QuarkXPress および PageMaker ドキュメントの変換

  1. InDesign ユーザーガイド
  2. InDesign とは
    1. InDesign の概要
      1. InDesign の新機能
      2. 必要システム構成
      3. よくある質問
      4. Creative Cloud ライブラリの使用
    2. ワークスペース
      1. ワークスペースの基本
      2. Toolbox
      3. 環境設定の指定
      4. タッチワークスペース
      5. 初期設定のキーボードショートカット
      6. ドキュメントの復元と取り消し
  3. ドキュメントの作成とレイアウト
    1. ドキュメントとページ
      1. ドキュメントの作成
      2. マスターページの使い方
      3. ドキュメントページで作業する
      4. ページサイズ、マージン、裁ち落としの設定
      5. ファイルとテンプレートを使用した作業
      6. ブックファイルの作成
      7. 基本的なページ番号の追加
      8. ページ、章、セクションの番号の設定
      9. QuarkXPress および PageMaker ドキュメントの変換
      10. コンテンツの共有
      11. ファイル管理の基本ワークフロー
      12. ドキュメントの保存
    2. グリッド
      1. グリッド
      2. グリッドの書式設定
    3. レイアウト補助
      1. 定規
  4. コンテンツの追加
    1. テキスト
      1. テキストのフレームへの追加
      2. テキストの連結
      3. アラビア語版およびヘブライ語版の機能(InDesign)
      4. パステキストの作成
      5. 箇条書きと自動番号の使用
      6. グリフと特殊文字
      7. テキスト組版
      8. テキスト変数
      9. QR コードの作成
      10. テキストの編集
      11. テキストの行揃え
      12. オブジェクトへのテキストの回り込み
      13. アンカー付きオブジェクト
      14. リンクコンテンツ
      15. 段落の書式設定
      16. 文字の書式設定
      17. 検索と置換
      18. スペルチェックと言語の辞書
    2. テキスト編集
      1. InDesign でのフォントの使用
      2. カーニングと字送り
    3. テキストの書式設定
      1. テキストの書式設定
      2. タブおよびインデント
    4. レビューテキスト
      1. 変更のトラックとレビュー
      2. InDesign での注釈の追加
      3. PDF コメントの読み込み
    5. 参照を追加
      1. 目次の作成
      2. 脚注
      3. 索引の作成
      4. 文末脚注
      5. キャプション
    6. スタイル
      1. 段落スタイルと文字スタイル
      2. オブジェクトスタイル
      3. ドロップキャップと先頭文字スタイル
      4. スタイルの操作
      5. 行送り
      1. 表の書式設定
      2. 表の作成
      3. 表およびセルのスタイル
      4. 表の選択と編集
      5. 表の罫線および塗り
    7. インタラクティブ機能
      1. ハイパーリンク
      2. ダイナミック PDF ドキュメント
      3. ブックマーク
      4. ボタン
      5. フォーム
      6. アニメーション
      7. 相互参照
      8. PDF の構造化
      9. ページ効果
      10. ムービーとサウンド
      11. フォーム
    8. グラフィック
      1. パスとシェイプ
      2. 鉛筆ツールを使用した描画
      3. ペンツールを使用した描画
      4. 線の設定の適用 
      5. 複合パスと複合シェイプ
      6. パスの編集
      7. クリッピングパス
      8. 角の形状の変更
      9. オブジェクトの整列と分布
      10. リンクと埋め込み画像
      11. AEM Assets の統合
    9. カラーと透明度
      1. カラーの適用
      2. 配置したグラフィックのカラーの使用
      3. スウォッチを使用した作業
      4. インキの混合
      5. 濃淡
      6. 特色とプロセスカラー
      7. ブレンドカラー
      8. グラデーション
      9. 透明が使用されているアートワークの統合
      10. 透明効果の追加
  5. 共有
    1. 共有とコラボレーション        
    2. レビュー用に共有
    3. 共有された InDesign ドキュメントをレビュー
    4. フィードバックの管理 
  6. 公開
    1. 書き出しと公開
      1. Publish Online
      2. EPUB へのコンテンツの書き出し
      3. Adobe PDF オプション
      4. HTML へのコンテンツの書き出し
      5. Adobe PDF への書き出し
      6. JPEG 形式での書き出し
      7. HTML 形式で書き出し
      8. DPS および AEM Mobile の概要
    2. プリント
      1. ブックレットのプリント
      2. トンボと裁ち落とし
      3. 文書のプリント
      4. インキ、色分解、スクリーン線数
      5. オーバープリント
      6. PostScript ファイルと EPS ファイルの作成
      7. 入稿前のプリフライトファイル
      8. サムネールと用紙サイズより大きいドキュメントの印刷
      9. 印刷・出力会社用の PDF の準備
      10. 色分解出力の準備
  7. InDesign の拡張
    1. 自動化
      1. データ結合
      2. プラグイン
      3. スクリプティング

InDesign で QuarkXPress ファイルを開く

InDesign では、QuarkXPress 3.3 または 4.1x のドキュメントおよびテンプレートファイルを変換できます。また、InDesign では多言語間の QuarkXPress Passport 4.1x ファイルからドキュメントファイルとテンプレートファイルを変換することもできます。そのため、これらのファイルを最初に単一言語ファイルとして保存する必要はなくなります (QuarkXPress 5.0 以降で作成されたドキュメントを変換するには、QuarkXPress でドキュメントを再度開き、4.0 形式で保存します)。

詳しくは、www.adobe.com/go/learn_quarkconv_jp にある『QuarkXPress Conversion Guide』(PDF)を参照してください。

QuarkXPress ドキュメントまたはテンプレートを開く

  1. 元のアプリケーションファイルが閉じていることを確認してください。
  2. すべてのリンクが保持されるように、リンクされたすべてのファイルを、同じ QuarkXPress ドキュメントフォルダーにコピーします。
  3. InDesign で、ファイル/開くを選択します。
  4. Windows の場合は、「ファイルの種類」から「QuarkXPress(3.3 ~ 4.1x)」または「QuarkXPress Passport(4.1x)」を選択します。
  5. ファイルを選択し、「開く」をクリックします。
    注意:

    InDesign で、ファイルまたはファイルの特定部分を変換できない場合は、変換できない理由を示す警告メッセージと変換結果が表示されます。

  6. 警告ダイアログボックスが表示された場合は、次のいずれかの操作を行います。
    • 「保存」をクリックして警告をテキストファイルに保存し、InDesign で変換されたファイルを開きます。

    • 「閉じる」をクリックしてダイアログボックスを閉じ、変換されたファイルを InDesign で開きます。

  7. QuarkXPress で適用されたテキストの回り込みをより正確に変換するには、InDesign で次の処理を行います。
    • 環境設定ダイアログボックスの「組版」から「テキストの背面にあるオブジェクトを無視」を選択します。

    • 段落パネルメニューの「Adobe 日本語単数行コンポーザー」を段落に割り当てます。

注意:

変換された QuarkXPress ドキュメントに問題がある場合は、書き出しダイアログボックスを使用して InDesign マークアップ(IDML)形式でドキュメントを保存してください。次に、その IDML ファイルを開いて、InDesign ドキュメントとして保存します。

QuarkXPress のテンプレートを InDesign のテンプレートとして保存

  1. InDesign でテンプレートを開きます。
  2. ファイル/別名で保存を選択し、保存場所とファイル名を指定します。
  3. ファイルの種類」(Windows)または「フォーマット」(Mac OS)から「InDesign テンプレート」を選択し、「保存」を選択します。

QuarkXPress から変換される内容

QuarkXPress のファイルを開くと、InDesign ではオリジナルのファイル情報を InDesign 用の情報に変換します。

  • テキストボックスは、InDesign テキストフレームに変換されます。
注意:

QuarkXpress のテキスト回り込み設定を正確に変換するには、環境設定ダイアログボックスの「組版」で「テキストの背面にあるオブジェクトを無視」を選択してください。

  • スタイルは、既存の InDesign のスタイルに変換または追加されます。
  • QuarkXpress では異なるカラープロファイルを使用しているため、InDesign では無視されます。
  • テキストとグラフィックのリンクは保持され、リンクパネルに表示されます。
注意:

埋め込みグラフィック(「ペースト」コマンドで元のドキュメントに追加される)は、変換されません。埋め込みグラフィックについて詳しくは、リンクと埋め込み画像についてを参照してください。

注意:

InDesign は、OLE または Quark XTensions に対応していません。そのため、OLE グラフィックまたは Quark XTensions グラフィックを含むファイルを開いたときに、これらのグラフィックは InDesign ドキュメントに表示されません。QuarkXPress のファイルが変換されない場合、オリジナルのドキュメントを再度開いてチェックし、XTensions によって作成されたオブジェクトを削除して保存し直し、再度、変換してください。

  • すべてのマスターページとレイヤーは、InDesign のマスターとレイヤーに変換されます。

  • すべてのマスターページオブジェクトおよび QuarkXPress のガイドは、対応する InDesign のマスターページに割り付けられます。

  • グループ化されているオブジェクトは、グループ内に印刷しないアイテムが含まれている場合を除き、グループ化されたままです。

  • すべての曲線と線(段落境界線を含む)は、最も近い線のスタイルに変換されます。カスタムの線と点線は、InDesign でカスタムの線と点線に変換されます。

カラーは、正確に InDesign のカラーに変換されますが、次の場合を除きます。

  • QuarkXPress の Multi-Ink カラーは、InDesign の混合インキに変換されます。ただし、特色が含まれていない Multi-Ink カラーは、プロセスカラーに変換されます。

  • QuarkXPress 4.1 のカラーライブラリのカラーはその CMYK 値に基づいて変換されます。

  • QuarkXPress 3.3 の HSB カラーは RGB カラーに変換され、カラーライブラリのカラーはその CMYK 値に基づいて変換されます。

  • QuarkXPress 4.1 の HSB と LAB カラーは RGB カラーに変換され、カラーライブラリのカラーはその RGB/CMYK 値に基づいて変換されます。

上記以外の変換に関連する情報については、アドビ システムズ社の Web サイト(www.adobe.com/jp/support)にあるサポートドキュメントを参照してください。

PageMaker ドキュメントの変換

InDesign では、Adobe PageMaker 6.0 以降のドキュメントおよびテンプレートファイルを変換できます。PageMaker のファイルを開くと、InDesign ではオリジナルのファイル情報を InDesign 用の情報に変換します。InDesign ファイルは、ファイル拡張子 .indd で保存されます。

注意:

詳しくは、www.adobe.com/go/learn_pmconv_jp にある『PageMaker Conversion Guide』(PDF)を参照してください。

InDesign でドキュメントを開く前に、場合によっては次のことを行う必要があります。

  • PageMaker ファイルまたはそれにリンクされたグラフィックがネットワークサーバー、フロッピーディスク、リムーバブルディスク上にある場合、データ転送で割り込みが発生するとそのファイルを適切に開けない可能性があります。データ転送での問題を防止するには、InDesign でドキュメントを開く前に、ドキュメントとそれに含まれるリンクをハードディスク(可能であれば、PageMaker パブリケーションの保存先と同じフォルダー)にコピーしておきます。

  • 不要な非表示データを消去するには、PageMaker で「別名で保存」を使用します。

  • すべてのリンクが保持されるように、PageMaker パブリケーションが保存されているフォルダーと同じフォルダーに、リンクされたファイルをすべてコピーします。

  • 必要なフォントがすべて InDesign で使用可能かどうかを確認します。

  • PageMaker パブリケーション内の切断されたグラフィックリンクを修復します。

  • サイズの大きい PageMaker ドキュメントの変換で問題が発生した場合は、問題を分離するために、その PageMaker ファイルを分割してから変換します。

注意:

破損した PageMaker ドキュメントを PageMaker で開けない場合は、InDesign で開けるかどうかを試します。InDesign では通常、PageMaker で開けないドキュメントを修復できます。

PageMaker ドキュメントまたはテンプレートを開く

  1. 元のアプリケーションファイルが閉じていることを確認してください。

  2. InDesign で、ファイル/開くを選択します。

  3. Windows では、「ファイルの種類」から「PageMaker(6.0-7.0)」を選択します。

  4. ファイルを選択し、「開く」をクリックします。

    注意:

    InDesign で、ファイルまたはファイルの特定部分を変換できない場合は、変換できない理由を示す警告メッセージと、変換を試行した結果が表示されます。

  5. 警告ダイアログボックスが表示された場合は、次のいずれかの操作を行います。

    • 「保存」をクリックして警告をテキストファイルに保存し、InDesign で変換されたファイルを開きます。

    • テキストファイルを保存せずに InDesign でファイルを開くには、「閉じる」をクリックします。

注意:

変換された PageMaker ドキュメントに問題がある場合は、書き出しダイアログボックスを使用して InDesign マークアップ(IDML)形式でドキュメントを保存してください。次に、その IDML ファイルを開いて、InDesign ドキュメントとして保存します。

PageMaker のテンプレートを InDesign のテンプレートとして保存するには

  1. InDesign でテンプレートを開きます。

  2. ファイル/別名で保存を選択し、保存場所とファイル名を指定します。

  3. ファイルの種類」(Windows)または「フォーマット」(Mac OS)から「InDesign テンプレート」を選択し、「保存」を選択します。

PageMaker ファイルの変換に共通する問題

次の点に注意してください。

  • すべてのマスターページとレイヤーは、InDesign のマスターとレイヤーに変換されます。PageMaker のマスターページは InDesign のマスターページに変換され、ページ番号やガイドを含むすべてのオブジェクトが保持されます。アイテムのオーバーラップ順序を維持するため、InDesign では PageMaker パブリケーションの変換時に 2 つのレイヤーを作成します。デフォルトレイヤーとマスターデフォルトレイヤーです。マスターデフォルトレイヤーには、マスターページのアイテムが含まれます。

  • PageMaker のガイドは、InDesign のデフォルトレイヤーに置かれます。

  • PageMaker ペーストボード上のすべてのアイテムは、InDesign ドキュメントの先頭スプレッドのペーストボードに表示されます。

  • PageMaker で「印刷を許可しない」指定されたオブジェクトを変換すると、InDesign ではプリント属性パネルの「印刷しない」が選択されます。

  • グループ化されているオブジェクトは、グループ内に印刷しないアイテムが含まれている場合を除き、グループ化されたままです。

テキストと表の変換に関する問題

次の点に注意してください。

  • テキストは、InDesign テキストフレームに変換されます。

  • PageMaker ファイル内の表は、InDesign の表に変換されます。

  • スタイルは、既存の InDesign のスタイルに変換または追加されます。PageMaker の [スタイルなし] は、InDesign の [段落スタイルなし] に相当します。ただし、[段落スタイルなし] では、PageMaker パブリケーションでの入力前に選択された名前付きスタイルがあれば、そのスタイルの属性が選択されます。

  • InDesign では、すべてのパラグラフに Adobe 日本語段落コンポーザーを使用しています。そのため、一部のテキストが折り返される可能性があります。PageMaker の組版により近い改行を作成するため、Adobe 日本語単数行コンポーザーをパラグラフに割り当てることができますが、テキストの改行が発生することがあります。

  • InDesign では、ベースライン行送りのみ使用します。PageMaker での大文字の縦横上の行送りは、InDesign ではベースライン行送りに変換されます。そのため、テキストの位置が移動することがあります。

  • 変換されたテキストの先頭ベースラインは、InDesign で作成されたテキストと異なって表示されます。変換されたテキストの先頭ベースラインは「行送り」に設定されますが、InDesign で作成されたテキストの先頭ベースラインはデフォルトでは「アセント」に設定されます。

  • InDesign と PageMaker では、ハイフネーションが異なるため、改行が変わる可能性があります。

  • シャドウのかかったテキストは、書式なしのテキストになります。袋文字のテキストは、0.25 インチのストローク、紙色の塗りのテキストになります。

ブック、索引および目次の変換に関連する問題

次の点に注意してください。

  • InDesign では、PageMaker パブリケーションを開くときにブックリストが無視されます。ブックリスト上のパブリケーションもすべて同時に開きたい場合は、レイアウトに「なし」を選択した状態で、PageMaker でブックレット作成プラグインを実行します。これによって、ブックに保存されたパブリケーションが 1 つにまとめられます。テキストブロックとフレームの連結は解除されるので注意してください。

  • PageMaker パブリケーションの索引エントリは、InDesign の索引パネルに表示されます。「ここを参照」または「ここも参照」オプションを使用した相互参照のあるテキストは、「参照」または「も参照」にマップされます。

  • 目次のテキストは、InDesign の目次ダイアログボックスのスタイルポップアップメニューで使用可能な、PageMaker の「目次スタイル」を使用して作成されます。

リンクと埋め込みの変換に関する問題

次の点に注意してください。

  • テキストとグラフィックのリンクは保持され、リンクパネルに表示されます。

  • InDesign でグラフィックへの元のリンクを特定できない場合、PageMaker のリンクを修復するかどうかを確認する警告メッセージが表示されます。

  • InDesign は、OLE(Object Linking and Embedding)に対応していません。そのため、OLE グラフィックを含むファイルを開いたときに、これらのグラフィックは InDesign ドキュメントに表示されません。

カラーとトラップの変換に関する問題

次の点に注意してください。

  • カラーは、InDesign のカラーに正確に変換されます。PageMaker の HLS カラーは RGB カラーに変換され、その他のカラーライブラリのカラーはその CMYK 値に基づいて変換されます。

  • 濃淡は、親のカラーの割合として変換されます。スウォッチパネルに親のカラーがない場合、変換中に追加されます。濃淡のあるオブジェクトが選択された場合、親のカラーがスウォッチパネルで選択され、濃淡値がポップアップメニューに表示されます。

  • PageMaker のカラープロファイルは、直接変換されます。Hexachrome カラーはすべて RGB 値に変換されます。ICC に準拠していないプロファイルは、デフォルトの CMS 設定および InDesign で指定されたプロファイルに置換されます。

  • すべての曲線と線(段落境界線を含む)は、最も類似する線種に変換されます。カスタムの線と点線は、InDesign でカスタムの線と点線に変換されます。

  • InDesign は、PageMaker の「画像」で TIFF 画像に適用されるスクリーンパターンや角度に対応していません。そのため、読み込まれた TIFF ファイルには取り込まれません。

  • PageMaker のトラッピング環境設定ダイアログボックスの「自動オーバープリント」の「線」または「塗り」またはその両方が選択されている場合、この設定は InDesign にも引き継がれますが、プリント属性パネルの「線オーバープリント」または「塗りオーバープリント」は選択解除されます。

注意:

上記以外の PageMaker からの変換に関連する情報については、アドビ システムズ社の Web サイトにあるサポートドキュメントを参照してください。

その他の関連ヘルプ

アドビのロゴ

アカウントにログイン