マニュアル キャンセル

サムネールと用紙サイズより大きいドキュメントのプリント

  1. InDesign ユーザーガイド
  2. InDesign とは
    1. InDesign の概要
      1. InDesign の新機能
      2. 必要システム構成
      3. よくある質問
      4. Creative Cloud ライブラリの使用
    2. ワークスペース
      1. ワークスペースの基本
      2. Toolbox
      3. 環境設定の指定
      4. タッチワークスペース
      5. 初期設定のキーボードショートカット
      6. ドキュメントの復元と取り消し
      7. Capture の拡張機能
  3. ドキュメントの作成とレイアウト
    1. ドキュメントとページ
      1. ドキュメントの作成
      2. 親ページの使い方
      3. ドキュメントページで作業する
      4. ページサイズ、マージン、裁ち落としの設定
      5. ファイルとテンプレートを使用した作業
      6. ブックファイルの作成
      7. 基本的なページ番号の追加
      8. ページ、章、セクションの番号の設定
      9. QuarkXPress および PageMaker ドキュメントの変換
      10. コンテンツの共有
      11. ファイル管理の基本ワークフロー
      12. ドキュメントの保存
    2. グリッド
      1. グリッド
      2. グリッドの書式設定
    3. レイアウト補助
      1. 定規
  4. コンテンツの追加
    1. テキスト
      1. テキストのフレームへの追加
      2. テキストの連結
      3. アラビア語版およびヘブライ語版の機能(InDesign)
      4. パステキストの作成
      5. 箇条書きと自動番号の使用
      6. グリフと特殊文字
      7. テキスト組版
      8. テキスト変数
      9. QR コードの作成
      10. テキストの編集
      11. テキストの行揃え
      12. オブジェクトへのテキストの回り込み
      13. アンカー付きオブジェクト
      14. リンクコンテンツ
      15. 段落の書式設定
      16. 文字の書式設定
      17. 検索と置換
      18. スペルチェックと言語の辞書
    2. テキスト編集
      1. InDesign でのフォントの使用
      2. カーニングと字送り
    3. テキストの書式設定
      1. テキストの書式設定
      2. タブおよびインデント
    4. レビューテキスト
      1. 変更のトラックとレビュー
      2. InDesign での注釈の追加
      3. PDF コメントの読み込み
    5. 参照を追加
      1. 目次の作成
      2. 脚注
      3. 索引の作成
      4. 文末脚注
      5. キャプション
    6. スタイル
      1. 段落スタイルと文字スタイル
      2. オブジェクトスタイル
      3. ドロップキャップと先頭文字スタイル
      4. スタイルの操作
      5. 行送り
      1. 表の書式設定
      2. 表の作成
      3. 表およびセルのスタイル
      4. 表の選択と編集
      5. 表の罫線および塗り
    7. インタラクティブ機能
      1. ハイパーリンク
      2. ダイナミック PDF ドキュメント
      3. ブックマーク
      4. ボタン
      5. フォーム
      6. アニメーション
      7. 相互参照
      8. PDF の構造化
      9. ページ効果
      10. ムービーとサウンド
      11. フォーム
    8. グラフィック
      1. パスとシェイプ
      2. 鉛筆ツールを使用した描画
      3. ペンツールを使用した描画
      4. 線の設定の適用 
      5. 複合パスと複合シェイプ
      6. パスの編集
      7. クリッピングパス
      8. 角の形状の変更
      9. オブジェクトの整列と分布
      10. リンクと埋め込み画像
      11. AEM Assets の統合
    9. カラーと透明度
      1. カラーの適用
      2. 配置したグラフィックのカラーの使用
      3. スウォッチを使用した作業
      4. インキの混合
      5. 濃淡
      6. 特色とプロセスカラー
      7. ブレンドカラー
      8. グラデーション
      9. 透明が使用されているアートワークの統合
      10. 透明効果の追加
  5. 共有
    1. 共有とコラボレーション        
    2. レビュー用に共有
    3. 共有された InDesign ドキュメントをレビュー
    4. フィードバックの管理 
  6. 公開
    1. 書き出しと公開
      1. Publish Online
      2. EPUB へのコンテンツの書き出し
      3. Adobe PDF オプション
      4. HTML へのコンテンツの書き出し
      5. Adobe PDF への書き出し
      6. JPEG 形式での書き出し
      7. HTML 形式で書き出し
      8. DPS および AEM Mobile の概要
    2. プリント
      1. ブックレットのプリント
      2. トンボと裁ち落とし
      3. 文書のプリント
      4. インキ、色分解、スクリーン線数
      5. オーバープリント
      6. PostScript ファイルと EPS ファイルの作成
      7. 入稿前のプリフライトファイル
      8. サムネールと用紙サイズより大きいドキュメントの印刷
      9. 印刷・出力会社用の PDF の準備
      10. 色分解出力の準備
  7. InDesign の拡張
    1. 自動化
      1. データ結合
      2. プラグイン
      3. InDesign で拡張機能をキャプチャする
      4. スクリプト
  8. トラブルシューティング
    1. 修正された問題
    2. 起動時のクラッシュ
    3. 環境設定フォルダー読み取り専用エラー
    4. ファイルの問題のトラブルシューティング
    5. PDF の書き出し不可
    6. InDesign 文書復旧

サムネールのプリント

1 枚の用紙に複数のページを配置するには、ドキュメントの縮小版であるサムネールを作成します。サムネールは、ページの構成と内容を確認するのに便利です。用紙にページが最も適切に収まるように、用紙方向が自動的に調整されます。「サムネール」オプションを選択しないときは、元の方向に調整し直す必要があります。

注意:

サムネールをプリントすると、トンボと、裁ち落としと印刷可能領域にあるすべての情報は除外されます。

  1. プリントダイアログボックスの「設定」セクションで、「サムネール」を選択します。
  2. メニューから用紙 1 枚に含めるサムネール数を選択します。

用紙サイズより大きいドキュメントのプリント

InDesign では、最大 548.64 × 548.64 センチまでのドキュメントを作成することができますが、ほとんどのデスクトッププリンターでは、このような大きなページをプリントすることはできません。

用紙サイズより大きいドキュメントをデスクトッププリンターでプリントするには、ドキュメントの各ページをタイルに分解してプリントし、このタイルをトリミングして組み合わせます。使用する用紙サイズに合わせて、ドキュメントを拡大 / 縮小することもできます。

ドキュメントのタイル

ドキュメントのサイズは、必ずしもプリンターで使用する用紙サイズに合わせる必要はありません。ドキュメントを、プリンターで使用可能な用紙サイズに合わせて、タイルに分割してプリントすることができます。その後、重なる部分を組み合わせます。

InDesign では、自動的にタイル印刷することも、自分で指定することもできます。タイル印刷を手動で行うと、タイルの左上隅の起点を設定することができるので、ページが用紙のどの部分に相当するのかを決定できます。

プリント可能なタイルに分割された用紙サイズよりも大きいページ(左)と重なる部分を最終的に組み合わせたもの(右)

自動的なドキュメントのタイル

  1. ファイル/プリントを選択します。
  2. プリントダイアログボックスの「設定」セクションで、「タイル」を選択します。
  3. 「タイル」から、次のいずれかのオプションを選択します。

    自動

    重なりを含む必要なタイル数が自動的に計算されます。

    自動揃え

    右端にあるタイルの右側がドキュメントページの右端に揃うように、また、一番下にあるタイルの下側がドキュメントページの下側に揃うように、(必要に応じて)重なりの領域が広くなります。

  4. 「オーバーラップ」で、組み合わせしやすいように、タイルの重なりの最小値を入力します。「オーバーラップ」は、ドキュメントで指定されている単位を使用します。値は、プリンターのプリントしないマージンの最小値より大きくします。ドキュメントページの短辺の半分までの値をオーバーラップとして指定することができます。例えば、大きさが 279.4 × 0.8mm のドキュメントの場合、タイルの重なりとして 139.7 mm まで指定することができます。

手動でのドキュメントのタイル

ドキュメントを自動的にタイルするとすべてのタイルが一度にプリントされますが、ドキュメントを手動でタイルする場合は、各タイルを個別にプリントする必要があります。

  1. ドキュメント上に定規が表示されていない場合は、表示/定規を表示を選択して、定規を表示します。
  2. ドキュメントの左上にある水平定規と垂直定規の交差する点をドラッグして、プリントするタイルの左上隅にする位置に原点を移動します。このとき、重なりとトンボ用に余裕を持たせておきます。

    InDesign でタイル印刷される領域のサイズと形状は、現在の用紙のサイズと方向によって決まります。

  3. ファイル/プリントを選択して、左側のセクションから「設定」をクリックします。
  4. 「設定」セクションで「タイル」を選択し、タイルメニューから「手動」を選択します。

ドキュメントの拡大 / 縮小

用紙サイズより大きいドキュメントを用紙サイズに合わせてプリントするには、ドキュメントの幅と高さを拡大 / 縮小します。例えば、フレキソ印刷用にフィルムをプリントする場合に、非対称的に拡大 / 縮小すると便利です。印刷ドラムに装着されるプレートの方向がわかっている場合は、プレートが 2 %~ 3 %拡大する現象を、拡大 / 縮小で補正できます。ここでの拡大 / 縮小の設定は、作成したドキュメント自体のページサイズには影響しません。

注意:

縦横の比率を変更してプリントする場合は、幅と高さが個別に拡大 / 縮小されます。

手動でのドキュメントの拡大 / 縮小

  1. ファイル/プリントを選択します。
  2. プリントダイアログボックスの「設定」セクションで、「拡大 / 縮小」にある「幅」オプションを選択し、「幅」と「高さ」テキストボックスを使用可能にします。
  3. 現在のドキュメントの縦横の比率を維持する場合は、「縦横の比率を固定」を選択します。縦横の比率を維持しない場合は、このオプションが選択されていないことを確認します。
  4. 「幅」と「高さ」テキストボックスに、1 ~ 1000 %の範囲で値を入力します。「縦横の比率を固定」を選択している場合は、片方の値を入力すれば、もう一方の値も自動的に更新されます。

自動でのドキュメントの拡大 / 縮小

  1. プリントダイアログボックスの「設定」セクションで、「サムネール」と「タイル」の選択を解除します。これらのオプションが選択されていると、「幅に合わせる」は使用できません。
  2. 「幅に合わせる」を選択します。「幅に合わせる」オプションの横に、選択した PPD で定義されているプリント可能領域によって自動的に計算される拡大 / 縮小率が表示されます。

その他の関連ヘルプ

アドビのロゴ

アカウントにログイン