この記事では、Animate CC の様々な時間コンポーネントについて説明します。

タイムライン

Adobe Animate CC のタイムラインでは、ドキュメントのコンテンツをレイヤーとフレームで整理および制御します。映画と同じように、Animate ドキュメントでは時間の長さをフレームに分割しています。レイヤーは、何層にも積み重ねられた複数のフィルムストリップに類似しており、それぞれのレイヤーに含まれている異なるイメージがステージに表示されます。タイムラインの主なコンポーネントは、レイヤー、フレームおよび再生ヘッドです。

  • タイムラインの左側の欄には、レイヤーの名前が表示されます。
  • 各レイヤーに含まれているフレームは、レイヤー名の右側の行に表示されます。
  • タイムラインの上部にあるタイムラインヘッダーには、フレーム番号が表示されます。
  • 再生ヘッドは、ステージに表示される現在のフレームを示します。ドキュメントの再生中、再生ヘッドはタイムラインの左から右に移動します。

デフォルトでは、再生ヘッドは終わりに到達すると先頭に戻ってループします。タイムラインの下部に表示されるタイムラインステータスには、選択中のフレーム番号、現在のフレームレート、および現在のフレームの経過時間が示されます。

タイムラインについて詳しくは、「Animate でのタイムラインの使用」とタイムラインのチュートリアルを参照してください。

フレーム

フレームはアニメーションの芯になるもので、時間や動きを記録するために使用されます。ムービー内のフレームの総数と、フレームの再生速度によって、ムービー全体の長さが決まります。

フレームについて詳しくは、フレームと、フレームアニメーションの作成を参照してください。

フレームスパン

キーフレームと、それに続く標準フレームのスパンは、キーフレームシーケンスと呼ばれます。タイムラインは、キーフレームシーケンスをいくつでも含むことができます。シーケンス内のキーフレームに、ステージに表示されるグラフィカルコンテンツが含まれている場合は、そのキーフレームに続く標準フレームが灰色で表示されます。シーケンス内のキーフレームに、グラフィカルコンテンツが含まれていない場合は、そのキーフレームに続く標準フレームが白で表示されます。

キーフレーム

映画と同じように、Adobe Animate CC ドキュメントでは時間の長さをフレームに分割しています。タイムラインでは、これらのフレームを操作してドキュメントのコンテンツを整理および制御します。タイムラインにフレームを挿入する際には、フレーム内のオブジェクトが完成したコンテンツで表示される順序どおりに挿入してください。

キーフレームとは、Adobe Animate CC のタイムラインで新しいシンボルインスタンスが表示されるフレームです。キーフレームには、ドキュメントの要素を制御する ActionScript コードが含まれる場合もあります。

また、タイムラインに空白キーフレームをプレースホルダーとして追加し、そこに後からシンボルを追加することも、空白のままにすることもできます。タイムラインの黒い点は単一のキーフレームを表します。単一のキーフレームに続く明るいグレーのフレームには、変更のない同じコンテンツが含まれます。

これらのフレームには黒い縦線が表示され、スパンの最後のフレームには白抜きの四角形が表示されます。最初のキーフレームに黒い点が表示され、黒い矢印と青い背景が表示されるスパンは、クラシックトゥイーンを表します。

キーフレームとプロパティキーフレームを混同しないでください。プロパティキーフレームのタイムラインアイコンは塗りつぶされたダイヤモンド型で、標準キーフレームのアイコンは白抜きまたは塗りつぶされた丸です。

マルチフレーム編集

複数フレームを編集することです。

FPS

1 秒間あたりのフレーム数

フレームレート(Adobe Animate CC アニメーションの再生速度)は、1 秒間あたりのフレーム数(FPS)によって測定されます。フレームレートが小さすぎると、アニメーションの動きがカクカクとぎこちなくなり、逆に大きすぎると、細部の描写がつぶれてしまいます。新規 Animate ドキュメントのデフォルトのフレームレートは 24 fps であり、一般に Web 上ではこのフレームレートを使用したときに最良の結果が得られます(標準的な映画のフレームレートも 24 fps です)。

アニメーションの複雑さと、再生するコンピューターの処理速度は、再生の滑らかさに影響を与えます。最適なフレームレートを決めるには、様々な処理能力を持つ各種コンピューターでアニメーションをテストします。Animate ドキュメント全体に指定できるフレームレートは 1 種類だけなので、アニメーションを作り始める前に希望のフレームレートを設定する必要があります。再生ヘッドがタイムラインを移動する速度は、基本的にはフレームレートによって決まります。

1 秒間あたりのフレーム数について詳しくは、アニメーションの基本を参照してください。

イージング

イージングは、トゥイーン内のプロパティキーフレーム間のプロパティ値を補間する際の計算方法を調整する機能です。イージングを使用しないと、トゥイーンオブジェクトはアニメーションの各フレームを一定の速度で移動します。イージングを使用すると、トゥイーンオブジェクトの速度を調整して、より自然な動きに見せたり、複雑なアニメーションを作成したりできます。イージングは、トゥイーンのプロパティ値に適用される数学的な曲線です。

トゥイーンの最終的な効果は、トゥイーン内でプロパティ値が変化する範囲と、イージング曲線を組み合わせた結果によって決まります。これにより、低速で開始して加速していく効果、高速で開始してスピードを落としていく効果、またはその両方を組み合わせた効果を実現できます。

例えば、ステージを横切るように移動する車のアニメーションを作成する場合は、車を停止位置からゆっくり動かし始め、徐々にスピードを上げていけば、より本物に近い動きになります。プロパティインスペクターで適用するイージングは、トゥイーンに含まれるすべてのプロパティに作用します。モーションエディターで適用するイージングは、1 つのプロパティ、プロパティのグループ、またはトゥイーンのすべてのプロパティに作用します。

イージングについて詳しくは、トゥイーンのシェイプと、モーショントゥイーンの編集を参照してください。

オニオンスキン

オニオンスキンを使用すると、現在のフレーム内のオブジェクトを前のフレームや次のフレームと比較しながら調整できます。オニオンスキンが無効になっているときは(デフォルト設定)、常にアニメーションシーケンス中の 1 つのフレームだけがステージ上に表示されます。

表示されるフレームは、タイムラインの再生ヘッドの位置に対応します。オニオンスキンが有効になっているときは、再生ヘッドのあるフレームは本来の色で表示され、周囲のフレームは淡色表示されます(薄紙に描かれたフレームが何枚も重ねられているイメージです)。

淡色表示されたフレームは視覚情報として表示されるだけで、編集することはできません。

オニオンスキンについて詳しくは、フレームアニメーションの作成タイムラインを参照してください。

レイヤー

レイヤーは、Adobe Animate CC ドキュメント内のアートワークを整理するのに役立ちます。各レイヤーは独立しており、あるレイヤー上でオブジェクトの描画や編集をおこなっても、他のレイヤーのオブジェクトには影響しません。レイヤー上にオブジェクトがないステージ領域では、下のレイヤーを透かして見ることができます。描画やペイントなどをおこなってレイヤーやフォルダーを変更するには、タイムライン内の目的のレイヤーを選択してアクティブにします。タイムライン内のアクティブなレイヤーやフォルダーには、名前の隣に鉛筆のアイコンが表示されます。

レイヤーは一度に複数選択できますが、一度にアクティブにできるのは 1 つのレイヤーのみです。Animate ドキュメントを新規作成したときには、レイヤーが 1 つだけ含まれています。ドキュメント内のアートワーク、アニメーション、その他のエレメントを整理するために、レイヤーを追加することができます。さらに、レイヤーの表示/非表示の切り替え、ロック/ロック解除の切り替え、並べ替えをおこなうことができます。 

作成できるレイヤー数は、コンピューターのメモリ容量によって制限されます。レイヤーを追加しても、パブリッシュされた SWF ファイルのファイルサイズが増加することはありません。レイヤーに配置されたオブジェクトのみがプロジェクトのファイルサイズに加算されます。洗練された効果を作成するために、描画や編集を容易にする特殊なガイドレイヤーを使用したり、マスクレイヤーを作成することも可能です。

レイヤーについて詳しくは、タイムラインレイヤーの作成を参照してください。

マスクレイヤー

マスクレイヤーには、下位レイヤーの一部を覆い隠すための「マスク」となるオブジェクトが含まれます。マスクレイヤーのマスクで覆われていない部分のみが表示されます。

マスクレイヤーの使用方法については、Animate CC でのマスクレイヤーの使用を参照してください。

ガイドレイヤー

Adobe Animate CC で描画中にオブジェクトを整列させるには、ガイドレイヤーを作成し、そのガイドレイヤー上に作成したオブジェクトを基準にして、別のレイヤー上のオブジェクトを配置します。任意のレイヤーをガイドレイヤーとして使用できます。ガイドレイヤー名の左側にガイドアイコンが表示されます。ガイドレイヤーは書き出されないので、パブリッシュされた SWF ファイルには表示されません。

モーショントゥイーンレイヤーやインバースキネマティックポーズレイヤーをガイドレイヤー上にドラッグすることはできませんが、標準レイヤーはガイドレイヤー上にドラッグできます。これにより、ガイドレイヤーがモーションガイドレイヤーに変換され、標準レイヤーが新しいモーションガイドレイヤーにリンクされます。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー