InDesign が不意にシャットダウンした場合にドキュメントを復元する方法を学びます。

システムエラー、電源喪失などの問題によって InDesign の予期しないシャットダウンが発生した場合、作業中の InDesign ドキュメントに行った変更で未保存の内容は失われることがあります。InDesign の自動復元機能を使用すると、これらのドキュメントを回復することができます。

InDesign のドキュメントの自動復元について

InDesign ドキュメントの変更中、InDesign は、毎分一回、変更内容を小刻みに保存します。「ファイル/保存」を選択するたびに、InDesign はこれらの変更を InDesign Recovery フォルダーの一時ファイルに保存し、変更をドキュメントに追加してから、一時ファイルを削除します。InDesign が不意にシャットダウンすると、InDesign は、これらの一時ファイルを使用して、ドキュメントに未保存の変更内容の復元を試行します。

InDesign Recovery フォルダーの内容

ユーザーアカウントごとに別個の InDesign Recovery フォルダーがあります。InDesign は、起動時に InDesign Recovery フォルダーを検出できないと、そのフォルダーを再作成します。

  • dbt [ランダムな英数字]: 開いている各 InDesign ドキュメントの小刻みに保存した情報を含む一時ファイル。これらの一時ファイルの名前は、Windows では必ず "dbt" で始まり、"tmp" で終わります。
  • Default settings:デフォルト設定を格納する一時ファイル。これは、InDesign Recovery フォルダーの内容を名前で表示すると、最初に示される一時ファイルです。
  • RecoveryData:すべての開いた InDesign ドキュメントとクラッシュしたドキュメントの、完全なパス名を含むインデックス。開いたドキュメントのリストには、エイリアスでなくパスが含まれるので、クラッシュ後に移動または名前変更したファイルは、InDesign では復元できません。
  • ProtectiveShutdownLog: InDesign がアクセス違反が原因でクラッシュした場合に生成されるログファイル。このログファイルは、エラーの原因となった可能性のあるプラグインの特定に役立ちます。

注意:

復元の必要なドキュメントを別のシステムに移動して開くと、InDesign が RecoveryData ファイルを検索できなくなるので、クラッシュの前に保存したデータを復元できなくなります。したがって、InDesign を起動して復元したすべてのドキュメントを保存することで、クラッシュ直後にドキュメントの復元を行ってください。

InDesign Recovery フォルダーの場所

  • Mac OS X: Users/[ユーザー名]/Library/Cache/Adobe InDesign/Version[#.0]/InDesign Recovery
  • Windows Vista/7: C:\Users\[ユーザー名]\AppData\Local\Adobe\InDesign\Version [#].0\en_US\Caches\InDesign Recovery

注意:

上記のフォルダーに格納される情報は暗号化されます。したがって、その情報を使用して、サードパーティのツールでドキュメントを復元したり、InDesign にデータを復元させたりすることはできません。

InDesign ドキュメントを復元する

  1. InDesign を再起動して、ドキュメントの自動復元プロセスを開始します。

    InDesign は、シャットダウン時に開いていたドキュメントの情報について InDesign Recovery フォルダーをチェックし、これらのドキュメントを開き、小刻みに保存したデータをドキュメントに取り込もうとします。

  2. 復元したドキュメントを保存するか、ドキュメントの最後に保存したバージョンに復帰します。

    InDesign がドキュメントを開き、そのドキュメントに小刻みに保存したデータを取り込むことに成功すると、「[元のファイル名] Recovered」というファイル名が表示されます。

    • 復元したドキュメントを保存するには、「ファイル/保存」または「ファイル/別名で保存」を選択します。プロンプトが表示されたら、「はい」をクリックして、元のファイルを上書きし、復元した以前の未保存情報を取り込みます。
    • あるいは、「ファイル/復帰」を選択して、ドキュメントの最後に保存したバージョンに復帰します。このバージョンには、InDesign の不意の終了前にドキュメントに行った未保存の変更は含まれません。

    復元したドキュメントが破損して開かない場合は、InDesign が再び終了したり、エラーメッセージを表示することがあります。

  3. (オプション)ProtectiveShutdownLog ファイルをチェックして、サードパーティのプラグインが InDesign のクラッシュの原因かどうかを判別します。

    テキストエディターでファイルを開き、時刻、日付、エラー、およびクラッシュ発生時に InDesign に読み込まれていたプラグインを表示します。「Troubleshoot InDesign third-party plug-ins (InDesign サードパーティプラグインのトラブルシューティング)」を参照してください。

自動復元時のメッセージ

InDesign によるドキュメントの復元試行時に、以下の表のメッセージが表示されることがあります。

一部のメッセージでは、どのように手順を進めるか質問してきます。場合によっては、次のボタンをクリックすることができます。

  • 残りのドキュメントの復元を続行するが、RecoveryData ファイルのドキュメントリストでアラートされたドキュメントはそのままにしておく場合は、「はい」をクリックします。InDesign の次回起動時に、アラートされたドキュメントの復元が再試行されます。
  • 残りのすべてのドキュメントの復元を続行するが、RecoveryData ファイルのドキュメントリストからアラートされたドキュメントを削除する場合は、「いいえ」をクリックします。InDesign は、このファイルの復元を再試行しません。
  • すべてのドキュメントの復元プロセスを停止する場合は、「キャンセル」をクリックします。InDesign の次回起動時に、すべてのドキュメントの復元が再試行されます。
  • 別名で保存」をクリックして、修復済み文書を新規文書として保存します。
  • 続行」をクリックして、修復されていない新しい無題の修復文書を処理します。
メッセージ 意味
自動復元を開始しますか? (メッセージは破損に言及していませんが)復元を必要とする1つ以上のドキュメントが破損しています。「Troubleshoot damaged InDesign documents(破損した InDesign ドキュメント問題の解決)」を参照してください。
[ファイル名] が見つかりません。ドキュメントの復元を延期しますか? ドキュメントが削除されたか、移動されたか、名前を変更されたので、
InDesign はそのドキュメントを見つけることができません。あるいは、ドキュメントが存在するボリューム(サーバー)を現在使用できない可能性があります。
[ファイル名] が変更されたので復元できませんでした ドキュメントをすでに復元し、ネットワーク上で保存したので、ドキュメントの内容が小刻みに保存した情報を含むローカルファイルと一致しなくなっています。ファイルを見つけるには、ファイル/開くを選択します。
「認識できないドキュメント」は開くことができません。データベースエラー情報を利用できません。 ドキュメントの一時ファイルが破損しているか、検出できません。ドキュメントの最後に保存したバージョンなら開くことができます。
[ファイル名] は、復元の可能性が全くないほど破損しています。 ドキュメントは破損しているため復元不可能です。「Troubleshoot damaged InDesign documents(破損した InDesign ドキュメントのトラブルシューティング)」を参照してください。
[ファイル名] は破損している可能性があります。ファイルを開きますか? このドキュメントには、InDesign をクラッシュさせる可能性のある矛盾が含まれています。ドキュメントを開く場合は、その内容を新しいドキュメントにコピーして貼り付けてください。「Troubleshoot damaged InDesign documents(破損した InDesign ドキュメントのトラブルシューティング)」を参照してください。

[ファイル名] の破損が判明して修復されました。ファイルの破損したコンテンツが削除/変更された可能性があります。

新規ファイルとして保存するには「別名で保存」をクリックしてください [推奨]。元の修復済みファイルに対する作業を続行するには、「続行」をクリックします。

元のファイルが破損していて、復元したコンテンツ内容で新規ファイルが作成されました。ファイルを保存するか、無題の新規文書の作業を引き続き行うことができます。
[ファイル名] の破損が判明しました。修復時に一部のデータが失われることがあります。元のファイルはそのままです。これは重複したファイルです。 元のファイルが破損していて、復元したコンテンツ内容で新規ファイルが作成されました。 

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー