ツールパネル

  1. InDesign ユーザーガイド
  2. InDesign とは
    1. InDesign の概要
      1. InDesign の新機能
      2. 必要システム構成
      3. よくある質問
      4. Creative Cloud ライブラリの使用
    2. ワークスペース
      1. ワークスペースの基本
      2. Toolbox
      3. 環境設定の指定
      4. タッチワークスペース
      5. 初期設定のキーボードショートカット
      6. ドキュメントの復元と取り消し
  3. ドキュメントの作成とレイアウト
    1. ドキュメントとページ
      1. ドキュメントの作成
      2. マスターページの使い方
      3. ドキュメントページで作業する
      4. ページサイズ、マージン、裁ち落としの設定
      5. ファイルとテンプレートを使用した作業
      6. ブックファイルの作成
      7. 基本的なページ番号の追加
      8. ページ、章、セクションの番号の設定
      9. QuarkXPress および PageMaker ドキュメントの変換
      10. コンテンツの共有
      11. ファイル管理の基本ワークフロー
      12. ドキュメントの保存
    2. グリッド
      1. グリッド
      2. グリッドの書式設定
    3. レイアウト補助
      1. 定規
  4. コンテンツの追加
    1. テキスト
      1. テキストのフレームへの追加
      2. テキストの連結
      3. アラビア語版およびヘブライ語版の機能(InDesign)
      4. パステキストの作成
      5. 箇条書きと自動番号の使用
      6. グリフと特殊文字
      7. テキスト組版
      8. テキスト変数
      9. QR コードの作成
      10. テキストの編集
      11. テキストの行揃え
      12. オブジェクトへのテキストの回り込み
      13. アンカー付きオブジェクト
      14. リンクコンテンツ
      15. 段落の書式設定
      16. 文字の書式設定
      17. 検索と置換
      18. スペルチェックと言語の辞書
    2. テキスト編集
      1. InDesign でのフォントの使用
      2. カーニングと字送り
    3. テキストの書式設定
      1. テキストの書式設定
      2. タブおよびインデント
    4. レビューテキスト
      1. 変更のトラックとレビュー
      2. InDesign での注釈の追加
      3. PDF コメントの読み込み
    5. 参照を追加
      1. 目次の作成
      2. 脚注
      3. 索引の作成
      4. 文末脚注
      5. キャプション
    6. スタイル
      1. 段落スタイルと文字スタイル
      2. オブジェクトスタイル
      3. ドロップキャップと先頭文字スタイル
      4. スタイルの操作
      5. 行送り
      1. 表の書式設定
      2. 表の作成
      3. 表およびセルのスタイル
      4. 表の選択と編集
      5. 表の罫線および塗り
    7. インタラクティブ機能
      1. ハイパーリンク
      2. ダイナミック PDF ドキュメント
      3. ブックマーク
      4. ボタン
      5. フォーム
      6. アニメーション
      7. 相互参照
      8. PDF の構造化
      9. ページ効果
      10. ムービーとサウンド
      11. フォーム
    8. グラフィック
      1. パスとシェイプ
      2. 鉛筆ツールを使用した描画
      3. ペンツールを使用した描画
      4. 線の設定の適用 
      5. 複合パスと複合シェイプ
      6. パスの編集
      7. クリッピングパス
      8. 角の形状の変更
      9. オブジェクトの整列と分布
      10. リンクと埋め込み画像
      11. AEM Assets の統合
    9. カラーと透明度
      1. カラーの適用
      2. 配置したグラフィックのカラーの使用
      3. スウォッチを使用した作業
      4. インキの混合
      5. 濃淡
      6. 特色とプロセスカラー
      7. ブレンドカラー
      8. グラデーション
      9. 透明が使用されているアートワークの統合
      10. 透明効果の追加
  5. 共有
    1. 共有とコラボレーション        
    2. レビュー用に共有
    3. 共有された InDesign ドキュメントをレビュー
    4. フィードバックの管理 
  6. 公開
    1. 書き出しと公開
      1. Publish Online
      2. EPUB へのコンテンツの書き出し
      3. Adobe PDF オプション
      4. HTML へのコンテンツの書き出し
      5. Adobe PDF への書き出し
      6. JPEG 形式での書き出し
      7. HTML 形式で書き出し
      8. DPS および AEM Mobile の概要
    2. プリント
      1. ブックレットのプリント
      2. トンボと裁ち落とし
      3. 文書のプリント
      4. インキ、色分解、スクリーン線数
      5. オーバープリント
      6. PostScript ファイルと EPS ファイルの作成
      7. 入稿前のプリフライトファイル
      8. サムネールと用紙サイズより大きいドキュメントの印刷
      9. 印刷・出力会社用の PDF の準備
      10. 色分解出力の準備
  7. InDesign の拡張
    1. 自動化
      1. データ結合
      2. プラグイン
      3. スクリプティング

ツールパネルの概要

ツールパネルには、ページアイテムの選択、編集および作成をおこなう機能があります。また、文字、オブジェクト、線、グラデーションの色を選択するためのツールも用意されています。ツールパネルの全体のレイアウトは、各ユーザーが自由にウィンドウレイアウトやパネルレイアウトに合わせて変更できます。デフォルトでは、ツールパネルは縦 1 列にツールが並んだ状態で表示されますが、縦 2 列や横 1 列に設定することもできます。ただし、ツールパネル内の各ツールの並び順は変更できません。ツールパネルを移動するには、ツールパネルの上部をドラッグします。

あるツールを選択するには、ツールパネル内のツールアイコンをクリックします。また、ツールパネルには、表示されているツールに関係した、非表示のツールもあります。隠れているツールがあるツールアイコンには、その右側に三角形の矢印が表示されます。非表示のツールを選択するには、ツールパネルに現在表示されているツールをクリックしたままで、目的のツールを選択します。

ツールとショートカットキーの名前は、そのツールにポインターを合わせると表示されます。このとき表示されるテキストをツールヒントといいます。環境設定/インターフェイスの「カーソルとジェスチャーオプション」セクションにある「ツールヒントの表示速度」で「なし」を選択すると、ツールヒントをオフにできます。

注意:

選択したツールで使用できるショートカットや修飾キーを確認するには、ツールヒントパネルを開きます(ウィンドウ/ユーティリティ/ツールヒントを選択します)。

ツールパネル内のツールのリスト

注意:

コンテンツ収集ツールとコンテンツ配置ツールは CS5.5 以前では使用できません。

ツールパネルの表示

  1. ウィンドウ/ツールを選択します。

ツールオプションの表示

  1. ツールパネル内のツールをダブルクリックします。

    この操作は、スポイト、鉛筆、多角形などのツールでのみ可能です。

隠れているツールの表示と選択

  1. ツールパネルで、隠れているツールのあるツールにポインターを合わせて、マウスボタンを押したままにします。

  2. 隠れているツールが表示されたら選択します。

隠れているツール

一時的なツールの選択

  1. あるツールが選択されているときに、別のツールのキーボードショートカットを押します。

  2. キーボードショートカットを押したままで、目的の操作を実行します。

  3. キーボードショートカットを放すと、元のツールに戻ります。

例えば、間隔ツールが選択されているとき V キーを押すと、選択ツールを一時的に使用できます。V キーを放すと間隔ツールに戻ります。

ツールヒントの表示

ツールヒントパネルは、選択したツールやその修飾キーの機能を表示します。

  1. ツールヒントパネルを表示するには、ウィンドウ/ユーティリティ/ツールヒントを選択します。

  2. ツールパネルのツールを選択し、ツールとその修飾キーやショートカットの説明を表示します。

ツールパネルのレイアウトの変更

  1. 編集/環境設定/インターフェイス(Windows)または InDesign/環境設定/インターフェイス(Mac OS)を選択します。

  2. フローティングツールパネルポップアップメニューのレイアウトオプションを選択して、「OK」をクリックします。

または、ツールパネル上部の二重矢印アイコンをクリックして、ツールパネルレイアウトを変更することもできます。

ツールの概要

文字ツール

標準的なブロック形状または様々な形状、あるいはパス上に文字を作成し、書式を設定します(詳しくは、テキストフレームの作成を参照してください)。

描画ツール

長方形、楕円形、多角形、自由なパスの形状など、単純なオブジェクトから複雑なオブジェクトまでを描画、作成します(詳しくは、描画を参照してください)。

選択ツール

オブジェクト、点または線を選択(アクティブに)します(詳しくは、オブジェクトの選択を参照してください)。

変形ツール

オブジェクトの形状、方向、サイズを変更します(詳しくは、オブジェクトの変形を参照してください)。

ナビゲーションツール

ドキュメント内の移動、ドキュメント内のビューの制御およびドキュメント内の距離の測定をおこないます(詳しくは、ズームインとズームアウトおよび定規と単位を参照してください)。

はさみツール

パスやフレームを分割します(詳しくは、パスの分割を参照してください)。

選択ツールの図解



選択ツールにより、オブジェクト全体を選択することができます。



ダイレクト選択ツールにより、パス上のポイントまたはフレーム内の内容を選択することができます。



ページツールを使用すると、1 つのドキュメント内に複数のページサイズを作成できます。



間隔ツールを使用すると、オブジェクト間の間隔を調整できます。

描画ツールと文字ツールの図解



ペンツールにより、直線および曲線のパスを描画することができます。



アンカーポイントを追加ツールにより、パスにアンカーポイントを追加することができます。



アンカーポイントを削除ツールにより、パスからアンカーポイントを削除することができます。



アンカーポイントの切り換えツールにより、コーナーポイントとスムースポイントを変換することができます。



文字ツールでは、テキストフレームを作成したり、テキストを選択したりすることができます。



縦書き文字ツールでは、縦書きテキストフレームを作成したり、テキストを選択したりすることができます。



横組みパスツールでは、パス上で文字を作成および編集することができます。



鉛筆ツールでは、自由なパスを描画することができます。



スムーズツールでは、パスから不要な凹凸を取り除くことができます。



消しゴムツールでは、パス上のポイントを削除することができます。



ラインツールでは、線セグメントを描画することができます。



長方形フレームツールでは、正方形または長方形のプレースホルダーを作成することができます。



楕円形フレームツールでは、真円形または楕円形のプレースホルダーを作成することができます。



多角形フレームツールでは、多角形のプレースホルダーを作成することができます。



長方形ツールでは、正方形または長方形を作成することができます。



楕円形ツールでは、真円形または楕円形を作成することができます。



多角形ツールでは、多角形を作成することができます。

変形ツールの図解



自由変形ツールにより、オブジェクトを回転させたり、拡大 / 縮小したり、また傾斜させることができます。



回転ツールにより、固定点を中心にしてオブジェクトを回転させることができます。



拡大 / 縮小ツールにより、固定点を中心にしてオブジェクトのサイズを変更することができます。



シアーツールにより、固定点を中心にしてオブジェクトを歪めることができます。

修正ツールとナビゲーションツールの図解



スポイトツールにより、オブジェクトのカラーおよび文字属性をサンプリングして他のオブジェクトに適用することができます。



ものさしツールにより、2 点間の距離を測ることができます。



グラデーションスウォッチツールにより、オブジェクト内のグラデーションの開始点、終了点および角度を調整することができます。



グラデーションぼかしツールにより、オブジェクトを背景にフェードすることができます。



はさみツールにより、パスを特定の位置で切断することができます。



手のひらツールにより、ドキュメントウィンドウ内でページ表示を移動させることができます。



ズームツールにより、ドキュメントウィンドウ内の表示倍率を調整することができます。



注釈ツールにより、コメントを追加できます。

アドビのロゴ

アカウントにログイン