. モーションプリセットの作成と適用
    18. アニメーションのトゥイーンスパンの設定
    19. XML ファイルとして保存したモーショントゥイーンの操作
    20. モーショントゥイーンとクラシックトゥイーン
    21. シェイプトゥイーン
    22. Animate のボーンツールアニメーションの使用
    23. Animate でのキャラクターリグの操作
    24. Adobe Animate でのマスクレイヤーの使用
    25. Animate でのシーンの操作
  4. インタラクティブ機能
    1. Animate でのボタンの作成
    2. 他のドキュメントタイプ形式への Animate プロジェクトの変換
    3. Animate での HTML5 Canvas ドキュメントの作成およびパブリッシュ
    4. Animate のコードスニペットを使用したインタラクティブ機能の追加
    5. カスタム HTML5 コンポーネントの作成
    6. HTML5 Canvas でのコンポーネントの使用
    7. カスタムコンポーネントの作成例
    8. カスタムコンポーネントのコードスニペット
    9. ベストプラクティス - Animate を使用した広告
    10. バーチャルリアリティの作成と公開
  5. ワークスペースとワークフロー
    1. ペイントブラシの作成と管理
    2. HTML5 Canvas ドキュメントでの Google フォントの使用
    3. Creative Cloud ライブラリと Adobe Animate の使用
    4. Animate のステージとツールパネルの使用
    5. Animate ワークフローとワークスペース
    6. HTML5 Canvas ドキュメントでの Web フォントの使用
    7. タイムラインと ActionScript
    8. 複数のタイムラインの操作
    9. 環境設定
    10. Animate オーサリングパネルの使用
    11. Animate でのタイムラインレイヤーの作成
    12. モバイルアプリおよびゲームエンジン用アニメーションの書き出し
    13. オブジェクトの移動とコピー
    14. テンプレート
    15. Animate での検索と置換
    16. 取り消し、やり直し、ヒストリーパネル
    17. キーボードショートカット
    18. Animate でのタイムラインの使用
    19. HTML 拡張機能の作成
    20. 画像とアニメーション GIF の最適化オプション
    21. 画像および GIF の書き出し設定
    22. Animate のアセットパネル
  6. マルチメディアとビデオ
    1. Animate のグラフィックオブイジェクトの変形と組み合わせ
    2. Animate でのシンボルインスタンスの作成と操作
    3. 画像トレース
    4. Adobe Animate でのサウンドの使用方法
    5. SVG ファイルの書き出し
    6. Animate で使用するビデオファイルの作成
    7. Animate にビデオを追加する方法
    8. ビデオのキューポイントの操作
    9. Animate でのオブジェクトの描画および作成
    10. 線とシェイプの変更
    11. Animate CC での線、塗り、グラデーション
    12. Adobe Premiere Pro と After Effects の使用
    13. Animate CC のカラーパネル
    14. Animate で Flash CS6 ファイルを開く
    15. Animate でのクラシックテキストの操作
    16. Animate へのアートワークの挿入
    17. Animate に読み込まれたビットマップ
    18. 3D グラフィック
    19. Animate でのシンボルの操作
    20. Adobe Animate での線とシェイプの描画
    21. Animate でのライブラリの使用
    22. サウンドの書き出し
    23. Animate CC でのオブジェクトの選択
    24. Animate での Illustrator AI ファイルの操作
    25. スプレーブラシツールでのパターンの適用
    26. ブレンドモードの適用
    27. オブジェクトの配置
    28. コマンドメニューを使用したタスクの自動化
    29. 多言語テキスト
    30. Animate でのカメラの使用
    31. Adobe Scout での Animate の使用
    32. Fireworks ファイルの作業
    33. グラフィックフィルター
    34. サウンドと ActionScript
    35. 描画の環境設定
    36. ペンツールを使用した描画
  7. プラットフォーム
    1. 他のドキュメントタイプ形式への Animate プロジェクトの変換
    2. カスタムプラットフォームサポート
    3. Animate での HTML5 Canvas ドキュメントの作成およびパブリッシュ
    4. WebGL ドキュメントの作成とパブリッシュ
    5. AIR for iOS 用アプリケーションのパッケージ化
    6. AIR for Android アプリケーションのパブリッシュ
    7. デスクトップ用 Adobe AIR のパブリッシュ
    8. ActionScript パブリッシュ設定
    9. ベストプラクティス - アプリケーションでの ActionScript の整理
    10. Animate での ActionScript の使用
    11. ベストプラクティス - アクセシビリティガイドライン
    12. Animate ワークスペースのアクセシビリティ
    13. スクリプトの記述と管理
    14. カスタムプラットフォームサポートの有効化
    15. カスタムプラットフォームサポートの概要
    16. アクセシビリティコンテンツの作成
    17. カスタムプラットフォームサポートプラグインの操作
    18. ActionScript 3.0 のデバッグ
    19. カスタムプラットフォームサポートの有効化
  8. 書き出しとパブリッシュ
    1. Animate CC からファイルを書き出す方法
    2. OAM パブリッシング
    3. SVG ファイルの書き出し
    4. Animate によるグラフィックとビデオの書き出し
    5. AS3 ドキュメントのパブリッシュ
    6. モバイルアプリおよびゲームエンジン用アニメーションの書き出し
    7. サウンドの書き出し
    8. QuickTime ビデオファイルの書き出し
    9. ActionScript を使用した外部ビデオ再生の制御
    10. ベストプラクティス - モバイルデバイス向けのコンテンツ作成のヒント
    11. ベストプラクティス - ビデオ規則
    12. ベストプラクティス - SWF アプリケーションのオーサリングガイドライン
    13. ベストプラクティス - FLA ファイルの構造化
    14. FLA ファイルを Animate 向けに最適化するベストプラクティス
    15. ActionScript パブリッシュ設定
    16. Animate のパブリッシュ設定の指定
    17. プロジェクターファイルの書き出し
    18. 画像とアニメーション GIF の書き出し
    19. HTML パブリッシュ用テンプレート
    20. Adobe Premiere Pro と After Effects の使用
    21. アニメーションのクイック共有とパブリッシュ

CS5 での導入時と同様に、Animate でも引き続き XFL ファイル形式がサポートされます。圧縮された .fla と圧縮されていない .xfl の両方のファイルタイプがサポートされます。また、以前のすべてのバージョンの Animate で保存されたファイルを開くこともできます。開くことができるファイルタイプは、CS5.5 や CS6 で保存された XFL ファイルだけでなく、CS4 以前のバージョンで保存された「バイナリ」の .fla ファイルも対象となります。

ファイルを保存するとき、Animate では引き続き、Animate ドキュメント(.fla)や圧縮されていないドキュメント(.xfl)として保存するためのオプションを使用できます。保存された XFL ファイルには、Animate のファイルバージョンであることを示すスタンプが内部的に設定されます。また、CS5.5 およびそれ以降のリリースでは、XFL ファイルの「将来の」バージョンを開くことができるため、CS5.5 と CS6 でも Animate ファイルを開くことができます。したがって、「タイプを指定して保存」ドロップダウンリストには、明示的に Animate の以前のバージョンとして保存するためのオプションがありません。

また、以下に説明するように、一部の機能が Animate では使用されなくなりました。このことは、Animate の以前のバージョンで作成されたファイルに影響する場合があります。これらのファイルを Animate で開く場合は、Animate の以前のバージョンを使用してファイルを変更する必要があります。

削除された機能を使用して作成されたコンテンツの変換

Animate の以前のバージョンで既に保存されているファイルを開くとき、Animate ではサポートされていない機能が必要になる場合があります。また、そのことを示す警告が表示されます。そのファイルを変換して引き続き使用する場合は、Animate によって、使用されなくなったコンテンツがサポート対象のコンテンツタイプに自動的に変換されます。Animate では、このような状況が発生すると警告が表示され、別のファイル名で保存することができます。これにより、元のファイルのアーカイブコピーを元のコンテンツを損なわずに保存することができます。

使用されなくなった機能を変換するとき、Animate では元のコンテンツが明示的に保持されます。ただし変換後、元のコンテンツで利用できた一部の機能が使用できなくなる可能性があります。

  1. インバースキネマティックはフレームアニメーションに変換される
  2. TLF テキストは静的なクラシックテキストに変換される。Animate に読み込む場合、PSD ファイルや AI ファイルに埋め込まれた TLF テキストもクラシックテキストに変換されます。
  3. ActionScript 1/ActionScript 2:
    1. パブリッシュ設定のデフォルトが ActionScript 3 に設定されます
    2. ステージ上のすべてのインスタンスに付加されている AS2 コードが削除されます(インスタンス上のアクションは AS3 ではサポートされていない)
    3. AS2 コンポーネントはプレースホルダーとして扱われますが、ステージ上の新しいコンテンツの作成には使用できません。また、AS2 コンポーネントによって AS3 でコンパイルエラーが発生します。
注意:

Animate では、スキャンを行ってから、以前のファイルに含まれている使用されなくなったコンテンツを変換するので、以前のバージョンの Animate で保存したファイルを開くときに遅延が発生する場合があります。今後の使用でこの遅延が発生しないようにするには、Animate を使用してファイルを再度保存してください。ファイルにスタンプが設定されると、対象のファイルに対して、このスキャンと変換は実行されなくなります。これにより、ファイルをより速く開くことができます。

注意:

Animate では SWC ファイルの読み込みはサポートされません。

アドビのロゴ

アカウントにログイン