マニュアル キャンセル

EPUB へのコンテンツの書き出し

  1. InDesign ユーザーガイド
  2. InDesign とは
    1. InDesign の概要
      1. InDesign の新機能
      2. 必要システム構成
      3. よくある質問
      4. Creative Cloud ライブラリの使用
    2. ワークスペース
      1. ワークスペースの基本
      2. InDesign でのワークスペースのカスタマイズ
      3. Toolbox
      4. 環境設定の指定
      5. プロパティパネル
      6. タッチワークスペース
      7. 初期設定のキーボードショートカット
      8. ドキュメントの復元と取り消し
    3. 生成 AI(アメリカ合衆国でのみ利用可能)
      1. テキストから画像生成(Beta)
      2. 生成 AI に関する FAQ
  3. ドキュメントの作成とレイアウト
    1. ドキュメントとページ
      1. ドキュメントの作成
      2. 親ページの使い方
      3. ドキュメントページで作業する
      4. ページサイズ、マージン、裁ち落としの設定
      5. ファイルとテンプレートを使用した作業
      6. ブックファイルの作成
      7. 基本的なページ番号の追加
      8. ページ、章、セクションの番号の設定
      9. QuarkXPress および PageMaker ドキュメントの変換
      10. コンテンツの共有
      11. ファイル管理の基本ワークフロー
      12. ドキュメントの保存
    2. グリッド
      1. グリッド
      2. グリッドの書式設定
    3. レイアウト補助
      1. 定規
      2. 定規を使用したオブジェクトの整列と分布
      3. ものさしツールを使用したオブジェクトの測定
  4. コンテンツの追加
    1. テキスト
      1. テキストのフレームへの追加
      2. テキストの連結
      3. 東南アジア言語のスクリプト
      4. アラビア語版およびヘブライ語版の機能(InDesign)
      5. パステキストの作成
      6. 箇条書きと自動番号の使用
      7. グリフと特殊文字
      8. テキスト組版
      9. テキスト変数
      10. QR コードの作成
      11. テキストの編集
      12. テキストの行揃え
      13. オブジェクトへのテキストの回り込み
      14. アンカー付きオブジェクト
      15. リンクコンテンツ
      16. 段落の書式設定
      17. 文字の書式設定
    2. テキスト編集
      1. InDesign でのフォントの使用
      2. カーニングと字送り
    3. テキストの書式設定
      1. テキストの書式設定
      2. テキストのスタイルの自動設定
      3. スタイルパックの操作
      4. タブおよびインデント
    4. レビューテキスト
      1. 変更のトラックとレビュー
      2. InDesign での注釈の追加
      3. PDF コメントの読み込み
    5. スペルチェックと言語の辞書
      1. スペルチェック、スペル自動修正、ダイナミックスペルチェック
      2. 辞書と単語を作成、追加、管理する
      3. 辞書の環境設定の変更
      4. Duden 辞書
    6. 参照を追加
      1. 目次の作成
      2. 脚注
      3. 索引の作成
      4. 後注
      5. キャプション
    7. スタイル
      1. 段落スタイルと文字スタイル
      2. スタイルのマッピング、書き出し、管理
      3. オブジェクトスタイル
      4. ドロップキャップと先頭文字スタイル
      5. スタイルの操作
      6. 行送り
      1. 表の書式設定
      2. 表の作成
      3. 表およびセルのスタイル
      4. 表の選択と編集
      5. 表の罫線および塗り
    8. インタラクティブ機能
      1. ハイパーリンク
      2. ダイナミック PDF ドキュメント
      3. ブックマーク
      4. ボタン
      5. フォーム
      6. アニメーション
      7. 相互参照
      8. PDF の構造化
      9. ページ効果
      10. ムービーとサウンド
    9. グラフィック
      1. パスとシェイプ
      2. 鉛筆ツールを使用した描画
      3. ペンツールを使用した描画
      4. 線の設定の適用 
      5. 複合パスと複合シェイプ
      6. パスの編集
      7. クリッピングパス
      8. 角の形状の変更
      9. フレームとオブジェクト
      10. オブジェクトの整列と分布
      11. リンクと埋め込み画像
      12. AEM Assets の統合
    10. カラーと透明度
      1. カラーの適用
      2. 配置したグラフィックのカラーの使用
      3. スウォッチを使用した作業
      4. インキの混合
      5. 濃淡
      6. 特色とプロセスカラー
      7. ブレンドカラー
      8. グラデーション
      9. 透明が使用されているアートワークの統合
      10. 透明効果の追加
  5. 検索と置換
    1. テキストの検索と置換
    2. フォントの検索と置換
    3. 字形の検索と置換
    4. 正規表現とクエリを使用した検索と置換
    5. オブジェクトの検索と置換
    6. カラーの検索と置換
    7. 検索および置換を行うための検索オプション
  6. 共有
    1. InDesign クラウドドキュメントの操作(Beta)
    2. InDesign クラウドドキュメントのよくある質問 (Beta)
    3. 共有とコラボレーション        
    4. レビュー用に共有
    5. 共有された InDesign ドキュメントをレビュー
    6. フィードバックの管理 
  7. 公開
    1. 配置、書き出しおよび公開
      1. Publish Online
      2. Publish Online ダッシュボード
      3. グラフィックのコピーと挿入
      4. EPUB へのコンテンツの書き出し
      5. Adobe PDF オプション
      6. HTML へのコンテンツの書き出し
      7. Adobe PDF への書き出し
      8. JPEG 形式での書き出し
      9. HTML 形式で書き出し
      10. DPS および AEM Mobile の概要
      11. サポートされるファイル形式
      12. ユーザー設定の書き出しと読み込み
    2. プリント
      1. ブックレットのプリント
      2. トンボと裁ち落とし
      3. 文書のプリント
      4. インキ、色分解、スクリーン線数
      5. オーバープリント
      6. PostScript ファイルと EPS ファイルの作成
      7. 入稿前のプリフライトファイル
      8. サムネールと用紙サイズより大きいドキュメントの印刷
      9. 印刷・出力会社用の PDF の準備
      10. 色分解出力の準備
  8. InDesign の拡張
    1. 自動化
      1. データ結合
      2. プラグイン
      3. InDesign で拡張機能をキャプチャする
      4. スクリプト
  9. トラブルシューティング
    1. 修正された問題
    2. 起動時のクラッシュ
    3. 環境設定フォルダー読み取り専用エラー
    4. ファイルの問題のトラブルシューティング
    5. PDF の書き出し不可
    6. InDesign 文書復旧

InDesign ドキュメントを EPUB(固定レイアウトまたはリフロー可能)形式に書き出す方法について説明します。

InDesign ドキュメントを EPUB 形式に効率的に書き出して、ユーザーが EPUB リーダーで表示できるようにします。要件に基づいて、リフロー可能形式と固定レイアウト形式のいずれかを選択します。

リフロー可能な EPUB ドキュメントの場合、EPUB リーダーは表示デバイスに応じてコンテンツを最適化できるため、電子インクデバイスに最適です。この形式を使用すると、リーダーはテキストのフォントとサイズをカスタマイズできます。

固定レイアウト形式は、オーディオ、ビデオ、Edge コンテンツをサポートします。グラフィック、テキスト、オーディオ、ビデオドキュメントに適しており、子供の本、料理本、教科書、漫画本に最適です。ナビゲーションボタン、ページ効果、アニメーション、ハイパーリンクなどのコントロールを含んだインタラクティブドキュメントを、固定レイアウト形式で書き出すこともできます。

ドキュメントを EPUB 形式で書き出すには、書き出しコマンドを使用します。

  1. ドキュメントを開き、ファイル書き出しを選択します。

  2. 保存場所とファイル名を指定します。

  3. 形式として保存(Windows)または形式(macOS)で、EPUB (固定レイアウト) または EPUB (リフロー可能) を選択します。

  4. 同じファイル名を使用する場合は、「InDesign ドキュメント名を出力ファイル名として使用」を選択し、「保存」を選択します。

    書き出しダイアログボックスが表示されます。

XHTML ベースのコンテンツを含む単一の .epub ファイルが作成されます。ファイルを表示するには、EPUB リーダーが必要です。Adobe Digital Editions リーダー(アドビの web サイトから無料でダウンロード可能)も使用できます。

.epub ファイルは本質的には .zip ファイルです。拡張子を .zip に変更し、解凍してコンテンツを表示および編集します。これは、CSS ファイルを編集する場合にかなり便利です。

EPUB 固定レイアウトと EPUB リフロー可能形式の書き出しオプション

EPUB 固定レイアウト形式は、正確なデザイン制御を提供し、画像の多いコンテンツに最適です。一方、EPUB リフロー可能形式は、様々なデバイスに適応可能なテキストを提供し、読みやすさと柔軟性が優先されます。

要件に基づいて次のオプションをカスタマイズできます。

一般

バージョン

EPUB のバージョン。 

EPUB 2.0.1 は 2007 年に IDPF によって承認された標準規格です。この形式は、幅広いモバイルデバイスでサポートされています。(リフロー可能レイアウト形式のみ)

EPUB 3.0  は、オーディオ、ビデオ、JavaScript、日本語の縦書き文字をサポートします。EPUB 3.0 標準規格をサポートしていないデバイスではサポートされません。EPUB 3.0 は、2011 年に IDPF によって承認された標準規格です。これは、固定レイアウト形式とリフロー可能レイアウト形式の両方で使用できます。

カバー

電子ブックのカバー画像。 

  • なし:カバー画像を追加しない場合は、これを選択します。
  • 最初のページをラスタライズ:これを選択すると、InDesign によって、電子ブックの最初のページをラスタライズして画像が作成され、カバーとして使用されます。
  • 画像を選択:カバーとして使用するコンピューター上の画像ファイルを選択します。

ナビゲーション目次

EPUB ビューアの目次のナビゲーションオプションを指定します。

  • なし:目次を追加しない場合は、これを選択します。
  • ファイル名:ファイル名に基づいて目次を生成するには、これを選択します。
  • 複数レベル (目次スタイル):選択した目次スタイルに基づいて目次を生成するには、これを選択します。目次スタイルメニューで目次スタイルを指定し、電子ブック内で目次を構築します。
  • ブックマーク:InDesign ドキュメントで作成したブックマークに基づいて目次を生成するには、これを選択します。

オプション(固定レイアウトのみ)

ページ要素の書き出し順序を指定します。

  • ドキュメント設定を基準にする:InDesign では、ドキュメント設定ダイアログボックス(ファイルドキュメント設定)で定義した設定に基づいてスプレッドコントロールが判別されます。
  • スプレッドを横置きページに変換:スプレッドを横置きレイアウトに変換します。
  • 合成スプレッドを有効にする:ドキュメントの合成スプレッドを書き出せるようにします。
  • スプレッドを無効にする:スプレッドは EPUB の出力に書き出されません。

コンテンツ(リフロー可能形式のみ)

順序:ページアイテムの書き出し順序を指定します。

  • ページレイアウトを基準にする:ページ上のアイテムの位置によって読み上げ順序が決まります。
  • XML 構造と同じ構造ビューでのタグの順序に従って読み取り順序が決定されます。詳しくは、ページアイテムのタグ付けを参照してください。
  • アーティクルパネルと同じアーティクルパネルのエレメントの順序に従って読み取り順序が決定されます。チェック済みのアーティクルのみが書き出されます。

ドキュメントの分割:(リフロー可能なレイアウトのみ)

オンにすると、リフロー可能な EPUB に書き出すときに、ドキュメントが分割されます。

  • 単一段落スタイル:ドロップダウンから任意の段落スタイルを選択すると、それに基づいてドキュメントが分割されます。
  • 段落スタイルの書き出しタグに基づく:段落スタイルの書き出しタグに基づいてドキュメントを分割します。

テキスト(リフロー可能レイアウト形式のみ)

オプション

強制改行を削除:書き出された電子ブック内のすべての強制改行を削除します。

脚注

脚注

次のオプションから脚注の配置を選択します。

  • セクションの後注:脚注を文末脚注に変換するには、このオプションを選択します。
  • 段落の後:脚注を段落の後に配置します。
  • ポップアップ表示(EPUB3):脚注をポップアップ内に配置するには、このオプションを選択します。

ドキュメントの脚注オプションを使用して脚注を追加し、罫線(例えば、10 ポイントの線幅)を指定する場合、この水平の罫線は、書き出し時にリフロー可能な EPUB でサポートされます。

リスト

  • 箇条書き:箇条書きの段落をリストアイテムに変換するには「番号なしリストにマップ」を選択します。リストアイテムは、HTML で <ul> タグを使用してフォーマットされます。<p> タグを使用して箇条書き記号をテキストとしてフォーマットするには「テキストに変換」を選択します。InDesign のネイティブの自動箇条書きを使用した場合は、小段落の箇条書きも対象となります。
  • 番号:HTML ファイルでの番号の変換方法を指定します。自動番号リストをリストアイテムに変換するには「番号付きリストにマップ」を選択します。リストアイテムは、HTML で <ol> タグを使用してフォーマットされます。自動番号リストを、番号を含め、テキストとして現在の番号で始まる段落に変換するには、「テキストに変換」を選択します。

 

オブジェクト(リフロー可能レイアウト形式のみ)

レイアウトのアピアランスを保持(グラフィック/メディアオブジェクトの場合)

選択すると、画像オブジェクト属性がレイアウトから継承されます。

グラフィックオブジェクトに既存の画像を使用

選択すると、グラフィックオブジェクトの既存の属性が継承されます。

CSS

CSS のサイズCSS のサイズを「固定」にするか、「テキストの方向を基準にする」かを選択します。

レイアウト:画像の左端揃え、中央揃え、右端揃えを指定します。上下の間隔も指定できます。

前スペース:オブジェクトの前のスペースのピクセル数を入力します。入力するピクセル数の範囲は、0〜10,000 です。

後ろスペース:オブジェクトの後のスペースのピクセル数を入力します。入力するピクセル数の範囲は、0〜10,000 です。

改ページを挿入:画像を含む改ページを挿入します。改ページは、画像の前画像の後、または画像の前後に挿入できます。

SVG オプション

グラフィックオブジェクトに既存の画像を使用」を選択すると、このオプションが有効になります。

  • 埋め込みコード」を選択すると、SVG オブジェクトの html コードがファイルに埋め込まれます。
  • オブジェクトタグ」を選択すると、SVG オブジェクトが直接ファイルに埋め込まれます。

オブジェクト書き出し設定を無視

個々の画像に適用されたオブジェクト書き出し設定を無視します。オブジェクト書き出しオプションを適用する方法について説明します。

変換設定

形式

ドキュメントの最適化画像を GIFJPEG または PNG のいずれに変換するかを指定します。各インスタンスで使用する形式を InDesign で決定するには、「自動」を選択します。

解像度(PPI)

画像の解像度を ppi で指定します。数値が大きいほど、解像度は高くなります。オペレーティングシステムは 72 ppi または 96 ppi で標準化されていますが、モバイルデバイスは 132 ppi(iPad)~172 ppi(Sony リーダー)、300 ppi(iPhone 4)以上と範囲が異なります。
選択したオブジェクトごとに ppi 値を選択できます。値には、72、96、150(現在のすべての電子ブックデバイスの平均)、および 300 があります。

JPEG オプション

  • フォーマット:ブラウザーで JPEG 画像が含まれるファイルを開いてから、その画像が表示されるまでの速さを指定します。「プログレッシブ」を選択すると、JPEG 画像は web ブラウザーにダウンロードされるにしたがって徐々に詳細が表示されます。各 JPEG ファイルがダウンロードされた後にのみ表示するベースラインを選択します。画像がダウンロードされるまでは、プレースホルダーが表示されます。
  • 画質:出力内に作成される JPEG 画像ごとに、必要な画質を選択します。

GIF オプション

  • パレット:GIF ファイルを最適化する場合に、InDesign でのカラーの処理を調整できます。GIF 形式は、256 色以下のカラーパレットを使用しています。「使用中の色に合わせて割り付ける (ディザなし)」を選択すると、ディザ処理(カラーの小さな点を混ぜて存在しないカラーを表現する)をせずに、グラフィックで中心的に使われているカラーを抽出してパレットを作成します。「Web」を選択すると、web セーフカラーのパレットを作成します(Windows と macOS のシステムカラーのサブセットです)。組み込みのカラーパレットを使用してパレットを作成するには、「システム(Windows)」または「システム(macOS)」を選択します。このオプションを使用すると、予期しない結果が生じることがあります。
  • インターレース:表示されていない行を埋めるようにして、徐々に画像を読み込みます。このオプションの選択を解除すると、画像がぼやけて見え、元の解像度に近くなるにつれて徐々に鮮明になります。

PNG オプション

画像圧縮設定を無効にします。データ損失がない画像、または透明を含む画像には「PNG」を使用します。

HTML と CSS(リフロー可能レイアウト形式のみ)

カスケーディングスタイルシート(CSS)は、web ページのコンテンツの外観を制御するフォーマットルールの集まりです。ページのフォーマットに CSS を使用して、コンテンツと表示を切り分けることができます。 

HTML にクラスを含めない

HTML にクラスを含めない場合は、このオプションを選択します。これにより、HTML 書き出し中にタグ内に存在するクラス属性と ID 属性が削除されます。HTML 内に存在する重複する div タグも削除されます。

HTML にクラスを含める

HTML にクラスを含めるには、このオプションを選択します。

CSS を生成

  • 書き出されるファイルのために外部 CSS を InDesign で生成するかどうかを指定します。CSS を生成せずにドキュメントまたはブックを EPUB に書き出すと、スタイルに関連付けられているクラスのみが HTML タグでマークアップされます。オーバーライドクラスは作成されません。
  • ページマージン:ページの上、下、左、右マージンの値をピクセル単位で指定します。入力するピクセル数の範囲は、0〜10,000 です。

ローカルオーバーライドを保持

斜体や太字などのローカル書式設定を含めます。

埋め込みフォントを含む

埋め込み可能なすべてのフォントを eBook に含めます。各フォントには、埋め込みが可能かどうかを示す埋め込みビットが含まれています。

スタイルシートを追加

EPUB への書き出しで使用される、既存の CSS スタイルシートの URL を指定します。
InDesign では CSS の存在や有効性は検証されません。

削除

選択したスタイルシートを削除します。

CSS(固定レイアウト形式のみ)

スタイルシートを追加

EPUB への書き出しで使用される、既存の CSS スタイルシートの URL を指定します。
InDesign では CSS の存在や有効性は検証されません。

削除

選択したスタイルシートを削除します。

JavaScript

JavaScript ファイルの追加

既存の JavaScript への URL を指定します。 InDesign は JavaScript の存在や有効性を検証しないため、JavaScript の設定が正しいことを確認してください。

削除

選択した JavaScript を削除します。

メタデータ

書き出すファイルには、ドキュメント(ブックを選択した場合はスタイルソースドキュメント)のメタデータが含まれます。

一般

識別子

(読み取り専用)EPUB ドキュメントにはそれぞれ固有の識別子が必要です。固有の識別子は自動的に作成され、表示されます。

タイトル

EPUB のタイトルを入力します。

作成者

EPUB の作成者の名前を入力します。

日付

EPUB が作成された日付を指定します。

説明

EPUB の説明を入力します。

出版社

電子ブックメタデータに含める発行側の情報を指定します。例えば、発行者の URL を指定できます。

権利

著作権情報をここに入力します。

サブタイトル

EPUB のサブタイトルを入力します。

アクセシビリティ

アクセシビリティのメタデータ

  • アクセシビリティの特徴:コンテンツに適用されるすべてのアクセシビリティの特徴のリストを提供します。
  • アクセシビリティのハザード:一部のユーザーにとって生理学的に危険な可能性がある、該当するすべてのハザードのリストを提供します。
  • アクセスモード:リソースの理解に役立つ情報をリソース内でエンコードする方法を指定します。
  • 十分な AccessMode:リソースのすべての知的コンテンツを理解するのに十分な単一または組み合わせたアクセスモードのリスト。
  • アクセシビリティの概要:コンテンツの概要を提供します。

アクセシビリティの資格情報

  • 適合スタイルDAISY で設定された標準規格を指定します。
  • 認定者:ユーザーの名前を入力します。
  • 証明者の認証情報:ユーザーの資格情報を入力します。
  • 証明者のレポートリンク:生成されたレポートのリンクを入力します。

アプリを表示

システムのデフォルト

このオプションを選択すると、EPUB ファイルのシステムデフォルトアプリケーションで EPUB が開きます。

アプリケーションを追加

システムにインストールされている、EPUB 形式を読み取ることができるアプリケーションを選択します。

削除

追加したアプリケーションを削除します。

EPUB アプリケーション 

バージョン  

対応

非対応

Apple iBooks(macOS)

1.0.1

Oxygen(macOS および Windows)

14.1(macOS)

15(Windows)

Kindle Previewer(macOS および Windows)

2.92

Sigil(macOS および Windows)

0.7.4

Kindle(macOS)

1.10.6

×

VitalSource Bookshelf(macOS)

6.2

×

Apple Book Proofer(macOS)

1.0.1

EPUB にフォントを埋め込めない

Adobe Digital Editions(Windows)

3.0.86137

Calibre(Windows)

1.26

Azardi(Windows)

2.0

Kobo(Windows)

3.6.0

×

テキストのサポート

固定レイアウト形式で書き出されるドキュメントを作成するときにサポートされるテキストオプションは、以下のとおりです。

  • テキストはラスタライズされません。つまり、ライブテキストは検索および選択の対象になります。
  • ライブテキストは水平方向と垂直方向にスケーリングすることができます。
  • タブリーダーを含めることができます。
  • 言語属性は、タグでマークアップされます。
  • タグは、CSS クラスによってマークアップされます。
  • URL、テキストアンカー、およびページに対するハイパーリンクおよび相互参照がテキスト上でサポートされています。

制限事項:EPUB に書き出すためにドキュメントにテキストを含める場合には、以下の制限事項にも注意してください。

  • カーニングは個々の字形でサポートされておらず、単語のすべての文字に文字間隔として分配されます。
  • OpenType 機能によって生成されるスモールキャップス、オールキャップス、分数などの代替字形は、デバイスのサポートが限定的であるため、サポートされていません。
  • 中東の右から左へのテキストフレームは、依然として適切にサポートされていません。

日本語テキストのサポート

固定レイアウト形式に書き出す際には、次の日本語機能オプションを使用できます。

  • Ruby テキストはライブで、出力でラスタライズされません。
  • ライブテキストで割注がサポートされます。
  • ライブテキストで文字回転がサポートされます。
  • 合成フォントがサポートされます。
  • 縦組みテキストフレームは、回転したグリフも含めてサポートされます。

制限事項:EPUB に書き出すためにドキュメントに日本語テキストを含める場合には、以下の制限事項にも注意してください。

  • 縦書きのテキストフレームでは、日本語の縦中横はサポートされません。
  • 日本語の表意文字のポジショニングは、True Type フォントを使用した場合に失われます。
  • 日本語の圏点フォントは、ライブテキストでラスタライズされます。

固定レイアウト形式で書き出されるドキュメントを作成するときにサポートされるハイパーリンクオプションは、以下のとおりです。

  • テキストベースのハイパーリンクと相互参照
  • オブジェクトベースのハイパーリンク
  • ページのハイパーリンク(テキストベースのハイパーリンクとオブジェクトベースのハイパーリンクの両方)

書き出しプロセスでは、EPUB 出力に次のナビゲーション機能が提供されます。

NAV ランドマーク

NAV ランドマークは、「オブジェクト書き出しオプション」ダイアログで指定された epub:type の値に基づいて、固定レイアウト形式とリフロー可能形式の両方で生成されます。

最初に見つかった値だけがランドマークに追加されます。

EPUB 2

InDesign では、OPF ファイル内の EPUB 2 セクションがサポートされます。InDesign では、カバーおよび print 目次オプションが自動的に検出されます。テキストタイプを判別するため、InDesign は、「オブジェクト書き出しオプション」ダイアログに指定された epub:type の値を使用します。

NAV ページリスト

(固定レイアウト形式)。InDesign では、ページ番号の文字列をそのページから生成される XHTML ファイルにマッピングすることによって、ページリストを生成します。

ブックの CSS の生成

ブックを Epub に書き出す際に、書き出しプロセスによってブック内の各ドキュメントに CSS が生成されます。各ドキュメント CSS は、そのドキュメントに固有のスタイルを定義します。このプロセスでは、ブック内のドキュメント全体で使用される一般的なスタイルを含んだマスター CSS も作成されます。

オブジェクト書き出しオプション

オブジェクト書き出しオプションダイアログのオプションを使用して、EPUB 書き出しの際にドキュメント内のオブジェクトがどのように処理されるか指定します。

  1. オブジェクト書き出しオプションダイアログを開いて(オブジェクト書き出しオプション)、「EPUB および HTML」セクションに移動します。

  2. レイアウトのアピアランスを保持」リスト内の、次のオプションから選択します。

    デフォルト

    オブジェクトの処理は、書き出しダイアログの設定によって決まります。
    これは、リフロー可能な形式の場合は「変換」タブの設定によって制御されます。

    グラフィックオブジェクトに既存の画像を使用

    オブジェクトに画像が含まれており、その画像が EPUB 書き出しと互換性がある(JPG、PNG、GIF)場合、CSS を使用してコンテナがスタイル設定され、画像は処理されません。

    コンテナをラスタライズ

    これは、リフロー可能書き出し/変換セクションの「レイアウトのアピアランスを保持」と同じです。オブジェクト全体がラスタライズされるので、アピアランスが保持されます。オブジェクトがテキストフレームの場合、テキストがライブテキストではなくなります。

    コンテンツをラスタライズ

    オブジェクトのコンテンツはラスタライズされるので、オブジェクトやコンテナのスタイル設定は CSS によって制御されます。InDesign で表示されたときのような、完全な表示にならない場合があります。

  3. (リフロー可能 EPUB)サイズリストの以下のオプションから選択して、内部固定コンテンツを持たない画像などのオブジェクトの縦横比を維持します。

    なし

    オブジェクトからマップされたタグに対して、CSS の幅または高さは生成されません。オブジェクトのサイズは内部のコンテンツがあれば、それによって決まります。CSS ルールに従い、縦横比は維持されません。

    デフォルト

    書き出しダイアログ/オブジェクトタブの設定によって CSS サイズが決まります。

    固定

    CSS のサイズは、オブジェクトの寸法をポイント単位で計算し、同じ寸法を CSS でピクセルとして定義することで決まります。オブジェクトの縦横比は維持されます。

    テキストの方向を基準にする

    CSS の幅は、オブジェクトの幅を取り、それをテキストフローを含むテキストフレームの幅に対する比率として表現することによって決まります。オブジェクトの縦横比は維持されます。

    テキストサイズを基準にする

    CSS の高さは、オブジェクトの高さをポイント単位で取り、EM あたり 12pts で EM に変換することによって決まります。オブジェクトの縦横比は維持されます。

    幅/高さのカスタム設定

    有効な CSS 単位は、cmmminptpxvhvwvmin、および vmax です。オブジェクトの縦横比は維持されます。

注意:
  • これらのオプションは、メインフローテキストフレームには適用されません。
  • Edge Animate を含んでいるオブジェクトでは、相対測定はサポートされません。

EPUB のリソース

EPUB 形式について詳しくは、次のリンクを参照してください。

  • EPUB の仕様について詳しくは、/www.idpf.org(英語)を参照してください。
  • Digital Editions リーダーは、www.adobe.com/products/digital-editions.html から無料でダウンロードできます。

その他の関連ヘルプ

Adobe InDesign を使用すると、電子ブックパンフレットチラシはがきポスターインタラクティブページレイアウトなどを作成および発行できます。

ご質問または共有するアイデアがある場合

コミュニティで質問する(英語)

ご意見をお待ちしております。 Adobe InDesign コミュニティまでお知らせください。

 Adobe

ヘルプをすばやく簡単に入手

新規ユーザーの場合