マニュアル キャンセル

テキストの書式設定

  1. InDesign ユーザーガイド
  2. InDesign とは
    1. InDesign の概要
      1. InDesign の新機能
      2. 必要システム構成
      3. よくある質問
      4. Creative Cloud ライブラリの使用
    2. ワークスペース
      1. ワークスペースの基本
      2. Toolbox
      3. 環境設定の指定
      4. タッチワークスペース
      5. 初期設定のキーボードショートカット
      6. ドキュメントの復元と取り消し
      7. Capture の拡張機能
  3. ドキュメントの作成とレイアウト
    1. ドキュメントとページ
      1. ドキュメントの作成
      2. 親ページの使い方
      3. ドキュメントページで作業する
      4. ページサイズ、マージン、裁ち落としの設定
      5. ファイルとテンプレートを使用した作業
      6. ブックファイルの作成
      7. 基本的なページ番号の追加
      8. ページ、章、セクションの番号の設定
      9. QuarkXPress および PageMaker ドキュメントの変換
      10. コンテンツの共有
      11. ファイル管理の基本ワークフロー
      12. ドキュメントの保存
    2. グリッド
      1. グリッド
      2. グリッドの書式設定
    3. レイアウト補助
      1. 定規
  4. コンテンツの追加
    1. テキスト
      1. テキストのフレームへの追加
      2. テキストの連結
      3. アラビア語版およびヘブライ語版の機能(InDesign)
      4. パステキストの作成
      5. 箇条書きと自動番号の使用
      6. グリフと特殊文字
      7. テキスト組版
      8. テキスト変数
      9. QR コードの作成
      10. テキストの編集
      11. テキストの行揃え
      12. オブジェクトへのテキストの回り込み
      13. アンカー付きオブジェクト
      14. リンクコンテンツ
      15. 段落の書式設定
      16. 文字の書式設定
      17. 検索と置換
      18. スペルチェックと言語の辞書
    2. テキスト編集
      1. InDesign でのフォントの使用
      2. カーニングと字送り
    3. テキストの書式設定
      1. テキストの書式設定
      2. スタイルパックの操作
      3. タブおよびインデント
    4. レビューテキスト
      1. 変更のトラックとレビュー
      2. InDesign での注釈の追加
      3. PDF コメントの読み込み
    5. 参照を追加
      1. 目次の作成
      2. 脚注
      3. 索引の作成
      4. 文末脚注
      5. キャプション
    6. スタイル
      1. 段落スタイルと文字スタイル
      2. スタイルのマッピング、書き出し、管理
      3. オブジェクトスタイル
      4. ドロップキャップと先頭文字スタイル
      5. スタイルの操作
      6. 行送り
      1. 表の書式設定
      2. 表の作成
      3. 表およびセルのスタイル
      4. 表の選択と編集
      5. 表の罫線および塗り
    7. インタラクティブ機能
      1. ハイパーリンク
      2. ダイナミック PDF ドキュメント
      3. ブックマーク
      4. ボタン
      5. フォーム
      6. アニメーション
      7. 相互参照
      8. PDF の構造化
      9. ページ効果
      10. ムービーとサウンド
      11. フォーム
    8. グラフィック
      1. パスとシェイプ
      2. 鉛筆ツールを使用した描画
      3. ペンツールを使用した描画
      4. 線の設定の適用 
      5. 複合パスと複合シェイプ
      6. パスの編集
      7. クリッピングパス
      8. 角の形状の変更
      9. オブジェクトの整列と分布
      10. リンクと埋め込み画像
      11. AEM Assets の統合
    9. カラーと透明度
      1. カラーの適用
      2. 配置したグラフィックのカラーの使用
      3. スウォッチを使用した作業
      4. インキの混合
      5. 濃淡
      6. 特色とプロセスカラー
      7. ブレンドカラー
      8. グラデーション
      9. 透明が使用されているアートワークの統合
      10. 透明効果の追加
  5. 共有
    1. InDesign クラウドドキュメントの操作
    2. InDesign クラウドドキュメント | よくある質問
    3. 共有とコラボレーション        
    4. レビュー用に共有
    5. 共有された InDesign ドキュメントをレビュー
    6. フィードバックの管理 
  6. 公開
    1. 配置、書き出しおよび公開
      1. Publish Online
      2. グラフィックのコピーと挿入
      3. EPUB へのコンテンツの書き出し
      4. Adobe PDF オプション
      5. HTML へのコンテンツの書き出し
      6. Adobe PDF への書き出し
      7. JPEG 形式での書き出し
      8. HTML 形式で書き出し
      9. DPS および AEM Mobile の概要
      10. サポートされるファイル形式
    2. プリント
      1. ブックレットのプリント
      2. トンボと裁ち落とし
      3. 文書のプリント
      4. インキ、色分解、スクリーン線数
      5. オーバープリント
      6. PostScript ファイルと EPS ファイルの作成
      7. 入稿前のプリフライトファイル
      8. サムネールと用紙サイズより大きいドキュメントの印刷
      9. 印刷・出力会社用の PDF の準備
      10. 色分解出力の準備
  7. InDesign の拡張
    1. 自動化
      1. データ結合
      2. プラグイン
      3. InDesign で拡張機能をキャプチャする
      4. スクリプト
  8. トラブルシューティング
    1. 修正された問題
    2. 起動時のクラッシュ
    3. 環境設定フォルダー読み取り専用エラー
    4. ファイルの問題のトラブルシューティング
    5. PDF の書き出し不可
    6. InDesign 文書復旧

テキストの書式設定

テキストの書式を変更するには、コントロールパネルを使用します。テキストを選択するか、テキスト内に挿入点を置くと、モニターの解像度に応じて、コントロールパネルに文字形式コントロールと段落形式コントロールのいずれか、またはその両方が表示されます。これと同じ書式設定コントロールが、文字パネルと段落パネルにも表示されます。文字パネルと段落パネルを使用してテキストの書式を変更することもできます。

テキストに書式を設定する方法は次のとおりです。

  • 文字に書式を設定するには、文字ツール を使用して文字を選択するか、テキスト挿入点を置き、書式設定のオプションを選択してから文字を入力します。

  • 段落に書式を設定するには、段落全体を選択する必要はありません。段落内の任意の単語または文字を選択するか、段落内にテキスト挿入点を置けば、段落全体に書式を適用できます。段落内にあるテキストを選択することもできます。

  • 現在のドキュメント内に新しく作成するテキストフレームすべてに適用する書式を設定する場合は、テキスト挿入点がなく、何も選択していない状態にしてから、書式設定のオプションを指定します。すべての新規ドキュメントに対するデフォルトのテキストの書式を設定するには、すべてのドキュメントを閉じた状態で設定します。詳しくは、「デフォルトの設定」を参照してください。

  • 書式を適用するテキストが入力されているテキストフレームを選択します。ただし、テキストフレームが連結されていない場合に限ります。

  • 段落スタイルと文字スタイルを使用すると、同一の書式をテキストに簡単に設定することができます。

  1. 文字ツール を選択します。
  2. テキスト挿入点を置くか、書式を設定するテキストを選択します。
  3. コントロールパネルで、文字形式コントロールアイコン または段落形式コントロールアイコン をクリックします。
    コントロールパネル

    A. 文字形式コントロール B. 段落形式コントロール 

  4. 書式設定のオプションを指定します。

テキストフォーマットの優先

テキストに、フォントスタイルやテキストの組み方向などの属性を書式設定するには、様々な方法を使用できます。例えば、コントロールパネル、フレームグリッド設定、またはグリッドフォーマット、あるいはテキストスタイルを使用できます。複数の方法を使用して、属性が相互に矛盾する場合は、InDesign により使用する属性が選択されます。優先順位は次のとおりです。

  1. 文字属性のオーバーライド

  2. 文字スタイル

  3. 段落属性のオーバーライド

  4. 段落スタイル

  5. CJK グリッド属性(グリッドフォーマットまたはフレームグリッド設定ダイアログボックスから)

  6. アプリケーションデフォルト(ルートの段落スタイル)

例えば、フレームグリッド設定で、1 つのフォントサイズを指定し、文字スタイルで別のフォントサイズを指定した場合は、文字スタイルに指定したフォントサイズが使用されます。同様に、オブジェクトスタイルに段落スタイルとグリッドフォーマットの両方を指定した場合は、段落スタイルがグリッドフォーマットよりも優先されます。

文字属性のコピー(スポイト)

スポイトツールを使用して、文字、段落、塗り、線の属性をコピーして、その属性を他の文字に適用することができます。デフォルトでは、スポイトツールを使用すると、すべての文字属性がコピーされます。スポイトツールを使用してコピー元の属性を指定するには、スポイトツールオプションダイアログボックスを使用します。

スポイトツールは、レイアウトビューでのみ使用できます。

選択されていないテキストに対する文字属性のコピー

  1. スポイトツール を使用して、コピー元の属性が設定されているテキストをクリックします(開いている他のドキュメントのテキストを選択することもできます)。スポイトポインターの向きが反対になり、スポイトが充填されます 。これは、コピー元の属性が取り込まれたことを示します。スポイトツールをテキスト上に合わせると、スポイトツール の横に I 型カーソルのアイコンが表示されます。
  2. 属性を変更するテキストをスポイトツールでドラッグして選択します。

    選択したテキストには、スポイトツールに取り込まれている属性が適用されます。スポイトツールを選択している間は、テキストを選択して書式を設定することができます。

  3. スポイトツールの選択を解除するには、別のツールをクリックします。

スポイトツールに現在取り込んでいる書式属性を消去するには、Alt キー(Windows)または Option キー(macOS)を押します。スポイトツールの向きが反対になり、空 になります。これは新しい属性をピックアップする準備ができていることを示します。Alt キー(Windows)または Option キー(Mac OS)を押したまま、コピー元の属性を持つオブジェクトをクリックすると、新たに属性がコピーされ、別のオブジェクトに適用できるようになります。

書式のコピー元になるテキストをスポイトツールでクリックし(左)、書式の設定されていないテキストをドラッグして選択し(中央)、書式を設定します(右)。

スポイトツールを使用して、あるドキュメントのテキストから別のドキュメントのテキストに段落スタイルをコピーするときに、段落スタイルがコピー先のスタイルと同名で異なる属性セットを持っている場合は、異なる属性のすべてがコピー先のスタイルへ上書きされます。

選択しているテキストに対する文字属性のコピー

  1. 文字ツール またはパステキストツール を使用して、属性のコピー先となるテキストを選択します。
  2. スポイトツール を使用して、属性のコピー元となるテキストをクリックします(属性のコピー元になるテキストは、コピー先のテキストと同じ InDesign ドキュメントにある必要があります)。スポイトツールの向きが反対になり、スポイトが充填されます 。これは、コピー元の属性が取り込まれたことを示します。取り込んだ属性は、手順 1 で選択したテキストに適用されます。
選択したテキストにコピーされた文字属性

スポイトツールのコピー対象の文字属性の変更

  1. ツールパネルで、スポイトツールをダブルクリックします。
  2. スポイトツールダイアログボックスで、文字設定または段落設定を選択します。
  3. リストをスクロールして、コピーしたい属性を選択し、「OK」をクリックします。

スポイトツールオプションダイアログボックスの設定を変更せずに、段落属性だけをコピーまたは適用するには、Shift キーを押しながらスポイトツールでテキストをクリックします。

クイック適用の使用

クイック適用を使用して、スタイル、メニューコマンド、スクリプト、変数、およびキーボードショートカットダイアログボックスで検索できるその他のほとんどのコマンドを検索して適用することができます。

  1. スタイル、メニューコマンド、スクリプト、または変数を適用するテキストまたはフレームを選択します。
  2. 編集/クイック適用を選択するか、Ctrl+Enter キー(Windows)または Command+Return キー(Mac OS)を押します。
  3. 適用するアイテムの名前の入力を開始します。

    必ずしも正確に入力する必要はありません。例えば、「」と入力した場合は、ヘッダー 1、ヘッダー 2、およびサブヘッドなどのスタイルと、ヘルプメニュー/InDesign ヘルプなどのヘルプメニューコマンドが検索されます。

    スタイル、メニューコマンド、スクリプト、変数の検索にはクイック適用を使用します。

    検索の先頭に m:(メニューの場合)や p:(段落スタイルの場合)などの適切な接頭辞を入力すれば、検索範囲を絞り込むことができます。接尾辞のリストを表示するには、クイック適用テキストボックスの左にある下向き矢印をクリックします。このリストにある、表示したくないカテゴリーを選択解除することができます。

  4. 適用したいアイテムを選択して次のようにします。
    • スタイル、メニューコマンド、または変数を適用するには、Enter キーまたは Return キーを押します。

    • 段落スタイルを適用してオーバーライドを削除するには、Alt+Enter キー(Windows)または Option+Return キー(Mac OS)を押します。

    • 段落スタイルを適用してオーバーライドと文字スタイルを削除するには、Alt+Shift+Enter キー(Windows)または Option+Shift+Return キー(Mac OS)を押します。

    • クイック適用リストを閉じずにアイテムを適用するには、Shift+Enter キー(Windows)または Shift+Return キー(Mac OS)を押します。

    • アイテムに適用せずにクイック適用リストを閉じるには、Esc キーを押すか、ドキュメントウィンドウの中で他のところをクリックします。

    • スタイルを編集するには、Ctrl+Enter キー(Windows)または Command+Return キー(Mac OS)を押します。

クイック適用リストが表示されたら、左向き矢印および右向き矢印キーを押して、編集フィールド内を移動します。また、上向き矢印および下向き矢印キーを押すと、アイテムリスト内をスクロールできます。

関連リソース

アドビへのお問い合わせ

ご意見をお待ちしております。 Adobe InDesign コミュニティまでお知らせください。

アドビのロゴ

アカウントにログイン