マニュアル キャンセル

Animate での複数のファイルタイプの取り扱い

  1. Adobe Animate ユーザーガイド
  2. Animate の概要
    1. Animate の新機能
    2. ビジュアル用語集
    3. Animate の必要システム構成
    4. Animate キーボードショートカット
    5. Animate での複数のファイルタイプの取り扱い
  3. アニメーション
    1. Animate のアニメーションの基本
    2. Animate でフレームとキーフレームを使用する方法
    3. Animate でのフレームアニメーション
    4. Animate でのクラシックトゥイーンアニメーションの操作
    5. ブラシツール
    6. モーションガイド
    7. モーショントゥイーンと ActionScript 3.0
    8. モーショントゥイーンアニメーションについて
    9. モーショントゥイーンアニメーション
    10. モーショントゥイーンアニメーションの作成
    11. プロパティキーフレームの使用
    12. トゥイーンを使用した位置のアニメーション化
    13. モーションエディターを使用したモーショントゥイーンの編集
    14. トゥイーンアニメーションのモーションパスの編集
    15. モーショントゥイーンの操作
    16. カスタムイージングの追加
    17. モーションプリセットの作成と適用
    18. アニメーションのトゥイーンスパンの設定
    19. XML ファイルとして保存したモーショントゥイーンの操作
    20. モーショントゥイーンとクラシックトゥイーン
    21. シェイプトゥイーン
    22. Animate のボーンツールアニメーションの使用
    23. Animate でのキャラクターリグの操作
    24. Adobe Animate でのマスクレイヤーの使用
    25. Animate でのシーンの操作
  4. インタラクティブ機能
    1. Animate でのボタンの作成
    2. 他のドキュメントタイプ形式への Animate プロジェクトの変換
    3. Animate での HTML5 Canvas ドキュメントの作成およびパブリッシュ
    4. Animate のコードスニペットを使用したインタラクティブ機能の追加
    5. カスタム HTML5 コンポーネントの作成
    6. HTML5 Canvas でのコンポーネントの使用
    7. カスタムコンポーネントの作成例
    8. カスタムコンポーネントのコードスニペット
    9. ベストプラクティス - Animate を使用した広告
    10. バーチャルリアリティの作成と公開
  5. ワークスペースとワークフロー
    1. ペイントブラシの作成と管理
    2. HTML5 Canvas ドキュメントでの Google フォントの使用
    3. Creative Cloud ライブラリと Adobe Animate の使用
    4. Animate のステージとツールパネルの使用
    5. Animate ワークフローとワークスペース
    6. HTML5 Canvas ドキュメントでの Web フォントの使用
    7. タイムラインと ActionScript
    8. 複数のタイムラインの操作
    9. 環境設定
    10. Animate オーサリングパネルの使用
    11. Animate でのタイムラインレイヤーの作成
    12. モバイルアプリおよびゲームエンジン用アニメーションの書き出し
    13. オブジェクトの移動とコピー
    14. テンプレート
    15. Animate での検索と置換
    16. 取り消し、やり直し、ヒストリーパネル
    17. キーボードショートカット
    18. Animate でのタイムラインの使用
    19. HTML 拡張機能の作成
    20. 画像とアニメーション GIF の最適化オプション
    21. 画像および GIF の書き出し設定
    22. Animate のアセットパネル
  6. マルチメディアとビデオ
    1. Animate のグラフィックオブイジェクトの変形と組み合わせ
    2. Animate でのシンボルインスタンスの作成と操作
    3. 画像トレース
    4. Adobe Animate でのサウンドの使用方法
    5. SVG ファイルの書き出し
    6. Animate で使用するビデオファイルの作成
    7. Animate にビデオを追加する方法
    8. ビデオのキューポイントの操作
    9. Animate でのオブジェクトの描画および作成
    10. 線とシェイプの変更
    11. Animate CC での線、塗り、グラデーション
    12. Adobe Premiere Pro と After Effects の使用
    13. Animate CC のカラーパネル
    14. Animate で Flash CS6 ファイルを開く
    15. Animate でのクラシックテキストの操作
    16. Animate へのアートワークの挿入
    17. Animate に読み込まれたビットマップ
    18. 3D グラフィック
    19. Animate でのシンボルの操作
    20. Adobe Animate での線とシェイプの描画
    21. Animate でのライブラリの使用
    22. サウンドの書き出し
    23. Animate CC でのオブジェクトの選択
    24. Animate での Illustrator AI ファイルの操作
    25. スプレーブラシツールでのパターンの適用
    26. ブレンドモードの適用
    27. オブジェクトの配置
    28. コマンドメニューを使用したタスクの自動化
    29. 多言語テキスト
    30. Animate でのカメラの使用
    31. Adobe Scout での Animate の使用
    32. Fireworks ファイルの作業
    33. グラフィックフィルター
    34. サウンドと ActionScript
    35. 描画の環境設定
    36. ペンツールを使用した描画
  7. プラットフォーム
    1. 他のドキュメントタイプ形式への Animate プロジェクトの変換
    2. カスタムプラットフォームサポート
    3. Animate での HTML5 Canvas ドキュメントの作成およびパブリッシュ
    4. WebGL ドキュメントの作成とパブリッシュ
    5. AIR for iOS 用アプリケーションのパッケージ化
    6. AIR for Android アプリケーションのパブリッシュ
    7. デスクトップ用 Adobe AIR のパブリッシュ
    8. ActionScript パブリッシュ設定
    9. ベストプラクティス - アプリケーションでの ActionScript の整理
    10. Animate での ActionScript の使用
    11. ベストプラクティス - アクセシビリティガイドライン
    12. Animate ワークスペースのアクセシビリティ
    13. スクリプトの記述と管理
    14. カスタムプラットフォームサポートの有効化
    15. カスタムプラットフォームサポートの概要
    16. アクセシビリティコンテンツの作成
    17. カスタムプラットフォームサポートプラグインの操作
    18. ActionScript 3.0 のデバッグ
    19. カスタムプラットフォームサポートの有効化
  8. 書き出しとパブリッシュ
    1. Animate CC からファイルを書き出す方法
    2. OAM パブリッシング
    3. SVG ファイルの書き出し
    4. Animate によるグラフィックとビデオの書き出し
    5. AS3 ドキュメントのパブリッシュ
    6. モバイルアプリおよびゲームエンジン用アニメーションの書き出し
    7. サウンドの書き出し
    8. QuickTime ビデオファイルの書き出し
    9. ActionScript を使用した外部ビデオ再生の制御
    10. ベストプラクティス - モバイルデバイス向けのコンテンツ作成のヒント
    11. ベストプラクティス - ビデオ規則
    12. ベストプラクティス - SWF アプリケーションのオーサリングガイドライン
    13. ベストプラクティス - FLA ファイルの構造化
    14. FLA ファイルを Animate 向けに最適化するベストプラクティス
    15. ActionScript パブリッシュ設定
    16. Animate のパブリッシュ設定の指定
    17. プロジェクターファイルの書き出し
    18. 画像とアニメーション GIF の書き出し
    19. HTML パブリッシュ用テンプレート
    20. Adobe Premiere Pro と After Effects の使用
    21. アニメーションのクイック共有とパブリッシュ

Animate ファイルについて

Animate ではさまざまなファイルタイプを扱うことができます。各ファイルタイプには、次のようにそれぞれ異なる用途があります。

  • FLA ファイルは、Animate で扱う主要なファイルです。Animate ドキュメントの基本メディア、タイムライン、およびスクリプトの情報を含んでいます。メディアオブジェクトは、Animate ドキュメントのコンテンツを構成するグラフィックオブジェクト、テキストオブジェクト、サウンドオブジェクト、およびビデオオブジェクトです。タイムラインは、特定のメディアオブジェクトをステージに表示するタイミングを Animate で指定する場所です。ActionScript® コードは、Animate ドキュメントの動作をより細かく制御するためや、ユーザーのインタラクションに応答するために、Animate ドキュメントに追加できます。

  • 非圧縮 XFL ファイルは FLA ファイルとよく似ています。XFL ファイルおよび同じフォルダーに格納されている関連ファイルは、単に圧縮されていない FLA ファイルと見なすこともできます。XFL 形式を使用することで、Animate プロジェクト内の様々なエレメントに対して、ユーザーのグループが同時に作業しやすくなります。詳しくは、非圧縮 XFL ファイルの操作を参照してください。

  • SWF ファイルは、FLA ファイルをコンパイルしたもので、Web ページ上に表示するために使用します。FLA ファイルをパブリッシュする際には、Animate によって SWF ファイルが作成されます。

    Animate SWF ファイル形式は、オープンスタンダードなので、他のアプリケーションでも再生できます。Animate ファイル形式について詳しくは、www.adobe.com/go/flashplayer_jp を参照してください。

  • AS ファイルは ActionScript ファイルです。これらを使用して、ActionScript コードの一部または全部を FLA ファイルの外部に保持できます。これは、コードの整理や、複数の開発者が異なる部分の Animate コンテンツを担当するプロジェクトの作業に役立ちます。

  • SWC ファイルには、再利用可能な Animate コンポーネントが含まれています。各 SWC ファイルには、コンパイルされたムービークリップ、ActionScript コード、およびコンポーネントに必要な他のアセットが含まれています。 メモ:SWC ファイルは Animate に読み込めません。
  • ASC ファイルは、Adobe Media Server を実行するコンピューター上で動作する ActionScript を格納するために使用します。このファイルを使用して、SWF ファイル内の ActionScript ファイルと連携するサーバーサイドのロジックを実装できます。メモ:ASC ファイルは Animate ではサポートされません。
  • JSFL ファイルは、JavaScript ファイルです。このファイルを使用して、Animate オーサリングツールに新しい機能を追加できます。
  • APR ファイルにより、HTML5 Canvas パブリッシュテンプレートをパブリッシュプロファイル設定と一緒にバンドルすることが可能になりました。今後は、パブリッシュプロファイルにリンクされる新しいアセットもすべて同様にバンドルおよび共有されることになります。詳しくは、パブリッシュ設定を参照してください。

 

Animate とは

アドビ システムズ社

次のチュートリアルでは、Animate/Flash Pro の操作方法を説明します。

他の Adobe アプリケーションとの併用

Animate は他の Adobe® アプリケーションと連携することで、幅広いクリエイティブワークフローを使用できるようになっています。Illustrator® と Photoshop® のファイルは Animate に直接読み込むことができます。また、Animate で作成したビデオを Adobe® Premiere® Pro や After Effects® で編集したり、Premiere Pro や After Effects から Animate にビデオを読み込んだりすることもできます。SWF ファイルをパブリッシュするときには、Dreamweaver® を使用してコンテンツを Web ページに埋め込み、Dreamweaver 内から直接 Animate を起動してコンテンツを編集できます。

XFL ファイルを開く

Animate からは、作成する FLA ファイルの内部形式が XFL になりました。Animate でファイルを保存するときのデフォルト形式は FLA ですが、そのファイルの内部形式は XFL になっています。

その他の Adobe® アプリケーション(After Effects® など)では、XFL 形式のファイルを書き出すことができます。それらのファイルには、FLA ではなく XFL のファイル拡張子が付加されます。InDesign® では、FLA 形式(内部 XFL 形式)のファイルを直接に書き出すことができます。これにより、まず After Effects または InDesign 上でプロジェクトの作業を進めてから、Animate 上で残りの作業を続けることができます。

Animate では、FLA ファイルを開くのと同じ手順で XFL ファイルを開いて操作できます。Animate で開いた XFL ファイルは、FLA ファイル、または非圧縮の XFL 形式ファイルとして保存できます。

Animate で XFL ファイルを開くには:

  1. InDesign や After Effects などの他の Adobe® アプリケーションで作業内容を XFL ファイルとして書き出します。

    他の Adobe アプリケーションは元のファイルのレイヤーとオブジェクトすべてを XFL ファイルに保持しています。

  2. Animate で、ファイル/開くを選択してから XFL ファイルを検索して選択します。「開く」をクリックします。

    Animate では、XFL ファイルを FLA ファイルと同様に開くことができます。元のファイルのすべてのレイヤーがタイムラインに表示され、元のオブジェクトがライブラリパネルに表示されます。

    これでファイルを正常に操作できるようになります。

  3. ファイルを保存するには、ファイル/保存を選択します。

    Animate により、名前を付けて保存ダイアログボックスで新しい FLA ファイルに名前を付けるよう求めるメッセージが表示されます。

  4. 名前を入力して FLA ファイルを保存します。

非圧縮 XFL ファイルの操作

Animate からは、圧縮されていない XFL 形式の Animate ファイルを扱えるようになりました。非圧縮 XFL 形式を使用すると、Animate ファイルを構成する個別の各パーツ(サブファイル)を表示できます。このようなパーツには次のものがあります。

  • Animate ファイル全体について記述する 1 つの XML ファイル。

  • 各ライブラリシンボルを記述するための個別の XML ファイル。

  • パブリッシュ設定やモバイル設定などを含む追加の XML ファイル。

  • Animate ファイルで使用される外部アセット(ビットマップファイルなど)を含むフォルダー。

非圧縮 XFL 形式で操作することによって、Animate ファイルの各パーツを、異なるユーザーが個別に機能させることが可能になります。また、ソースコントロールシステムを使用して、非圧縮 XFL ファイル内にある各サブファイルに対する変更を管理することもできます。これらの機能を組み合わせることで、複数のデザイナーや開発者が関与する大規模なプロジェクトで、共同作業をより簡単に行うことができるようになります。

XFL ファイルでのライブ更新の使用

非圧縮 XFL ドキュメントの編集可能なアセットに対してライブ更新を使用すると、Animate でドキュメントを開いているときに、非圧縮 XFL ドキュメントのライブラリアセットを編集できます。アセットに対する変更は、他のアプリケーションでアセットの編集が終了すると、Animate に反映されます。

他のアプリケーションで非圧縮 XFL ドキュメントのアセットを編集するには:

  1. Animate ドキュメントを非圧縮 XFL 形式で保存します。

  2. Photoshop などの適切なエディターで、非圧縮 XFL ドキュメントの LIBRARY フォルダーから、編集するアセットを開きます。

  3. アセットを編集し、変更を保存します。

  4. Animate に戻ります。

    アセットに対する変更内容が、Animate に直ちに反映されます。

Dreamweaver の SWF ファイルを Animate で編集する 

Animate と Dreamweaver の両方がインストールされている場合は、Dreamweaver ドキュメントで SWF ファイルを選択し、Animate を使用してそのファイルを編集できます。Animate では、SWF ファイルを直接編集するわけではなく、ソースドキュメント(FLA ファイル)を編集して、再度 SWF ファイルに書き出します。

  1. Dreamweaver でプロパティインスペクターを開きます(ウィンドウ/プロパティ)。
  2. Dreamweaver ドキュメント内で、次のいずれかの操作を行います。
    • SWF ファイルプレースホルダーをクリックして選択します。次に、プロパティインスペクターの「編集」をクリックします。

    • SWF ファイルのプレースホルダーを右クリック(Windows)または Control キーを押しながらクリック(Mac OS)し、コンテキストメニューの「Animate で編集」を選択します。

      Dreamweaver が Animate にフォーカスを切り替えます。Animate は、選択された SWF ファイルの Animate オーサリングファイル(FLA)を見つけようとします。Animate が Animate オーサリングファイルを見つけられない場合、その場所の指定を求めるメッセージが表示されます。

       FLA ファイルまたは SWF ファイルがロックされている場合は、Dreamweaver でファイルをチェックアウトしてください。

  3. Animate で FLA ファイルを編集します。Animate ドキュメントウィンドウに、Dreamweaver 内からファイルを編集していることが示されます。

  4. 編集作業が完了したら、「終了」をクリックします。

    Animate が FLA ファイルを更新し、そのファイルを SWF ファイルに再度書き出して終了します。すると、Dreamweaver ドキュメントにフォーカスが戻ります。

     SWF ファイルを更新し、Animate を開いたままにしておく場合は、Animate でファイル/Dreamweaver で更新を選択します。

  5. 更新された SWF ファイルをドキュメントに表示するには、プロパティインスペクターの「再生」をクリックするか、F12 キーを押します。ブラウザーウィンドウでページをプレビューできます。

新規ドキュメントの作成

Animate では、新規ドキュメントを作成したり、以前に保存したドキュメントを開いたりすることや、作業を進めながら新しいウィンドウを開くことができます。プロパティは新規のドキュメントにも既存のドキュメントにも設定できます。

任意のインテントを使用してアニメーションの保存先を選択でき、プリセット形式を使用できます。「キャラクターアニメーション」、「ソーシャル」、「ゲーム」、「教育」、「広告」、「Web」、「詳細」など、起動画面の上部にあるタブからインテントを選択します。

各インテントに適したプリセットを選択し、「作成」をクリックしてアニメーションの作成を開始します。左側のパネルには、最近使用したアセットを表示できます。サンプルアセットは、起動画面の下部に表示されます。

新しいドキュメントの作成

  1. ファイル/新規を選択します。

    新しいドキュメント
    新しいドキュメント

  2. 「キャラクターアニメーション」、「ソーシャル」、「ゲーム」、「教育」、「広告」、「Web」、「詳細」など、起動画面の上部にあるタブからインテントを選択します。

  3. 各インテントに適切なプリセットを選択して、「作成」をクリックします。

    また、ドキュメントの設定を選択することもできます。新規または既存のドキュメント用のプロパティ設定を参照してください。

Animate でのドキュメントタイプの使用

Animate での HTML 5、WegGl、GLTF、360 度、パノラマなど様々な種類へのドキュメントの変換は、2 回クリックするだけです。ビデオを変換して、様々なオプションで、様々なプラットフォームで表示したい場合は、この例の最後にあるチュートリアルを参照して、次の手順に従ってください。

  1. ホームページで、「詳細」タブをクリックします。

  2. 様々なプラットフォームでドキュメントを使用するためのオプションを表示します。

  3. ファイル/変換をクリックして、必要なオプションを選択します。

Animate でのドキュメントタイプの使用方法

各機能の特性について詳しくは、このビデオをご覧ください。

テンプレートからの新規ドキュメント作成

  1. ファイル/テンプレートから新規を選択します。

    テンプレートから新規作成ダイアログ
    テンプレートから新規作成ダイアログ

  2. 「カテゴリ」リストからカテゴリを選択し、「カテゴリ項目」リストからテンプレートを選択して「OK」をクリックします。Animate に付属の標準テンプレートを選択することも、保存しておいた他のテンプレートを開くこともできます。

既存のドキュメントを開く

  1. ファイル/開くを選択します。

  2. 開くダイアログボックスでファイルを選択するか、「ファイル名」ボックスにファイルへのパスを入力します。
  3. 「開く」をクリックします。

複数のドキュメントを開いているときに 1 つのドキュメントを表示

複数のドキュメントを開いた場合、ドキュメントウィンドウの上部にあるタブで開いているドキュメントがわかるので、ドキュメント間を簡単に移動できます。タブは、ドキュメントウィンドウでドキュメントが最大化されている場合にのみ表示されます。

  1. 表示したいタブをクリックします。

    デフォルトでは、タブはドキュメントが作成された順に表示されます。ドキュメントタブをドラッグすると、タブの順番を変更できます。

現在のドキュメントで新規ウィンドウを開く

  1. ウィンドウ/ウィンドウの複製を選択します。

新規または既存のドキュメント用のプロパティ設定

  1. ドキュメントを開いて、修正/ドキュメントを選択します。

    ドキュメント設定ダイアログボックスが表示されます。

  2. ステージのサイズを設定するには、次のいずれかの操作を行います。
    • ステージサイズをピクセル単位で指定するには、「幅」と「高さ」ボックスに数値を入力します。最小サイズは 1 × 1 ピクセル、最大サイズは 2,880 × 2,880 ピクセルです。

    • ステージサイズを、ステージの内容が占めている領域とちょうど同じ大きさにするには、「サイズを合わせる」の「内容」オプションをクリックします。

    • ステージサイズを最大プリント範囲と同じ大きさに設定するには、「サイズを合わせる」の「プリンター」をクリックします。このときの最大プリント範囲とは、ページ設定ダイアログボックス(Windows)またはプリントマージンダイアログボックス(Mac OS)の「余白」あるいは「マージン」で現在選択されているマージンを、用紙サイズから引いた大きさです。

    • ステージサイズをデフォルトの 550 × 400 ピクセルに設定するには、「サイズを合わせる」の「デフォルト」をクリックします。

  3. フレームレートを指定するには、「フレームレート」オプションを使用してフレームレートを入力します。

    フレームレート

  4. ステージ上の 3D オブジェクトの位置と向きを調整し、オブジェクトとステージの外枠との相対的な遠近感を維持するには、「3D 遠近の角度を調整して、現在のステージ投影法を保持」を選択します。

    このオプションは、ステージサイズを変更する場合のみ利用できます。

  5. (CS5.5 のみ)ステージサイズの変更に合わせてステージのコンテンツを自動的に拡大/縮小するには、「コンテンツをステージに合わせて拡大/縮小」を選択します。

    このオプションは、ステージサイズを変更する場合のみ利用できます。ロックされている非表示レイヤーのコンテンツを拡大/縮小するかどうかは、環境設定で選択できます。詳しくは、一般の環境設定を参照してください。

  6. ワークエリア内に表示されるルーラーの測定単位を指定するには、ルーラー単位メニューのオプションを選択します(この設定によって、情報パネルで使用する単位も決定されます)。
  7. ドキュメントの背景色を設定するには、「背景色」の色見本をクリックし、パレットからカラーを選択します。
  8. 「フレームレート」には、1 秒間に表示するアニメーションフレーム数を入力します。

    コンピューターで再生されるほとんどのアニメーション、特に Web で再生されるものは、8 fps(フレーム/秒)から 15 fps で十分です。フレームレートを変更すると、変更した新しいフレームレートが新規ドキュメントのデフォルトになります。

  9. (CS5.5 のみ)指定した時間間隔でドキュメントを自動的に保存するには、「自動保存」オプションを選択し、保存間隔の分数を指定します。
  10. 次のいずれかの操作を行います。
    • 新しい設定を現在のドキュメントのみに適用するには、「OK」をクリックします。

    • すべての新規ドキュメントについて、新しい設定をデフォルトのプロパティとするには、「デフォルトにする」をクリックします。

プロパティインスペクターによるドキュメントプロパティの変更

  1. ステージの外のワークエリアをクリックして、ステージ上にあるすべてのオブジェクトの選択を解除します。プロパティインスペクターにドキュメントのプロパティが表示されます。プロパティインスペクターを開くには、ウィンドウ/プロパティを選択します。
  2. (CS5.5 のみ)「パブリッシュ」セクションで、ドキュメントのターゲットとなる Flash Player バージョンと ActionScript バージョンを選択します。その他のパブリッシュ設定にアクセスするには、「パブリッシュ設定」ボタンをクリックします。

  3. 「プロパティ」セクションで、「フレームレート」(1 秒当たりのフレーム数)に、毎秒再生するアニメーションのフレーム数を入力します。
  4. ステージのサイズを変更するには、ステージの幅と高さの値を入力します。
  5. ステージの背景色を選択するには、「ステージ」プロパティの横にある色見本をクリックし、パレットからカラーを選択します。
  6. その他のドキュメントのプロパティを編集するには、「サイズ」プロパティの横にある「編集」ボタンをクリックします。ドキュメントのすべてのプロパティについて詳しくは、新規または既存のドキュメント用のプロパティ設定を参照してください。

Animate CC は、わかりやすく、いくつかのコンポーネントを使用できます。Animate の基本的なインターフェイスおよびツールの使い方を学習するには、この例の最後にあるチュートリアルを参照して、次の手順に従ってください。

ドキュメントへの XMP メタデータの追加

FLA ファイルにタイトル、作成者、説明、著作権などの Extensible Metadata Platform(XMP)データを追加できます。XMP は、一部の Adobe® アプリケーションが理解できるメタデータ形式です。このメタデータは Animate および Adobe® Bridge で表示できます。XMP メタデータについて詳しくは、Bridge ヘルプの「メタデータとキーワード」を参照してください。

 32 bit 版の Bridge は Adobe Animate ではサポートされません。

メタデータを埋め込むと、Web ベースの検索エンジンで Animate コンテンツを検索する場合に、有用な検索結果が表示されるようになります。検索メタデータは、XMP(Extensible Metadata Platform)仕様に準拠しており、W3C 互換形式で FLA ファイルに保存されます。

ファイルのメタデータには、ファイルの内容、著作権のステータス、作成元および履歴に関する情報が含まれます。ファイル情報ダイアログボックスで、現在のファイルのメタデータを参照および編集できます。

選択したファイルに基づいて、次の種類のメタデータが表示されます。

説明

作成者、タイトル、著作権などの情報が含まれます。

IPTC

編集可能なメタデータが表示されます。著作権情報と共に、ファイルにキャプションも追加できます。IPTC Core は、2004 年 10 月に IPTC(国際新聞電気通信評議会:International Press Telecommunications Council)によって認定された仕様です。新しいプロパティが追加され、一部のプロパティ名が変更され、一部のプロパティが削除されている点で、以前の IPTC(IIM、レガシ)とは異なります。

カメラデータ(Exif)

画像の撮影時に使用されたカメラ設定など、デジタルカメラによって割り当てられた情報が表示されます。

ビデオデータ

ピクセルの縦横比、シーン、ショットなど、ビデオファイルのメタデータが表示されます。

オーディオデータ

アーティスト、アルバム、トラック番号、ジャンルなど、オーディオファイルのメタデータが表示されます。

モバイル SWF

タイトル、作成者、説明、著作権など、SWF ファイルに関する情報が一覧表示されます。

ヒストリー

Photoshop で画像に加えられた変更のログが記録されます。

メモ:ログがファイルのメタデータに保存されるようにするには、Photoshop で環境設定の「ヒストリーログ」をオンにする必要があります。

Version Cue

Version Cue ファイルのバージョン情報が一覧表示されます。

DICOM

DICOM(Digital Imaging and Communications in Medicine)形式で保存された画像に関する情報が表示されます。

メタデータを追加するには:

  1. ファイル/ファイル情報を選択します。
  2. ファイル情報ダイアログボックスが表示されたら、追加するメタデータを入力します。必要に応じて、FLA ファイルのメタデータはいつでも追加または削除できます。

Animate ドキュメントの保存

Animate FLA ドキュメントは、現在の名前で現在の保存場所に保存することも、他の名前または他の保存場所に保存することもできます。

ドキュメントに保存されていない変更が含まれている場合は、ドキュメントのタイトルバー、アプリケーションのタイトルバー、およびドキュメントタブのドキュメント名の後にアスタリスク(*)が表示されます。ドキュメントを保存すると、アスタリスクが削除されます。

デフォルトの FLA 形式での Animate ドキュメントの保存

  1. 次のいずれかの操作を行います。
    • ディスク上の現在のバージョンに上書きするには、ファイル/保存を選択します。

    • 保存場所や名前を変更してドキュメントを保存する場合、またはドキュメントを圧縮する場合は、ファイル/名前を付けて保存を選択します。

  2. 「名前を付けて保存」を選択した場合、またはファイルを初めて保存する場合は、ファイル名と保存場所を入力します。
  3. 「保存」をクリックします。

非圧縮 XFL 形式でのドキュメントの保存

  1. ファイル/名前を付けて保存を選択します。
  2. ファイルの種類メニューから、「Animate 非圧縮ドキュメント(*.xfl)」を選択します。

  3. ファイルの名前と保存場所を指定し、「保存」をクリックします。

最後に保存したバージョンへの復帰

  1. ファイル/復帰を選択します。

ドキュメントをテンプレートとして保存

  1. ファイル/テンプレートとして保存を選択します。
  2. テンプレートとして保存ダイアログボックスで、「名前」ボックスにテンプレートの名前を入力します。
  3. カテゴリポップアップメニューから任意のカテゴリを選択するか、名前を入力して新規カテゴリを作成します。
  4. 「説明」ボックスに、テンプレートの説明(255 文字以内)を入力し、「OK」をクリックします。

    ここで入力した説明は、新規ドキュメントダイアログボックスでそのテンプレートを選択すると表示されます。

    保存したテンプレートを削除するには、次のいずれかのフォルダーに移動して、そのテンプレートが含まれるカテゴリフォルダーからテンプレート FLA ファイルを削除します。

    • Windows 10 の場合 - C:\ユーザー\<username>\AppData\Local\Adobe\<version>\<app_locale>\Configuration\Templates\
    • Mac OS の場合 - <HardDisk>/ユーザー/<userName>/ライブラリ/Application Support/Adobe/Flash CS5/<language>/Configuration/Templates/

Animate 終了時のドキュメントの保存

  1. ファイル/終了(Windows)または Animate/終了(Mac OS)を選択します。

  2. 変更を保存していないドキュメントが開かれている場合は、Animate により、それら個々のドキュメントについて、変更を保存または破棄するよう求めるメッセージが表示されます。

    • 変更を保存してドキュメントを閉じるには、「はい」をクリックします。

    • 変更を保存せずにドキュメントを閉じるには、「いいえ」をクリックします。

Animate ドキュメントのプリント(Flash Professional で非推奨)

ドキュメントをプレビューして編集するには、Adobe Animate ドキュメントからフレームをプリントするか、閲覧者が Flash Player からプリントできるようにフレームを指定します。

Animate ドキュメントからフレームをプリントするときには、印刷ダイアログボックスを使用して、プリントするシーンまたはフレームの範囲と、部数を指定します。Windows の場合は、ページ設定ダイアログボックスで、用紙サイズ、用紙方向、余白の設定、すべてのフレームを各ページにプリントするかなど、さまざまなオプションが設定できます。Mac OS の場合は、これらのオプションが、ページ設定ダイアログボックスとプリントマージンダイアログボックスに分かれています。

印刷ダイアログボックスおよびページ設定ダイアログボックスは、どちらのオペレーティングシステムでも標準のものが使用されますが、その外観は使用するプリンタードライバーによって異なります。

  1. ファイルメニューから「ページ設定」(Windows)または「プリントマージン」(Mac OS)を選択します。
  2. ページの余白を設定します。フレームをページの中央にプリントするには、「中央」オプションを選択します。
  3. フレームメニューで、ドキュメント内のすべてのフレームをプリントするか、各シーンの最初のフレームだけをプリントするかを選択します。
  4. レイアウトメニューで、次のオプションから選択します。

    100 %表示

    フレームを実際のサイズでプリントします。「伸縮」ボックスに値を入力すると、フレームが縮小または拡大されてプリントされます。

    ページに合わせる

    ページのプリント範囲に合わせて各フレームを縮小または拡大します。

    ストーリーボード

    1 ページにいくつかのサムネールをプリントします。「ストーリーボード - ボックス」、「ストーリーボード - グリッド」、「ストーリーボード - 空白」の 3 つのオプションから選択できます。1 ページに表示するサムネールの数は、「横のフレーム数」ボックスで設定します。「フレーム間隔」ボックスでサムネールの間隔を設定し、「フレームラベル」を選択してフレームラベルをサムネールとしてプリントします。

  5. フレームをプリントするには、ファイル/プリントを選択します。

フレームラベルを使用したプリントの無効化

メインタイムラインのどのフレームもプリントしないようにするには、1 つのフレームに ! #p とラベルを付けて SWF ファイル全体をプリント不可にします。フレームに ! #p とラベルを付けると、Flash Player のコンテキストメニューの「プリント」コマンドがグレー表示されます。Flash Player のコンテテキストメニューを削除することもできます。

Flash Player からのプリントを無効にしても、ユーザーはブラウザーの「印刷」コマンドを使用してフレームをプリントできます。このコマンドはブラウザーの機能なので、Animate を使用して制御または無効化することはできません。

Flash Player のコンテキストメニューでのプリントの無効化

  1. パブリッシュする Animate ドキュメント(FLA ファイル)を開くか、アクティブにします。

  2. メインタイムラインの最初のキーフレームを選択します。
  3. ウィンドウ/プロパティを選択して、プロパティインスペクターを表示します。
  4. プロパティインスペクターの「フレームラベル」に「! #p」と入力して、フレームをプリント不可に指定します。

    コンテキストメニューの「プリント」コマンドをグレー表示にするには、! #p ラベルを 1 つだけ指定してください。

     キーフレームではなく、空白のフレームを選択して、#p のラベルを付けることもできます。

Flash Player のコンテキストメニューを削除することによるプリントの無効化

  1. パブリッシュする Animate ドキュメント(FLA ファイル)を開くか、アクティブにします。

  2. ファイル/パブリッシュ設定を選択します。
  3. 「HTML」タブを選択し、「メニュー表示」の選択を解除して「OK」をクリックします。

フレームのプリント時のプリント範囲指定

  1. プリントを設定するフレームが組み込まれた、Animate ドキュメント(FLA ファイル)を開きます。

  2. #p ラベルを付けたフレームと同じレイヤーで、#p フレームラベルを使用して何もラベルの付いていないフレームを選択し印刷します。

    #p ラベルを付けたフレームの次のフレームを選択すると、作業を整理しやすくなります。

  3. ステージ上のシェイプを必要なプリント範囲のサイズに収まるように調整します。フレームの境界ボックスを使用するには、プリント範囲として適切なサイズのオブジェクトが含まれるフレームを選択します。
  4. 境界ボックスに使用するシェイプが組み込まれたタイムラインのフレームを選択します。
  5. プロパティインスペクター(ウィンドウ/プロパティ)で「フレームラベル」に「#b」と入力して、選択したシェイプをプリント範囲の境界ボックスとして指定します。

    タイムラインあたり使用できる #b フレームラベルは 1 つのみです。このオプションは、Print アクションで、「ムービー」境界ボックスオプションを選択するのと同じです。

プリントする背景色の変更

ドキュメントプロパティダイアログボックスで設定された背景色をプリントできます。プリントするタイムラインの最下レイヤーに、カラーが設定されたオブジェクトを配置すれば、プリントするフレームだけ背景色を変更できます。

  1. プリントするタイムラインの最下レイヤーのステージ全体を覆うサイズの塗りつぶしシェイプを配置します。
  2. シェイプを選択して、修正/ドキュメントを選択します。プリントする背景のカラーを選択します。

    このアクションで、ムービークリップやロードした SWF ファイルの背景色も含め、ドキュメント全体の背景色が変更されます。

  3. 次のいずれかの操作を行います。
    • 選択したカラーをドキュメントの背景としてプリントするには、シェイプを配置したフレームをプリントするように指定します。

    • プリントしないフレームの異なる背景色を維持するには、手順 2 と手順 3 を繰り返します。次にタイムラインの最下レイヤーのシェイプを、プリントを指定しないすべてのフレームに配置します。

Flash Player のコンテキストメニューの「プリント」コマンドを使用して、Animate SWF ファイルのフレームをプリントできます。

コンテキストメニューの「プリント」コマンドを使用すると、透明度やカラー効果はプリントできません。また、他のムービークリップのフレームをプリントすることもできません。これらの高度なプリント機能には、PrintJob オブジェクトか print() 関数を使用します。

  1. ドキュメントを開きます。

    このコマンドでは、#p とラベル付けされたフレームが、プリント範囲のステージまたは指定された境界ボックスを使用してプリントされます。

    プリントするフレームを個別に指定していない場合は、ドキュメントのメインタイムラインの全フレームがプリントされます。

  2. ファイル/パブリッシュプレビュー/デフォルトを選択するか、F12 キーを押して、Animate コンテンツをブラウザーに表示します。

  3. ブラウザーのウィンドウで Animate コンテンツを右クリック(Windows)または Control キーを押しながらクリック(Mac OS)して、Flash Player のコンテキストメニューを表示します。

  4. Flash Player のコンテキストメニューから「プリント」を選択して、プリントダイアログボックスを表示します。
  5. Windows では、プリント範囲を選択して、プリントするフレームを選択します。
  6. Mac OS では、プリントダイアログボックスで、プリントするページを選択します。
  7. プリンターのプロパティに従って、他のプリントオプションを選択します。
  8. 「OK」(Windows)、または「プリント」(Mac OS)をクリックします。

 コンテキストメニューからプリントすると、PrintJob オブジェクトの呼び出しを使用できません。

アドビのロゴ

アカウントにログイン