「角オプション」コマンドを使用して、角の効果をパスに簡単に適用できます。角の効果には、簡単な丸みのある角から複雑な装飾まであります。

様々な線幅の効果
角の形状での様々な線幅の効果

A. 線のない飾りの効果 B. 線幅が 1 ポイントの線による効果 C. 線幅が 4 ポイントの線による効果 

角オプションダイアログボックスを使用した角の形状の適用

  1. 選択ツールを使用して、パスを選択します。

  2. オブジェクト/角オプションを選択します。

  3. 長方形の 4 つすべての角に角の効果を適用するには、すべての設定を同一にするアイコン を選択します。このオプションが選択解除されているときは、鎖が切れている形のアイコンが表示されます。

  4. 角の効果をポップアップメニューから選択し、角のサイズを指定します。

    サイズの値により、各コーナーポイントから角の効果を広げる半径が決まります。

  5. 実際に適用する前に、効果の結果を確認するには、「プレビュー」を選択します。「OK」をクリックします。

ライブコーナーの使用

ライブコーナーを使用すると、フレームに表示される黄色の四角形をクリックしてドラッグすることで、長方形のフレームに角の効果を適用できます。角ごとに異なる角の効果や角丸の半径も適用できるようになりました。

  1. 長方形のフレームを選択し、黄色の四角形をクリックします。

    選択したフレームに 4 つの黄色の菱形が表示され、ライブコーナーモードになります。選択したフレームに黄色の四角形が表示されない場合は、表示/エクストラ/ライブコーナーを表示を選択します。

  2. 角の効果を追加するには、次のいずれかの操作を行います。

    • 4 つすべての角丸の半径を調整するには、菱形の 1 つをフレームの中心に向けてドラッグします。

    • 1 つの角を調整するには、Shift キーを押しながら菱形をドラッグします。

    • 様々な効果を順に表示するには、Alt キー(Windows)または Option キー(Mac OS)を押しながら黄色の菱形をクリックします。

  3. 効果の編集を中止するには、選択したフレームの外側をクリックします。

角の効果を削除するには、オブジェクト/角オプションを選択し、ポップアップメニューから「なし」を選択します。

フレームを選択したときに黄色の四角形が表示されないようにする場合は、表示/エクストラ/ライブコーナーを隠すを選択します。

角の形状を適用するためのガイドライン

次の点に注意してください。

  • さらに、角の効果を追加するプラグインソフトウェアを使用すれば、「角オプション」コマンドに、線パネルで指定できる形状を追加できます。

  • 角の効果は、パスのコーナーポイントすべてに表示されますが、スムースポイントには適用されません。コーナーポイントを移動すると、自動的に角の効果の角度が変わります。

  • 内方向または外方向に膨らむなど、角の効果によってパスが大幅に変更される場合は、フレームとその内容の相互作用またはレイアウトのその他の部分の相互作用に角の効果が影響している可能性があります。例えば、角の効果のサイズを大きくすると、テキストの回り込みやフレームの余白が、フレーム枠からさらに離れるように押される場合があります。

  • 角の効果は編集することはできませんが、角丸の半径を変更したり、線を修正したりして、角の効果の外観を変更することはできます。

  • 角の効果が現れない場合は、パスにコーナーポイントが使用され、線のカラーやグラデーションが適用されていることを確認します。そして、角オプションダイアログボックスの「サイズ」オプションを大きい値にするか、線パネルで線幅を太くします。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー