Animate の最新リリースの新機能について説明します。
an_appicon_128

Animate の 2018 年 12 月(バージョン 19.1)および 2018 年 10 月(バージョン 19.0)リリースでは、キャラクターアニメーター、ゲームデザイナー、広告デベロッパー、アニメーター、教育コンテンツクリエイター向けの便利な新機能が導入されています。ここでは、これらの新機能の簡単な紹介と、詳細を記載したリソースのリンクを示します。


Animate 19.1 の新機能

消しゴムツールでの筆圧および傾きのサポート

消しゴムツールに筆圧および傾きオプションが追加され、描画オプションが強化されました。筆圧および傾きを感知する新しい消しゴム機能を使用することで、ブラシツールと同じサイズおよび精度で消去できます。

消しゴムツールを使用したサンプル図
消しゴムツールを使用したサンプル図

詳しくは、線とシェイプの変更の「ドラッグして消去する」の節を参照してください。

バケツツールの機能強化

バケツツールを連続塗りつぶしモードで使用できるようになりました。このツールは、シェイプをドラッグするに従って領域/輪郭を塗りつぶします。ドラッグするに応じてすべての領域を塗りつぶすか、空の領域および特定のカラー領域のみを塗りつぶすかを選択できます。

  • すべての領域を塗りつぶす」チェックボックスが選択されている場合 - 塗りのカラーは、ドラッグしたすべての輪郭/領域に対して適用されます。
  • すべての領域を塗りつぶす」チェックボックスが選択されていない場合 - 塗りのカラーは、空の領域または開始カラーが見つかった場所に対して適用されます。

この「ドラッグして塗りつぶす」オプションにより、ブラシツールを使用して描画されたシェイプに対するカラーリングがすばやく簡単になります。

「ドラッグして塗りつぶす」オプション
「ドラッグして塗りつぶす」オプション

詳しくは、バケツツールによるペイントされた領域の変更を参照してください。

SVG 書き出しの機能強化

Animate から書き出された SVG ファイルは、適切に整理され、レイヤー階層を維持します。書き出されたファイルは、Character Animator に読み込んでさらに活用できます。

Animate の SVG
Animate の SVG
Character の SVG
Character の SVG

SVG 書き出しワークフローについて詳しくは、SVG ファイルの書き出しを参照してください。

Typekit のリブランディング

Animate のこのリリースでは、Adobe Fonts に言及していることに気づくでしょう。これは、Typekit の新名称です。Adobe Fonts は、Creative Cloud サブスクリプションに含まれます。同時に有効にできるフォントの数および Web フォントの月間ページビュー数に制限はありません

Typekit から Adobe Fonts へのリブランディングについて詳しくは、ここをクリックしてください。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー