アニメーションのフレームを選択したり、タイムライン上で移動するには様々な方法があります。また、ファイルをパブリッシュしたときにアニメーションが正確に再生されるようにアニメーションを修正する方法も数多くあります。

トゥイーンレイヤーでは、トゥイーンスパン、静的フレーム、空のキーフレームを使用できます。静的フレームと空のフレームは、フレームへの描画、グラフィックのペースト、選択フレームへのビットマップ読み込みなどに使用できます。これらのスパンおよびフレームは、同じレイヤー上で、または多くの別のレイヤーに移動できます。トゥイーンレイヤーでは、IK スパンやクラシックトゥイーンを使用できません。

トゥイーンスパンでは、ActionScript をフレームに記述することも、トゥイーンオブジェクトにアタッチすることもできません。しかし、トゥイーンレイヤー上のトゥイーンスパン以外のフレームならば、ActionScript を使用できます。コードを記述するときは、すべてアクションレイヤーにまとめてください(通常は、メインタイムラインの最上位のレイヤーをアクションレイヤーにします)。

トゥイーンを操作するには、トゥイーンレイヤーで以下のコンテキストメニューオプションを使用します。

  • トゥイーンを調整:選択したトゥイーンスパンのモーショントゥイーンを調整します。
  • トゥイーンの削除:選択したトゥイーンスパンからモーショントゥイーンを削除します。
  • 3D トゥイーン:トゥイーンの 3D プロパティ(モーションエディターで表示可能)を追加または削除します。モーショントゥイーンを追加する前または後にインスタンスで 3D ツールを使用すると、3D が自動的にアクティブになります。 
  • フレームアニメーションに変換:現在選択しているスパンをフレーム単位のアニメーションに変換します。 
  • モーションプリセットとして保存:現在選択しているスパンをモーションプリセットとして保存します。
  • フレームを挿入:トゥイーンスパンに選択した数のフレームを挿入します。 
  • フレームを削除:トゥイーンスパンまたは静的フレームから選択したフレームを削除します。スパン全体を選択すると、スパン全体が削除されます。
  • キーフレームの挿入:挿入するプロパティキーフレームのタイプをサブメニューから選択できます。例えば、このメニューを使用して、回転プロパティキーフレームを挿入できます。 
  • 空白キーフレームを挿入:このオプションを使用して、空のフレームに空白キーフレームを挿入できます。選択しているものがトゥイーンスパン内にある場合、このオプションは薄く表示されます。
  • キーフレームを削除:トゥイーンスパン内で使用した場合は、サブメニューが表示され、現在選択しているフレームから削除するプロパティキーフレームのタイプを選択できます。このオプションでは、フレーム 1 のキーフレームを削除できません。トゥイーンスパン外で使用した場合は、選択したキーフレームが削除されます。
  • キーフレームを表示:このオプションを使用して、選択したトゥイーンスパンで表示するプロパティキーフレームのタイプを選択できます。デフォルト設定では「すべて」ですが、プロパティキーフレームのタイプを 1 つ以上選択できます。
  • フレームをカット、コピー、ペースト:このオプションを使用して、トゥイーンスパンから一部または全部のフレームを切り取りまたはコピーし、新しい位置に貼り付けることができます。 
  • フレームのクリア:このオプションを使用して、選択したフレームを空白フレームに戻すことができます。選択したフレームがトゥイーンスパンの途中にある場合は、空白フレームの前後に 2 つのトゥイーンスパンが作成されます。
  • すべてのフレームを選択:このオプションを使用して、タイムライン上のすべてのフレームを選択できます。
  • モーションをコピー、ペースト:これらのオプションを使用して、選択したモーションのすべてのプロパティをコピーし、別のインスタンスに貼り付けることができます。 
  • プロパティをコピー、ペースト:これらのオプションを使用して、個々のフレームからプロパティキーフレームをコピーし、別のフレームに貼り付けることができます。このオプションを使用する場合は、1 つのフレームを選択してください。 
  • 特殊プロパティをペースト:選択したフレームのプロパティをコピーした後にこのオプションを使用します。 
  • モーションを分割:このオプションを使用して、1 つのトゥイーンスパンを 2 つのトゥイーンスパンにすることができます。このオプションは、フレームを 1 つ選択しているときに使用できます。 
  • モーションを結合:このオプションを使用して、連続するトゥイーンスパンを 1 つのトゥイーンスパンにすることができます。このオプションは、連続するトゥイーンスパンを 2 つ以上選択しているときに使用できます。 
  • キーフレームを反転:このオプションを使用して、選択したトゥイーンスパンのすべてのプロパティのキーフレームを反転させることができます。 
  • モーションパス/キーフレームをロービングに切り替え、キーフレームを非ロービングに切り替え:このオプションを使用して、選択したスパンのキーフレームのロービングと非ロービングを切り替えることができます。

関連項目

モーショントゥイーンのコピーとペースト

トゥイーンスパン間で、トゥイーンプロパティをコピーできます。トゥイーンプロパティは新しいターゲットオブジェクトに適用されますが、ターゲットオブジェクトの位置は変更されません。新しいターゲットオブジェクトの位置を変更せずに、ステージのある領域から別の領域にあるオブジェクトにトゥイーンを適用できます。

  1. コピーするトゥイーンプロパティが含まれるトゥイーンスパンを選択します。
  2. 編集/タイムライン/モーションをコピーを選択します。
  3. コピーされたトゥイーンを受け取るトゥイーンスパンを選択します。
  4. 編集/タイムライン/モーションをペーストを選択します。
  5. トゥイーンプロパティがターゲットトゥイーンスパンに適用され、コピーしたトゥイーンスパンに合わせてトゥイーンスパンの長さが調整されます。

モーショントゥイーンをアクションパネルにコピーする、または別のプロジェクトで ActionScript® として使用するには、「ActionScript 3.0 にモーションを書き出してコピー」コマンドを使用します。

モーショントゥイーンプロパティのコピーとペースト

選択したフレームから同じトゥイーンスパンまたは別のトゥイーンスパンの別のフレームにプロパティをコピーできます。プロパティ値は、プロパティがペーストされたときに選択されたフレームだけに追加されます。2D 位置プロパティを 3D トゥイーンにペーストすることはできません。

これらの操作では、環境設定(編集/環境設定)の「スパンベースのフレーム選択」が有効になっていることが前提となります。

  1. Ctrl + Alt キー(Windows)または Command + Option キー(Mac OS)を押しながらフレームをクリックし、トゥイーンスパン内の単一フレームを選択します。
  2. 選択したフレームを右クリック(Windows)または Command キーを押しながらクリック(Mac OS)して、コンテキストメニューから「プロパティをコピー」を選択します。
  3. Ctrl + Alt キー(Windows)または Command + Option キー(Mac OS)を押しながらフレームをクリックし、コピーされたプロパティを受け取る単一フレームを選択します。目的のフレームはトゥイーンスパン内にある必要があります。
  4. コピーされたプロパティを選択したフレームにペーストするには、次のいずれかの操作をします。
  • コピーしたすべてのプロパティをペーストするには、ターゲットのトゥイーンスパンで選択したフレームを右クリック(Windows)または Command キーを押しながらクリック(Mac OS)します。コンテキストメニューから「プロパティをペースト」を選択します。
  • コピーした一部のプロパティをペーストするには、ターゲットのトゥイーンスパンで選択したフレームを右クリック(Windows)または Command キーを押しながらクリック(Mac OS)します。コンテキストメニューから「特殊プロパティをペースト」を選択します。
  • 表示されるダイアログボックスで、ペーストするプロパティを選択して「OK」をクリックします。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー