クリッピングパス

クリッピングパスを使用すると、アートワークをマスキングし、その形状の一部分だけを表示することができます。InDesign では、画像のパスとグラフィックフレームの両方で、画像の不要な部分を非表示にするためのクリッピングパスを作成することができます。クリッピングパスとグラフィックフレームを別にしておけば、ダイレクト選択ツールとその他の描画ツールを使用して、グラフィックフレームに影響を与えずに自由にクリッピングパスを修正することができます。

クリッピングパスは、次の方法で作成することができます。

  • クリッピングパスまたはアルファチャンネル(マスクチャンネル)が保存されているグラフィックを配置します。InDesign では、これらのグラフィックのクリッピングパスや、アルファチャンネルによるマスキングは自動的に有効になります。クリッピングパスおよびアルファチャンネルは、Adobe Photoshop などのプログラムを使用してグラフィックに追加できます。

  • 「クリッピングパス」コマンドの「エッジの検出」機能を使用して、クリッピングパスなしで保存されたグラフィックにクリッピングパスを生成します。

  • ペンツールを使用して任意の形状のパスを描き、「選択範囲内にペースト」コマンドを使用して、パスにグラフィックをペーストします。

InDesign のクリッピングパスを自動生成する機能を使用すると、画像の形状に沿ったクリッピングパスが作成されます。その結果、画像をクリッピングパスでマスキングすると同時に、フレームによってトリミングすることができます。

注意:

グラフィックフレームは、それが配置されているレイヤーのカラーで表示され、クリッピングパスはレイヤーの補色で表示されます。例えば、レイヤーのカラーが青い場合には、グラフィックフレームは同じく青色で表示され、クリッピングパスはオレンジ色で表示されます。

グラフィックのパスまたはアルファチャンネルを使用したトリミング

InDesign では、ファイルに保存されているクリッピングパスやアルファチャンネルを使用して、読み込まれた EPS、TIFF または Photoshop 形式のグラフィックをマスキングできます。読み込まれたグラフィックに複数のパスまたはアルファチャンネルが含まれている場合は、クリッピングパスに使用するパスまたはアルファチャンネルを選択できます。

アルファチャンネルは、グラフィックの透明な領域を定義するためのチャンネルのことです。RGB チャンネルまたは CMYK チャンネルと共にグラフィック内に保存されます。アルファチャンネルは、ビデオエフェクトアプリケーションでもよく使用されます。InDesign では、Photoshop ファイルのデフォルトの透明部分(格子模様の背景部分)が自動的にアルファチャンネルとして認識されます。グラフィックの背景が不透明な場合、Photoshop を使用して背景を削除するか、またはアルファチャンネルを作成してグラフィックと共に保存する必要があります。Photoshop では、レイヤーマスク、チャンネルパネル、背景消しゴムツール、またはマジック消しゴムツールといった、背景を削除するための機能を使用して、アルファチャンネルを作成することができます。

アルファチャンネルと埋め込みパス
アルファチャンネルと埋め込みパスの使用例

A. 元のグラフィック B. アルファチャンネル C. 配置されたグラフィック D. 元のグラフィック E. 埋め込みパスを表示したグラフィック F. 配置されたグラフィック 

注意:

Photoshop ファイルを配置するときに、画像読み込みオプションダイアログボックスで、マスキングのためにクリッピングパスとアルファチャンネルのどちらを使用するかを選択することができます。

  1. 読み込まれたグラフィックを選択し、オブジェクト/クリッピングパス/オプションを選択します。
  2. クリッピングパスダイアログボックスの「タイプ」で、「Photoshop パス」または「アルファチャンネル」を選択します。
  3. 「パス」または「アルファ」のポップアップメニューから希望するパスまたはアルファチャンネルを選択します。

    注意:

    「アルファチャンネル」を選択できない場合、グラフィックにはアルファチャンネルが保存されていません。

  4. クリッピングパスによってマスキングされる余白領域を拡大 / 縮小するには、「マージン」で値を指定します。
  5. 表示領域と非表示領域を切り替えるには、「反転」を選択します。
  6. アルファチャンネルを選択した場合は、他の希望するオプションを設定して、「OK」をクリックします。

注意:

クリッピングパスをオフにするには、読み込まれたグラフィックを選択して、オブジェクト/クリッピングパス/オプションを選択します。「タイプ」から「なし」を選択し、「OK」をクリックします。

クリッピングパスの自動作成

クリッピングパスなしで保存されたグラフィックの背景を非表示にする場合、クリッピングパスダイアログボックスの「エッジの検出」機能を使用すると、画像の周囲を自動的に非表示にすることができます。「エッジの検出」機能は、グラフィックの最も明るいまたは最も暗い領域を非表示にするので、対象がベタの白または黒の背景の場合に最適です。

「エッジの検出」機能に最適な対象
「エッジの検出」機能に最適な対象(左)、不適切な対象(右)

  1. 読み込まれたグラフィックを選択し、オブジェクト/クリッピングパス/オプションを選択します。
  2. クリッピングパスダイアログボックスで、「タイプ」から「エッジの検出」を選択します。デフォルトでは、最も明るい色調が削除されます。最も暗い色調を削除するには、「反転」オプションを選択します。
  3. 他のオプションを設定して、「OK」をクリックします。

クリッピングパスのオプション

しきい値

クリッピングパスの生成に使用される最も暗いピクセル値を指定します。この値を大きくすると、非表示の領域に追加される、0(白)から始まる最も明るい値の範囲が広がり、より多数のピクセルが透明になります。例えば、「エッジの検出」を選択した場合、非常に明るいドロップシャドウを削除するには、その影が消えるまで「しきい値」の値を大きくします。表示されるべき明るいピクセルが見えなくなる場合は、「しきい値」の値が大きすぎます。

「しきい値」の値
しきい値 25 の場合(左)と、55 の場合(右)

範囲

クリッピングパスによってピクセルが非表示にならない程度に、ピクセルの明度を「しきい値」の値にどれだけ近づけるかを指定します。「範囲」値を大きくすると、明度が「しきい値」に近いけれども「しきい値」よりは暗いピクセルによって生じた不要な凸凹を削除するのに効果があります。通常、「範囲」値が大きいと、より暗いピクセルが含まれる「範囲」値に近い値の領域が拡大され、より滑らかで、かつルーズなクリッピングパスが作成されます。「範囲」値を小さくすると、より値の変化が少ない範囲にタイトなクリッピングパスが作成されます。「範囲」値が小さい場合は、アンカーポイントの追加によってジャギーなクリッピングパスが作成され、画像が印刷しにくくなる場合があります。

「範囲」の値
「範囲」の値が 0 の場合(左)と、5 の場合(右)

マージン

「しきい値」や「範囲」の値で定義されたクリッピングパスを全体的に縮小します。「しきい値」や「範囲」とは異なり、「マージン」値はピクセルの明度を評価せず、クリッピングパスの形状を均一に縮小します。「マージン」値をわずかに調整すると、「しきい値」や「範囲」を使用しても削除できなかったピクセルを非表示にできる場合があります。「しきい値」と「範囲」で定義したクリッピングパスよりも大きくするには、マイナスの値を入力します。

マージン
「マージン」の値が -0.353mm の場合(左)と、1.058mm の場合(右)

反転

表示領域と非表示領域を切り替えます。明るい色調ではなく、暗い色調を基準にクリッピングパスが作成されます。

パスの内側の背景を透明にする

元のクリッピングパスの内側の領域に、明度が「しきい値」や「範囲」値の範囲内の領域がある場合、その部分を透明にします。「クリッピングパス」コマンドは、デフォルトではクリッピングパスの外側の領域だけを透明にするので、このオプションを使用すれば、グラフィックに正確に「穴」を作ることができます。このオプションは、透明にする領域の明るさのレベルが、表示されるべき領域と一致しない場合に最も機能します。例えば、銀色の眼鏡のグラフィックに対してこのオプションを選択すると、レンズは透明になりますが、眼鏡フレームの非常に明るい部分も透明になる場合があります。不適切な部分が透明になる場合は、「しきい値」、「範囲」、「マージン」を調整します。

フレームの内側に制限する

作成されるクリッピングパスが、グラフィックフレームの内側だけに制限されます。これにより、クリッピングパスをグラフィックフレームにしてトリミングするときに、より単純なパスで作業することができます。

高解像度を使用する

実際のファイルを使用して、クリッピングパスの精度が最も高くなるように透明な領域が計算されます。このオプションの選択を解除すると、画面表示の解像度に基づいて透明度が計算されます。その場合、処理は速くなりますが、クリッピングパスの精度は低下します。InDesign では、常にアルファチャンネルを実際の解像度で使用するので、「タイプ」で「アルファチャンネル」が選択されている場合はこのオプションを使用できません(詳しくは、透明についてを参照してください)。

クリッピングパスをグラフィックフレームに変換

  • オブジェクト/クリッピングパス/クリッピングパスをフレームに変換を選択します。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー