マニュアル キャンセル

濃淡

  1. InDesign ユーザーガイド
  2. InDesign とは
    1. InDesign の概要
      1. InDesign の新機能
      2. 必要システム構成
      3. よくある質問
      4. Creative Cloud ライブラリの使用
    2. ワークスペース
      1. ワークスペースの基本
      2. Toolbox
      3. 環境設定の指定
      4. タッチワークスペース
      5. 初期設定のキーボードショートカット
      6. ドキュメントの復元と取り消し
      7. Capture の拡張機能
  3. ドキュメントの作成とレイアウト
    1. ドキュメントとページ
      1. ドキュメントの作成
      2. 親ページの使い方
      3. ドキュメントページで作業する
      4. ページサイズ、マージン、裁ち落としの設定
      5. ファイルとテンプレートを使用した作業
      6. ブックファイルの作成
      7. 基本的なページ番号の追加
      8. ページ、章、セクションの番号の設定
      9. QuarkXPress および PageMaker ドキュメントの変換
      10. コンテンツの共有
      11. ファイル管理の基本ワークフロー
      12. ドキュメントの保存
    2. グリッド
      1. グリッド
      2. グリッドの書式設定
    3. レイアウト補助
      1. 定規
  4. コンテンツの追加
    1. テキスト
      1. テキストのフレームへの追加
      2. テキストの連結
      3. アラビア語版およびヘブライ語版の機能(InDesign)
      4. パステキストの作成
      5. 箇条書きと自動番号の使用
      6. グリフと特殊文字
      7. テキスト組版
      8. テキスト変数
      9. QR コードの作成
      10. テキストの編集
      11. テキストの行揃え
      12. オブジェクトへのテキストの回り込み
      13. アンカー付きオブジェクト
      14. リンクコンテンツ
      15. 段落の書式設定
      16. 文字の書式設定
      17. 検索と置換
      18. スペルチェックと言語の辞書
    2. テキスト編集
      1. InDesign でのフォントの使用
      2. カーニングと字送り
    3. テキストの書式設定
      1. テキストの書式設定
      2. タブおよびインデント
    4. レビューテキスト
      1. 変更のトラックとレビュー
      2. InDesign での注釈の追加
      3. PDF コメントの読み込み
    5. 参照を追加
      1. 目次の作成
      2. 脚注
      3. 索引の作成
      4. 文末脚注
      5. キャプション
    6. スタイル
      1. 段落スタイルと文字スタイル
      2. オブジェクトスタイル
      3. ドロップキャップと先頭文字スタイル
      4. スタイルの操作
      5. 行送り
      1. 表の書式設定
      2. 表の作成
      3. 表およびセルのスタイル
      4. 表の選択と編集
      5. 表の罫線および塗り
    7. インタラクティブ機能
      1. ハイパーリンク
      2. ダイナミック PDF ドキュメント
      3. ブックマーク
      4. ボタン
      5. フォーム
      6. アニメーション
      7. 相互参照
      8. PDF の構造化
      9. ページ効果
      10. ムービーとサウンド
      11. フォーム
    8. グラフィック
      1. パスとシェイプ
      2. 鉛筆ツールを使用した描画
      3. ペンツールを使用した描画
      4. 線の設定の適用 
      5. 複合パスと複合シェイプ
      6. パスの編集
      7. クリッピングパス
      8. 角の形状の変更
      9. オブジェクトの整列と分布
      10. リンクと埋め込み画像
      11. AEM Assets の統合
    9. カラーと透明度
      1. カラーの適用
      2. 配置したグラフィックのカラーの使用
      3. スウォッチを使用した作業
      4. インキの混合
      5. 濃淡
      6. 特色とプロセスカラー
      7. ブレンドカラー
      8. グラデーション
      9. 透明が使用されているアートワークの統合
      10. 透明効果の追加
  5. 共有
    1. 共有とコラボレーション        
    2. レビュー用に共有
    3. 共有された InDesign ドキュメントをレビュー
    4. フィードバックの管理 
  6. 公開
    1. 書き出しと公開
      1. Publish Online
      2. EPUB へのコンテンツの書き出し
      3. Adobe PDF オプション
      4. HTML へのコンテンツの書き出し
      5. Adobe PDF への書き出し
      6. JPEG 形式での書き出し
      7. HTML 形式で書き出し
      8. DPS および AEM Mobile の概要
    2. プリント
      1. ブックレットのプリント
      2. トンボと裁ち落とし
      3. 文書のプリント
      4. インキ、色分解、スクリーン線数
      5. オーバープリント
      6. PostScript ファイルと EPS ファイルの作成
      7. 入稿前のプリフライトファイル
      8. サムネールと用紙サイズより大きいドキュメントの印刷
      9. 印刷・出力会社用の PDF の準備
      10. 色分解出力の準備
  7. InDesign の拡張
    1. 自動化
      1. データ結合
      2. プラグイン
      3. InDesign で拡張機能をキャプチャする
      4. スクリプト
  8. トラブルシューティング
    1. 修正された問題
    2. 起動時のクラッシュ
    3. 環境設定フォルダー読み取り専用エラー
    4. ファイルの問題のトラブルシューティング
    5. PDF の書き出し不可
    6. InDesign 文書復旧

濃淡について

濃淡は、カラーの網かけに当たるものです。特色印刷版で濃淡を付けると、1 枚の版の中でカラーに変化を持たせることができ、特色インキを追加するコストを費やさずにすみます。また、プロセスカラーを明るくした色をすばやく作成することもできますが、プロセスカラーの印刷コストが低減されるわけではありません。濃淡を付けていないカラーと同様、濃淡に名前を付けてスウォッチパネルに保存しておけば、その濃淡スウォッチを使用したオブジェクトのカラーを簡単に編集できるようになります。

特色と濃淡

特色の濃淡は、特色と同じ印刷版に印刷されます。プロセスカラーの濃淡は、CMYK の各プロセスインキに濃淡パーセンテージを掛けた値になります。例えば、C10 M20 Y40 K10 の 80 %の濃淡は C8 M16 Y32 K8 になります。

カラーと濃淡はリンクしており、スウォッチ(ベースカラースウォッチ)を編集すると、そのスウォッチの濃淡を使用しているすべてのオブジェクトが更新されます。スウォッチパネルメニューの「スウォッチ設定」で、登録した濃淡スウォッチのベースカラースウォッチを編集することができます。これにより、ベースカラースウォッチとそのスウォッチに基づいて作成した他の濃淡も自動的に更新されます。

Adobe Creative Suite 3 では濃淡は 0 %から 100 %の範囲で指定できます。数値が小さいほどカラーが明るくなります。

濃淡の作成と編集

個々のオブジェクトの濃淡を調整することも可能ですが、スウォッチパネルまたはカラーパネルの濃淡スライダーを使用して濃淡を作成することもできます。濃度の値は 0 ~ 100 %の範囲で指定できます。数値が小さいほどカラーが明るくなります。

カラーと濃淡はリンクしており、スウォッチ(ベースカラースウォッチ)を編集すると、そのスウォッチの濃淡を使用しているすべてのオブジェクトが更新されます。スウォッチパネルメニューの「スウォッチ設定」で、登録した濃淡スウォッチのベースカラースウォッチを編集することができます。これにより、ベースカラースウォッチとそのスウォッチに基づいて作成した他の濃淡も自動的に更新されます。

スウォッチパネルを使用した濃淡スウォッチの作成

  1. スウォッチパネルでカラースウォッチを選択します。

  2. 「濃淡」ボックスの右にある三角形を選択します。

  3. 濃淡スライダーをドラッグし、スウォッチパネルの新規スウォッチボタン をクリックするか、スウォッチパネルメニューから「新規濃淡スウォッチ」を選択します。

スウォッチパネルに、ベースカラースウォッチ名および濃淡パーセンテージと共に濃淡が設定されたスウォッチが表示されます。

カラーパネルを使用した濃淡スウォッチの作成

  1. スウォッチパネルでスウォッチを選択します。

  2. カラーパネルで濃淡スライダーをドラッグするか、%ボックスに濃淡値を入力します。

  3. カラーパネルメニューから「スウォッチに追加」を選択します。

    濃淡スライダーをドラッグし、「スウォッチへ追加」をクリックします。

名称未設定の濃淡の作成

  1. スウォッチパネルで、塗りボックスまたは線ボックスを選択します。

  2. 濃淡スライダーをドラッグするか、「濃淡」ボックスに濃淡値を入力します。

濃淡スウォッチまたはベースカラースウォッチの編集

  1. スウォッチパネルで濃淡スウォッチまたはベースカラースウォッチをダブルクリックします。

  2. 次のいずれかの操作を行い、「OK」をクリックします。

    • 濃淡を編集するには、「濃淡」値を変更します。これにより、その濃淡スウォッチを使用しているすべてのオブジェクトが更新されます。

    • 濃淡のベースカラースウォッチを編集するには、「カラーモード」または「カラーモード」値を変更します。これにより、同じベースカラースウォッチに基づいている他のすべての濃淡も更新されます。

アドビのロゴ

アカウントにログイン