オブジェクトの積み重ね

レイヤー内では、オブジェクトが作成順に積み重ねられます。最も新しく作成されたオブジェクトがスタック(レイヤー上で積み重ねられたオブジェクトのグループ)の一番上に置かれます。オブジェクトの重ね順によって、重なったオブジェクトがどのように表示されるかが決まります。オブジェクトの重ね順はいつでも変更できます。

一方、グループ化あるいはシンボル化されていない線とシェイプは、常にグループとシンボルの下に表示されます。スタック内でこれらの線とシェイプを上に移動するには、グループ化するか、シンボルに変換する必要があります。

レイヤーも重ね順に影響します。例えば、レイヤー 2 上のすべてのエレメントは、レイヤー 1 上のすべてのエレメントの前面に表示されます。レイヤーの順序を変更するには、タイムライン上のレイヤー名を新しい位置にドラッグします。

  1. 対象のオブジェクトを選択します。
  2. 次のいずれかの操作を行います。
    • オブジェクトまたはグループを重ね順の 1 番上または 1 番下に移動するには、修正/重ね順/最前面へまたは修正/重ね順/最背面へを選択します。

    • オブジェクトまたはグループを重ね順の 1 つ前面または背面に移動するには、修正/重ね順/ひとつ前面へまたは修正/ 重ね順/ひとつ背面へを選択します。

複数のグループを選択した場合は、それらのグループが相対順序を維持しながら、選択されていないグループの前面または背面に移動します。

オブジェクトの整列

整列パネルでは、選択したオブジェクトを水平軸または垂直軸に沿って整列させることができます。垂直方向の場合は選択したオブジェクトの右端、中央、または左端に沿って、水平方向の場合は選択したオブジェクトの上端、中央、または下端に沿って、それらのオブジェクトを整列させることができます。

Animate のレイアウトツールに関するチュートリアルについては、Animate のチュートリアルページを参照してください。

  1. 整列させるオブジェクトを選択します。
  2. ウィンドウ/整列を選択します。
  3. ステージのサイズに合わせてオブジェクトの整列を修正するには、整列パネルで「ステージを基準」を選択します。
  4. 選択したオブジェクトを修正するには、整列ボタンを選択します。

オブジェクトのグループ化

複数のエレメントを単一のオブジェクトとして扱うには、それらのエレメントをグループ化します。例えば、描画を作成した後でその描画のエレメントをグループ化すると、描画全体を簡単に選択および移動できます。

グループを選択すると、プロパティインスペクターにはグループの x 座標と y 座標、およびピクセルサイズが表示されます。

グループは、グループ化したまま編集することができます。また、グループ化したままで、グループ内のオブジェクトを個別に選択して編集することもできます。

  1. グループ化するオブジェクトを選択します。シェイプ、その他のグループ、シンボル、テキストなどを選択できます。
    • オブジェクトをグループ化するには、修正/グループを選択するか、Ctrl + G キー(Windows)または Command + G キー(Mac OS)を押します。

    • オブジェクトをグループ解除するには、修正/グループ解除を選択するか、Ctrl + Shift + G キー(Windows)または Command + Shift + G キー(Mac OS)を押します。

グループまたはグループ内のオブジェクトの編集

  1. グループを選択し、編集/選択範囲を編集を選択するか、選択ツールでグループをダブルクリックします。

    グループに属さないすべてのエレメントはページ上で淡色表示されます。グループ外のエレメントにはアクセスできません。

  2. グループ内のエレメントを編集します。
  3. 編集/すべてを編集を選択するか、選択ツールでステージ上の空白部分をダブルクリックします。

    グループが単一のエレメントに戻され、ステージ上の他のエレメントを操作できるようになります。

グループとオブジェクトの分解

グループ、インスタンス、およびビットマップを、グループ化されていない編集可能なエレメントに分離するには、それらを分解する必要があります。分解すると、読み込まれるグラフィックのファイルサイズが格段に小さくなります。

グループまたはオブジェクトの分解直後に編集/取り消しを選択できますが、分解前と完全に同じ状態に戻すことはできません。この操作は、オブジェクトに次のような影響を与えます。

  • シンボルインスタンスのリンクが、マスターシンボルから切断されます。

  • アニメーション化されたシンボル内の現在のフレームを除くすべてが破棄されます。

  • ビットマップが塗りに変換されます。

  • テキストブロックに対して分解を実行した場合は、各文字が個別のテキストブロックに分割されます。

  • さらに、1 つの文字に対して分解を実行した場合は、その文字がアウトラインに変換されます。

    「分解」コマンドを「グループ解除」コマンドと混同しないようにしてください。「グループ解除」コマンドは、オブジェクトのグループ化を解除して、グループ化されていたエレメントをグループ化される前の状態に戻します。このコマンドでは、ビットマップ、インスタンス、またはテキストの分解や、テキストからアウトラインへの変換は実行されません。

  1. 分解するグループ、ビットマップ、またはシンボルを選択します。
  2. 修正/分解を選択します。

注意:

アニメーション化されたシンボルやトゥイーンアニメーション内のグループの分解は、予期しない結果を生む可能性があるのでお勧めしません。また、複雑なシンボルや大きなテキストブロックの分解には、時間がかかることがあります。複雑なオブジェクトを適切に分解するために、アプリケーションのメモリ割り当て量を増やさなければならない場合もあります。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー