このトピックでは、ペイントブラシの作成と管理の方法について説明します。

Animate は Animate に描かれた形状を使用してベクターブラシ(アートおよびパターン)を作成し共有する機能を導入します。 この機能が導入される前は、Adobe Capture アプリケーションを使用してブラシを作成し、CC ライブラリを通じてそれらを Animate に同期させる必要がありました。新しく導入された機能により、Animate CC 内でベクターアセットからカスタムブラシを作成することができます。

  1. ステージでアートワークを描画するか、既存のシェイプを使用します。

  2. シェイプを選択し、右クリックして、「ペイントブラシを作成」を選択するか、プロパティパネルの「選択範囲から新しいペイントブラシを作成」 ボタンをクリックします。

    Createpb1_p_1477064862933
    ペイントブラシの追加

  3. ペイントブラシの様々なオプションを設定します。これらのオプションの設定については、パターンブラシの編集を参照してください。

    create_PB_2_1477064863347
  4. 「追加」をクリックして、ブラシをドキュメントに追加します。この新しいブラシが、プロパティパネルの「線」ドロップダウンリストに表示されます。

    Use_brush_CC_lib_1477064862528
    CC ライブラリ内のブラシの使用

ドキュメントブラシの保存または削除

  1. プロパティパネルで「ペイントブラシを管理」をクリックします。「ペイントブラシを管理」オプションを使用すると、新しいブラシを将来の使用に備えて保存したり、使用していないブラシをドキュメントから削除することができます。

    ブラシの管理
    ブラシの管理

  2. 「ドキュメントブラシの管理」画面で、単一のブラシまたは複数のブラシを選択します。 

    ブラシの選択
    ブラシの選択

  3. 「ブラシライブラリへの保存」をクリックしてブラシを保存するか、「削除」をクリックしてブラシをブラシライブラリから削除します。保存したブラシは、ブラシライブラリの「マイブラシ」ファミリーに表示されます。

    注意:

    ブラシライブラリでは、ブラシファミリー名は、ブラシが作成されたドキュメント名と同じです。同じファイル名の 2 つの異なるドキュメントに含まれているブラシは、ブラシライブラリの同じファミリー内に保存されます。

    マイブラシ
    マイブラシ

ブラシライブラリ内のブラシの使用

  1. ブラシライブラリパネルで、ブラシを 1 つ以上選択するか、ブラシファミリーをクリックします。

  2. パネルの左下隅にある「ドキュメント内で使用」ボタンをクリックして、選択したブラシをドキュメントに追加します。そのブラシが、プロパティパネルの「線」ドロップダウンリストに表示されます。

    注意:

    ブラシをダブルクリックしてドキュメントに追加することもできます。

  3. 不要なブラシを「マイブラシ」ファミリーから削除するには、パネルの下部にある「削除」ボタンをクリックします。  

CC ライブラリへのアートブラシの追加

  1. ペイントブラシツールを使用してステージに線を描き、それを選択します。

  2. CC ライブラリパネルで、パネルの下部にある + ボタンをクリックして、ブラシ/追加を選択します。 

    注意:

    「ブラシのアップロード」オプションが有効になるのは、ステージ上で選択したシェイプでアートブラシが使用されている場合だけです。パターンブラシは CC ライブラリには保存できません。 

    Brushes_CClib_1477064857725
    CC ライブラリへのブラシの追加

CC ライブラリ内のブラシの使用

  1. ペイントブラシツールを選択します。CC ライブラリでブラシをクリックするか右クリックし、「ドキュメント内で使用」を選択します。

  2. 追加したブラシがアクティブな線スタイルとして設定され、ドキュメントで使用できます。また、ブラシライブラリにも追加されます。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー