マニュアル キャンセル

3D グラフィック

  1. Adobe Animate ユーザーガイド
  2. Animate の概要
    1. Animate の新機能
    2. ビジュアル用語集
    3. Animate の必要システム構成
    4. Animate キーボードショートカット
    5. Animate での複数のファイルタイプの取り扱い
  3. アニメーション
    1. Animate のアニメーションの基本
    2. Animate でフレームとキーフレームを使用する方法
    3. Animate でのフレームアニメーション
    4. Animate でのクラシックトゥイーンアニメーションの操作
    5. ブラシツール
    6. モーションガイド
    7. モーショントゥイーンと ActionScript 3.0
    8. モーショントゥイーンアニメーションについて
    9. モーショントゥイーンアニメーション
    10. モーショントゥイーンアニメーションの作成
    11. プロパティキーフレームの使用
    12. トゥイーンを使用した位置のアニメーション化
    13. モーションエディターを使用したモーショントゥイーンの編集
    14. トゥイーンアニメーションのモーションパスの編集
    15. モーショントゥイーンの操作
    16. カスタムイージングの追加
    17. モーションプリセットの作成と適用
    18. アニメーションのトゥイーンスパンの設定
    19. XML ファイルとして保存したモーショントゥイーンの操作
    20. モーショントゥイーンとクラシックトゥイーン
    21. シェイプトゥイーン
    22. Animate のボーンツールアニメーションの使用
    23. Animate でのキャラクターリグの操作
    24. Adobe Animate でのマスクレイヤーの使用
    25. Animate でのシーンの操作
  4. インタラクティブ機能
    1. Animate でのボタンの作成
    2. 他のドキュメントタイプ形式への Animate プロジェクトの変換
    3. Animate での HTML5 Canvas ドキュメントの作成およびパブリッシュ
    4. Animate のコードスニペットを使用したインタラクティブ機能の追加
    5. カスタム HTML5 コンポーネントの作成
    6. HTML5 Canvas でのコンポーネントの使用
    7. カスタムコンポーネントの作成例
    8. カスタムコンポーネントのコードスニペット
    9. ベストプラクティス - Animate を使用した広告
    10. バーチャルリアリティの作成と公開
  5. ワークスペースとワークフロー
    1. ペイントブラシの作成と管理
    2. HTML5 Canvas ドキュメントでの Google フォントの使用
    3. Creative Cloud ライブラリと Adobe Animate の使用
    4. Animate のステージとツールパネルの使用
    5. Animate ワークフローとワークスペース
    6. HTML5 Canvas ドキュメントでの Web フォントの使用
    7. タイムラインと ActionScript
    8. 複数のタイムラインの操作
    9. 環境設定
    10. Animate オーサリングパネルの使用
    11. Animate でのタイムラインレイヤーの作成
    12. モバイルアプリおよびゲームエンジン用アニメーションの書き出し
    13. オブジェクトの移動とコピー
    14. テンプレート
    15. Animate での検索と置換
    16. 取り消し、やり直し、ヒストリーパネル
    17. キーボードショートカット
    18. Animate でのタイムラインの使用
    19. HTML 拡張機能の作成
    20. 画像とアニメーション GIF の最適化オプション
    21. 画像および GIF の書き出し設定
    22. Animate のアセットパネル
  6. マルチメディアとビデオ
    1. Animate のグラフィックオブイジェクトの変形と組み合わせ
    2. Animate でのシンボルインスタンスの作成と操作
    3. 画像トレース
    4. Adobe Animate でのサウンドの使用方法
    5. SVG ファイルの書き出し
    6. Animate で使用するビデオファイルの作成
    7. Animate にビデオを追加する方法
    8. ビデオのキューポイントの操作
    9. Animate でのオブジェクトの描画および作成
    10. 線とシェイプの変更
    11. Animate CC での線、塗り、グラデーション
    12. Adobe Premiere Pro と After Effects の使用
    13. Animate CC のカラーパネル
    14. Animate で Flash CS6 ファイルを開く
    15. Animate でのクラシックテキストの操作
    16. Animate へのアートワークの挿入
    17. Animate に読み込まれたビットマップ
    18. 3D グラフィック
    19. Animate でのシンボルの操作
    20. Adobe Animate での線とシェイプの描画
    21. Animate でのライブラリの使用
    22. サウンドの書き出し
    23. Animate CC でのオブジェクトの選択
    24. Animate での Illustrator AI ファイルの操作
    25. スプレーブラシツールでのパターンの適用
    26. ブレンドモードの適用
    27. オブジェクトの配置
    28. コマンドメニューを使用したタスクの自動化
    29. 多言語テキスト
    30. Animate でのカメラの使用
    31. Adobe Scout での Animate の使用
    32. Fireworks ファイルの作業
    33. グラフィックフィルター
    34. サウンドと ActionScript
    35. 描画の環境設定
    36. ペンツールを使用した描画
  7. プラットフォーム
    1. 他のドキュメントタイプ形式への Animate プロジェクトの変換
    2. カスタムプラットフォームサポート
    3. Animate での HTML5 Canvas ドキュメントの作成およびパブリッシュ
    4. WebGL ドキュメントの作成とパブリッシュ
    5. AIR for iOS 用アプリケーションのパッケージ化
    6. AIR for Android アプリケーションのパブリッシュ
    7. デスクトップ用 Adobe AIR のパブリッシュ
    8. ActionScript パブリッシュ設定
    9. ベストプラクティス - アプリケーションでの ActionScript の整理
    10. Animate での ActionScript の使用
    11. ベストプラクティス - アクセシビリティガイドライン
    12. Animate ワークスペースのアクセシビリティ
    13. スクリプトの記述と管理
    14. カスタムプラットフォームサポートの有効化
    15. カスタムプラットフォームサポートの概要
    16. アクセシビリティコンテンツの作成
    17. カスタムプラットフォームサポートプラグインの操作
    18. ActionScript 3.0 のデバッグ
    19. カスタムプラットフォームサポートの有効化
  8. 書き出しとパブリッシュ
    1. Animate CC からファイルを書き出す方法
    2. OAM パブリッシング
    3. SVG ファイルの書き出し
    4. Animate によるグラフィックとビデオの書き出し
    5. AS3 ドキュメントのパブリッシュ
    6. モバイルアプリおよびゲームエンジン用アニメーションの書き出し
    7. サウンドの書き出し
    8. QuickTime ビデオファイルの書き出し
    9. ActionScript を使用した外部ビデオ再生の制御
    10. ベストプラクティス - モバイルデバイス向けのコンテンツ作成のヒント
    11. ベストプラクティス - ビデオ規則
    12. ベストプラクティス - SWF アプリケーションのオーサリングガイドライン
    13. ベストプラクティス - FLA ファイルの構造化
    14. FLA ファイルを Animate 向けに最適化するベストプラクティス
    15. ActionScript パブリッシュ設定
    16. Animate のパブリッシュ設定の指定
    17. プロジェクターファイルの書き出し
    18. 画像とアニメーション GIF の書き出し
    19. HTML パブリッシュ用テンプレート
    20. Adobe Premiere Pro と After Effects の使用
    21. アニメーションのクイック共有とパブリッシュ

Animate の 3D グラフィックについて

Animate では、ステージ上の 3D スペースでムービークリップを移動および回転することで 3D 効果を作成できます。Animate では、各ムービークリップのプロパティに z 軸を含めることで 3D スペースが表されます。3D 遠近効果をムービークリップインスタンスに追加するには、3D 移動ツールおよび 3D 回転ツールを使用して x 座標に沿って移動するか、x 座標または y 座標に沿って回転させます。3D の用語では、3D スペースでのオブジェクトの移動は移動と呼ばれ、3D スペースでのオブジェクトの回転は変形と呼ばれます。これらの効果のいずれかをムービークリップに適用すると、Animate では 3D ムービークリップとして認識され、ムービークリップを選択するたびに色付きの軸インジケーターがムービークリップの上に重なって表示されます。

オブジェクトをより近くに表示したり、より遠くに表示したりするには、3D 移動ツールまたはプロパティインスペクターを使用してオブジェクトを z 軸に沿って移動します。オブジェクトが傾いているような印象を与えるには、3D 回転ツールを使用してムービークリップを z 軸の周りに回転します。これらのツールを組み合わせて使用することで、リアルな遠近効果を作成できます。

3D 移動ツールや 3D 回転ツールを使用すると、グローバルまたはローカルな 3D スペースでオブジェクトを操作できます。グローバル 3D スペースはステージスペースです。グローバルな変形や移動はステージに関して行われます。ローカル 3D スペースはムービークリップスペースです。ローカルな変形や移動はムービークリップスペースに関して行われます。例えば、ネストされた複数のムービークリップを含むムービークリップがある場合、ネストされたムービークリップのローカル 3D 変形は、コンテナムービークリップ内部の描画領域に関して行われます。3D 移動ツールと 3D 回転ツールのデフォルトのモードはグローバルです。これらのツールをローカルモードで使用するには、ツールパネルの「オプション」セクションにある「グローバル」トグルボタンをクリックします。

FLA ファイルでムービークリップインスタンスの 3D プロパティを使用すると、ライブラリ内のムービークリップを複製せずに様々なグラフィック効果を作成できます。ただし、ライブラリのムービークリップを編集するときや、適用した 3D 変形および移動は表示されません。ムービークリップのコンテンツを編集するときは、ネストされたムービークリップの 3D 変形だけが表示されます。

グローバル 3D スペースで回転するムービークリップのあるステージ

ローカル 3D スペースで回転するネストされたムービークリップを含むムービークリップのあるステージ

注意:

3D 変形をムービークリップインスタンスに追加すると、親ムービークリップシンボルを「同じ位置で編集」モードで編集できません。

ステージ上に複数の 3D オブジェクトがある場合は、FLA ファイルの「遠近の角度」および「消失点」プロパティを調整することで、それらのオブジェクトすべてにグループとして特定の 3D 効果を追加できます。「遠近の角度」プロパティには、ステージのビューをズームする効果があります。「消失点」プロパティには、ステージ上の 3D オブジェクトをパンする効果があります。これらの設定は、3D 変形または移動が適用されたムービークリップの外観にだけ影響を与えます。

Animate オーサリングツールでは 1 つの視点、すなわちカメラだけを制御できます。FLA ファイルのカメラビューはステージビューと同じです。各 FLA ファイルには、1 つの「遠近の角度」および「消失点」の設定だけを含められます。

Animate の 3D 機能を使用するには、FLA ファイルの「パブリッシュ設定」が「Flash Player 10」および「ActionScript 3.0」に設定されている必要があります。z 軸に対して回転または移動できるのは、ムービークリップインスタンスだけです。ムービークリップごとの複数の消失点や別々のカメラなど、Animate のユーザーインターフェイスでは直接使用できない一部の 3D 機能は ActionScript を通じて使用できます。ActionScript 3.0 では、ムービークリップ以外にテキスト、FLV 再生コンポーネント、ボタンなどのオブジェクトに 3D プロパティを適用できます。

注意:

3D ツールをマスクレイヤー上のオブジェクトに使用することはできません。また、3D オブジェクトを含むレイヤーをマスクレイヤーとして使用することはできません。マスクレイヤーについて詳しくは、マスクレイヤーの使用を参照してください。

3D スペースでのオブジェクトの移動

3D 移動ツール を使用して、3D スペース内でムービークリップインスタンスを移動します。このツールでムービークリップを選択すると、その X、Y、Z 軸がステージ上のオブジェクトの上部に表示されます。X 軸は赤、Y 軸は緑、Z 軸は青です。

3D 移動ツールのデフォルトのモードはグローバルです。グローバル 3D スペース内でオブジェクトを移動することは、ステージに関して移動することと同じです。ローカル 3D スペース内でオブジェクトを移動することは、親ムービークリップがある場合、親に関して移動することと同じです。3D 移動ツールをグローバルおよびローカルモードの間で切り替えるには、3D 移動ツールが選択されているときにツールパネルの「オプション」セクションにある「グローバル」トグルボタンをクリックします。3D 移動ツールでドラッグ中に D キーを押すと、一時的にモードをグローバルからローカルに切り替えることができます。

3D 移動ツールと 3D 回転ツールはツールパネルの同じスペースを使用します。ツールパネルでアクティブな 3D ツールをクリックしたままにすると、現在アクティブではない 3D ツールを選択できます。

デフォルトでは、選択されたオブジェクトに 3D 移動が適用されていると、ステージ上にオブジェクトと共に 3D 軸が重ねて表示されます。この重ねた表示は、Animate 環境設定の「一般」セクションでオフにすることができます。

3D 移動ツールのオーバーレイ

注意:

3D ムービークリップの Z 軸の位置を変更すると、ムービークリップの X 軸および Y 軸も変更されたように見えます。これは、Z 軸に沿って移動する場合、3D シンボルインスタンスのプロパティインスペクターで設定される 3D 消失点からステージの端まで伸びた不可視の透視線を辿るためです。

3D スペースでの単一オブジェクトの移動

  1. ツールパネルで 3D 移動ツール を選択します(または G キーを押して選択します)。
  2. ツールのローカルモードまたはグローバルモードへの設定。

    ツールパネルの「オプション」セクションにある「グローバル」トグルボタンをチェックして、ツールが希望のモードであることを確認します。このボタンをクリックするか D キーを押して、モードを切り替えます。

  3. 3D 移動ツール でムービークリップを選択します。
  4. このツールでドラッグしてオブジェクトを移動するには、X、Y、または Z 軸のコントロール上にポインターを移動します。いずれかのコントロール上に移動すると、ポインターが変化します。

    X および Y 軸コントロールは各軸上の矢印です。いずれかのコントロールを矢印の方向にドラッグして、選択した軸に沿ってオブジェクトを移動します。Z 軸のコントロールはムービークリップの中央の黒い点です。Z 軸コントロールを上下にドラッグして、Z 軸上でオブジェクトを移動します。

  5. プロパティインスペクターを使用してオブジェクトを移動するには、プロパティインスペクターの「3D 位置とビュー」セクションで X、Y、または Z の値を入力します。

    Z 軸上でオブジェクトを移動すると、オブジェクトの見かけ上のサイズが変わります。見かけ上のサイズは、プロパティインスペクターの「3D 位置とビュー」セクションに「幅」および「高さ」として表示されます。これらの値は読み取り専用です。

3D スペースでの複数オブジェクトの移動

複数のムービークリップを選択し、3D 移動ツール でいずれかのオブジェクトを移動すると、他のオブジェクトも同じように移動できます。

  • グローバル 3D スペースでグループ内の各オブジェクトを同じように移動するには、3D 移動ツールをグローバルモードに設定し、軸コントロールでいずれかのオブジェクトをドラッグします。選択したオブジェクトのいずれかを Shift キーを押しながらダブルクリックすると、軸コントロールがそのオブジェクトに移動します。

  • ローカル 3D スペースでグループ内の各オブジェクトを同じように移動するには、3D 移動ツールをローカルモードに設定し、軸コントロールでいずれかのオブジェクトをドラッグします。選択したオブジェクトのいずれかを Shift キーを押しながらダブルクリックすると、軸コントロールがそのオブジェクトに移動します。

Z 軸コントロールをダブルクリックして、軸コントロールを複数選択の中央に移動することもできます。選択したオブジェクトのいずれかを Shift キーを押しながらダブルクリックすると、軸コントロールがそのオブジェクトに移動します。

3D スペースでのオブジェクトの回転

3D 回転ツール を使用して、3D スペース内でムービークリップインスタンスを回転します。3D 回転コントロールはステージの選択したオブジェクトの上に表示されます。X コントロールは赤、Y コントロールは緑、Z コントロールは青です。X 軸と Y 軸の周りで同時に回転させるには、オレンジ色の自由回転コントロールを使用します。

3D 回転ツールのデフォルトのモードはグローバルです。グローバル 3D スペース内でオブジェクトを回転することは、ステージに対して相対的に移動することと同じです。ローカル 3D スペース内でオブジェクトを回転することは、親ムービークリップがある場合、親に対して相対的に移動することと同じです。3D 回転ツールをグローバルおよびローカルモードの間で切り替えるには、3D 回転ツールが選択されているときにツールパネルの「オプション」セクションにある「グローバル」トグルボタンをクリックします。3D 回転ツールでドラッグ中に D キーを押すと、一時的にモードをグローバルからローカルに切り替えることができます。

3D 回転ツールと 3D 移動ツールはツールパネルの同じスペースを使用します。ツールパネルでアクティブな 3D ツールをクリックしたままにすると、現在アクティブではない 3D ツールを選択できます。

デフォルトでは、選択されたオブジェクトに 3D 回転が適用されていると、ステージ上にオブジェクトと共に 3D 軸が重ねて表示されます。この重ねた表示は、Animate 環境設定の「一般」セクションでオフにすることができます。

グローバル 3D 回転ツールのオーバーレイ

ローカル 3D 回転ツールのオーバーレイ

3D スペースでの単一オブジェクトの回転

  1. ツールパネルで 3D 回転ツール を選択します(または W キーを押します)。

    ツールパネルの「オプション」セクションにある「グローバル」トグルボタンをチェックして、ツールが希望のモードであることを確認します。このボタンをクリックするか D キーを押して、モードをグローバルとローカルの間で切り替えます。

  2. ステージでムービークリップを選択します。

    3D 回転コントロールが選択したオブジェクトと重ねて表示されます。コントロールが別の場所で表示される場合、コントロールの中心点をダブルクリックして選択したオブジェクトに移動します。

  3. ポインターを 4 つの回転軸コントロールのいずれかの上に置きます。

    いずれかのコントロール上に移動すると、ポインターが変化します。

  4. 軸コントロールのいずれかをドラッグしてその軸の周りに回転するか、自由回転コントロール(外側のオレンジ色の円)をドラッグして X および Y を同時に回転します。

    X 軸コントロールを左右にドラッグして、X 軸の周りに回転します。Y 軸コントロールを上下にドラッグして、Y 軸の周りに回転します。Z 軸コントロールを円を描くようにドラッグして、Z 軸の周りに回転します。

  5. 回転コントロールの中心点をムービークリップに関して配置し直すには、中心点をドラッグします。 中心点の移動を 45度ずつに制限するには、Shift キーを押しながらドラッグします。

    回転コントロールの中心点の位置を変更することで、オブジェクトへの回転の効果および外観を制御できます。中心点をダブルクリックすると、中心点がムービークリップの中央に戻ります。

    選択されたオブジェクトの回転コントロールの中心点の位置は、変形パネルに「3D 中心点」プロパティとして表示されます。変形パネルで中心点の位置を変更できます。

3D スペースでの複数オブジェクトの回転

  1. ツールパネルで 3D 回転ツール を選択します(または W キーを押します)。

    ツールパネルの「オプション」セクションにある「グローバル」トグルボタンをチェックして、ツールが希望のモードであることを確認します。このボタンをクリックするか D キーを押して、モードをグローバルとローカルの間で切り替えます。

  2. ステージで複数のムービークリップを選択します。

    3D 回転コントロールが直近に選択したオブジェクトと重ねて表示されます。

  3. ポインターを 4 つの回転軸コントロールのいずれかの上に置きます。

    いずれかのコントロール上に移動すると、ポインターが変化します。

  4. 軸コントロールのいずれかをドラッグしてその軸の周りに回転するか、自由回転コントロール(外側のオレンジ色の円)をドラッグして X および Y を同時に回転します。

    X 軸コントロールを左右にドラッグして、X 軸の周りに回転します。Y 軸コントロールを上下にドラッグして、Y 軸の周りに回転します。Z 軸コントロールを円を描くようにドラッグして、Z 軸の周りに回転します。

    選択したすべてのムービークリップが、回転コントロールの中央に表示される 3D 中心点の周りに回転します。

  5. 3D 回転コントロールの中心点を配置し直すには、次のいずれかの操作を行います。
    • 中心点を任意の位置に移動するには、中心点をドラッグします。

    • 中心点を選択したムービークリップのいずれかの中央に移動するには、Shift キーを押しながらそのムービークリップをダブルクリックします。

    • 中心点を選択したムービークリップのグループの中央に移動するには、中心点をダブルクリックします。

    3D 回転中心点の位置を変更することで、オブジェクトへの回転の効果を制御できます。

    選択されたオブジェクトの回転コントロールの中心点の位置は、変形パネルに「3D 中心点」として表示されます。変形パネルで中心点の位置を変更できます。

変形パネルを使用した選択範囲の回転

  1. 変形パネルを開きます(ウィンドウ/変形)。
  2. ステージで 1 つ以上のムービークリップを選択します。
  3. 変形パネルで、「3D 回転」の「X」、「Y」、および「Z」フィールドに値を入力して選択範囲を回転します。これらのフィールドにはホットテキストが含まれているので、値をドラッグして変更できます。
    注意:

    3D 回転は、ツールパネルの 3D 回転ツールの現在のモードに応じて、グローバルまたはローカル 3D スペースで行われます。

  4. 3D 回転点を移動するには、「3D 中心点」の「X」、「Y」、および「Z」フィールドに値を入力します。

遠近の角度の調整

FLA ファイルの遠近の角度プロパティは、ステージ上の 3D ムービークリップの視覚的な角度を制御します。

遠近の角度を増減すると、3D ムービークリップの視覚的なサイズと、ステージの端からのムービークリップの相対位置が変化します。遠近の角度を大きくすると、3D オブジェクトがより近くに表示されます。遠近の角度を小さくすると、3D オブジェクトがより遠くに表示されます。この効果は、カメラレンズのズームインやズームアウトでレンズを通した画角が変化することと似ています。

遠近の角度が 55 度のステージ

遠近の角度が 110 度のステージ

遠近の角度のプロパティは、3D 移動のあるすべてのムービークリップまたはムービークリップに適用された回転に影響します。遠近の角度は他のムービークリップには影響を与えません。デフォルトの遠近の角度は、通常のカメラレンズと同様の 55 度です。値の範囲は 1 ~ 180 度です。

プロパティインスペクターで遠近の角度を表示または設定するには、ステージで 3D ムービークリップが選択されている必要があります。遠近の角度の変更はすぐにステージに表示されます。

遠近の角度は、ステージサイズを変更すると自動的に変わるので、3D オブジェクトの外観は変化しません。ドキュメントプロパティダイアログボックスでこのビヘイビアーをオフにすることができます。

遠近の角度を設定するには:

  1. ステージで、3D 回転または移動が適用されたムービークリップインスタンスを選択します。
  2. プロパティインスペクターで、「遠近の角度」フィールドに新しい値を入力するか、ホットテキストをドラッグして値を変更します。

消失点の調整

FLA ファイルの消失点プロパティは、ステージ上の 3D ムービークリップの Z 軸の向きを制御します。FLA ファイル内のすべての 3D ムービークリップの Z 軸は、消失点に向かって遠ざかります。消失点を配置し直すことで、Z 軸に沿って移動するときにオブジェクトが移動する方向を変更します。消失点の位置を調整することで、ステージ上の 3D オブジェクトとアニメーションの外観を正確に制御できます。

例えば、消失点をステージの左上隅(0, 0)に配置した場合、ムービークリップの Z プロパティの値を大きくすると、ムービークリップがステージの左上隅に向かって遠ざかります。

消失点はすべての 3D ムービークリップに影響を与えるので、これを変更すると、Z 軸方向の移動が適用されたすべてのムービークリップの位置も変わります。

消失点は、Z 軸に対する移動または回転が適用されたムービークリップすべてに影響を与えるドキュメントプロパティです。消失点は他のムービークリップには影響を与えません。消失点のデフォルトの位置はステージの中央です。

プロパティインスペクターで消失点を表示または設定するには、ステージで 3D ムービークリップが選択されている必要があります。消失点への変更はすぐにステージに表示されます。

消失点を設定するには:

  1. ステージで、3D 回転または移動が適用されたムービークリップを選択します。
  2. プロパティインスペクターで、「消失点」フィールドに新しい値を入力するか、ホットテキストをドラッグして値を変更します。消失点の場所を示すガイドは、ホットテキストをドラッグしているときにステージ上に表示されます。
  3. 消失点をステージの中央に戻すには、プロパティインスペクターの「リセット」をクリックします。
注意:

ステージをサイズ変更する場合、消失点は自動的には更新されません。消失点の特定の配置によって作成された 3D の外観を維持するには、新しいステージサイズに対する相対位置に、消失点の位置を変更する必要があります。

アドビのロゴ

アカウントにログイン