Animate で修正された問題

アドビでは、お客様から報告された問題を修正するため、作業を進めています。ここでは、Animate の最新リリースで修正された問題について説明します。

Animate 2022(バージョン 22.0.7)

  • [macOS] ネットワークフォルダー内のファイルが非表示になり、共有ネットワークドライブから開いたファイルを保存しようとするとエラーが発生する
  • [macOS] スポイトがグループまたはグラフィックから正しいカラーを選択しない
  • 親子関係を設定する前に親オブジェクトを回転した場合、ファイルを再度開くと子オブジェクトが回転する

Animate 2022(バージョン 22.0.6)

  • [macOS] 古いバージョンの Flash Professional で作成したファイルを開くとエラーが発生します。
  • [macOS] macOS 12.3.1 アップデート後、新しい環境設定でアプリケーションを起動すると、ワークスペースが見つからず、ファイルエラーが発生します。
  • メインタイムライン上のカメラを含むグラフィックシンボル内でペアレンティングが使用されている場合、ムービープレビューとビデオ出力が正しくありません。
  • リグを含むキーフレームをコピー&ペーストすると、ペアレンティング構造が壊れます。
  • レイヤー名にアクションスクリプト予約キーワードのいずれかが含まれるファイルを公開すると、コンパイラーエラーが発生します。
  • PNG が埋め込まれている SVG ファイルの読み込みに失敗します。

Animate 2022(バージョン 22.0.5)

  • [winOS] 長時間使用すると、アプリケーションが黒くなります。
  • [winOS] F9 キーを押してもアクションパネルが閉じません。
  • [macOS] グラデーションカラーパネルおよび検索して置換パネルで、カラーピッカーが機能しません。
  • [macOS] 書き出された clr および act カラーファイルにファイル拡張子が追加されず、その結果、そうしたファイルを読み込むことができませんでした。
  • ネストされたグラフィック内でレイヤーエフェクトが適用されている場合、ビデオ書き出しまたはパブリッシュに時間がかかり過ぎ、出力がステージと一致しません。
  • アプリケーションが再起動されない限り、フォント名、フォントスタイル、線のスタイルおよび線幅プロファイルドロップダウンは、クリックできないか、開くことができません。

Animate 2022(バージョン 22.0.4)

  • [macOS] macOS 11 および 12 でのライブラリパネルおよびタイムラインの再生で、サウンドが再生されません。
  • [macOS] H.264 ビデオを読み込んだり、H.264 ビデオを含むファイルを開いたりする際に、アプリケーションが無応答状態になります。
  • Web フォントの追加後にフォントリストをスクロールすると、アプリケーションがクラッシュします。
  • リグオブジェクトに変換する際に、線のアピアランスが保持されません。

Animate 2022(バージョン 22.0.3)

  • [winOS] キーフレームまたは空のキーフレームを挿入する際に、キーフレーム挿入の進行状況を示すダイアログが表示されます。
  • それぞれをキーフレームに変換すると、シェイプトゥイーンの最後のキーフレームのポーズが崩れます。
  • ペアレンティング設定で自動キーフレームを使用していると、前のキーフレームオブジェクトが間違った位置に配置されます。
  • モーショントゥイーンで、複数のレイヤーのシンボルを一緒に移動できません。
  • トゥイーンスパンで自由変形ツールを使用してシンボルを編集する際に、意図的でない新しいキーフレームが導入されます。
  • モーションエディタービューを展開または折りたたむ際に、再生ヘッドがタイムラインパネルでジャンプします。

Animate 2022(バージョン 22.0.2)

  • [winOS] 「スクリプトを実行」、「コードをフォーマット」、「選択範囲にコメントを追加」などのオプションを含むコンテキストメニューがスクリプトドキュメントに表示されません。
  • [winOS] F9 キーを押してもアクションパネルが閉じません。
  • 「拡大・縮小、傾斜および反転を伝達」をオンにすると、親レイヤーのアニメーションを削除した後でも、子レイヤー上のオブジェクトがトゥイーンを保持します。

Animate 2022(バージョン 22.0.1)

  • 自動キーフレームワークフローでレイヤーの親がなくなります。
  • 回転が適用されると、モーショントゥイーンのペアレンティングに問題が発生します。
  • 親オブジェクトの変換ポイントを変更すると、子オブジェクトが移動します。
  • [winOS] 破損したサウンドを含んだファイルをパブリッシュすると、Animate がクラッシュします。
  • [winOS] 管理者権限が必要な場所からファイルを開くと、Animate がクラッシュします。
  • アクションパネルとスクリプトドキュメントでコードブロックが正しく表示されません。
  • アクションパネルで中括弧が自動的に閉じません。
  • [winOS] 自動補完がアクションパネルで機能しません。
  • [winOS] 「検索と置換」、「コメント」および「選択範囲のコメントを削除」のキーボードショートカットがアクションパネルで機能しません。
  • [macOS] Animate を非表示にするためのキーボードショートカットがスクリプトドキュメントで機能しません。

Animate 2022(バージョン 22.0)

  • 長いフレームアニメーションの場合、呼び出しスタックのサイズが最大値を超えるエラーが Chrome で発生します。
  • [macOS] スクリプトドキュメントで Tab キーを使用した後、Shift + Tab キーを押してもテキストが左に戻りません。

Animate 2021(バージョン 21.0.9)

  • MP3 以外のサウンドファイルが Animate に読み込まれません。
  • 日本語、中国語、韓国語で編集する際に、一部のフォントでテキストが非表示になります。
  • ファイルを開くことで起動した場合、アプリケーションが終了時にクラッシュします。
  • アプリケーションを再起動しない限り、一部のアセットがアセットパネルに表示されません。
  • [macOS] ビデオ/メディアの書き出しで Adobe Media Encoder 15.4 が起動しません。
  • [macOS] コードエディターで、ダブルクリックで選択した単語の上書きが機能しません。
  • [winOS] フォーカスがコードエディターにあるときに、一部のキーボードショートカットが機能しません。

Animate 2021(バージョン 21.0.8)

  • カメラがある場合に矢印キーを使用してオブジェクトを移動すると、オブジェクトのサイズが変わり、オブジェクトが正しく移動されません。
  • フレームピッカーパネルでフレームの選択/ハイライトがはっきりと表示されません。
  • ムービークリップをグラフィックに変換すると、最初と最後のフレーム番号が正しくありません。

Animate 2021(バージョン 21.0.7)

  • ファイルを再度開く際に、可変線幅プロファイルが保持されません。
  • 選択範囲をペイントおよび塗りのみをペイントモードが、描画オブジェクトおよびグループ内で機能しません。
  • 大きな fla ドキュメントを開いたり閉じたりするのに時間がかかり、ほぼ 2 倍のメモリを消費します。

Animate 2021(バージョン 21.0.6)

  • 塗りをペイント/選択範囲をペイントブラシモードに関するバグを修正しました。
  • 悪意のあるファイルを開くことで重要なメモリデータおよび任意のコード実行につながる可能性のある、範囲外の読み取りおよび UAF の脆弱性に関連するセキュリティバグを修正しました。
  • 大文字のキリル文字を含むディレクトリへの Animate のインストール中のクラッシュが修正されました。
  • 「レイヤーをシンボルに変換」操作を実行後の描画関連のバグを修正しました。

Animate 2021(バージョン 21.0.5)

  • テクスチャアトラスエクスポーター JSAPI から生成された PNG は透明ではありません。
  • グループ内でフレームピッカーパネルの最初のフレームを変更しようとすると、Animate がクラッシュします。
  • レイヤーの名前を変更する際にキーボードショートカットを使用して新規レイヤーを追加すると、アプリケーションがクラッシュします。
  • 「選択範囲をペイント」や「内側をペイント」などのブラシモードを元に戻すと、描画オブジェクトが機能しなくなります。
  • カメラを含むガイドレイヤー上のオブジェクトの出力で、トゥイーンが壊れます。
  • [winOS] カラーセットおよびカラーテーブルファイルは、色見本を書き出す際にファイル拡張子を無視します。
  • ネストされたムービークリップをあるドキュメントから別のドキュメントにコピー&ペーストしても、適切に機能しません。

Animate 2021(バージョン 21.0.4)

  • 様々な「隙間の大きさ」オプションのキーボードショートカットが動作しません。
  • [macOS] Animate カラーセットおよびカラーテーブルファイルが、カラーを追加/置換ワークフローで認識されません。
  • カメラ API が使用され、レイヤー名のいずれかが「stage」の場合、ムービープレビュー時にコンパイラーエラーが発生します。
  • ソースとは異なる方向でオブジェクトにリグを適用しても、適切に適用されません。

Animate 2021(バージョン 21.0.3)

  • 小さいディスプレイで、イメージを書き出しおよびアニメーション GIF を書き出しダイアログが切り詰められて表示されます。
  • ドキュメント API を変更した後で importPublishProfileString() JSAPI を呼び出すと、Animate がクラッシュします。
  • アクティブドキュメントを変更した後で、シンボルを追加するための addItem() JSAPI を呼び出すと、Animate がクラッシュします。
  • 無効なサウンドエンベロープを含むムービーファイルをテストすると、Animate がクラッシュします。
  • エンベロープエディターで左右のマウスボタンを両方クリックしてポイントを移動すると、Animate が無反応状態になります。

Animate 2021(バージョン 21.0.2)

  • 「小さな隙間を閉じる」モードでバケツを使用しているときに、スタイラスペンで塗りをドラッグしても反応がありません。
  • [macOS 11] プロパティパネルで、線種と幅のドロップダウンメニューが歪んで表示されます。
  • [macOS 11] スウォッチ(ビットマップ、リニア、放射線状グラデーション)が歪んで表示されます。
  • [macOS 11] ブラシライブラリパネルが歪んで表示されます。

Animate 2021(バージョン 21.0.1)

  • [macOS] 壊れたフォントがシステムにインストールされていると、アプリケーションが起動時にクラッシュします。
  • 複数フレーム編集モードで、矢印キーを使用して選択範囲を移動すると、予期したとおり機能しません。
  • キーボードショートカットを使用してクラシックブラシのサイズを変更すると、その変更がすぐに反映されません。
  • タイムラインパネルで、フレームを別のレイヤーフォルダーにドラッグできません。
  • 複雑なプロジェクトで、オブジェクト、フレーム、レイヤーのコピー&ペーストに時間がかかります。
  • 描画オブジェクトでエンベロープ変換を複数回使用すると、Animate がクラッシュします。
  • クラシックトゥイーンスパンの一部であるファイルを再び開くと、ビットマップのワープオブジェクトが消えます。

Animate 2021(バージョン 21.0)

  • [macOS] 高速スケッチでブラシストロークがスキップされます。
  • ズームインしたステージで描画が遅れます。
  • Windows Ink モードでツールが一時的にちらついたり、動作しません。
  • イメージを書き出しダイアログとアニメーション GIF を書き出しダイアログで、「マット」オプションが無効になっています。
  • 透明 GIF を生成すると、ステージ カラーの塗りが透明になります。 
  • Canvas ドキュメントで、ビットマッププロパティダイアログの圧縮設定が無効になっています。
  • AI 読み込みダイアログでレイヤーサムネールをプレビューすると、Animate が応答不能になります。
  • Animate がアイドル状態かバックグラウンドで実行中に、CPU の使用率が高くなります。
  • 名前を付けて保存」オプションを使用すると、自動リカバリファイルが削除されません。
  • タイムラインの再生中に自動リカバリがトリガーされます。
  •  ネストされたシンボルで「ズームインとズームアウト」オプションが正常に機能しません。
  • 親オブジェクトと子オブジェクトの両方が選択されていると、フリップ変形が正常に機能しません。

 

Animate 2020(バージョン 20.5.1)

  • リップシンクダイアログで、口形素フレームピッカーが開きません。
  • 静的テキストが動的テキストとしてランダムにパブリッシュされ、キャンバス出力で表示上の問題が発生します。
  • テキスト、プリミティブまたは描画オブジェクトのカラーパネルからカラーを変更できません。
  • キャンバス出力で、タイムラインの長いストリーミングオーディオが同期されません。
  • 3 つ以上のキーフレームをコピーすると、余分なフレームが作成されます。
  • 自動キーフレームモードで消しゴムツールが遅くなります。
  • アートブラシエクステンションで、線から塗りに変換した後、グループが作成されません。

Animate 2020(バージョン 20.5)

  • キャンバスのパブリッシュでデフォルト以外の画像設定を使用していると、テクスチャ/スプライトシートが生成されません。
  • キャンバスの出力が IE11 で再生されません。
  • ステージ背景に対する描画モードがキャンバスの出力に適用されません。
  • キャンバスのパブリッシュでマスクエフェクトを使用すると、出力がフレーム単位で生成され、JS 出力ファイルのサイズが大きくなります。
  • HTML5 キャンバスの書き出しに時間がかかります。
  • プレビューモードで、タイムラインの再生ヘッドがランダムなフレームで停止します。
  • ワークスペースの変更中、または「ホーム」タブと「Animate」タブの切り替え中に、アプリケーションフレームが一時的に消えます。
  • 長時間実行した後、fl.quit() を終了するとアプリケーションがクラッシュします。
  • レイヤーの親子設定でトゥイーンスパンを移動すると、子オブジェクトの位置が変わります。
  • SVG シーケンスの書き出しに名前を付けるときに 4 桁の数字を使用します。

Animate 2020(バージョン 20.0.3)

  • 新しいグループ内で描画を行うと、ブラシ線が消えます。
  • ファイルを開いている間に、空のごみ箱フォルダーが作成されることがあります。
  • プロパティパネルで複数のグラフィックインスタンスが選択されていると、ループの開始フレームを変更できません。
  • タイムライン再生中にカーソルをタイムラインまたはステージに合わせると、FPS がドロップします。
  • モーショントゥイーンシンボルに適用した傾斜が正しく機能しません。

Animate 2020(バージョン 20.0.2)

  • Catalina で「フォントスタイル」フィールドが使用できません。
  • 最初のフレームに適用されたカメラとレイヤーエフェクトがビデオ出力で保持されません。
  • ツールパネルで、塗りまたは線のカラーを変更するときに、余分なクリックが必要になります。

Animate 2020(バージョン 20.0.1)

このリリースでは、安定性に関する問題が修正され、製品の安定性が改善されています。

  • ネストされたタイムラインを切り替え、タイムラインをスクラブすると、ビットマップが正しい描画モードに設定されません。
  • HTML5 キャンバスの公開出力の JS で、シンボルインスタンスの Name プロパティが設定されません。
  • セカンダリモニターで Animate を起動して描画ツールを使用するときに、セカンダリモニターとプライマリディスプレイの表示スケールが異なると、オフセットに描画されます。
  • 公開された出力で、HTML5 コンポーネントがタイムラインの先頭に表示されます。
  • ライブラリパネルの項目にコンパクトビューがありません。
  • フレームを jpg/png に書き出すと、非表示レイヤーも画像に書き出されます。
  •  マルチフレームのタイムラインで、HTML5 コンポーネントが出力に正しく読み込みません。

Animate 2020(バージョン 20.0)

  • トゥイーンで回転と傾斜が滑らかになりません。
  • シンボルが乱れたり、トゥイーンの最後に移動します。
  • EditInPlace モードのシンボルに多角形選択ツールが機能しません。
  • キャンバスのパブリッシュ後に変更すると、出力でイージングプロパティが更新されません。
  • グラデーションカラーを使用すると、キャンバス出力でシェイプトゥイーンが機能しません。
  • グラフィックシンボル内でシェイプトゥイーンの線を選択できません。
  • HIDPI モニターで、library.addItemToDocument() api を使用してアイテムを追加すると、無効な位置に挿入されます。
  • ファイルでヨーロッパの小数点形式が使用されているときに、キャンバスファイルのテクスチャをパブリッシュすると、アプリがクラッシュします。
  • 特定のシナリオで、イメージの書き出しダイアログまたは JSAPI で PNG イメージを書き出すと、アプリケーションがクラッシュします。

ファイルでヨーロッパの小数点形式が使用されている場合に、キャンバスファイルのテクスチャをパブリッシュすると、アプリがクラッシュします。

  • キャンバス出力でカメラにマスキーレイヤーが適用されます。
  • グループ内の 1 つのツールにキーボードショートカットを設定すると、グループ内の他のツール(なげなわ、多角形、自動選択など)に影響します。
  • モノクロカラーとカラーの入れ替えのキーボードショットカットの追加。
  • <XML.UI> カラークリップ要素が初期化時に値を受信できません。
  • マルチシーンドキュメントで、シーンの一部にのみレイヤーエフェクトまたはカメラを使用して SWF をパブリッシュすると、コンパイルエラーが発生します。
  • Character Animator 用に書き出したときに、SVG でいくつかの線が消えます。 
  • ペースト後、ライブラリ内のフォルダーが消えます。
  • 特定のツールが有効になっていると、タイムラインの再生で FPS がドロップします。

Animate 2019(バージョン 19.2.1)

Animate 19.2.1 では、描画中のオブジェクトまたはグループ内で同じ位置にペーストを実行したときにクラッシュする問題が解決されています。

アドビのロゴ

アカウントにログイン

[Feedback V2 Badge]