マニュアル キャンセル

ファイルの問題の特定とトラブルシューティング

  1. InDesign ユーザーガイド
  2. InDesign とは
    1. InDesign の概要
      1. InDesign の新機能
      2. 必要システム構成
      3. よくある質問
      4. Creative Cloud ライブラリの使用
    2. ワークスペース
      1. ワークスペースの基本
      2. InDesign でのワークスペースのカスタマイズ
      3. Toolbox
      4. 環境設定の指定
      5. プロパティパネル
      6. タッチワークスペース
      7. 初期設定のキーボードショートカット
      8. ドキュメントの復元と取り消し
    3. 生成 AI(アメリカ合衆国でのみ利用可能)
      1. テキストから画像生成(Beta)
      2. 生成 AI に関する FAQ
  3. ドキュメントの作成とレイアウト
    1. ドキュメントとページ
      1. ドキュメントの作成
      2. 親ページの使い方
      3. ドキュメントページで作業する
      4. ページサイズ、マージン、裁ち落としの設定
      5. ファイルとテンプレートを使用した作業
      6. ブックファイルの作成
      7. 基本的なページ番号の追加
      8. ページ、章、セクションの番号の設定
      9. QuarkXPress および PageMaker ドキュメントの変換
      10. コンテンツの共有
      11. ファイル管理の基本ワークフロー
      12. ドキュメントの保存
    2. グリッド
      1. グリッド
      2. グリッドの書式設定
    3. レイアウト補助
      1. 定規
      2. 定規を使用したオブジェクトの整列と分布
      3. ものさしツールを使用したオブジェクトの測定
  4. コンテンツの追加
    1. テキスト
      1. テキストのフレームへの追加
      2. テキストの連結
      3. 東南アジア言語のスクリプト
      4. アラビア語版およびヘブライ語版の機能(InDesign)
      5. パステキストの作成
      6. 箇条書きと自動番号の使用
      7. グリフと特殊文字
      8. テキスト組版
      9. テキスト変数
      10. QR コードの作成
      11. テキストの編集
      12. テキストの行揃え
      13. オブジェクトへのテキストの回り込み
      14. アンカー付きオブジェクト
      15. リンクコンテンツ
      16. 段落の書式設定
      17. 文字の書式設定
    2. テキスト編集
      1. InDesign でのフォントの使用
      2. カーニングと字送り
    3. テキストの書式設定
      1. テキストの書式設定
      2. テキストのスタイルの自動設定
      3. スタイルパックの操作
      4. タブおよびインデント
    4. レビューテキスト
      1. 変更のトラックとレビュー
      2. InDesign での注釈の追加
      3. PDF コメントの読み込み
    5. スペルチェックと言語の辞書
      1. スペルチェック、スペル自動修正、ダイナミックスペルチェック
      2. 辞書と単語を作成、追加、管理する
      3. 辞書の環境設定の変更
      4. Duden 辞書
    6. 参照を追加
      1. 目次の作成
      2. 脚注
      3. 索引の作成
      4. 後注
      5. キャプション
    7. スタイル
      1. 段落スタイルと文字スタイル
      2. スタイルのマッピング、書き出し、管理
      3. オブジェクトスタイル
      4. ドロップキャップと先頭文字スタイル
      5. スタイルの操作
      6. 行送り
      1. 表の書式設定
      2. 表の作成
      3. 表およびセルのスタイル
      4. 表の選択と編集
      5. 表の罫線および塗り
    8. インタラクティブ機能
      1. ハイパーリンク
      2. ダイナミック PDF ドキュメント
      3. ブックマーク
      4. ボタン
      5. フォーム
      6. アニメーション
      7. 相互参照
      8. PDF の構造化
      9. ページ効果
      10. ムービーとサウンド
    9. グラフィック
      1. パスとシェイプ
      2. 鉛筆ツールを使用した描画
      3. ペンツールを使用した描画
      4. 線の設定の適用 
      5. 複合パスと複合シェイプ
      6. パスの編集
      7. クリッピングパス
      8. 角の形状の変更
      9. フレームとオブジェクト
      10. オブジェクトの整列と分布
      11. リンクと埋め込み画像
      12. AEM Assets の統合
    10. カラーと透明度
      1. カラーの適用
      2. 配置したグラフィックのカラーの使用
      3. スウォッチを使用した作業
      4. インキの混合
      5. 濃淡
      6. 特色とプロセスカラー
      7. ブレンドカラー
      8. グラデーション
      9. 透明が使用されているアートワークの統合
      10. 透明効果の追加
  5. 検索と置換
    1. テキストの検索と置換
    2. フォントの検索と置換
    3. 字形の検索と置換
    4. 正規表現とクエリを使用した検索と置換
    5. オブジェクトの検索と置換
    6. カラーの検索と置換
    7. 検索および置換を行うための検索オプション
  6. 共有
    1. InDesign クラウドドキュメントの操作(Beta)
    2. InDesign クラウドドキュメントのよくある質問 (Beta)
    3. 共有とコラボレーション        
    4. レビュー用に共有
    5. 共有された InDesign ドキュメントをレビュー
    6. フィードバックの管理 
  7. 公開
    1. 配置、書き出しおよび公開
      1. Publish Online
      2. Publish Online ダッシュボード
      3. グラフィックのコピーと挿入
      4. EPUB へのコンテンツの書き出し
      5. Adobe PDF オプション
      6. HTML へのコンテンツの書き出し
      7. Adobe PDF への書き出し
      8. JPEG 形式での書き出し
      9. HTML 形式で書き出し
      10. DPS および AEM Mobile の概要
      11. サポートされるファイル形式
      12. ユーザー設定の書き出しと読み込み
    2. プリント
      1. ブックレットのプリント
      2. トンボと裁ち落とし
      3. 文書のプリント
      4. インキ、色分解、スクリーン線数
      5. オーバープリント
      6. PostScript ファイルと EPS ファイルの作成
      7. 入稿前のプリフライトファイル
      8. サムネールと用紙サイズより大きいドキュメントの印刷
      9. 印刷・出力会社用の PDF の準備
      10. 色分解出力の準備
  8. InDesign の拡張
    1. 自動化
      1. データ結合
      2. プラグイン
      3. InDesign で拡張機能をキャプチャする
      4. スクリプト
  9. トラブルシューティング
    1. 修正された問題
    2. 起動時のクラッシュ
    3. 環境設定フォルダー読み取り専用エラー
    4. ファイルの問題のトラブルシューティング
    5. PDF の書き出し不可
    6. InDesign 文書復旧

InDesign でファイルを開くとき、または保存するときに問題が発生した場合は、次のような原因が考えられます。該当する原因の解決策を参照してください。

エラーや予期しない動作は、コンピューターの潜在的な問題によって発生する可能性があります。ドキュメントが破損していると見なす前に、次の手順を実行します。

  1. Windows または macOS のディスク修復ユーティリティツールを実行します。

  2. システムが最新バージョンの InDesign を実行するための最小必要システム構成を満たしていることを確認してください。

  3. InDesign が最新であることを確認します。

InDesign のシステムメッセージは、クラッシュの原因を特定するのに役立ちます。以下では、問題の原因と考えられるシナリオとその解決策を紹介します。

別の問題が発生している場合は、こちら参照してください。

システムメモリが不足している

ファイルの読み取りに必要なシステムメモリ(RAM)が不足していると、InDesign でファイルを開くことができません。コンピューターで開いているアプリケーションが多すぎると、メモリが不足する場合があります。 

解決策

  • ディスクのクリーンアップを実行してドライブ上の不要なファイルを削減し、Windows の一時フォルダーを空にします。
  • いくつかのアプリケーションを終了して、システムメモリを解放します。
  • 可能であれば、システムの RAM を増設します。

アクセスが拒否された

ファイルにアクセス権に関連する問題があると、InDesign でファイルを開くことができず、エラーメッセージが表示されます。

問題

解決策

このファイルを開く権限がないか、必要なアクセス権がない。

ファイルの所有者からアクセス権を取得して、もう一度ログインしてください。

ヒント:共有ファイルを操作する前に、可能であればローカルにファイルのコピーを作成してください。

ファイルが既に開いているか、別のユーザーによってロックされている(使用されている)。

ファイルを使用しているアプリケーションまたはユーザープロファイルでファイルを閉じます。

ファイルがパスワードで保護されているか、ログイン情報またはファイルのパスワードが間違っている。

正しいログイン情報を入力してください。

ファイルがネットワーク上にあり、その場所に接続できない。

ネットワーク接続を確認して、もう一度ファイルにアクセスしてください。

ファイルが既に開いている

他のバージョンの InDesign で開いているファイルを開いたり、保存することはできません。

解決策

  • 別の InDesign で開いているファイルを閉じます。
  • ファイルを終了できない場合は、InDesign のすべてのバージョンを強制終了するか、コンピューターを再起動します。 
  • ファイルの保存で問題がある場合は、ファイル名と場所を変更してみてください。

入出力デバイスの問題

読み取りまたは書き込みプロセスが割り込まれてファイルにアクセスできないか、ファイルが存在しない場合、InDesign でファイルを開いたり、保存したりできません。

次のような場合に、ファイルの読み取りまたは書き込みプロセスで割り込みが発生する可能性があります。

ファイルの場所

理由

解決策

リムーバブルディスク(USB スティック、外付けドライブ、ペンドライブなど)

コンピューターからデバイスが安全に取り出されていない

読み取りまたは書き込み操作の後で、ドライブを安全に取り外します。

ネットワーク上

ネットワークに接続していない

ネットワークに接続していることを確認します。

共有

共有ファイルが使用できなくなっている

共有にアクセスできることを確認します。

破損したファイル

InDesign では、ファイルが損傷していることが検出された場合、またはファイルを自動回復しようとした場合にエラーメッセージが表示されます。該当するシナリオに基づいてタブを選択し、トラブルシューティングの手順に従って、ドキュメントのコンテンツの回復を試みます。 

外部要因のクイックチェック

  • Adobe PageMaker や QuarkXPress、または以前のバージョンの InDesign のファイルを変換した文書で問題が発生している場合、元のファイルを InDesign で再度読み込み、文書の再変換を行います。再変換後も問題が再現する場合は、ファイルを作成したアプリでファイルを開き、データが破損していないか確認します。破損した PageMaker または QuarkXPress ファイルは、InDesign でも破損したまま変換される可能性があります。
  • 対象文書をメール、FTP または取り外し可能メディア(1 枚の CD など)を経由して保存している場合、別の方法で 1 つのコピーを取得してください。または、対象文書を再送してもらってください。破損したメディアまたは不良なメール送信はドキュメントを破損する可能性があります。ドキュメントがメールで送信される場合は、データを保護するために、送信者が(例えば、WinZip や Smith Micro の StuffIt を使って)最初に圧縮します。
  • InDesign からサードパーティ製のプラグインをアンインストールすることを検討してください。プラグインはファイルの破損を引き起こす可能性があります。「InDesign サードパーティ製プラグインの問題解決(英語)」を参照してください。
  • 別のシステム環境に変更してドキュメントを開くには、別のコンピューターを使用します。問題の原因となる変数を削除できます。 
  • InDesign は、プラグイン、機能、およびそのアプリ自体の情報を次の環境設定ファイル内に格納します。環境設定ファイルが破損することにより、InDesign 文書での作業中に予期しない動作が発生する場合があります。環境設定ファイルを復元または再作成することで、問題が環境設定ファイルに関連しているかどうかを簡単に判別できます。詳しくは、すべての環境設定の復元を参照してください。
  • 起動ディスクの空き容量を増やします。InDesign では、一時ファイルを使用してデータを保存および取得します。これらの一時ファイルが起動ディスクに書き込まれます。ガイドラインとして、起動ディスクの空き容量は、ドキュメントのサイズの 3~5 倍(リンクされた画像を含む)またはディスク容量の 10%のいずれか大きい方にする必要があります。不要なファイルを削除するか、ファイルを別のパーティションまたはディスクに保存することによって、起動ディスクの空き容量を増やすことができます。起動ディスクの空き容量を確認するには、次の手順を実行します。
    • デスクトップの起動ディスクアイコンを選択します。 
    • ファイル/情報を取得/一般情報を選択します。
    • ディスクの容量と使用可能な空き容量に注意してください。

解決策:ドキュメントのオリジナルではなく、コピーを開きます。

ドキュメントをコピーとして開くと、InDesign は元のファイルから読み取り、無題のコピーを開きます。ドキュメントのコピーを開くことができる場合は、ファイル/名前を付けて保存を選択し、元のドキュメントとは異なる名前でコピーを保存して、元のドキュメントの代わりにコピーを使用します。

次の手順に従って、ドキュメントをコピーとして開きます。

  1. InDesign を起動し、ファイル開くを選択します。

  2. ファイルを開くダイアログボックスでコピーを選択し、ドキュメントを参照します。

  3. ドキュメントを選択して、開くをクリックします。

問題点

InDesign 19.2 で作成または保存した一部の InDesign ドキュメントが InDesign 19.1 で開けない

epub エラー

解決策 1:ドキュメントを InDesign 19.2 以降で開き、IDML に書き出して、InDesign 19.1 以前の古いバージョンで使用できるようにします。

解決策 2:すべてのバージョンでシームレスに動作するように、ID 19.3 でドキュメントを開いて保存します。

以下のトラブルシューティングを行う前に、文書のバックアップを作成してください。下記のタスクの一部では、ドキュメントの情報を変更または削除する必要があります。

ドキュメントのコピーをバックアップとして保存しておくことで、情報を素早く復元することができます。ドキュメントがネットワークボリュームか、または CD や USB メモリなどの取り外し可能なメディアにある場合は、バックアップファイルをローカルドライブに移動します。

以下の操作を順番に行います。

  1. このファイルを InDesign で開きます。 

  2. ファイル書き出しを選択します。

  3. 「ファイルの種類」(Windows)または「フォーマット」(macOS)から、InDesign マークアップファイル(CS4 以降)または InDesign 互換ファイル(CS3 以前)を選択します。

  4. ファイル名と保存先を指定してから、「保存」をクリックします。

  5. InDesign で、書き出された .idml または .inx ファイルを開きます。

問題が解決されたら、元のドキュメントの代わりとして .idml または .inx ファイルを使用します。問題が解決されない場合、次の手順に進みます。

macOS では Command+Option キー/、Windows では Ctrl+Alt キー/のショートカットを使用して、すべてのストーリーを強制的に再配置します。

ページ要素を新しい文書にコピーすることにより、構造的な(内部的な)破損を排除できます。ページ要素を新しい文書にコピーした後、その問題が再発する場合、各要素を 1 つずつ削除し、それらの要素が問題ないかどうかを確認します。

ページの要素を新規ドキュメントにコピーするには、次の手順に従います。

  1. ファイル新規を選択し、新規ドキュメントダイアログボックスで「OK」をクリックします。

  2. ウィンドウタイルを選択し、両方のドキュメントを表示します。

  3. オリジナルのドキュメントをクリックしてアクティベートします。

  4. ウィンドウページを選択し、ページパネルをアクティベートします。

  5. ページまたは見開きを新規ドキュメントウィンドウにドラッグします。InDesign はこのページまたは見開きを新しい文書にコピーし、必要に応じてページを追加します。

  6. 新しいドキュメントを(使用する元のドキュメントとは異なる)新しい名前で保存し、問題の再現を試みます。

    • 問題が再発する場合、この破損は構造的ではありません(例 :マスターページまたはドキュメントページ上など)。各要素を 1 つづつ削除し、それらの要素の内の 1 つが原因かどうかを確認します。
    • 問題が再発しない場合、その破損はおそらく構造的な問題です。手順 4 ~ 手順 7 を残りのページに対して行います。

InDesign で作成したスタイルや、その他のアプリで作成されたファイルで取り込まれたスタイルは破損している場合があります。また、空のページや不要なエレメントがある場合もあります。この問題が発生するかどうかを確認するには、スタイルとページを削除してから、使用するドキュメントを再保存します。

文字スタイルを削除するには、以下の手順に従います。

  1. 対象のドキュメントを開き、書式文字スタイルを選択します。

  2. 文字スタイルパネルで、[なし]を除くすべてのスタイルを選択します。複数のスタイルを選択するには、Ctrl キー(Windows)または Command キー(macOS)を押しながら、それらのスタイルを選択します。

  3. 文字スタイルメニューから、「スタイルを削除」を選択します。

  4. 使用するドキュメントを保存し、問題が解決されたかどうかを確認します。問題が解決しない場合、段落スタイルを削除することを試してみてください。

段落スタイルを削除するには、以下の手順に従います。

  1. 対象のドキュメントを開き、書式段落スタイルを選択します。

  2. 段落スタイルパネルで、[基本段落]を除くすべてのスタイルを選択します。複数のスタイルを選択するには、Ctrl キー(Windows)または Command キー(macOS)を押しながら、それらのスタイルを選択します。

  3. 段落スタイルメニューから、「スタイルを削除」を選択します。

  4. 使用するドキュメントを保存し、問題が解決されたかどうかを確認します。

ページを削除するには、以下の手順に従います。

  1. InDesign で対象のドキュメントを開き、ウィンドウページを選択します。

  2. ページパネルで、削除したいページを選択ツールを使用して選択します。複数のページを選択するときは、Ctrl キー(Windows)または Command キー(macOS)を押しながら選択し、連続するページを選択するときは、Shift キーを押しながら選択します。

  3. ページパネルで、「削除」アイコンをクリックします。

  4. OK」をクリックして、削除することを確認します。

ページを削除した後、問題が再発する場合、残存するページの半分を削除し、その文書を新しい名前で保存します。その後、この問題を確認してください。

  • 問題が再発する場合、残りのページに破損した原因が含まれる可能性があります。原因のページが見つかるまでページの削除を続行します。
  • 問題が再発しない場合、削除したページに破損した原因が含まれている可能性があります。問題を発生させるページが見つかるまで削除したページを置き換えます。

問題を引き起こしているページが見つかったら、読み込んだグラフィック、InDesign が描画したオブジェクト、そのページ上のテキストフレームを含めて、そのページにある要素を削除し、置き換えます。

問題が破損したフォントに関連しているかどうかを確認するには、ドキュメントで使用されているすべてのフォントを Arial や Times New Roman などの標準フォントに置き換えます。フォントを変更した後、問題が再発する場合、それはフォント関連の問題ではありません。問題が再発しない場合、元のフォントまたは各フォントが破損しているか、または期限切れである可能性があります。元のフォントを再インストールするか、またはそのフォント製造元からアップデート済みのバージョンを入手してみてください。

他のすべての方法が失敗する場合、文書を再作成します。頻繁にバックアップコピーを作成し、定期的に文書をテストして、読み込んだ各要素によって問題が発生していないことを確認してください。

予期しない問題

上記のシナリオ以外にも、次の場合は InDesign でファイルを修復できません。

  • 予期しないエラーまたは原因不明のエラーが発生した
  • ファイルが破損し、修復不能である
  • 開こうとしたファイルの拡張子が InDesign でサポートされていない

解決策

問題を詳しく調査するため、問題のあるファイルをアドビに送信することをおすすめします。

サポートの利用

上記の解決策を行っても問題が解決しない場合は、問題のあるファイルを idfile@adobe.com にお送りください。アドビで問題の調査を行い、修復可能かどうかをお知らせします。

ファイルを共有していただくと、アドビチームが問題の解決策を見つけることができるだけでなく、類似した問題の特定や解決にも役立ちます。また、ユーザーエクスペリエンス全体の向上にも役立ちます。

お送りいただいたファイルは慎重に取り扱います。また、調査以外の目的で使用することはありません。ファイルを送信する前に、ファイルに個人情報が含まれていないことを確認してください。

修復の成功には様々な要因が関係しています。問題の解決に最善を尽くしますが、ご期待に沿えない場合もあります。ご了承ください。


関連リソース

アドビへのお問い合わせ

ご意見をお待ちしております。 Adobe InDesign コミュニティまでお知らせください。

 Adobe

ヘルプをすばやく簡単に入手

新規ユーザーの場合