パステキストの作成

任意のシェイプの開いたパスや閉じたパスのエッジに沿って、テキストの流し込みをおこなうことができます。パステキストは、設定を変更したり効果を適用したりできます。テキストをパスに沿って移動したり、パスの反対側に移動したり、パスの形状を使用して文字を変形したりすることもできます。パステキストには、他のテキストフレームと同様にインポートとアウトポートがあり、それを使用してテキストを連結することができます。

1 つのパスに表示できるテキストは 1 行だけです。パス内に収まらないテキストは、他のパスやテキストフレームを連結して流し込まない限り、オーバーセットのまま表示されません。パステキストに対して、インラインまたは行の上のアンカー付きオブジェクトを追加することができます。「アウトラインを作成」コマンドを使用して作成したパスなどの複合パスを使用して、パステキストを作成することはできません。

パステキスト
パステキスト

A. 始点ブラケット B. インポート C. 中心点ブラケット D. 終点ブラケット E. 連結されたテキストを示すアウトポート 
  1. パス上文字ツール  を選択します(文字ツールをクリックしたままにすると、横組みパスツールを含むメニューが表示されます)。
  2. ポインターをパスの上に移動して、ポインターの横に小さいプラス記号 が表示されたら、次の手順に従って操作をおこないます。
    • デフォルト設定を使用して文字を入力するには、パスをクリックします。デフォルトではテキスト挿入点がパスの始点に表示されます。デフォルトの段落設定でインデントや左/上揃え以外が指定されている場合は、テキスト挿入点はパスの始点以外の場所に表示される場合があります。

    • テキストの配置をパスの特定の部分に制限するには、テキストの始点にするパス上の位置をクリックし、パスに沿って終点までドラッグしてから、マウスを放します(テキストの始点と終点を変更する方法について詳しくは、パステキストの位置の調整を参照してください)。

    パス上のテキストの配置の変更
    パス上のテキストの配置の変更

    注意:

    クリックやドラッグがうまくいかない場合、横組みパスツールの横に小さいプラス記号が表示されているかどうかを確認してください。

  3. テキストを入力します。パス上をクリックしてテキスト挿入点を置いた場合は、文字はパス全体にわたって表示されます。パス上をドラッグした場合は、文字はドラッグした範囲にのみ表示されます。

注意:

パスが最初から表示されている場合、そのパスに文字を入力した後もパスは表示されたままです。パスを隠すには、選択ツールまたはダイレクト選択ツールでパスを選択し、塗りと線に「なし」を適用します。

パステキストの編集と削除

パステキストには、文字および段落設定を適用することができます。ただし、段落境界線、段落間のアキの設定は、パステキストには作用しません。段落パネルでの段落揃えの設定は、パステキストの配置を制御します。

パステキストの文字の編集またはフォーマット設定

  1. 横組みパスツールを使用して、次のいずれかの操作をおこないます。
    • テキスト挿入点を表示するには、パステキストの任意の 2 文字の間をクリックします。

    • 文字を選択するには、パステキストに沿ってドラッグします。

  2. 必要に応じて、テキストの編集とフォーマット設定をおこないます。

パステキストの削除

  1. 選択ツール またはダイレクト選択ツール を使用して、1 つ以上のパステキストオブジェクトを選択します。
  2. 書式/パス上テキスト/パステキストを削除を選択します。

パステキストが連結されている場合は、パステキストを削除すると、テキストが次のテキストフレームまたはパステキストオブジェクトに移動します。パステキストが連結されていない場合は、テキストは削除されます。パスは削除されませんが、すべてのブラケット、インポート、アウトポート、連結などのパステキスト属性はすべて削除されます。

注意:

パスの塗りと線の属性が「なし」に設定されている場合は、文字を削除するとパスは見えなくなります。パスを見えるようにするには、書式/パス上テキスト/パステキストを削除を実行した直後に D キー(英語入力モード)を押します。選択されているパスにデフォルトの線と塗りが適用されます。

急な曲がりと角度のパスで文字間隔を狭くする

  1. 選択ツールまたは文字ツールを使用して、パステキストを選択します。
  2. 書式/パス上文字/オプションを選択するか、横組みパスツールをダブルクリックします。
  3. 「間隔」で文字間隔の値を選択するか、値を入力します。値を大きくすると、急な曲線または角度のパスに配置された文字と文字の間が狭くなります。
パステキストの間隔を調整する前(左)と調整した後(右)
パステキストの間隔を調整する前(左)と調整した後(右)

注意:

「間隔」を設定することによって、急な曲線または角度のパスでの文字の広がりを修正することができます。この方法は、直線に配置されたパステキストには効果がありません。直線部分の文字間隔を変更するには、調整したい部分を選択して、カーニングまたは字送りを調整します。

パステキストの位置の調整

パステキストの始点と終点の変更、テキストの移動、およびその他の方法でパスの位置を変更できます。

パステキストの始点や終点の変更

  1. 選択ツール を使用して、パステキストを選択します。
  2. パステキストの始点または終点のブラケット上にポインターを移動します。ポインターの横に小さいアイコン が表示されます。ブラケットのインポートやアウトポートにポインターを置かないようにしてください。

    注意:

    ブラケットを選択しやすくするには、パスの表示倍率を大きくします。

  3. 始点または終点をパスに沿ってドラッグします。
ドラッグしてパステキストの始点または終点を変更する
始点または終点にポインターを置き、ドラッグしてパステキストの始点または終点を変更します。

注意:

段落にインデント値を適用している場合は、始点または終点を基準にして適用されます。

パスに沿ったテキストのスライド

  1. 選択ツール を使用して、パステキストを選択します。
  2. ポインターをパステキストの中心点ブラケットの上に移動します。中心点のアイコン がポインターの横に表示されます。

    注意:

    ブラケットを選択しやすくするには、パスの表示倍率を大きくします。

  3. 中心点をパスに沿ってドラッグします。

注意:

始点と終点のブラケットがパスの両端に置かれている場合は、テキストは移動しません。テキストをドラッグするためのスペースを空けたい場合は、パステキストの始点または終点をドラッグしてパスの両端から離します。

パステキストの反転

  1. 選択ツール をクリックして、パステキストを選択します。
  2. ポインターをテキストの中心点ブラケットの上に移動します。中心点のアイコン がポインターの横に表示されます。
  3. パスを横切るようにして中心点を反対側にドラッグします。
    パスを横切るようにして中心点を反対側にドラッグします。
    中心点ブラケット上にポインターを置き、パスを横切るようにドラッグすると、文字が反転されます。

    ダイアログボックスを使用してパステキストを反転させることもできます。選択ツールまたは文字ツールを使用して、パステキストを選択します。書式/パス上文字/オプションを選択します。「反転」を選択して、「OK」をクリックします。

パステキストへの効果の適用

  1. 選択ツールまたは文字ツールを使用して、パステキストを選択します。
  2. 書式/パス上文字/オプションを選択するか、横組みパスツールをダブルクリックします。
  3. 効果ポップアップメニューから次のいずれかを選択して、「OK」をクリックします。
    • 各文字のベースラインをパスの接線に並行に保つには、「虹」を選択します。この設定がデフォルトです。
    パステキストの効果
    パステキストの効果

    A. 「虹」の効果 B. 「歪み」の効果 C. 「3D リボン」の効果 D. 「階段」の効果 E. 「引力」の効果 
    • 文字の垂直方向の軸をパスの形状に関係なく完全に垂直に保ち、文字の水平方向の軸をパスに沿って変形させるには、「歪み」を選択します。この形状は、文字を波形に合わせたり、缶のラベルのように円柱の周りに文字を沿わせたりする場合などに役立ちます。

    • 文字の水平方向の軸をパスの形状に関係なく完全に水平に保ち、各文字の垂直方向の軸をパスに沿って変形させるには、「3D リボン」を選択します。

    • 文字を回転させずに、各文字のベースラインの左端がパスに接するように保つには、「階段」を選択します。

    • 各文字のベースラインの中央がパスに接するように保ち、垂直方向の両端の軸がパスの中心に向かうように変形させるには、「引力」を選択します。このオプションの遠近効果は、テキストのパスの円弧を変形することで調整できます。

パステキストへのアンカー付きオブジェクトの追加

  1. 文字ツールまたは横組みパスツールを使用して、オブジェクトのアンカーを挿入したい位置でテキスト挿入点をクリックします。
  2. アンカー付きオブジェクトを追加します。パスに対して、インラインまたは行の上の位置を指定したアンカー付きオブジェクトまたはアンカー付きフレームを追加することができます(詳しくは、アンカー付きオブジェクトを参照してください)。

注意:

テキストパスに行の上のアンカー付きオブジェクトを追加する際に使用できるオプションは、通常のテキストフレームにアンカー付きオブジェクトを追加する場合のオプションと若干異なります。「揃え」オプションはアンカー付きオブジェクトマーカーを基準にした設定となり、「前スペース」オプションは使用できません。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー