マニュアル キャンセル

インキの混合

  1. InDesign ユーザーガイド
  2. InDesign とは
    1. InDesign の概要
      1. InDesign の新機能
      2. 必要システム構成
      3. よくある質問
      4. Creative Cloud ライブラリの使用
    2. ワークスペース
      1. ワークスペースの基本
      2. Toolbox
      3. 環境設定の指定
      4. タッチワークスペース
      5. 初期設定のキーボードショートカット
      6. ドキュメントの復元と取り消し
      7. Capture の拡張機能
  3. ドキュメントの作成とレイアウト
    1. ドキュメントとページ
      1. ドキュメントの作成
      2. 親ページの使い方
      3. ドキュメントページで作業する
      4. ページサイズ、マージン、裁ち落としの設定
      5. ファイルとテンプレートを使用した作業
      6. ブックファイルの作成
      7. 基本的なページ番号の追加
      8. ページ、章、セクションの番号の設定
      9. QuarkXPress および PageMaker ドキュメントの変換
      10. コンテンツの共有
      11. ファイル管理の基本ワークフロー
      12. ドキュメントの保存
    2. グリッド
      1. グリッド
      2. グリッドの書式設定
    3. レイアウト補助
      1. 定規
  4. コンテンツの追加
    1. テキスト
      1. テキストのフレームへの追加
      2. テキストの連結
      3. アラビア語版およびヘブライ語版の機能(InDesign)
      4. パステキストの作成
      5. 箇条書きと自動番号の使用
      6. グリフと特殊文字
      7. テキスト組版
      8. テキスト変数
      9. QR コードの作成
      10. テキストの編集
      11. テキストの行揃え
      12. オブジェクトへのテキストの回り込み
      13. アンカー付きオブジェクト
      14. リンクコンテンツ
      15. 段落の書式設定
      16. 文字の書式設定
      17. 検索と置換
      18. スペルチェックと言語の辞書
    2. テキスト編集
      1. InDesign でのフォントの使用
      2. カーニングと字送り
    3. テキストの書式設定
      1. テキストの書式設定
      2. タブおよびインデント
    4. レビューテキスト
      1. 変更のトラックとレビュー
      2. InDesign での注釈の追加
      3. PDF コメントの読み込み
    5. 参照を追加
      1. 目次の作成
      2. 脚注
      3. 索引の作成
      4. 文末脚注
      5. キャプション
    6. スタイル
      1. 段落スタイルと文字スタイル
      2. オブジェクトスタイル
      3. ドロップキャップと先頭文字スタイル
      4. スタイルの操作
      5. 行送り
      1. 表の書式設定
      2. 表の作成
      3. 表およびセルのスタイル
      4. 表の選択と編集
      5. 表の罫線および塗り
    7. インタラクティブ機能
      1. ハイパーリンク
      2. ダイナミック PDF ドキュメント
      3. ブックマーク
      4. ボタン
      5. フォーム
      6. アニメーション
      7. 相互参照
      8. PDF の構造化
      9. ページ効果
      10. ムービーとサウンド
      11. フォーム
    8. グラフィック
      1. パスとシェイプ
      2. 鉛筆ツールを使用した描画
      3. ペンツールを使用した描画
      4. 線の設定の適用 
      5. 複合パスと複合シェイプ
      6. パスの編集
      7. クリッピングパス
      8. 角の形状の変更
      9. オブジェクトの整列と分布
      10. リンクと埋め込み画像
      11. AEM Assets の統合
    9. カラーと透明度
      1. カラーの適用
      2. 配置したグラフィックのカラーの使用
      3. スウォッチを使用した作業
      4. インキの混合
      5. 濃淡
      6. 特色とプロセスカラー
      7. ブレンドカラー
      8. グラデーション
      9. 透明が使用されているアートワークの統合
      10. 透明効果の追加
  5. 共有
    1. 共有とコラボレーション        
    2. レビュー用に共有
    3. 共有された InDesign ドキュメントをレビュー
    4. フィードバックの管理 
  6. 公開
    1. 書き出しと公開
      1. Publish Online
      2. EPUB へのコンテンツの書き出し
      3. Adobe PDF オプション
      4. HTML へのコンテンツの書き出し
      5. Adobe PDF への書き出し
      6. JPEG 形式での書き出し
      7. HTML 形式で書き出し
      8. DPS および AEM Mobile の概要
    2. プリント
      1. ブックレットのプリント
      2. トンボと裁ち落とし
      3. 文書のプリント
      4. インキ、色分解、スクリーン線数
      5. オーバープリント
      6. PostScript ファイルと EPS ファイルの作成
      7. 入稿前のプリフライトファイル
      8. サムネールと用紙サイズより大きいドキュメントの印刷
      9. 印刷・出力会社用の PDF の準備
      10. 色分解出力の準備
  7. InDesign の拡張
    1. 自動化
      1. データ結合
      2. プラグイン
      3. InDesign で拡張機能をキャプチャする
      4. スクリプト
  8. トラブルシューティング
    1. 修正された問題
    2. 起動時のクラッシュ
    3. 環境設定フォルダー読み取り専用エラー
    4. ファイルの問題のトラブルシューティング
    5. PDF の書き出し不可
    6. InDesign 文書復旧

混合インキスウォッチの作成と編集

最小数のインキで最大数の印刷カラーを作成しなければならない場合、2 つの特色インキを混ぜ合わせるか、特色インキと 1 つまたは複数のプロセスカラーインキを混ぜ合わせて、新しいインキスウォッチを作成することができます。混合インキカラーを使用すると、ドキュメントの印刷時に使用する個々のインキ数を増やすることなく、利用可能なカラーを増やすことができます。

混合インキスウォッチまたは混合インキグループを作成すると、大量のスウォッチを簡単に作成することができます。一連のカラーを含んでいる混合インキグループは、異なるプロセスカラーおよび特色のインキの増減の割合によって作成されます。例えば、プロセスカラーシアンの 4 つの濃淡(20 %、40 %、60 %、80 %)と特色の 5 つの濃淡(10 %、20 %、30 %、40 %、50 %)を混ぜ合わせると、20 の異なるスウォッチを含む混合インキグループが作成されます。

スウォッチパネルの混合インキスウォッチ

A. 混合インキグループの親 B. 混合インキグループの子 C. 混合インキスウォッチ(スタンドアローン) 

混合インキスウォッチまたは混合インキグループを作成するには、最低 1 つの特色がスウォッチパネルに追加されている必要があります。

混合インキスウォッチの作成

  1. スウォッチパネルメニューから「新規混合インキスウォッチ」を選択します。このオプションは、スウォッチパネルに特色が追加されていないと選択することができません。
  2. スウォッチ名を入力します。
  3. 混合インキスウォッチに含めたい各インキ名の左にある空のボックスをクリックします。インキアイコンが表示されます。混合インキスウォッチには、最低でも 1 つの特色を含める必要があります。
  4. スライドバーを使用するか、%ボックスに値を入力して、スウォッチに含まれる各インキの割合を調整します。
  5. スウォッチパネルに混合インキを追加するには、「追加」または「OK」をクリックします。
    注意:

    モニター上のカラーは、印刷結果と異なって見える場合があります。最良の結果を得るためには、印刷・出力会社に印刷したい混合インキのサンプルを出力してもらうようにしてください。

混合インキグループの作成

  1. スウォッチパネルメニューから「新規混合インキグループ」を選択します。このオプションは、スウォッチパネルに特色が追加されていないと選択することができません。
  2. 混合インキグループの名前を入力します。グループ内のカラーには、この名前の後ろに連番の付いた名前が付けられます(スウォッチ 1、スウォッチ 2 など)。
  3. 混合インキグループに含めたい各インキ名の左にある空のボックスをクリックします。
  4. 選択したインキで、次のオプションを設定します。
    • 「初期」で、最初に混ぜ合わせるインキの割合を設定します。

    • 「繰り返し」で、インキの割合を増加させる回数を設定します。

    • 「増分値」で、繰り返し時に増加させるインキの割合を設定します。

    注意:

    例えば、プロセスカラーのシアンの 4 つの濃淡(20%、40%、60%、80%)と特色の 5 つの濃淡(10%、20%、30%、40%、50%)を混ぜ合わせて 20 のスウォッチを作成した場合は、シアンの「初期」を 20%、「繰り返し」を 3、「増分値」を 20%に指定し、特色の「初期」を 10%、「繰り返し」を 4、「増分値」を 10%に設定します。 

  5. 「スウォッチをプレビュー」をクリックすると、ダイアログボックスを閉じずにスウォッチを生成することができます。現在選択されているインキおよび設定値により適切なスウォッチが生成されるかを確認し、そうでない場合は調整することができます。
    注意:

    1 つのインキ内で設定した「初期」、「繰り返し」、「増分値」の値の合計が 100 %を超えると、警告が表示されます。InDesign でのインキ割合の上限は 100 %です。

  6. 「OK」をクリックすると、混合インキグループのすべてのインキがスウォッチパネルに追加されます。

混合インキスウォッチの編集

他のスウォッチの編集方法と同様に、混合インキスウォッチを修正します。混合インキスウォッチまたはグループを編集する際には、次のことに注意してください。

  • スウォッチパネルで混合インキスウォッチに使用されているインキを削除する場合は、置き換えを確認するメッセージが表示されます。混合インキには最低 1 つの特色が含まれている必要があります。特色のインキを削除した場合、混合インキはプロセスカラーに変換されます。

  • 混合インキグループの親に変更を加えると、グループ内のすべての混合インキに変更が適用されます。混合インキグループ内のスウォッチに変更を加えた場合は、そのスウォッチのみに変更が適用されます。

  • 混合インキをプロセスカラーや特色に変換すると、混合インキグループとの関係が解除されます。

  • 混合インキグループの親を削除すると、グループ内のすべてのスウォッチが削除されます。

  1. スウォッチパネルで、変更する混合インキグループの親 をダブルクリックします。
  2. 必要に応じて次の操作を行います。
    • 新しいインキを選択するか、既存の構成要素に設定されているインキを置き換えます。

    • インキ名の左にあるボックスをクリックして、混合インキグループの構成要素に含めるか、構成要素から除去するかを選択します。

    注意:

    混合インキを作成するときに設定した「初期」、「繰り返し」、「増分値」を変更することはできません。

  3. 「OK」をクリックします。

混合インキグループの管理

スウォッチパネルを使用して、混合インキグループの削除、スウォッチの追加、および混合インキスウォッチのプロセスカラーへの変換を行うことができます。

混合インキグループの削除

  1. スウォッチパネルで削除する混合インキグループの親を選択し、スウォッチを削除ボタンをクリックします。

混合インキグループへのスウォッチの追加

  1. スウォッチパネルで、混合インキグループの親を選択します。
  2. パネルメニューから「新規カラースウォッチ」を選択します。
  3. 必要に応じて、スウォッチ名を設定します。
  4. 各インキのリストで混合インキの割合を設定します。インキの追加または削除を行うことはできません。
  5. 「OK」をクリックします。

1 つの混合インキスウォッチのプロセスカラーへの変換

印刷コスト削減のために混合インキをプロセスカラーに変換することができます。混合インキグループの親のスウォッチをプロセスカラーに変換すると、親のスウォッチは削除され、グループの他のスウォッチがプロセスカラーに変換されます。

  1. スウォッチパネルで、変換する混合インキスウォッチをダブルクリックします。
  2. 「カラータイプ」から「プロセス」を選択し、「OK」をクリックします。

混合インキグループ内のすべてのインキのプロセスカラーへの変換

  1. 混合インキグループの親 をダブルクリックし、表示されたダイアログボックスの「混合インキスウォッチをプロセスカラーに変換」を選択します。
アドビのロゴ

アカウントにログイン